1URLを1キーワードで対策すると順位維持容易。複数キーワードだと困難

同じURLで幾つのキーワードを対策するか迷う方もいらっしゃると思います。
1URLで対策するキーワードを1つに絞る方と、1URLで3つ・4つ・5つと複数のキーワードの対策する方に分かれる傾向がありますが、迷っている場合は前者を選択すると良いです。

2年・3年後にどちらのURLが検索結果上位に留まっているかといえば、「1キーワードのみで対策したURLの方」です。
1キーワードのみで対策しているURLは「ページ内部も1つのキーワードで対策」されているため、その対策キーワードで順位が安定し易くなります。

検索エンジンが検索キーワードとURL群との関連性を判断するにあたって「ページ内部のオリジナル部分のテキスト」を重視した時などに、複数のキーワードで対策しているURLの多くは「ページ内部で1つ1つのキーワードで十分な対策を施す事が困難」となるため内部スコアが落ちます。
内部スコア低下でSEOスコアも落ちますので通常は順位を落とします。

内部スコアが落ちたにも関わらず順位が落ちないとすれば、それはそれだけ外部スコア(被リンクなどによる獲得するリンクスコア)が高いからですが、そこまで高い外部スコアを得るにはかなりの被リンク対策を行わねばなりません。
1つのキーワードで対策しているURLの場合は「ページ内部も1つのキーワードで確り対策できている」状態ですので、検索エンジンがページ内部を重視した時などにもマイナス影響は受けません。

検索エンジンが外部要因(被リンクなど)を重視した時でも、1つのキーワードで確り被リンク対策を施してありますので、やはりマイナス影響は受けません。
検索エンジンが外部を重視しようと、内部を重視しようと、その影響を殆ど受けないのは「1キーワードのみで対策しているURL」の方です。

「複数のキーワードで対策しているURL」の場合は、同じURLで複数のキーワードを対策するため「ページ内部のテキスト部分でどのキーワードを出現させるか?」というキーワードのトレードオフが必要になります。
キーワードAをページ内でバランスよく出現させるために、キーワードBの出現は諦める捨てる等の「トレードオフ」が必要になります。

複数のキーワードで対策するURLはページ内部で「キーワードのトレードオフ」を行わねばならないため「内部」に弱点を抱える事になります。
そのため「ページ内部の要因」を検索エンジンに重視された時に内部に弱点を抱えるURL群は内部スコアが落ち、結果として内部スコアと外部スコアのトータルであるSEOスコアも落とす事になります。

検索キーワードでのURL群の順位はSEOスコアの高い順に並びますので、SEOスコアが競合URL群よりも下がれば検索順位も下がります。
先ほども申し上げた通りで、検索エンジンが内部要因を重視する局面においても順位を殆ど下げない「複数キーワードで対策しているURL」は存在します。

上記で挙げた外部スコアが非常に高いURLがそれですが、外部スコアがそこまで高くないURLでも複数キーワードで順位維持しているURLは存在します。
「同じ意味の複数キーワード」で対策しているURLがそれです。

言葉(キーワード)は異なっても「意味は同じ」であるキーワード群で対策しているURLは、検索エンジンがページ内部を重視する局面において内部スコアはそれほど落ちません。
もちろんこういった局面において最良は「1URLを1キーワードで対策」しページ内部の上段・中段・下段に対策しているキーワードが出現するようにしておく事ですが、言葉は異っても「意味の上では同じ」別キーワードが出現するようであればページ内部重視局面においてもさほど内部スコアは落ちません。

昔の検索エンジンは「キーワード」しか理解できませんでしたが、最近の検索エンジンは「意味」(キーワードの意味)も多少は理解するようになってきております。
ですので上記のような局面でも「意味の上では同じ」言葉がページ内部に十分に出現していれば内部スコアはそれほど落とさずにすむ場合もあるのです。

ただし、検索エンジンの「意味」を理解する能力は、人間が言葉や文章の「意味」を理解する能力には遠く及びませんのであてにはできませんが。
しかし、少しずつではありますが、検索エンジンが言葉の「意味」を理解するようにはなってきておりますのでページ内部のSEO対策の自由度は上がって来てはおります。

SEOは、キーワードそのものがページ内部で出現しているかかどうかが重要な「キーワードSEO」から、キーワードではなくとも「同じ意味の言葉」がページ内で出現しているかどうかが重要な「セマティックSEO」に少しずつ移行していると申し上げられます。
今書いている事と同じ内容の記事を数年前にも弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は書いておりますが当時よりは、検索エンジンの「意味」を理解する能力は上がっております。

しかし、数年経過しても意味を理解する能力は多少伸びた程度ですので、当面はページ内にキーワードが出現するかどうかが重要な「キーワードSEO」を重視した内部SEO対策を施さねばなりません。
中長期での上位維持や上位安定を望む場合は、「検索キーワードとページ内部の関連度」及び「検索キーワードと被リンクの関連度」を高めておく必要があります。

前者は内部スコアに大きな影響を与え、後者は外部スコア(リンクスコア)に大きな影響を与えます。
被リンクに関していえば、対策しているターゲットキーワードと全く関係無いアンカーテキストで被リンクを沢山受けても外部スコアはさほど上がりません。

この内の外部スコアを高める施策はSEO業者が行う事ができますが、内部スコアに関しては各WebサイトのオーナーやWebサイト担当者が自分で意識してやらねばならない部分です。
ページ内部のSEO対策の重要性は過去数年、弊所にSEOを依頼してきたお客様方のURL群をみているとわかります。

実際に上位表示や1位表示を達成したURLや何年も安定して上位維持・1位維持しているURLほど、ページ内部のSEO対策がしっかり出来ている傾向があります。
SEOで成功するURLには、「1URLを1キーワードで対策」「1URLを複数のキーワード(意味は同じ)で対策」のどちらかに当て嵌まるURLが多かったと思います。

「1URLを複数のキーワード(意味が異なる)で対策」に当て嵌まるURL群でも上位表示はもちろん出来ておりますが、先に挙げた2つのタイプのURL群と比較するとSEOで成功するURLは少なかったように思います。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする