1位表示重視かトラフィック(アクセス増)重視かでSEO対策手法は変わる

SEO対策には二つあります。
一つが「キーワード重視のSEO対策」です。

もう一つが「トラフィック重視のSEO対策」です。
SEO対策をやっている方々は、「SEO対策には二つある」という事は知っておいた方が良いです。

ちなみに、多くの方々が行っているのは「キーワード重視のSEO対策」です。
ターゲットキーワードで対策URLの順位を上げて行き1位表示や上位表示(10位以内)を狙うのが「キーワード重視のSEO対策」です。

日本国内のSEOサービスといえば大半がこのタイプのSEO対策を行っているといえます。
日本のSEO市場では顧客がキーワード重視のSEO対策を求めておりますので、供給側のSEOサービスがそれに即したものになるのは必然といえます。

「キーワード重視のSEO対策」では狙ったキーワードで1位表示を重視しますので「1位表示させる為のSEO対策」(1位表示させる為のSEO知識・技術)が重要になってきます。
1位表示させる為のSEO対策では、「広く浅く」では無く「狭く深い」SEOの知識と技術が必要になります。

先ほど申し上げた通りでして、日本のSEO市場では「キーワード重視のSEO対策」が要求されるため、長期間に渡り「結果を出し続けている」SEO業者は必然的に「職人化」する傾向があります。
Google検索の難関キーワードで1位表示させるには、特に重要度の高い上位表示要因に関して狭く深い「職人レベル」の精緻なSEO知識(SEO分別)が要求されるようになってきた為、そのような傾向が出てきた次第です。

「キーワード重視のSEO対策」「1位表示させる為のSEO対策」では、1位表示させるのに関係無いSEO情報やSEO知識・技術は切り捨てて行く事が大切です。
その上で1位表示させるのに必要なSEO情報やSEO知識・技術のみに集中し競争相手以上のSEO能力を身に付ける事で競争優位を築きます。

SEO情報を全てを収集するのでは無く、1位表示に必要な情報だけを収集しSEO知識やSEO技術を磨いて行くイメージです。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のSEOサービスですとメインサービスの「検索上位表示豚」が、この1位表示させる為のSEO対策に該当します。

「キーワード重視のSEO対策」「1位表示させる為のSEO対策」をベースにサービス設計したのが「検索上位表示豚」であります。
1位表示させる迄、対策を継続しなければならない為、継続可能な料金という事で今の価格帯(2015年3月18日時点で月額13,000円)のSEO手法に収まった次第です。

もう一つは「トラフィック重視のSEO対策」ですが、こちらを意識して行っているSEO対策者は非常に少ないです。
キーワード重視のSEO対策と同じように、SEO知識やSEO技術を駆使して行く点に変わりはありませんが、フォーカスしているものが違います。

キーワード重視のSEO対策では「1位表示」や「キーワード」にフォーカスしてSEO対策を施しますが、「トラフィック重視のSEO対策」では「トラフィック」「アクセス増加」にフォーカスしたSEO対策を施します。
フォーカスしているものが違いますので、当然ですが求められるSEO手法やSEO知識・技術やSEO戦略も変わります。

トラフィック重視のSEO対策においては「トラフィック」「アクセス増加」にフォーカスしますので、それに最適なSEO戦略を先ず策定します。
その戦略に沿ったWebサイト(既存のサイト or 新規サイト)を用意し、戦略に沿ったコンテンツを投じて行きます。

そこに外部SEO対策(外部リンク対策・被リンク対策・バックリンク対策)を戦略に沿う形で講じて行くイメージです。
トラフィック重視のSEO対策でフォーカスしているのは、あくまで「トラフィック」「アクセス数増」ですので、Webサイト内の個々のURLの検索順位は気にしません。

個々のURLがどのようなキーワードで順位が上がろうが下がろうが一切気にしません。
気にするのはトラフィックのみです。

Webサイト全体(ページ群の集まり全体)でトラフィック(アクセス数)を増やして行く事に意識を集中します。
トラフィック重視のSEO対策においては、Webサイト全体で勢いを増すように内部SEO対策と外部SEO対策を仕掛けて行きます。

ちなみに「内部SEO対策」という言葉には二つの意味があります。
一つは「Webサイト内部のSEO対策」、もう一つは「ページ内部(URL内部)のSEO対策」という意味です。

その両方を意識した「内部SEO対策」と「外部SEO対策」を、トラフィック重視・アクセス数増重視の「戦略」にそって施して行きます。
採用するSEO手法は勿論策定した「SEO戦略」に沿ったものとなります。

ですので、「キーワード重視のSEO対策」「1位表示させる為のSEO対策」とは異なるSEO手法を使うことになります。
このトラフィック重視のSEO対策は、一般には「ロングテールSEO対策」や「テールSEO対策」等と呼ばれる事もありますが、弊所ではそう呼びません。

トラフィックを重視して行けば、必然的にロングテールキーワードを狙って行く事になります。
トラフィックを重視するがゆえにロングテールSEO対策を行うわけで、重視しているのはあくまで「トラフィック」ですので、弊所では「トラフィック重視のSEO対策」と呼びます。

ちなみに「テール」の対義語は「ヘッド」です。
検索が集中する月間検索数の多いキーワードが「ヘッド」に属し、検索が集中せず月間検索数の少ないキーワードが「テール」に属します。

その中でも特に検索数が少なかったり、滅多に検索されない、もしくは一度しか検索されないようなキーワードが「ロングテール」です。
この「テール」なキーワードや「ロングテール」なキーワードで検索するユーザーを掬い取って行くのが「トラフィック重視のSEO対策」です。

基本的にSEO対策においては、「1位表示」を重視し優先するのであれば、「キーワード重視のSEO対策」を施す事になります。
難しいキーワードでは職人レベルのSEO技術が必要になります。

一方、「トラフィック」「アクセス数増」を重視し優先するのであれば、「トラフィック重視のSEO対策」を施す事になります。
このトラフィック重視のSEO対策では精緻な職人レベルのSEO技術は要求されませんが、高度な「SEO戦略」は要求されます。

弊所ですと、この「トラフィック重視のSEO対策」のSEO戦略に対応するのが「SEO戦略豚」と「SEO相談豚」等の「コンサルティング」サービスです。
「トラフィック重視のSEO対策」のSEO戦力に対応するのが、「検索上位表示豚豚」や「SEOスケールメリット豚」等の「コンサルティング+被リンク対策」サービスです。

なお、「キーワード重視のSEO対策」「1位表示のSEO対策」のSEO戦力に対応するのも「検索上位表示豚」「SEOスケールメリット豚」等の「コンサルティング+被リンク対策」サービスです。
「検索上位表示豚」は弊所(トンケン経営研究所)創業以来何年も続いている最も歴史あるSEOサービスとなります。

以上のような位置づけでSEOの「戦略」サービスと「戦力」サービスを運営しております。弊所のSEO対策サービスを検討されている方々は、最初は「戦力」サービスの「検索上位表示豚」から入ると良いと思います。
「検索上位表示豚」で弊所のSEO対策の実力を確かめ頂き、貴Webサイトの「SEO戦力」と成り得るかどうかを判断すると良いでしょう。

利用した結果、「期待できそう」と判断された方は其の他の「戦力」サービスや「戦略」サービスを利用して行けば良いのではないでしょうか。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする