対策URLへのキーワードの割当て方。「1URL1キーワード」と「1URL1意味」

内部SEO対策が全く出来ておらず被リンクの力だけで順位を上げていたURL群が、最近は検索上位から姿を消しつつあります。
とは申しましても、まだまだ被リンクの力だけで上位を保っているURLは沢山存在しております。

しかし、それでも「被リンクの力だけで順位を上げていたURL群が上位からかなり姿を消して減った」のは事実であります。
代わりに内部SEO対策が確り出来ているURL群が上位表示されるようになってきました。

「という事は、被リンクが効かなくなったのか?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、被リンクは昔と同じように変わる事無く効いております。
被リンク効果に関しては昔と何も違いはありません。

「不動の1位表示」を実現できるか否かを最終的に決めるのは今現在も「被リンク」であります。
「被リンク」が不動の上位表示や1位表示を決定づける最重要要因である事に違いはありません。

被リンクの重要度は下がっておりませんが、検索エンジンが対策URLを評価する際の手順は変わりましたので、被リンク対策以外にも目を向ける必要が現在はあります。
被リンク対策以前に押さえておかねばならない上位表示要因が今現在は「ある」という事であります。

何回もこのSEOブログで話している通りでして、少し前までの検索エンジンは「被リンク⇒URL内部」の順で対策URLを評価しておりました。
URLを評価する手順において「URL内部」よりも「被リンク」の方が優先度が高かった為、「キーワードA」というアンカーテキスト被リンクを供給すれば対策URLは「キーワードA」で順位が上がり、「キーワードB」というアンカーテキスト被リンクを供給すれば対策URLは「キーワードB」で順位が上がる状態でした。

対策URLのページ内部に「キーワードA」や「キーワードB」を一切含めずとも、外部サイト(サテライトサイト)等から「キーワードA」や「キーワードB」で被リンクを供給すれば対策URLは順位が上がりました。
しかし、今現在の検索エンジンは違います。「URL内部⇒被リンク」の順で対策URLを評価します。

現在の検索エンジンは先ずURL内部をチェックし其のページのキーワードを割り出します。
割り出した結果、其のページ(URL)のキーワードが「キーワード乙」だった場合は、キーワード乙に関連したアンカーテキスト被リンクは昔通り「普通に評価」し、キーワード乙と関連が薄いアンカーテキスト被リンクは「少しだけ評価」します。

関連の薄いアンカーテキスト被リンクであっても「全く評価されない」という事は無く「少しは評価」されます。
昔のように「普通に評価」される事はありませんが、「少しは評価」されます。

とりあえず対策URLを評価する際の手順・順序・順番が昔とは逆である点は頭に入れておいた方が良いと思います。
「URL内部⇒被リンク」の順です。

「現 検索アルゴリズム」及び「未来 検索アルゴリズム」下では、「キーワードA」で順位を上げたいならば、先ずはURL内部を「キーワードA」で最適化させる必要があります。
それが出来た上で「キーワードA」で被リンク対策を行っていけば昔通り「キーワードA」入りのアンカーテキスト被リンクは評価されますので順位も上げられます。

しかし、対策URL内部がターゲットキーワードでまとまっておらず「何が其のURLのキーワードなのか分からない」状態であるならば、其の対策URLでターゲットキーワードで順位を上げるのは困難になります。
検索エンジンが貴方の対策URLを訪れて其のページのキーワードを割り出そうとしてみたものの「何がキーワードか全く不明」だった場合は、「キーワードA」で幾ら外部サイト(サテライトサイト)から被リンクを供給しても順位が上がらないという事象も現在は発生するという事であります。

Web上には、其のページのキーワードが何なのか第三者にはよく分からないようなURLが無数に存在しております。
そういったURL群は「現 検索アルゴリズム」下でも「未来 検索アルゴリズム」下でも大変不利な戦いを強いられます。

検索エンジンが「URL内部」を分析した結果が「キーワード不明」だった場合、どんなキーワードでアンカーテキスト被リンクを供給しようと得られる被リンク効果は非常に限定的なものになります。
先ほど申し上げた通りで、そのページと関連の薄いキーワードでアンカーテキスト被リンクを幾ら供給しても「少し評価」されるだけですので、いつまで経っても順位は上がらず日が暮れるのです。

以上が「現 検索アルゴリズム」「未来 検索アルゴリズム」が向かっている方向というか流れであります。
現実世界では「自然の流れ」に逆らう者は滅びる運命にありますが、これは検索エンジンの世界でも同じです。

検索エンジン環境下では「検索アルゴリズム」が「自然」に該当します。
この「検索アルゴリズム」の流れに逆らう者は遅かれ早かれ滅びる事になります。

自然の流れに逆らいながら滅びる事無く上位維持する事も一応可能です。
流れに逆らいながらの上位維持には大変な「力」(多大な被リンクコスト)が必要になりますが、「力が尽きる迄の間」は上位維持はできます。

「力尽き」次第、検索順位は落ちますが。
力が尽きた時が滅びの時(順位下落の時)という事であります。

力尽きる事無く賢く生き延びる(生き残る)には、言う間でも無く「自然の流れに乗る」が大事であります。
自然の流れに乗り、「自然の力」を利用すれば力尽きる事はありません。

「自然の力」を上手く利用すれば上位表示や上位維持に必要になる「人間の力」(被リンクコスト)をより小さく抑える事ができます。
「検索アルゴリズム(自然)の流れに逆らい逆流しながら上位表示を狙う」場合は、「自然の力を利用できない」ため「大変な人力」(莫大な被リンクコスト)が必要になります。

検索アルゴリズム(自然)の流れに乗り、「検索アルゴリズム(自然)の力」を利用できるだけ利用し、足りない分だけ「人間の力」(被リンクコスト)を利用する形をとらないと通常は途中で力尽きてしまいます。
さて、ここで「自然の力」とは具体的には何を指すのか?という疑問が湧いた方もいらっしゃると思います。

この「自然の力」は内部SEO対策の事です。
その内部SEO対策の中でも特に重要なものが「各URLへのキーワードの割当て方」であります。

各URLへのキーワードの割当て方が悪いと「自然の力」は利用できなくなります。
「自然の力」を利用できなのであれば、「人間の力」だけで上位表示や上位維持を達成せねばならなくなりますので、莫大な被リンクコストが必要になり多くの場合は目的を達成する前に途中で力尽きます。

「検索アルゴリズム(自然)の力」を利用するには「各URLへのキーワードの割当て方」を理解し押さえばなりませんが、その基本は「1URL1キーワード」「1URL1意味」であります。
1URLに1キーワードのみ割り当ててURL内部を1キーワードで最適化させる「1URL1キーワード」の内部SEO対策、1URLに言葉は異なるものの意味の上では同じ複数のキーワード群を割当ててURL内部を1意味で最適化させる「1URL1意味」の内部SEO対策。

「現 検索アルゴリズム」「未来 検索アルゴリズム」の両方に対応でき通用し続けるのは「1URL1キーワード」「1URL1意味」の2つだけです。
今のところは「被リンクの力だけ」で1URL2意味や1URL4意味で対策して上位維持を達成しているURLもありますが、いつまで今の状態を維持できるいう風には考えない方が良いでしょう。

自然の力(検索アルゴリズムの力)をメインに利用した上位表示では無く、人間の力(被リンクの力)をメインに利用しての上位表示ですので、力尽きた時点で順位を落とす事なります。
「1URL1キーワード」「1URL1意味」でURL内部が最適化されていない対策URL群に関しては、現在上位表示できていても「未来 検索アルゴリズム」には対応できませんので高い確率で順位を落とす事になります。

逆に「1URL1キーワード」「1URL1意味」でURL内部を最適化させた上で上位表示や1位表示を達成している対策URL群は「未来 検索アルゴリズム」環境下でも現在の順位を高い確率で維持できるという事になります。
「1URL1キーワードや1URL1意味でURL内部を最適化させた方が戦いで有利だという事は分かったが、1意味とは何ぞや?」と思われた方もいらっしゃると思います。

当記事でいうところの「1意味」の具体例を出します。
「東京」というキーワードで説明します。

「東京」とキーワードと意味の上では同じ言葉は他に何があるでしょうか?
「東京都」「tokyo」「toukyou」「トウキョウ」「とうきょう」などです。

「立川市」「三鷹市」「練馬区」などはどうでしょうか?
「東京」と関連する言葉ではありますが、「意味」は明らかに違います。

「東京」はあくまで『東京』であり、「立川市」はあくまで『立川市』であります。
この場合、「東京」の1意味は「東京都」「tokyo」「toukyou」「トウキョウ」「とうきょう」までです。

「三鷹市」「立川市」「練馬区」等まで同じ1URLで対策しようとすると1URL4意味になってしまいます。
「未来 検索アルゴリズム」環境下でも生き残るURLは先ほどから申し上げている通りでして、「1URL1キーワード」か「1URL1意味」で対策しているURLのみです。

現在は1URL4意味で全てのキーワードで上位表示できていたとしても、1URL4意味では自然の流れには沿っておりませんので、どこかで脱落する事になります。
1URL4意味で現在上位表示できているとしても、それは「自然の力」(検索アルゴリズムの力)によるものでは無く「人間の力」(被リンクの力)をメインに利用して達成したものに過ぎませんので、力尽き次第順位は落ちます。

将来においても4意味で上位表示を維持したいのであれば、1意味ごとに専用のURLを割当て合計4URLを今の内に用意してSEO対策を開始する事です。
各URLを「1URL1意味」に沿ってURL内部を最適化させ、その上で、各URLの内容に沿ったアンカーテキスト被リンクを適時適量を守りながら継続して浴びせて行けば通常は上位表示され上位維持に至ります。

大雑把ではありましたが、以上が「1URL1意味」で対策する事の具体例であります。
繰り返しになりますが、「1URL1キーワード」「1URL1意味」に沿ってURL内部が最適化されていない対策URL群は遅かれ早かれ順位を落とす事になります。

今現在は、「被リンクの力」で何とか順位を維持できているかもしれませんが、未来においては高い確率で順位を下げる事になります。
いつまでも自然の流れに逆らい続けながら上位維持などできません。

いずれ「力」尽きます。
尽きないのは「自然の力」のみです。

「自然の力」に抗して上位表示や上位維持するよりも、「自然の力」を上手く利用して上位表示や上位維持をした方が「力」は尽きませんし、楽です。
「自然の力」を利用して上位表示や上位維持を達成した方が、上位表示コストや上位維持コストも低く抑えられる事はいうまでもありません。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。