Googleで検索順位上げるコツ。コンテンツ内容に合致する被リンク供給

検索順位を上げるには被リンクが必要ですが、被リンクを外部のWebサイト群に設置しさえすれば順位が上がるわけではありません。
一般的に被リンク対策(外部SEO対策)は、外部のWebサイト群から順位を上げたいキーワードをアンカーテキストにして被リンクを貼る事を意味し、キーワード入り被リンクを供給すれば順位は上がるものと考えられがちです。

しかし、実際には「順位を上げたいキーワード」をアンカーテキストにして被リンクを供給しても検索順位が上がらなかったりします。
対策URLによっては、順位を上げたいキーワードをアンカーテキストにしてナチュラルな被リンク手法を用いてバックリンクを適量供給しても全く検索順位が上がらないものもあります。

なぜ検索順位が上がらないのでしょうか?
なぜ、SEO対策の王道である「キーワード入り被リンク」を供給しても検索順位が上がらないのでしょうか?

答えは、対策URL内部の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンクを貼らないからです。
対策URL内部の「コンテンツ」と「順位を上げたいキーワード」がかけ離れている場合は現在のGoogle検索では基本的に検索順位は上がりません。

順位が上がる場合もありますが、通常は上記のような条件下ですと検索順位は非常に上がり辛くなります。
一昔前までのGoogle検索では「順位を上げたいキーワード」と「対策URL内部のコンテンツ」がかけ離れていても被リンクの「アンカーテキスト」の力のみで順位は上げられました。

しかし、今現在は過去に通用した「コンテンツとかけ離れた内容のアンカーテキスト」で被リンクを供給してもGoogle検索エンジンではあまり順位が上がらなくなってきております。
「あまり順位が上がらない」という表現を今使いましたが、実際には「全く順位が上がらない」場面が増えてきております。

つまり、Google検索エンジンが一昔前よりも対策URL内部の「コンテンツ」を重視するようになったという事です。
以前のGoogleの検索アルゴリズムは「被リンク」重視「コンテンツ」軽視でしたので、「コンテンツ」が駄目でも「被リンク」が合格点に達していれば上位表示は達成できました。

しかし、現在のGoogleの検索アルゴリズムは「コンテンツ」重視「被リンク」重視ですので、「コンテンツ」が駄目ですと順位上げで非常に苦労する事になります。
ちなみに今「コンテンツ重視,被リンク重視」と書きましたが、この順番が重要です。
順番は 「コンテンツ」⇒「被リンク」 です。

Googleの検索アルゴリズムはこの順番でURLの内部SEOスコアや外部SEOスコアを評価するという事です。
ですので「コンテンツ」が駄目な場合は、そこで「試合終了」(アウト)です。

検索順位を最終的に決めるのは毎回申し上げている通りで「被リンク」ですが、「コンテンツ」が駄目な場合は「被リンク」で勝負する前に「試合終了」(アウト)となるわけです。
Google検索は先ず「コンテンツ」を見て、それからそのコンテンツに適した内容のアンカーテキスト被リンクを評価します。

ですので、「コンテンツ」に適さない内容のアンカーテキストで被リンクをいくら供給しても対策URLの検索順位は「あまり上がらない」か、もしくは「全く上がらない」のです。
Google検索が「先ず対策URLのコンテンツを見て、それから被リンクを評価」するのであれば、「コンテンツ」が無いURLはどうなるのでしょうか?

「コンテンツが無いURL」とGoogle検索に判断されたURLは「順位を上げたいキーワード」で被リンクをナチュラルな形で供給して行っても順位は上がりません。
少し前までは「コンテンツ無し」のURLに「順位を上げたいキーワード」で被リンクを供給すれば上位表示させることができたのですが最近はそれが難しくなってきました。

今現在のGoogle検索は「先ずコンテンツを見て、そのコンテンツに適した内容のアンカーテキスト被リンクのみを評価」します。
「コンテンツが無い」URLに関しては、「コンテンツに適した内容そのもの」がありませんので、どんなキーワードでアンカーテキスト被リンクを供給しようと基本的には順位は上がらないという事になります。

いずれにせよ、現在のGoogle検索は「コンテンツ有る無し」に関わらず「先ずコンテンツを見る」という事です。
そして其の「コンテンツ」に適した内容のアンカーテキスト被リンク群のみを評価対象として対策URLの外部SEOスコアを算出するのです。

今「のみ」という言葉を使いましたが、「完全にそうだ」とは申し上げません。
其の他のアンカーテキストで供給した被リンク群も評価はされておりますが、それらの被リンクから得られる「力」は微々たるものです。

ですので、あえて「のみ」という表現を使いました。
現在のGoogleの検索アルゴリズムは上述したような形で中身が変化しておりますので、サイトオーナーが「順位を上げたいURL」を被リンクの力のみで上位表示させることが難しくなってきております。

「順位を上げたいキーワード」で「順位の上がるURL」(=対策キーワードに沿ったコンテンツを持つURL)に対して外部SEO対策(被リンク対策)を行うのであれば、今後も上位表示は勿論可能です。
「順位を上げたいキーワード」で「順位の上がらないURL」(=対策キーワードに沿わないコンテンツを持つURL)に対して外部SEO対策(被リンク対策)を行うのであれば、幾ら頑張っても今後は検索順位は上がらないであろう事は容易に予想がつきます。

Googleの「現 検索アルゴリズム」および「未来 検索アルゴリズム」下で順位を上げたいのであれば、「順位の上がるURL」を用意する必要があります。
それが出来て初めてGoogle検索での「不動の1位表示」「安定した上位表示」のスタートラインに立てるのです。

繰り返しになりますが、「順位の上がるURL」とは「順位を上げたいキーワード」に沿って作られた「コンテンツ」を内部に持つURLの事です。
「順位を上げたいキーワードで最適化されたコンテンツ」を内部に持つURLが「順位の上がるURL」です。

SEO対策サービスを依頼してくるお客様で意外に多いのが、上述した「順位の上がらないURL」(=対策キーワードに沿わないコンテンツを持つURL)のコンテンツに変更を加えずに順位を上げてくれ」という依頼です。
Google検索は「順位の上がるURL」(=対策キーワードに沿ったコンテンツを持つURL)に対して被リンク対策(外部SEO対策)を行って初めて設置被リンク群が評価され順位が上がる「検索アルゴリズム」です。

「検索アルゴリズム」に沿わない願望をお客様が抱いても、その願望を現実化させることはできません。
「検索アルゴリズム」の内容に沿った願望をお客様が抱くのであれば、その願望を現実化させる事は可能ですが、「検索アルゴリズム」の内容に沿わない願望の現実化は不可能です。

「『順位の上がるURL』(=対策キーワードに沿ったコンテンツを持つURL)の順位を上げてくれ」という依頼であれば「検索アルゴリズム」に沿った願望ですので現実化は可能です。
「検索アルゴリズム」はSEOの世界では「法律」のようなものです。

「検索アルゴリズム」は唯一絶対の「不文法」といっても差し支えありません。
この不文法に沿わない限り絶対に検索順位は上がらないのです。

「法」には通常は「罰則」もつきものですが、「検索アルゴリズム」という「不文法」にもやはり「罰則」は存在します。
現実世界の「法」と同じです。

不文法たる「検索アルゴリズム」に沿わずに罰則にふれる行動や作業を行ってしまうと実際に「罰」(ペナルティ)を受けてSEOスコアを落とします。
SEOスコアが落ちれば勿論ですが貴URLの検索順位は下がります。

ちなみに不文法に沿わない行動や作業が全てペネルティ(罰)となるわけではありません。
罰則に触れる行動や作業を行った場合に限りペナルティ(罰)が発動します。

其れ以外の脱法行為や脱法作業は「評価されない」「無視される」だけです。
「検索アルゴリズム」はSEOの世界における唯一の「法」(不文法)である以上は、その法に上位表示を目指すサイトオーナーは必ず従わねばなりません。

法の内容に沿った対策を行わねば検索順位は上がらないのですから選択の余地はありません。
現在のGoogle検索の「検索アルゴリズム」は、「順位を上げたいキーワードで最適化されたコンテンツを内部に持つURLの検索順位を上げ」ますので、この決まりに沿った対策をサイトオーナーは行う必要があります。

指定したURLを指定したキーワードで順位を上げ抜きたいのであれば、指定したキーワードに沿った内容のコンテンツを指定URLの内部に用意する必要があります。
用意しないのであれば基本的に「順位は上がらない」という事になります。

昔のように被リンクの力のみで指定URLを簡単に上位表示させたり1位表示させる事はできないのです、今現在のGoogleの検索アルゴリズム下では。
今のGoogle検索で「不動の1位表示」や「安定した上位表示」を望むのであれば、「被リンクの力」だけで無く「コンテンツの力」も必要になります。

以前は、「Google上位表示=被リンクの力」でしたが、現在は「Google上位表示=コンテンツの力+被リンクの力」ですので、「コンテンツ無視」や「コンテンツ軽視」では上位表示も上位表示維持も困難となります。
「順位を上げたいキーワードに沿ったコンテンツ」「順位を上げたいキーワードで最適化されたコンテンツ」が対策URL内部にあって初めて外部のWebサイト群に設置したキーワード入りのアンカーテキスト被リンクが機能する(活きる)のです。

検索順位を上げたいのであれば、「対策キーワードに沿ったコンテンツ」を対策URL内部に用意する事です。
対策URL(ページ内部)のSEO対策で最も重要なのが、この「コンテンツ対策」です。

対策URL(ページ内部)にターゲットキーワードに沿ったコンテンツを用意し、そのコンテンツに沿った内容のアンカーテキストで被リンクを外部のWebサイト群から供給する事で、検索順位が上がって行くのです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする