被リンク対策の進め方・やり方。1位表示に向け被リンク全体を最適化

「不動の上位表示」「安定した1位表示」を実現できるかどうかは、「URL内部のSEO対策」と「被リンク対策」(外部SEO対策,バックリンク対策)の2つで基本的に決まります。
もちろんサイトアーキテクチャー(論理的構造)を整えたり、URL群の集まりである「サイト」の内部SEO対策(サイト内部のSEO対策)を確り行う事も「不動の1位表示」や「安定した上位表示」の実現には有効です。

しかし、「重要なものを2つだけ挙げよ」といわれれば「URL内部のSEO対策」と「被リンク対策」を挙げます。
「URL内部のSEO対策」に関してはここ最近何回も記事にして書いておりますので、本日は「被リンク対策」について書きます。

「被リンク対策において重要な事は何か?」と聞かれれば弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は「被リンク対策の進め方」と答えます。
正確には「進め方」というか「被リンク対策の捉え方」「被リンク対策の考え方」と表現した方が適当かもしれませんが、とにかく「被リンク対策の進め方」が「不動の1位表示」「安定的上位表示」実現において非常に重要であると申し上げられます。

被リンク対策を進めるにあたって見なければならないのは「被リンク全体」であります。
「一部の被リンク」(被リンク部分)だけを見て被リンク効果を判断しているSEO対策者が非常に多いのですが、「被リンク部分」は重要ではありません。

「一部の被リンク」(被リンク部分)を見て良し悪しの判断はできません。
「被リンク部分1」や「被リンク部分2」や・・・や「被リンク部分5」が「被リンク全体」の中でどう機能するのか?それを見ずして各「被リンク部分」に対していかなる評価も下す事はできません。

重要なのは「被リンク全体」です。
被リンク対策は「全 被リンク」でバランスが取れるように調整して行けば良く、「一部の被リンク」(被リンク部分)の良し悪しに拘ってもSEOで良い結果は得られません。

被リンクには「被リンク全体」と「被リンク部分」という二つの視点があるわけですが、被リンク部分に意識を集中して「部分最適化」を目指しても基本的には「不動の1位表示」は達成できません。
「部分1」+「部分2」+「部分3」+・・・=「全体」

「部分」が集まって「全体」を成すわけでして、「部分1」だけを最適化させても「全体」は最適化されません。
「全体を最適化」させると「部分」は最適化されません。

「部分」を立てれば「全体」は立たず、「全体」を立てれば「部分」は立たず、といったように「全体」と「部分」の「最適化」はトレードオフの関係にあります。
「不動の1位表示」は「URL内部のSEO対策」と「被リンク全体の最適化」を満たして初めて実現できます。

不動の1位表示を達成するには「被リンク全体」に視点を移し、被リンクの「全体最適化」を目指して普段の被リンク獲得作業(被リンク対策)を進めて行く必要があります。
この「被リンク全体の最適化」が達成できますと、実際に「不動の1位表示」が現実になります。

被リンクは「全体」で最適化されていればよろしいわけで、「部分」「一部」に目をやった時にはその「部分」に大きな偏りがあっても問題とはならないのです。
それが本当の外部SEO対策(被リンク対策)です。

一般のSEO対策者は、被リンク対策において被リンクの一部を見て「ここが悪い」だの「あれがマズイ」だのといって獲得した被リンクを弄り回す事が多いのですが、そういう事ばかりやっていると何時まで経っても不動の上位表示も安定的1位表示も実現できません。
実際に「不動の上位表示」や「安定した1位表示」を実現している方々の多くは、「被リンク部分」(設置獲得済み被リンクの一部)を後から弄るような事しません。

一度被リンクを設置したらそのままです。
永久にそのままです。

後から何も変更は加えません。
現実の話です。

こういった方々の多くは「被リンク部分」では無く「被リンク全体」を見て判断し動きますので、基本的に「被リンク部分」を後から弄る事はしません。
弊所自身も自管理サイト群で色々なキーワード群で「不動の1位表示」や「不動の上位表示」を達成し続けておりますが、設置獲得済み被リンクなど弄った事がありません。

設置済み獲得済みの被リンク「部分」など弄る必要が無いのです。
被リンク対策というのは被リンク「全体」を見てやるものです。

被リンク「部分」を見てやるものではありません。
「部分」だけを見たら偏っていたしても、それは「問題では無い」のです。

被リンク「全体」で最適になるよう被リンクの最適化作業を進めて行けば良いのですから。
「不動の上位表示」「不動の1位表示」を達成できる人(企業)と達成できない人(企業)との差はここに顕れます。

「全体」で判断するのか、「部分」で判断するのか、ここで差が出ます。
SEO対策を行っている方々には「経営者」が多いのですが、「経営」の勉強を確り積んでいる方であるなら「部分最適化」を企業が目指すとどうなるかお分かりかと思います。

通常は部分最適を追求する企業はダメになり、最終的には滅ぶのです。
成功を持続できない企業の特徴の一つは「部分最適」を重視し、「全体最適」を軽視するところにあります。

ようは目先しか「見ようとしない」、目先しか「見えていない」、全体を「見ようとしない」、全体が「見えていない」のです。
それと同じ事をSEO対策でもやっているのです。

だから成功しない、また一時的に成功しても成功を持続できない。
全体が見えていなければ成功は持続できません。

そういう事です。
一部の被リンク(被リンク部分)を見て、「あれがダメ」「これが悪い」といって設置済み獲得済み被リンクを弄り回して「部分最適化」ばかりに拘っていると「全体では最適にならず」、何時まで経っても不動の1位表示を達成できなくなります。

被リンク部分(一部の被リンク)というのは、言ってみれば目先の小さな「小事」です。
小事を捨てねば先に進めず、取れない大事(被リンク全体の最適化)もあるのです。

例えばペナルティなどもそうです。
被リンク対策による大きなペナルティは回避しなければなりませんが、小さなペナルティであれば回避せず積極的に被リンク対策を推し進めた方が良い場合は多いです。

「肉を切らせて骨を断つ」という言葉がありますが、小さなペナルティで肉は切らせて「被リンク全体の最適化」を押し進めれば骨は断てます(不動の1位表示は達成できます)。
「URL内部のSEO対策が出来ている」という前提での話ですが、「被リンク全体の最適化=不動の1位表示」となります。

肉を切らせずに骨を断つSEO対策のやり方もありますが、この場合はかなり長期の対策が必要になります。
肉を切らせず骨を断つ代償として払わねばならないのは「時間」です。

ちなみにこの「肉を切らせず骨を断つ」SEO手法を採用しているのが弊SEOサービスの一つ「ナチュラル検索上位表示豚」です。
小事(小さなペナルティ)にとらわれ、小事(一時的な順位ダウン)を恐れて部分最適な被リンク対策ばかりをやっていると、何時まで経っても大事(被リンク全体の最適化)は成せず、その結果として「不動の1位表示」も「安定した上位表示」も実現できなくなります。

では小事にとらわれる人(企業)には何が欠けているのでしょうか?
欠けているものがあるから小事にとらわれるのですが、その欠けているものは「被リンク対策過程の知識」です。

被リンク対策過程でどのように対策URLの順位が推移し不動の上位表示に至るか、小さなペナルティは回避すべきか否か、被リンク対策でペナルティを受けた場合どう対処すべきか、ペナルティを受けたら過去の獲得済み被リンクは弄るべきか・解除すべきか、ペナルティを受けても無視して被リンク対策を継続すべきか、等の「被リンク対策過程の知識」が欠けている場合が多いです。
あとは「小さな勇気」が欠けている場合も多いです。

小さなペナルティ(小事)を恐れて先に進もうとしない。
「不動の上位表示」「安定的1位表示」実現の過程で「大きな勇気」が必要になる局面は訪れませんが、「小さな勇気」が必要になる局面は度々訪れます。

以上、上述したようなところで「不動の上位表示」「不動の1位表示」を達成できる人(企業)と達成できない人(企業)との差が顕れます。
小さなペナルティを受けただけで直ぐに縮み上がってしまい、それ以上先に進もうとしない。

それで大事(被リンク全体の最適化,不動の1位表示,安定的上位表示)が成せるのか?という事であります。
「不動の上位表示」「安定した1位表示」を2000年代から達成している方々のサイトも被リンク対策過程で多かれ少なかれペナルティは受けております。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)が過去にSEO対策を担当しビッグキーワードや超難関キーワードで「不動の1位表示」「不動の2位表示」「不動の3位表示」を達成しているお客様方のサイトも被リンク対策過程で大なり小なりペナルティをは受けております。
小事(小さなペナルティ,一時的な順位ダウン)を恐れてペナルティ回避に走り部分最適なSEO対策ばかりを行っていたなら、今の「不動の上位表示」はなかったでしょう。

小事(被リンク部分の最適化)を捨てて大事(被リンク全体の最適化)を獲りに行ったからこそ、これらのお客様方はビッグキーワードや超難関キーワードで「不動の上位表示」に成功しているのです。
SEOに限らず「経営」でも同じです。

小事(部分最適化)に拘り、大事(全体最適化)が成せねば、企業経営でも厳しい状況に徐々に追い込まれて行くです。
小事・大事の話であれば、「韓信の股くぐり」(斉王・楚王韓信)や「会稽の恥」(越王勾践)が有名です。

両者とも「大事を取る為に小事を捨てる事が出来る」人物だったため後に大事を成し遂げております。
小事に拘り小事を捨てられぬ人物であったなら、両者とも大事が成せなかったのは言うまでもありません。

あらゆる物事に対して「小事を捨てて大事を取る」という姿勢で臨んだからこそ、両者とも大事を成しているのです。
その常日頃の姿勢を垣間見せたのが「股くぐり」であり「会稽の恥」であります。

この時だけでは無く、あらゆる局面で「小事では無く大事優先」の姿勢で物事に向かい合い、その姿勢で行動を長年積み上げた結果が「大事達成」なのです。
当然の結果でしょう。

「原因無くして結果無し」でございます。
「大事小事の法則」は「SEO」「経営」「その他」あらゆるものに当て嵌まります。

「SEO」や「経営」の小事に拘り小事を捨てられない方々が「SEO」や「経営」で大事を成すのは基本的には無理です。
「小事達成」「部分最適化」で終わり、「大事達成」「全体最適化」に至る事はないという事です。

一時的な大事達成はあり得ますが、大事達成の継続・持続は先ず不可能であります。
さて「大事・小事」の話から「被リンクの全体最適化・部分最適化」に戻します。

不動の1位表示達成に必要となるのは「URL内部のSEO対策」で先ず合格点を得る事です。
その上で、そのURLに対して検索アルゴリズムに適合する「被リンク対策」を施す事です。

被リンク対策に関しては「被リンク部分」では無く「被リンク全体」に意識を集中し、「被リンク全体で最適」となるように被リンク獲得作業を進めて頂くとかなり高い確率で「不動の上位表示」を実現できます。
この「被リンクの全体最適化」の過程では対策URLが圏外に飛んだりすることは度々起こりますが、気にせず被リンク獲得作業を推し進める事が大事です。

圏外に飛ぶとそこで被リンク獲得作業を止める方々がおりますが、止める必要はありません。
上位表示に必要なだけの「キーワード入りアンカーテキスト被リンク」は必ず獲得せねばなりませんので、途中で圏外に飛ぼうと被リンク獲得作業は推し進める必要があります。

被リンク対策では押さえねばならない事が2つあります。
1つは「不動の1位表示達成に必要な一定量のキーワード入りアンカーテキスト被リンク獲得する」事です。

1位表示持続に必要なだけの「キーワード入りアンカーテキスト被リンク」を獲得せねば1位表示達成も1位表示維持もあり得ません。
ターゲットキーワードで1位表示させるのに必要なだけのキーワード入り被リンクは必ず獲得する必要があります。

2つ目は「被リンク全体の最適化」です。
先ずは1位表示持続に必要な量のキーワード入り被リンクを獲得するわけですが、それだけですと「被リンク全体」で見た場合は非常に偏った被リンクグラフになっておりバランスに欠けていたりします。

ターゲットキーワードによっては、獲得した被リンクに占めるキーワード入り被リンクの割合が高過ぎると順位が上がらなくなったり逆に順位を大きく下げてしまう事もあります。
ここで重要になるのが「被リンク全体の最適化」です。

検索アルゴリズムに適合するよう被リンク「全体」を最適化させて行くのです。
具体的には「キーワード入り被リンクの割合を下げる」などの被リンク対策を行うのです。

被リンクのキーワード濃度を下げる為に、設置済み獲得済みの被リンクのアンカーテキストを変えるような事は一切しません。
新たに獲得して行く新規の被リンクのアンカーテキストで調整して行くのです。

そのような事を行って、不動の1位表示達成に向けて「被リンク全体で最適」となるように検索アルゴリズムへの被リンクチューニング作業を進めて行くのです。
こういった被リンク作業を毎月行っていくのですが、毎月毎月の一ヵ月単位(単月)で見た場合は、その月に施す被リンク対策というのはかなり「偏った」ものになるのが普通です。

しかし、それで「良い」のです。
ひと月ひと月の「一部の被リンク」(被リンク部分)を見て「あれが悪い」「これがだめ」と判断する事には意味がありません。

被リンク対策の良し悪しは「被リンク全体」で判断すべきものであって「被リンク部分」で判断できるようなものでは無いのです。
例えば、4か月被リンク対策を施したとしましょう。

この4か月に獲得した被リンクだけを見て「被リンクの良し悪し」を判断できるでしょうか?
できるはずがありません。

この4か月で1位表示に必要なだけのキーワード入り被リンクを獲得しており、且つキーワード濃度などを調整も完了し「被リンク全体の最適化」が完了しておれば、「被リンク全体」が既に完成しているのですから良し悪しの判断もできます。
しかし、4か月経過時点で1位表示に必要な量のキーワード入り被リンクを獲得出来ていないのであれば、この4か月間で獲得した被リンクは1位表示に必要な被リンクの一部たる「被リンク部分」(一部の被リンク)に過ぎません。

その状態で被リンクの良し悪しなど判断できるわけが無いのです。
仮に4か月で1位表示に必要な量のキーワード入り被リンクの獲得が完了していたとしても、それだけでは検索アルゴリズムへの被リンクチューニング作業は終わりません。

キーワード濃度が高過ぎたり、その他種々の偏りが被リンクにあれば、この段階では順位は上がらず下がったままになっているのです。
この段階から「被リンク全体の最適化」に向けてキーワード濃度を下げる為に新規被リンク獲得を進めたり、その他の被リンクチューニング作業を完了するまでは被リンクの良し悪しなど判断できないのです。

これらの被リンク作業は1か月では普通は終わりません。
何か月も続けて少しずつ進めて行くのです。

超難関キーワードやビッグキーワードなら「不動の1位表示」達成に向けて年を跨いで十数か月から数十か月かけて被リンクのチューニング作業を行っていくのです。
この被リンク作業の途中段階で一部の被リンク(被リンク部分)を見て良し悪しの判断が下せるでしょうか、下せるはずがありません。

判断を下せる状態にはありません。
被リンク対策で常に意識を集中すべきは「被リンク部分」では無く「被リンク全体」です。

被リンク獲得作業を進めている途中段階では1位表示達成に必要な「被リンク全体」は完成しておらず、途中段階で目の前にあるのは1位表示に必要な被リンクの「一部の被リンク」(被リンク部分)のみです。
「被リンクは1位表示に向けて全体で最適化させて行く」、これが被リンク対策の進め方であり基本姿勢です。

基本的に1位表示を実現する「1位表示のSEO対策」では「1位」と「それ以外」しかありません。
対策過程で7位にランクしようとそれは成功とは呼べず、7位達成以降もただひたすら不動の1位表示に向けて被リンク作業を進めて行く事になります。

たとえその作業過程でまた圏外に飛ぼうと関係無いのです。
「被リンク全体を不動の1位表示に向けて最適化させている」のですから対策過程で3位になろうが7位になろうが圏外に落ちようが関係ありません。

ただひたすら不動の1位表示に向けて被リンクチューニングを継続するのです。
「1位表示のSEO対策」とはそういうものです。

3位表示は成功にあらず、7位表示も成功にあらず、検索圏外も成功にあらずです。
「不動の1位表示」だけが成功です。

「上位表示のSEO対策」なら、3位や7位でも成功でしょう。
1位~10位を通常は上位表示と呼びますので、1位~10位を不動で保てるよう「被リンク全体を最適化」させれば「上位表示のSEO対策」は成功した事になります。

しかし、「1位表示のSEO対策」は違います。
「不動の1位表示」を達成できるところまでただひたすら被リンクチューニング作業を進める事になります。

「被リンク全体を最適化」させる場合、「不動の上位表示(10位内)」に向けて被リンク全体を最適化させるのか、「不動の1位表示」に向けて被リンク全体を最適化させるのかで、構築する「被リンク全体」の形も変わります。
いずれにせよ、被リンク対策では「部分」では無く「全体」に目をやる必要があります。

この被リンクの「全体」は一ヵ月で築けるものでは無く、キーワードの難易度により数か月から数年と掛かります。
一ヵ月一ヵ月で行う被リンク作業で新たに築かれる「被リンク」は「全体」ではなく「部分」に過ぎません。

「部分」だけを見た場合には被リンクは偏っていても良いのです。
数か月から数年かけて被リンク「全体」で偏りを無くし検索アルゴリズムに被リンクをチューニングさせて行くのが被リンク対策です。

一ヵ月単位で被リンクを見れば「部分最適化」されておらず偏りが生じるのが普通です。
その偏りが原因で対策過程で「検索圏外」に飛んだり順位を落とす事もありますが、そういった事は心配する事でも気にする事でもありません。

同じく偏りが原因で対策過程で「一時的」に上位表示される事もありますが、そういった事で喜ぶには早いです、一時的な上位表示に過ぎませんので。
常に意識は「部分」ではなく「全体」に向ける必要があります。

被リンク対策過程での検索圏外行きや順位ダウンは「小事」です。
この小事にとらわれて部分最適に走ってしまうと大事(被リンク全体の最適化)を成す事が困難となります。

毎月毎月の一ヵ月単位で進めて行く被リンク対策というのはあくまで「部分」であります。
その「部分」が毎月積み上がって行く事で「全体」を形成され、その被リンク全体を検索アルゴリズムにチューニングする作業を経て「不動の1位表示」達成に至るのです。

「部分」のみで見れば順位が落ちたり圏外行きになったり、逆に順位が大きく上がり3位表示されたりと色々起こりますが所詮は「部分」がもたらした結果です。
翌月の次の「部分」が加わればまた結果は変わります。

これらの毎月の「部分」を組合せ「全体」を構成し先ずは不動の1位表示に必要な量のキーワード入り被リンク獲得を行い、そこから被リンク「全体」を検索アルゴリズムに適合するよう被リンクチューニング作業を行い「不動の1位表示」を現実化させて行く・・・、そういう流れで被リンク対策が進んで行くのです。
不動の1位表示達成までの流れの細かな部分はかなり端折って書いておりますが、大きな流れ・イメージは大体こんな感じです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする