記事下リンクと記事中リンクに大差無し。掲載位置によるSEO効果の違い

SEO対策において衛星サイトの一番の役割は、メインサイトの検索順位を押し上げる事にあります。
メインサイトの検索順位を押し上げるには「被リンク」が必要です。

メインサイトの検索順位を上げる為に、衛星サイト内の各ページの記事下などにメインサイトのリンクを貼ったりしますが、記事下に設置するリンクにSEO効果(上位表示効果)は期待できるでしょうか?
結論を先に申し上げますと期待できます。

「記事中」からリンクを貼ろうと、「記事下」からリンクを貼ろうと、同じように上位表示効果が期待できます。
「記事中つまり文中にリンクを設置しないとSEO効果が期待できない」と思い込んでいる方々も多数いらっしゃるようですが、それはただの「思い込み」です。

記事下からリンクを貼っても記事中からリンクを貼ったのと同じように上位表示効果期待できます。
実際に、記事中からリンクを貼らず記事下のみからリンクを貼って行けば分かりますが、記事下のみからリンクを貼って行ってもメインサイトの検索順位は上がって行きます。

記事中からリンクする事に拘る必要は全く無いです。
拘るだけ時間の無駄だと言えます。

「記事中・記事下どちらからでもSEO効果が期待できるのは分かったが、記事中からの被リンク供給の方が強力なSEO効果が期待できるのでは?」と思った方もいらっしゃるでしょうが、SEO効果に「大差は無い」です。
記事下からのリンク設置に比べますと、記事中からのリンク設置には手間(時間と多少の労力)が掛かる分だけ逆に若干マイナスと言えます。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は、現在もSEO目的で記事中からリンクする事は滅多に無いです。
記事中からリンクするのは文脈上そこにリンクを貼った方が読者に親切と判断した時やSEO実験で記事中被リンクのSEO効果を検証する時くらいです。

記事中リンクに飛び抜けた上位表示効果が期待できるのであれば、当然記事中からリンクしますが、現実には大差が無いので記事下からのリンクが中心です。
では、未来のSEOではどうか?
未来においても変わらないでしょうね。

記事下からリンクする事で読者に「高い価値」提供しているブログ群が世の中に大量に存在しておりますで、記事下リンクを評価しないわけにはいかないでしょう、検索エンジンも。
記事下リンクには其の記事の読者に役立つリンクが多数含まれているのが普通です。

それらのリンク価値を削るようなまねを今後検索エンジンが行う事はまず無いでしょう。リンク価値を削られるのは、上記の「記事下・記事中」といった被リンク掲載位置によるものでは無く、「被リンクの貼り方」によるものが大半です。

「被リンクの貼り方」に関しては検索順位に「大きな影響を与える」ため注意が必要です。
「被リンク掲載位置」(記事下・記事中など)に関しては検索順位に「大きな影響は与えない」ため貴方・貴社に時間的余裕があるのであれば記事中からリンクを貼るという程度で良いと思います。

時間に余裕があっても「記事下からリンクを設置すればそれで十分」というのがトンケン経営研究所 SEO事業部の見解でございますが、ご自身の好きなようにすれば良いでしょう。
今回の記事で申し上げたい事は「『記事下からの被リンク,記事中からの被リンク』といった被リンク掲載位置というのは、SEO上はあまり重要では無いですよ」という事です。

「コンテンツ中の被リンク掲載位置」よりもSEOで重要になってくるのは「被リンクの貼り方」「被リンクを貼るタイミング」等です。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする