Googleで不動の上位表示コツ。高コスト衛星サイトと高コスト被リンク

現在は「検索エンジン集客=グーグル検索エンジン」という状況でして、検索エンジン経由の集客を押さえるにはグーグル検索を押さえねばなりません。
iPhone等のスマートフォンやiPad等のタブレットからの検索といえばほぼグーグル検索という状況ですので、Bing検索やBaidu検索で上位表示させてもビジネスにはなりません。

ス マホやタブレット端末からの検索でグーグル検索がよく使われるのは、iPhoneやiPod touchやiPadでメインとして使われるブラウザSafariに標準搭載されている検索エンジンがグーグルだからという面もありますが、いずれにせよ グーグル検索がスマホやタブレットからの検索で支配的な地位を築いているのは間違いありません。
PCからの検索では依然ヤフー検索エンジンが強い力を維持してはおりますが、このヤフー検索で使われているベースとなる「検索エンジン」はグーグル検索エンジンですので、やはりグーグル検索を押さえない事には、検索エンジン経由の集客は安定しません。

検索エンジン経由の集客を安定させるには、「一時的な上位表示」「短期的な上位表示」では無く、「不動の上位表示」が必要になりますが、ではこの「不動の上位表示」を実現するにはどうしたらよいでしょうか?
早速答えですが、「不動の上位表示」(不動の1位表示)や「安定的な上位表示」「安定的な1位表示」を実現するには「高コストな強いWebサイトからの被リンクの獲得」が必要になります。

現 検索アルゴリズムのみに対応させる形でコストを極限まで削減して作られた低コストな弱いWebサイトから獲得する被リンクでは、「一時的な上位表示」(一 時的な1位表示)や「短期的な上位表示」(短期的な1位表示)は出来ても、少し先の「未来の検索アルゴリズム」には対応できませんので遅かれ早かれ近い未 来に検索順位を落とす事になります。
「効果が長く続かない」だけで済むなら良いのですが、それらの低コストWebサイトから供給される低コスト被リンクが未来の検索アルゴリズム下ではペナルティの温床となってしまい、「悪い効果を中期・長期・超長期で貴URLに及ぼす」ようになる事もあります。

一般的に低コストWebサイト群で用いられる被リンク手法は低コスト手法が中心となります。
量産したWebサイト群だけが低コストで、それらの低コストサイト群で用いる被リンク手法だけが高コストという事は先ずありません。

低コストな衛星サイト群(サテライトサイト群)を作るSEO対策者は被リンク手法も低コストに抑えようとします。
低コストWebサイトを量産するSEO対策者の多くはコスト削減の為に、時間コストや多額の人件費が必要になる手間のかかる被リンク手法を用いる事を避けようとしますので、必然的に被リンク手法は低コスト手法が中心となります。

現 検索アルゴリズム環境下では通用する「低コスト衛星サイト&低コスト被リンク手法」(低コスト路線)も少し先の未来の検索アルゴリズム環境下では通用せず全く評価されなくなったり、設置した低コスト被リンク群がペナルティの温床となったりします。
低コスト路線を敷き、低コスト衛星サイト群を量産し、それらの低コスト衛星サイト群から低コスト被リンク手法で弱いバックリンクの供給を多く受ける事で今 現在「上位表示」を達成しているURL群は今はよくとも、未来の検索アルゴリズム下では被リンクが評価されなくなったり、ペナルティを受け続ける事になり 「検索順位を落とす」事になります。

低コスト衛星サイトからの低コスト被リンク手法では、グーグル検索での「一時的な上位表示」や「短期的な上位表示」は可能でも、「不動の上位表示」や「不動の1位表示」は先ず不可能です。
「低コスト」には「余裕」がありませんので、「未来の検索アルゴリズム」には対応できません。

「高コスト」ならば「余裕が有り」ますので「未来の検索アルゴリズム」にも対応可能ですが、「低コスト」では「現 検索アルゴリズム」への対応が精一杯となります。
「未来」への対応は「余裕」があって初めて実現できるという事です。

「低 コスト」では「余裕が無く」未来には対応できませんので、「未来 検索アルゴリズム」環境下では供給した弱い被リンク群がSEOフィルターに引っ掛かって効果ゼロになってしまったり、最悪の場合はペナルティーフィルター に引っ掛かって永久的に対策URLがペナルティを受け続ける事となり「効果ゼロ」どころか「逆効果」「マイナス効果」となってしまう事もあります。
検索エンジン対策の世界(SEO対策の世界)においては、「低コスト」はリスクにしか成り得ないという事は覚えておいて頂けたらと思います。

「低コスト」には「余裕が無い」のですが、「高コスト」には「余裕が有り」ます。
「高コスト」な衛星サイトを量産し、「高コスト」な被リンク手法を用いた場合は、「余裕が有り」ますので、「現 検索アルゴリズム」だけで無く「未来 検索アルゴリズム」にも対応可能となります。

「未 来の検索アルゴリズム」に対応できていて、初めて「不動の上位表示」や「不動の1位表示」が実現しますので、制作される衛星サイト(サテライトサイト)群 や被リンク手法が「高コストであるかどうか?」という事が「安定的上位表示」「安定的1位表示」において非常に重要な「ポイント」となります。
この部分は一般的にかなり軽視されているように思いますが、「低コスト」「手抜き」の衛星サイト群(サテライトサイト群)や「低コスト」「手抜き」の被リンク手法では、長くは上位維持や1位維持が出来ない点は理解しておいて頂ければと思います。

コ ストを最小に抑えようと思えば、「現 検索アルゴリズムだけ」に対応する衛星サイト群を製作し、「現 検索アルゴリズムだけ」に対応する被リンク手法を採用するのが目先のコスト削減には効果的であり合理的ともいえますが、目先のコストを重視して「低コスト 路線」に手を出してしまうと「未来は失います」。
ちなみに「未来の検索アルゴリズム」に対応するには「未来の検索アルゴリズムそのもの」の予測が必要になります。

検索エンジンの世界のテクノロジーの進化は非常に速いため、数十年先の検索アルゴリズムを予測する事は困難ですが、十数年先の検索アルゴリズムであれば何とか予測可能です。
もちろん、その為には「広く深い情報収集」「先端テクノロジーの把握」「検索アルゴリズムの研究」「検索エンジン会社の経営トップの短期・中期・長期・超 長期の目標,方針,戦略,考え方,価値観の把握」「検索エンジン会社が力を入れている研究・開発・技術分野や買収している技術の把握」「Web界の進む方 向」等をより正確に「知る」必要がございますが、そういった事を確り行えば何とか十数年先までなら未来の検索アルゴリズムを予測する事も可能となります。

そ のような形で「未来 検索アルゴリズム」を予測し、その「未来 検索アルゴリズム」に対応できるであろう衛星サイト群を「今」量産し、その衛星サイト群から「未来 検索アルゴリズム」に対応できるであろう被リンク手法を用いてSEO対策を行っていけば「不動の上位表示」や「不動の1位表示」も高い確率で実現できま す。
未来に対応させる対策部分は、「現 検索アルゴリズム」下では効果が期待できない無駄な対策となりますが、未来においてはその無駄な対策が「有効」に機能するようになりますので、その未来の 為の「無駄な対策コスト」を乗せて「高コスト」な衛星サイトの量産や「高コスト」な被リンク手法を用いて行く事が「不動の1位表示」や「不動の上位表示」 達成には必要となります。

その時点、その時点から見て「十数年先の未来の検索アルゴリズム」を予測し、その「未来 検索アルゴリズム」に対応できるであろう手を「今」打って行けば、理屈・理論上は「上位表示」や「1位表示」を中期・長期・超長期で達成し続ける事も可能となります。
2000年代に弊SEOサービスを利用されたお客様で現在もその業界のビッグキーワードや難関キーワードで3位以内をキープしているお客様がおりますが、 そのお客様のWebサイトに弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は上述したような「高コスト」SEO手法を用いております。

同時期に そのお客様のライバルが、弊所とは別のSEO業者のサービスを利用し、「弊所」か其の「有名SEO業者」のどちらが上位を獲るのかの勝負となったのです が、2012年今現在どうなっているかといえば弊SEOサービスを利用したお客様が競合するビッグキーワードや難関キーワードの「全てで3位以内」に不動 の状態でランクし続け、そのお客様のライバルのWebサイトは競合した主要キーワードの全てで検索圏外に消えております。
対策した当時はライバルサイトの方が順位が上でしたが、ライバルサイトが用いていたSEO手法は「短期的SEO効果」しか期待できない手法が中心でしたので、「未来においての検索圏外行きになるリスクが非常に高い」と見ておりましたが実際にその通りになりました。

高コストSEO手法を選択した弊所のお客様が検索エンジン集客基盤を固め、低コストSEO手法を選択したそのお客様のライバルサイトは一時的に上位表示されましたが検索エンジン集客基盤を失ったわけです。
そのお客様のライバルサイトは恐らく、「契約上の理由」または「獲得した低コスト被リンク数が多過ぎる為に被リンク解除コストが莫大に掛かるという理由」 で貼り付けてしまった低コスト被リンク群を解除できない(外せない)と思いますので、このまま「検索圏外行き」のままで戻って来れないのではないかと思い ます。

「過去の検索アルゴリズム」環境下では通用した低コスト被リンク手法により獲得した「低コスト被リンク群」が「現 検索アルゴリズム」環境下ではペナルティの温床になっているのだと思います。
先ほど申し上げた通りで、「低コスト被リンク群」や「低コスト衛星サイト群」で対応できるのは、「其の時の検索アルゴリズム」だけです。

上述したお客様のライバルサイトの現状を見ても、実際にその通りになっております。
「直ぐに順位を上げたい」「直ぐに集客効果を得たい」などといって「短期」や「目先」を重視するとこういう結果が近い未来に待っているという事です。

SEO対策は「今」では無く「未来」を見て行わねばなりません。
なお、お客様自身が「中期」「長期」を重視していても、実際のSEO対策を担当するSEO業者や被リンク業者が「短期」志向ならば、結果はやはり上述したライバルサイトのようになってしまいます。

逆にお客様自身が「短期」志向でも、実際にSEO対策を施すSEO業者や被リンク業者が「中期」「長期」を重視する「中長期」志向ならば、検索エンジン集客基盤を固めた上述のお客様のように成功する可能性はあります。
但し、短期志向のお客様の多くは結果が直ぐに出ないとSEOサービスを直ぐにやめてしまいますので、成功したり・しなかったりと色々です。

短期志向のお客様で不動の上位表示に成功するパターンとしては「長期間のSEO契約を結び法的な縛りがある関係で動けない」状態だったり、「SEO業者側が何とか説得してサービスを続けてもらう」場合等が挙げられます。
弊所のSEOサービスの場合は、ご存じのように契約は一ヵ月単位で縛りがありません。
ですので、前者のような「契約で長期間、短期志向のお客様を縛る」というオプションはありませんので、短期志向のお客様は結果が直ぐに出なければ離れるという行動をとります。

では弊所が後者のように短期志向のお客様を説得するかといえば、説得し続けるのには弊所側に膨大なエネルギーの消費と説得コストがかかりますので行いません。
申込みをお待ち頂いているお客様が他にも多数いらっしゃいますので、そちらの新規申込みに時間を割く方が経営上、合理的であると考えております。

基本的に弊所のSEOサービスでは短期志向のお客様は残らない「仕組み」となっております。
創業当初は売上を上げ続けなければいけない必要性から短期志向のお客様への「説得」も「経営対策」として行いましたが現在はその必要性が無いため、説得して留まって頂くよう働きかけることもございません。

「去る者は追わず」、これが弊所の創業者とんちゃんの昔からの変わる事なき「考え・方針・スタンス」です。
その考え方や姿勢は、もちろんトンちゃんが経営する弊所(トンケン経営研究所)にも反映されております。

去るお客様にエネルギーを割かずに、去らずに留まってくださるお客様方のSEO集客に貢献する事にエネルギーを集中させる方が「お客様」と「弊所」の双方により良い結果をもたらすと考えております。
SEOの成否は、SEO対策を施す者で決まります。

SEO対策を施すSEO業者や被リンク業者が「短期」重視なのか「中期・長期」重視なのかで「結果」が決まりますので、その辺はSEOサービスや被リンクサービスを利用する前によく見極める事をお勧めいたします。
見極める上では各SEO会社や被リンク会社の「経営トップ(社長や代表)」や「SEO部門の最高責任者」が書いているブログやツイッターなどが役立ちます。

それらを一定期間見ていれば、どんな考えの持ち主か分かります。
その結果が「短期」重視の価値観の持ち主だと判明した場合は、その会社のサービスの利用は避ければ良いのです。

それだけで将来の順位降下やペナルティのリスクは大きく下げられます。
短期志向・目先志向のSEO業者や被リンク業者を選んでも「現 検索アルゴリズム」に対応できていれば「一時的な上位表示」や「短期的な上位表示」はもちろん可能です。

しかし、中長期で見た場合は、「短期」「目先」重視で貼り付けた「低コスト被リンク」は後々ペナルティの温床となりますので「永久的な検索圏外行き」の覚悟が必要です。
その覚悟が無いのであれば、中長期志向のSEO業者や被リンク業者のサービスを利用する事です。

考え無くとも分かる事だと思いますが、実際には短期志向のSEO業者や被リンク業者のサービスを利用している方々も多いので、記事にしてみました。
さて、さきほど「強いWebサイト」という言葉を使いましたが、「強いWebサイト」とは何でしょうか?

「現 検索アルゴリズム」と「未来 検索アルゴリズム」の両方に対応できる「現在・未来の検索アルゴリズムに強いWebサイト」の事ですが、そういった「変化・進化し続ける検索アルゴリズムに強いWebサイト」を作るには大変なコストが掛かります。
大変なコストは掛かるのですが、この必要コストを削減して「現 検索アルゴリズム」だけに対応しているWebサイト量産してしまうと、あとあと被リンク効果を失ったりします。

低コスト衛星サイトは、「現 検索アルゴリズム」環境下ではGoogle検索のサーバーにインデックス登録されるかもしれませんが、「未来 検索アルゴリズム」環境下ではインデックス登録されず、それらの低コスト衛星サイトに設置した被リンク群はSEO効果を将来的には失う(SEO効果がゼロ になる)可能性がございます。
かなり高い確率で実際にそうなります。

低コストサイト群に手間のかかる高コストな被リンク手法を用いて中期・長期で通用する被リンクを設置した場合も、低コスト衛星サイト群がインデックスから削除されてしまえば同じく被リンク効果・SEO効果はゼロです。
全ての「土台」となるのは「衛星サイトそのもの」(サテライトサイトそのもの)ですので、その衛星サイト群に十分なコストをかけて「未来 検索アルゴリズム」環境下でインデックスされ続けるような対策を「今」施しておく必要があります。

その上で高コストな被リンク手法を用いて中期・長期でも被リンク効果・SEO効果が続くように被リンクを設置して初めて「不動の上位表示」「不動の1位表示」が実現できるのです。
実際、弊所はそれを実行に移しているからこそ、ビッグキーワードや難関キーワードで顧客URL群の「不動の上位表示」や「不動の1位表示」を達成できているのです。

手を抜いたら先ず無理です。
手を抜くと手を抜いた分だけ検索順位に跳ね返ってきます。

弊所のアンテナサイト群(検索アルゴリズム分析が目的の情報収集用のサイト群:リアル世界でいうアンテナショップに相当するWebサイト)でそういった 「手抜き被リンク手法(低コスト被リンク手法)を行うとどうなるか?」というSEO実験を大量に行って検証しておりますので間違いありません。
手を抜きの低コスト被リンク手法を用いると、それに相応しい結果が直ぐにはかえってきませんが、後でかえってきます^^。

「高コスト衛星サイト量産」⇒「高コスト被リンク手法」⇒「不動の上位表示」

不動の上位表示、不動の1位表示達成の流れは大体上記のような感じになります。
なお、「短期的な上位表示」で終わる被リンク対策の流れは下記のような感じになります。

「低コスト衛星サイト量産」⇒「低コスト被リンク手法」⇒「短期的な上位表示」
「高コスト衛星サイト量産」⇒「低コスト被リンク手法」⇒「短期的な上位表示」
※低コスト被リンク群が「未来 検索アルゴリズム」環境下でペナルティの温床となるため

「低コスト衛星サイト量産」⇒「高コスト被リンク手法」⇒「短期的な上位表示」
※低コスト衛星サイト群が「未来 検索アルゴリズム」環境下でインデックス削除の対象となるため

基本的に衛星サイト(サテライトサイト)を主体とした高コストSEO対策は個人が行うには使える時間やお金に制限があり、物理的に不可能なSEO手法だといえます。
個人の場合は、「高コスト衛星サイト」の条件に当て嵌まりそうな「一般人のWebサイト群」「一般企業のWebサイト群」と相互リンクを結ぶ事がグーグル検索での不動の上位表示達成では有効です。

但し、ここでも「被リンク」には注意は必要です。
強い一般Webサイトから獲得する被リンクが「低コスト被リンク手法」に該当しないように、設置してもらう被リンクのアンカーテキストには注意をして頂か ないと、「未来 検索アルゴリズム」環境下では獲得した被リンクがペナルティの温床になってしまい、苦しむ事になるかもしれません。

ここでもう一度おさらいですが、不動の上位表示達成には「強いWebサイト」から「強い被リンク」を獲得する事が有効であります。
「強いWebサイト」は「未来 検索アルゴリズム」環境下でもインデックス登録され続けるWebサイトと定義できます。

一言でいえば、「検索アルゴリズムに強いWebサイト」です。
其れ以外にも強いWebサイトの条件はございますが、文章が長くなりましたので解説は控えさせて頂きます。

「強い被リンク」は「未来 検索アルゴリズム」環境下でも評価され続ける被リンクと定義できます。
一言でいえば、「検索アルゴリズムに強い被リンク」です。

「強い被リンク」にもそれ以外の条件はございますが、文章が長くなりましたので解説を控えさせて頂きます。
「強いWebサイト量産」⇒「強いサイトから強い被リンク設置」⇒「不動の上位表示」

「強いWebサイト量産」部分は個人や一般企業が行うには「使える時間」「資金」の問題で物理的に困難かと思いますので、「中長期」志向の実戦経験豊富なプロのSEO業者に任せれば良いと思います。
個人や一般企業が隙間時間を使って片手間で行う外部SEO対策としては、「強い一般サイト」「強い一般企業サイト」との「強い相互リンク」がおすすめです。

「強い相互リンク」(検索アルゴリズムに強い相互リンク)の獲得は、グーグル検索での「不動の上位表示」「不動の1位表示」において有効であります。
「強い衛星サイト量産」と「強い一般サイトとの相互リンク」のどちらか片方では無く、両方をミックスした外部SEO対策を行うと更に高い効果が得られるのは言うまでもありません。

「検索アルゴリズムに強いWebサイト量産」⇒「検索アルゴリズムに強い被リンク設置」⇒「不動の上位表示」
「安定的上位表示」「安定的1位表示」実現の流れは、いたってシンプルであります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。