資金余裕ならホームページでSEO対策、無しならブログで。集客媒体選び

「SEO集客に用いる情報発信媒体(集客媒体)として何を選択するか?」は資金が十分に無い企業の場合は「非常に重要な選択」となります。
この集客媒体選びでSEO集客の成否が決まってしまう事もあります。

それくらい「集客媒体の選択」は資金の乏しい企業にとっては重要です。
この選択を間違えると投じたSEO費用を回収できずにSEOからの撤退する事になるでしょう。

「キーワードの選択」が重要だとSEO界では言われますが、SEO対策を施す「集客媒体の選択」はもっと重要だといえます。
資金が十分にある企業であれば、集客媒体の選択はあまり深く考える必要はありません。

どの集客媒体を選ぼうと、相応のSEO費用を投じ相応の対策時間をかければ結果に繋がりますので気にする必要がありません。
裕福な企業の場合は、集客媒体選びであれこれと悩む必要は無く、自身が順位を上げたいと思っている集客媒体(情報発信媒体)にSEO対策を掛けて行けば良いのです。

資金豊富な裕福企業にとって重要な選択は「腕のあるSEO業者のSEOサービスを選ぶ」という事だけです。
そして「結果が出るまで資金を投ずる」事で実際に上位表示され上位維持も達成できます。

しかし、資金が十分に無い企業の場合は「結果が出るまで資金を投ずる」事ができません。
結果が出る前に資金が尽きてSEO対策を継続出来なくなります。

そしてSEO戦線から撤退するわけです。
資金豊富な企業がSEO集客で成功するかしないかは、「腕のあるSEO業者のSEOサービス」を選べるかどうかで決まります。

その上で結果が出るまで「継続」する、それだけです。
一方、資金が十分に無い企業の場合は、「腕のあるSEO業者のSEOサービス」を選択出来たとしてもSEO集客で成功できない場合は多いです。

なぜでしょうか?
その理由の一つは選択している「集客媒体」にあります。

選ぶ集客媒体(情報発信媒体)が悪いと「腕のあるSEO業者のSEOサービス」を選んでも、結果が出る前に資金が尽きてしまいます。
ちなみにここでいう資金が十分に無い企業とは「一万~数万前後のSEO費用を毎月継続して出せ無いレベルの企業」の事です。

結果が出る前に資金が尽きてしまう代表例としては「ホームページのSEO対策」が挙げられます。
通常、企業のホームページはページを新たに追加したり更新したりしません。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のHPの場合もこれは同じでして、ホームページに新規ページを追加したり既存ページの情報更新をする事は滅多にありません。
これが企業のホームページの特徴ですが、資金が十分で無い企業がこの「ホームページ」のSEO対策から入ってしまうと結果が出る前に資金が尽きてしまう事が多くなります。

企業のホームページではブログとは違いページ数を増やしませんので、検索エンジン経由で集客数を増やすには既存ページにSEO対策を施して検索数の多いヘッド(※1)のキーワードで1位を狙わねばなりません。(※1:テールの対義語)
ページ数が限られているわけですから、検索数の少ないロングテールキーワードやテールキーワードでの大量集客はまず見込めません。

それがホームページです。
ページ数が限られたホームページで検索エンジン経由の集客数を増やすには、競争のあるキーワード群で1位を獲るより他ありません。

SEOによる集客効果を実感できるのはターゲットキーワードで3位以内にランクしてからですが、その3位以内に入る前に資金が乏しい企業の場合は兵糧尽きてしまうというのが現実です。
ちなみに同じキーワードで3位にランクするのと1位にランクするのではアクセス数が天と地ほどにも違います。

2位のURLが1位になったら、其のキーワード経由でのアクセス数が10倍アップという事も普通にあります。
で、この1位というものを簡単に獲れれば良いのですが、検索数の多いヘッドのキーワードには競争相手も多く参戦しているため、簡単には1位は獲れません。

そして、そうこうしている内に資金が尽きてSEO戦線から撤退して行くのです。
ページ数が限られるホームページでは狙ったキーワードで上位表示(=3位以内表示)させない限り検索エンジン経由の集客数は増やせません。

3位以内が獲れなければ検索エンジン経由の売上は基本的に増えないのです。
資金豊富(兵糧豊富)な企業の場合はこの局面でもSEO対策を継続できますので、他の競争相手が兵糧(資金)が尽きて撤退した後もSEO対策を継続できます。

そしての継続した結果、1位を獲得するのです。
資金が十分で無い企業も資金が尽きる前に上位表示(=3位以内表示)できればSEO集客成功となるわけですが、成功したり成功しなかったりと色々です。

では資金が十分に無い企業でありながらSEO集客で成功している企業は、どんな集客媒体を選択しているのでしょうか?
ブログです。

ブログを集客媒体として選びます。
ブログを選べば必ず成功するわけでは無いですが、ホームページを選んだ場合よりはSEO集客での成功確率は上がります。

なぜSEO集客による成功確率が上がるのか?
それは殆ど検索される事の無い「ロングテールキーワード」やあまり検索される事の無い「テールキーワード」からの集客数がブログページを増産する事でどんどん増え行くからです。

基本的にSEO対策の集客媒体として「ホームページを選ぶ」という事は「ロングテールキーワードとテールキーワードを捨てる」という事を意味します。
貴方が意識しようと意識しまいと、「ホームページ」をSEO対策の集客媒体に選択した時点で、「ロングテールキーワードとテールキーワードで検索してくる顧客は捨てる」という意思決定を行っている事になります。

「ホームページ」をSEO対策の集客媒体として選んだ場合は、「ロングテール」や「テール」での集客の道は断たれますので、競争相手ひしめく(レッドオーシャンな?)「ヘッドのキーワード群」でのSEO競争に勝ち抜いて自身のURLを1位表示させ検索エンジン経由の顧客を獲得するより他ありません。
資金が乏しい企業が「ホームページ」をSEO対策の集客媒体として選びヘッドのキーワードでの上位表示を狙う場合は、資金豊富な裕福企業群とのレッドオーシャンでの戦いは避けられません。

そのレッドオーシャンで勝ち抜くだけの資金と戦力を用意できるなら「ホームページ」をSEO対策の集客媒体に選んで戦いを仕掛ければ良いのです。
旨みの多いヘッドのキーワード群には4年,7年とSEO対策をやり続けている競争相手が存在します。

彼らから1位の座を奪い取るには、「1位表示させる為のSEO対策」が必要になります。
SEOにおいて「時間」(エイジ)は競争優位の源泉となりますが、エイジスコアで圧倒的優位に立つ競合URLを追い抜くだけのSEO対策が1位表示には必要になります。

このエイジスコアの壁を超えて1位表示させるのに、相応の対策時間や対策資金が必要になる事くらいは容易に想像がつくでしょう。
対策時間や対策コストはSEO業者のSEO技術等である程度までは小さく抑える事も可能ですが、それでもやはり相応の時間やコストは必要になります。

ここで集客媒体選択についてまとめますと・・・
・SEO対策の集客媒体として「ホームページ」を選ぶ=ロングテールとテールの顧客を捨てる、レッドオーシャンでの戦いを選択する
・SEO対策の集客媒体として「ブログ」を選ぶ=ロングテールとテールの顧客を拾う、レッドオーシャンでの戦いを回避する

資金が乏しいながらもSEO集客で高い確率で成功し十分な顧客を確保する企業はレッドオーシャンなマスマーケット(キーワード市場の主要部分,ヘッドキーワード)での戦いを回避し、ニッチに存在する顧客を狙い撃ちます。
このニッチ(キーワード市場の隙間,ロングテールキーワードやテールキーワード)開拓に向いているのがブログです。

ここでホームページとブログの違いを整理しますと・・・
・ホームページ=ページ数を増やさ無い、ページ数を固定する、ページ数に制限あり
・ブログ=ページ数を増やす、ページ数を固定しない、ページ数に制限無し

ブログはページ数に制限はありませんので、それなりのボリュームを伴う形でページ数を増やして行けば、嫌でもニッチキーワード群での集客数は増えて行きます。
但し、「集客数が増えて行く」のはSEO対策(特に被リンク対策)を十分に行った場合のみです。

やれば分かりますが、十分なSEO対策を施さずにブログを回しても大して検索エンジン経由の集客数は増えません。
ブログのSEO集客はメリットも多そうですが、デメリットもあります。

それは記事(コンテンツ)作成に時間・エネルギー・費用(コスト)が掛かる事です。
特にコスト(時間コスト)が掛かる事が問題です。

記事を増やせば増やすほど時間コストも増えて行きます。
しかし、その時間コスト増に見合う記事が投稿できているならば問題ではありませんが。

ブログのSEO集客では、「ページを増やす」という「作業」が発生しますので、各ページの記事(コンテンツ)作成作業により発生する「コスト」を計算する必要があります。
自分でやれば「無料」、自社従業員にやらせれば「無料」という言葉をよく聞きますが、「無料」ではありません。

「作業」に費やした「時間」には必ずコストが掛かっておりますので、それらの時間コストは意識する必要があります。
時給3000円の社員に3時間作業をやらせれば、9000円の時間コストが発生します。

その辺のコストの計算もしながらブログのSEO集客を選択するのか?ホームページのSEO集客を選択するか?決めねばなりません。
もちろん両方選択して、「ブログ:ホームページ=4:6」のように費用配分をしてブログとホームページの「全体」で集客数の最大化を目指すようなやり方でも良いでしょう。

ホームページのSEO対策の場合は、追加のコンテンツ作成作業等による時間コストは発生しませんので単純にSEOサービスで発生するSEO費用だけを見れば良いのですが、ブログはそうはいきません。
ブログのSEO対策では記事(コンテンツ)作成作業に掛かる時間コストもカウントして、トータルのSEO費用(時間コスト+SEOサービス料金)を見る必要があります。

ブログのSEO集客では記事作成に時間コストは掛かりますが、それでも資金の乏しい企業の場合はブログのSEO集客の方が利があったりします。
いずれにせよブログのSEO集客の魅力はロングテールキーワードやテールキーワードに存在する「顧客」を集客できる事です。

顧客はレッドオーシャンな「ヘッドのキーワード」だけに存在するわけではありませんので、「キーワード市場におけるニッチをどうするか?」についてはよく考える必要があります。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)はSEO業者という事もあり、色々なWebサイトオーナーやSEO担当者を見てきましたが、資金が乏しいながらもSEO集客で成功した企業はニッチにも目を向けていたという事は言えます。

さて、文字数が既に4000字を超えてエネルギーが尽きかけているため、このへんで筆を置きます。
ブログのSEO集客についてはまだまだ言いたい事が山ほどありますが、残念ながら記事執筆エネルギーが尽きました。

ブログとホームページのSEO対策の違いについて書きましたが、ネットショップ運営企業の場合はまた少し話が違います。
今回はあくまで「ホームページ」メインでSEO集客を頑張っている企業に向けたアドバイスです。

「ホームページ」メインでSEO集客に励むという事は、「ロングテールキーワードやテールキーワードに存在する顧客を捨てて、レッドオーシャンで顧客を奪い合い、多数の裕福企業群を相手に戦う事なのだ」という事を理解して頂けたらと思います。
ちなみに弊所のSEOサービスですと、このレッドオーシャンでの戦いに競り勝ち1位表示させる為に設計したサービスが「検索上位表示豚」となります。

米YSTでの上位表示が「SEO集客の成否を左右」した旧Yahoo検索エンジン時代からGoogle検索での上位表示が「SEO集客の成否の全て」となった現在に至るまで弊所管理URL群や顧客URL群で多数の1位表示を達成しておりますので「戦力」となるでしょう。
「検索上位表示豚」はホームページのSEO対策で力を発揮するだけでなく、ブログのSEO対策でも大きな力を発揮します。

ブログのSEO集客で力を引き出せるようにサービス設計しております。
検索上位表示豚はブログのSEO対策・HPのSEO対策の両方に対応できるという点は覚えておいて頂けると幸いです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする