同一ドメインからの大量被リンクにSEO効果あり?ドメイン分散と比較

同一ドメインからの大量被リンクにはSEOで効果あるのでしょうか?
先に結論ですが、SEO効果はあります。

「外部のWebサイト群からの被リンク」は、現実世界でいえば「第三者からの支持票」に相当します。
支持票が多いURLと支持票が少ないURLを比較した場合、検索エンジンは支持票の多いURLをより高く評価します。

もちろん、その獲得票は支持されたURLのSEOスコアという形で反映され、検索順位に影響を与えます。
2011年12月現在も「被リンクの数」はGoogle検索(=Yahoo検索)やBing検索でも評価の対象となっておりまして、たとえ同一ドメインからの大量被リンクであろうと「被リンクの数」は多いわけですから、当然対策URLのSEOスコアに加点され検索順位を押し上げる要因となります。

但し、同一ドメインから獲得する大量の被リンクは、異なるドメインから獲得する被リンクほどは評価されません。
各ドメインを「人間」に置き換えると分かり易いと思います。

同一ドメインから大量に獲得する被リンクは「同じ人間」からの「熱烈な支持」に相当します。
一方、異なる複数のドメインから一個ずつ獲得する被リンクは「異なる複数の人間」から獲得する「小さな支持」を意味します。

では、「同一ドメインからの大量被リンク」と「異なるドメインから一個ずつ獲得する被リンク」ではどちらがSEO上 強力でしょうか?
これは各ドメイン内に構築されるWebサイトの評価でかわります。

たとえ同一ドメインであっても同一ドメイン下にあるWebサイト群が検索エンジンから非常に高く評価されているのであれば、「同一ドメインからの大量被リンク」が「異なるドメインから一個ずつ獲得する被リンク」に勝る事もあります。
異なるドメイン下に構築したWebサイト群を検索エンジンが高く評価している場合は、「異なるドメインから一個ずつ獲得する被リンク」が「同一ドメインからの大量被リンク」に勝る事もありますが、この「差」を一般のWebサイトオーナー方が正確に判断するのは難しいと思います。

この「差」や「僅かな違い」が分かるのであれば「職人」レベルです。
どんな分野にも「職人」(ネジ職人,営業職人など)は存在しますが、SEO分野においては年単位で十分な実戦経験を積み正確なSEO知識と高度なSEO技術を持ち、SEO上の僅かな差異・違いにも気づくレベルが「職人」クラスといえます。

一般的な事でいえば、被リンクを獲得するにあたっては「適度に」ドメインの分散は行った方が良いのは確かです。
「適度」と書いたのは、ドメインを分散して低コストなペラサイト(1ページだけのWebサイト)を沢山作るよりも、同一ドメインでコストを掛けてそれなりのページ数を用意してWebサイトを作り込み其処から被リンクを獲得して行った方が、検索エンジンから高く評価される事が多々あるからです。

今回は単純に「同一ドメインからの大量被リンクにSEO効果はあるのか?」に焦点を絞って記事を書いております。
ですので当記事ではドメイン分散型被リンクについては深く追求しませんが、「ドメイン分散型被リンクを多く獲得する事」が「同一ドメインからの大量被リンク」に常に勝るわけでは無いという点は覚えておいて頂けたらと思います。

同一ドメインのWebサイトから被リンクを100個獲得した場合と、同一ドメインのWebサイトから被リンクを10,000個獲得した場合では「被リンクの数」で勝る10,000個の方がSEOスコアは高くなります。
もちろん、同一ドメインからの被リンク10,000個と100,000個を比較した場合でも同じでして、100,000個の方がSEOスコアは高くなります。

但し、毎回話している通りでして、「被リンクの付け方が悪い」場合は同一ドメインから100,000個の被リンクを獲得しても対策URLに被リンク100,000個分のSEOスコアが乗る事はありません。
被リンクが「自然なリンク」として検索エンジンに認識された場合は、被リンク100,000個分のSEOスコアが対策URLに加わりますが、「人工なリンク」として認識された場合は、その限りではありません。

Web上のSEO情報には、「同一ドメインから獲得する大量被リンクは、一定数を超えるとSEOスコアに加点されず頭打ちになる」という情報もあるようですが、弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)ではそのように感じた事はありません。
弊所では過去何年間も継続して「同一ドメインからの大量被リンクを供給する実験」を行っておりますが、被リンク数が一定数を超えた所で頭打ちになったという経験は今まで一度もございません。

「『被リンクの数』に応じてSEOスコアが加点されて行く」事は日々のSEO対策の中で実体験(実戦)を通じて嫌というほど感じ取っておりますが、上記のような「頭打ち」を感じた事はありません。
被リンク対策においてドメイン分散はもちろん重要ですが、重要だからといって闇雲にドメインを分散したペラサイトを作れば良いというものでもありません。

各ドメインから十分なSEO効果を引き出すに足るだけのページ数を持ったWebサイトを各ドメイン下に構築した方が被リンク対策としては有効であります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする