グーグル検索変動。アルゴリズムアップデート。上位表示の鍵は「最新」

2011年10月の終わりにGoogle検索で順位変動がありましたが、今のところそのまま変動後の順位が続いています。
Google検索が、ウェブ検索の35%に影響が及ぶ改善を行ったようですが、結構動きましたね今回は。

今年中にあと一回から二回ほど大きな順位変動がGoogle検索で発生すると一か月前か二か月くらい前にTwitterでツブヤキましたが予定通りの周期でアルゴリズムのアップデートが行われたようです。
最近のGoogle検索を見ていると「人工知能」という言葉が頭に浮かびます。

Google検索のアルゴリズムは人間の脳とは異なりますが、しかし人間の脳に近づいてきたなぁと感じる事がしばしばな今日この頃です。
今までもそうでしたが、今後のGoogle検索での上位表示のポイントは「情報が最新であるかどうか?」でしょうね。

「最新」という言葉はGoogle検索での上位表示および上位表示維持における「キーワード」であります。
「SEO対象のURLのページ情報が最新であるかどうか?」という事がGoogle SEOでは重要になります。

この「最新」や「最新化」に関する話は、トンちゃんのメインHP群で昔から何度も話してきた事ですので「今さら感」もないでもありませんが、やはりWebサイト内の各ページの情報が「最新」であるかどうかという事は非常に重要です。
今もそして今後もSEO対象のURLのページ情報が「最新」である事が、上位表示および上位表示維持の「鍵」を握ります。

この部分は今後のGoogle SEOでも変わる事は無いでしょう。
「最新」で無いものは、基本的にGoogle検索の今のアルゴリズムでは検索順位は落ちて行きます。

基本的には・・・の話ですが^^;。
水面下であれこれと色々やりますと「最新」でなくともGoogle検索であっても順位は落ちません。

しかし、Google検索のアルゴリズムが今後向かって行く方向を考えますと、色々と水面下で「小細工」を施す小細工SEOを中心に据えずにメインWebサイトの各ページの「最新化」をしっかり行うように心掛けた方が後々プラスに作用するのは確かです。
Webサイトオーナーにとっては手間でしょうが、あえて「ひと手間」という事です。

今後もGoogle検索で「小細工」は「通用する」でしょうが、なるべくそういった「小細工」に頼らずにスマートなSEO手法をSEO対策の中心に据えて上位表示を狙って行った方が良いとトンちゃんは考えております。
「小細工」をSEO対策の中心に据えて上位表示したページというのは、検索ユーザー側からすると「非常に迷惑」であります。

なにしろ「小細工」で上位表示したURL内のページ情報は「最新」では無いわけですから。
小細工を駆使して、「最新」であるかのようにGoogle検索のロボットに見せ掛けているだけでして、中身は実際には「最新」では無いのですから検索ユーザーからすればたまったものではないでしょう。

ちなみにここでいう「小細工」とは、ページ情報が「最新」であるかのようにGoogle検索のロボットに見せかけるSEO施策の事であります。
以下、「小細工をSEO手法の中心に据えない」という前提で話を進めます。

「最新」で無い情報は、検索結果の下位へと落ちて行く・・、それが検索ユーザーにとっては最も好ましく、実際にそれをGoogle検索はアルゴリズムに改良を加える事で実現してきております。
今後も、さらにこの「最新情報」を上位表示させる方向でGoogle検索のアルゴリズムに磨きがかかって行きます。

これはもう、「決まっている事」ですので、それに備えてビジネスサイトは対策を打って行かねばなりません。
最近はとにかくGoogle検索を見ていて、まるで人間の「脳」のようだと感じる機会が増えているわけですが、当然Google検索のアルゴリズムが人間の「脳」に近づけば近づくほど「最新」と「最新で無い」情報の峻別がしっかりできるようになって行きます。

その結果として検索結果の上位に色々な意味で「最新」な情報だけが並ぶようになります。
ここまで来るとGoogle検索が「高度な人工知能」を得て「まるで人間の脳のようだ」と感じる検索ユーザーも更に増えると思います。

SEOに接する時間の長いトンちゃんは既に感じておりますが、一般の方々がそれを実感するのはもう少し先になるでしょう。
一般の方々に「人間の脳のようなだ」と感じさせるレベルにGoogle検索が到達するのは、それほど遠くない未来だと思います。

「Google情報」(Google関連の買収や投資や研究開発に関する情報)や「世界の先端テクノロジー情報」を色々と収集しているとそれを感じます。
余談ですがGoogle SEOを理解する上では「世界の先端テクノロジー情報を把握する」という事が結構重要かもしれません。

ワタクシ、トンちゃんの場合は、この「世界の先端テクノロジー情報の収集」に力を入れております。
SEO手法の中心に「小細工」を据えて対策をしていると、ちょっぴり痛い目にあうかもしれませんね、そう遠くない未来で。

いずれにせよ、今から貴方・貴社のWebサイト内の情報を「最新化」する癖付けはしておいた方が良いと思います。
どういう方向でGoogle SEOが進むかは分かっているわけですから。

「Google SEOでは色々な意味で『最新』が重要」だという事です。
「最新で無い情報は検索下位へと落ちて行く」という事です。

Google SEOでは、この「最新」という言葉の「意味」を「深く正確に把握する」ことが大事です。
「小事」では無く「大事」です。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする