ビッグキーワードのSEO対策に必要な余裕。30%~40%の力は温存し保険に

「ビッグキーワードのSEO対策で成功し続ける上で必要な事は?」と問われれば、「余裕が必要」と答えます。
一つ一つのSEO施策、特に被リンク対策から最大限「力」を引っ張り出そうとしない事が重要です。

「今、最大限 被リンク群から外部SEOスコアを引っ張り出す」ような施策を行いますと検索アルゴリズムに変更が入る事でSEOフィルターに引っ掛かってしまいSEO効果を失ったり、其の被リンク施策がペナルティの対象となり対策URLのSEOスコアダウンに繋がる事もありますので、あえて一つ一つのSEO施策(被リンク施策)に「余裕」を持たせて行くのです。
100%を狙わずに70%や60%をあえて狙って「余裕」あるSEO対策を施すイメージです。

検索アルゴリズムに大きな変更が入っても「余裕」を持たせておけば、対策URLや対策サイトがダメージを受けずに済みます。
但し、SEO施策に「余裕」を持たせれば、持たせた分だけ余分に「SEOコスト」(被リンクコスト)はかかります。

この場合、余分な「SEOコスト」(被リンクコスト)は将来のアルゴリズムの大規模変更に備えた「保険料」という位置付けになります。
ビッグキーワードのSEO対策に「保険」をかけるイメージです。

余分な保険料は支払いたく無い方々は「今のSEO施策」から100%の力を引き出すSEO対策を行えばよいのですが、その場合は将来の検索アルゴリズムの大規模アップデートで対策URLや対策サイトがSEOフィルターに引っ掛かったり、ペナルティを受ける事を覚悟しておく必要があります。
検索エンジン対策において、「中長期での上位表示の維持」「中長期での一位表示の維持」を重視するのであれば外部SEOスコアを「今、100%引っ張り出す」ような「余裕の無い」SEO施策(被リンク対策)はやらない方が良いと申し上げられます。

物足らなさを感じるかもしれませんが、各SEO施策から60%~70%程度の外部SEOスコアを引き出す「余裕ある」SEO対策(被リンク対策)を展開して行った方が後々「吉」と出ます。
ちなみに「余裕あるSEO対策」を行うには、ある程度「人」が必要になります。

「独り」ではビッグキーワードで「余裕あるSEO対策」は展開できません。
余裕あるSEO対策には「膨大な作業量」が伴いますので、「独り」ではとてもこなせないのです。

これはSEO対策を専業として、毎日朝から晩までSEO対策と向き合っている弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のSEO職人トンちゃんの場合でも同じです。
「余裕あるSEO対策」をSEO職人独りで行う事はまず「不可能」です

余裕あるSEO対策を行うには、「人」が複数集まった「集団」の力が必要になります。
現在、SEO職人トンちゃんが経営する「トンケン経営研究所」はトンちゃん独りでは無く複数の「人」が集まった「集団」で構成されております。

トンケン経営研究所が集団化・組織化した一つの理由は、この「余裕あるSEO対策」をビッグキーワードで行う為であります。
余裕あるSEO対策には「膨大な作業量」が伴うわけですが、それを実際にこなすには、どうあっても集団の力(数の力)が必要になります。

独りSEO職人では一ヵ月でとてもこなせない「膨大なSEO作業量」も、SEO職人集団であれば無理なくこなせます。
SEO職人の世界も「独りSEO職人」と「SEO職人集団」に分かれますが、「独りSEO職人」はGoogle SEO対策で分が悪くなってきいるとトンケン経営研究所 SEO事業部(SEO職人集団)は分析しております。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は昔から「Google SEOは作業量」「Google SEOは数の力がものを言う」と主張してきましたが、実際にGoogle SEOはその方向にどんどん進んでおります。
最近、Google(Yahoo)のSEO系キーワードの検索結果上位から「独りSEO職人」のHP群が淘汰されつつあるのを見ても分かります。

「数の力」を持たない「独りSEO職人」は、「余裕あるSEO対策」を行う事ができません。
いかにSEO作業に熟練したSEO職人であっても一ヵ月にこなせるSEO作業量には限界があります。

独りSEO職人が難関キーワード群で一定期間の中で結果を出そうとするならば「毎月の限りあるSEO作業量」の中で「余裕あるSEO対策」では無く「余裕なきSEO対策」「ギリギリのラインのSEO対策」を行う事になります。
「余裕なきSEO対策」が将来的には対策URLの順位降下の引き金になると分かっていてもやるしかないでしょう、結果を出さねばご飯は食べられませんので。

旧Yahoo検索(YST)時代は「SEO技術の高さ」が検索順位に結びついていたため職人技を追求する「独りSEO職人」は競争優位を保てました。
「独りSEO職人」が一ヵ月でこなせる限りある作業量の範囲内でSEO技術を駆使する事で、顧客URL群をビッグキーワードで短期間でYSTで上位表示させる事が可能でした。

しかし、今は状況が違います。
今は「数の力」と「エイジ」がものを言うGoogle検索の時代です。

ここ数年のGoogle検索のアルゴリズムの改良・進化によりSEO周りの環境もだいぶ変化してきました。
自然リンクと不自然リンクを見分ける検索アルゴリズムの精度向上により、今まで自然リンクと看做されていた被リンク群の多くが「不自然リンク」と認識されSEOフィルターに引っ掛かったりペナルティの対象になってきました。

では、このSEOフィルターやペナルティを回避するにはどうしたら良いでしょうか?
その答えが「余裕あるSEO対策」です。

普段の一つ一つの被リンク作業等から100%の外部SEOスコアを引っ張り出す事を狙ったSEO対策を行わずに、あえて60%~70%程度の外部SEOスコアを引き出すSEO対策を行うのです。
特に被リンクの「アンカーテキスト」には余裕を持たせた方が良いです。

被リンクのアンカーテキストから100%のSEOスコアを引き出す事を狙わず、あえて60%~70%を狙って行く事です。
アンカーテキストで100%を狙ってしまうと、検索アルゴリズムのメジャーアップデートが将来行われた時に対策URLがSEOフィルターに引っ掛かってしまったり、その100%を狙った被リンクのアンカーテキスト群がペナルティの対象となり対策URLのSEOスコアの大幅ダウンに繋がる事もあり得ます。

逆に将来のメジャー級の検索アルゴリズムのアップデートを恐れて、10%~20%程度の外部SEOスコアを引き出すような弱腰の外部SEO対策(被リンク対策)をやっていては、何時まで経っても上位表示できませんしSEOコスト(被リンクコスト)もかさみますのでそれはそれでよろしくありません。
ビッグキーワードや難関キーワードでは、一つ一つの被リンク作業から60%~70%の外部SEOスコアを引き出すような被リンク対策を行うのが「適度」であり、30%~40%前後の「余裕」を持たせたSEO対策を行った方が上手くいきます。

「余裕あるSEO対策」を行っていけば将来の検索アルゴリズムの大規模アップデートの荒波や大津波にも対応でき中長期での安定的な上位表示の実現も可能となります。
先ほども申し上げましたが、一定期間の中で「余裕あるSEO対策」で結果を出そうと思うなら「膨大なSEO作業量」が必要になります。

これは「独りSEO職人」がこなせるようなレベルの作業量ではなく「集団」でなければこなせないようなレベルの作業量です。
Google検索のアルゴリズムが進化すればするほど「幅を利かせる」ようになるのが「余裕あるSEO対策」です。

検索アルゴリズムが進化すればするほど「自然リンク」として認識される「被リンクの範囲」が狭まります。
今迄「ギリギリのSEO対策」「余裕なきSEO対策」によって「自然リンク」と認識されていた被リンクの多くが「不自然リンク」として認識されるようになりますので、「余裕あるSEO対策」を行ってきたWebサイトが全体的に検索順位を上げ、「余裕なきSEO対策」を行ってきたWebサイトが全体的に検索順位を下げる事になります。

「余裕あるSEO対策」を行えるのは「独り」ではなく「集団」であります。
「独り」で「余裕あるSEO対策」を行っていては上位表示する前に日が暮れてしまいます。

Google検索のアルゴリズムが進化すればするほど「余裕あるSEO対策」の重要度が上がりますので、今後のGoogle SEOでは「集団の力」「数の力」が必要になってくるという事になります。
「数の力」を持たない「独りSEO職人」は、Google検索のアルゴリズムが進化すればするほどに分が悪くなって行きますので、生き残るためには何らかの形で「集団化」する必要が出てくると弊所(SEO職人集団)はみております。

「『数の力』を持たなければ淘汰される」、そういう危機意識を「独りSEO職人」は持つ必要があると思います。
今のところは、まだ独りでも対応できるかもしれませんが、Google検索のアルゴリズムが強化されればされるほど、独りSEO職人は厳しくなって行くと思います。

強化された検索アルゴリズムによりSEO環境は大きく変化しているわけですが、その影響を最初に受けるのは「独りSEO職人」です。
独りSEO職人は、毎月の「限りあるSEO作業量」の中で「ギリギリのラインのSEO対策」「被リンクから90%~100%の外部SEOスコアを引き出そうとするSEO対策」「余裕なきSEO対策」を行う傾向があるため(生き残る為にそうせざるを得ないため)、検索アルゴリズムの大規模アップデートの影響をモロに受けてしまいます。

「余裕あるSEO対策」を「限りあるSEO作業量」の中で「独りSEO職人」がやっていては結果は出せませんので仕方無い事ですが、今のやり方は何時までも続かないのは間違いありません。
独りSEO職人は「変化するSEO環境への適応」が必要になって来ているといえます。

「限られた作業量から100%の外部SEOスコアを引き出すSEO対策」から「膨大な作業量から60%~70%の外部SEOスコアを引き出すSEO対策」にシフトしないと、特にビッグキーワードでの1位表示や中長期での上位維持は困難になって行くと思います。
変化するSEO環境に適応するためには「独りSEO職人」は「SEO職人集団」化するか、もしくはニッチなキーワードのみで商売を行うかのどちらかになるのではないかと思う今日この頃であります。

弊所は今後もビッグキーワードでの1位表示に拘りますので、もちろん「SEO職人集団」強化の道を歩む事になります。
今後のビッグキーワードのSEO対策では「SEO職人集団」「数の力」「余裕あるSEO対策」「エイジ」、この4つがポイントになると思います。

今、「SEO技術」というものを挙げませんでしたが、「SEO技術」は具えていて「当たり前」ですので、あえて挙げておりません。
SEO技術が無いようなSEO対策者をSEO職人とは呼びませんので、SEO技術は挙げるまでもありません。

「エイジ」に関しては2012年に入ってから何度か記事でとりあげておりますので、それらを参考にしてください。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする