ビッグワードのSEO対策。被リンクペナルティ回避を最優先に進める

ビッグワード(ビッグキーワード)や超難関キーワードでSEO対策する場合と、その他のキーワードでSEO対策する場合では、対策時の「優先事項」が変わります。
ビッグキーワードや超難関キーワードのSEO対策で最優先しなければならないのは「被リンクペナルティの回避」です。

この「被リンクに起因するペナルティ回避」を最優先事項に据えて、「被リンクペナルティ回避」を満たす被リンク対策をビッグキーワードや超難関キーワードでは施す必要があります。
なぜかといいますと、ビッグキーワードや超難関キーワードで対策しているURLの99%以上は被リンクペナルティで沈没するからです。

「99%以上」というのがポイントです。
100URLが参戦してくると、その内の少なくとも99URLは被リンクペナルティで遅かれ早かれ永久圏外行きになるという事です。

簡単に申し上げますとビッグキーワードや超難関キーワードでの上位表示成功確率は1%以下という事です。
そういう世界です、ビッグキーワードや超難関キーワードは。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)が顧客URLで実際に不動の上位表示を達成しているビッグキーワードや超難関キーワードもそういうレベルのキーワードです。
成功確率1%以下の世界での戦いという事です。

ビッグキーワードや超難関キーワードには当然ですが大変多くのURL群が参戦しております。
大量の競合URLが参戦しているために難易度が上がってしまうのですが、難易度が上がるという事は言葉を換えますと上位表示に必要なSEOスコアが上昇する事を意味します。

競合URLの少ないキーワードであれば「SEOスコア100」で上位表示を達成できるかもしれませんが、競合URLが多過ぎるビッグキーワードや超難関キーワードではこの上位表示に必要なSEOスコアが跳ね上がります。
ビッグキーワードや超難関キーワードではSEOスコアが10,000必要だったり100,000必要だったりと、とにかく参戦してくる競合URLが増えれば増えるほど上位表示に必要なSEOスコアが上昇して行きます。

ゆえにビッグキーワードや超難関キーワードの上位表示は難事中の難事となるのです。
SEOスコアというのは何回も話してきた通りでして、サイト内部のSEO対策やURL内部のSEO対策によって高まる「内部SEOスコア」と被リンク対策によって高まる「外部SEOスコア」を合わせたスコアです。

競争激化で上位表示に必要になるSEOスコアが上昇するという事はイコール、内部SEO対策や外部SEO対策(被リンク対策)の負担が増す事を意味します。
「そうか!じゃあ、被リンクを大量に追加供給すればSEOスコアが上昇するからビッグキーワードで上位表示も可能という事になるな」と考える方もいらっしゃる思いますが、そうは上手く行きません。

SEO対策の世界には「ペナルティ」(罰)というものが存在します。
そのペナルティなるものを被リンク対策を通じて受けてしまうので、大量の被リンク供給を行っても思うように順位は上がらないのです。

むしろ、思った方向とは逆の方向へと対策URLの順位が落ちて行きます。
其の辺が被リンク対策の難しさであります。

そもそも「被リンクに起因するペナルティはあるのか?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、被リンクに起因するペナルティは存在します。
対策URLが被リンクに起因するペナルティを受けると、URLのSEOスコアは逆に下がります。

ビッグキーワードや超難関キーワードで上位表示を達成するにはSEOスコアを上げねばなりませんので、内部SEO対策を頑張るか、外部SEO対策(被リンク対策)を頑張らねばなりません。
基本的には内部SEO対策だけでビッグキーワードの上位表示に必要なSEOスコアを稼ぐ事は困難もしくは不可能に近いため、多くのサイトオーナー方は外部SEOスコア上昇に活路を見い出し「被リンク対策」を頑張る事になります。

しかし、この被リンク対策を頑張ると被リンクペナルティを受けるのです、通常は^^;。
特に短期間で被リンク対策を頑張り過ぎると被リンクペナルティを受けて対策URLが沈没してしまいます。

先ほど申し上げた通りでして、ビッグキーワードや超難関キーワードに参戦しているURLの99%以上は被リンクペナルティを受けているのです。
ビッグキーワード等で上位表示するには更なるSEOスコアが必要になるのですが、被リンク対策を頑張り過ぎるとペナルティを受けて逆にSEOスコアは落ちてしまう。

そこが、被リンク対策の難しいところです。
こうやって弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)が当ブログを記事を書いている現在もビッグキーワードや超難関キーワードの参戦者の方々は外部SEO対策を頑張っているのです。

しかし、頑張り過ぎて皆、被リンクに起因するペナルティを受けて沈没(検索圏外)して行くのです。
成功確率1%以下ですから当然そうなります。

そして比較的軽度の被リンクペナルティだけ済んでいるURL群が上位表示される、もしくは上位表示されて行く、そんな感じになっているのです。
そういったビッグキーワード環境下、超難関キーワード環境下で「どうやって上位表示を達成し且つ不動の上位表示を維持するか?」という事になりますが、その答えが「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」であります。

「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」を施さないとビッグキーワードや超難関キーワードでの上位表示達成は困難です。
殆どのURLは被リンクペナルティで順位を落とすのですから。

「ならば被リンク対策はやらなければ良い」と考える方もいらっしゃるでしょうが、それで順位が上がるほどビッグキーワードや超難関キーワードのSEO対策は甘くありません。
先ほどの申し上げた通りで、普通のキーワードでの上位表示に必要なSEOスコアが100だった場合、ビッグキーワードや超難関キーワードの場合は10,000や100,000くらいのスコアが要求されるのです。

内部SEO対策だけで到達可能な領域でしょうか?
少し「算数」や「計算」が出来る方であれば、無理な事くらいは分かると思います。

被リンク対策はどうあってもやらねばならないのです。
しかし、被リンク対策を頑張り過ぎるとペナルティを受けて沈没(検索圏外)してしまうのです。

そこが難しいところです。
多くのSEO対策者は「早く結果を出す事を望む」為、被リンク対策を頑張ります。

程々に頑張るのであれば問題ないのですが、殆どのSEO対策者は「頑張り過ぎる」ため、それが引き金となって被リンクペナルティが発動し順位を落とすのです。
そこで重要になってくるのが「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」であります。

表現を換えますと「毎月ほどほどに頑張る被リンク対策」です。
ビッグキーワードのSEO対策で成功するには「頑張り過ぎない」事がポイントとなります。

「早く上位表示したい」という”はやる”気持ちを押さえて「頑張り過ぎない被リンク対策」を行う必要があります。
単純な話、超難関キーワードやビッグキーワードで上位表示したければ「被リンクペナルティ」を受けなければ良いのです。

先ほどからシツコク申し上げている通りでして、ビッグキーワードや超難関キーワードに参戦している競合URLの99%以上は被リンクペナルティを受けているか、もしくは今後受けて沈没(検索圏外)するのです。
ビッグキーワードのSEO対策では基本的に「敵が被リンクペナルティを受けて沈むのを待てば良い」のです。

そして、貴方・貴社は「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」に徹して徳川家康の如くホトトギスが鳴くまで待てば良いのです。
「天下取り」は「上位表示」に喩える事が出来ますが、徳川家康が天下統一を300年持続したように、上位表示を中期長期で持続したいのであれば徳川家康のようなSEO対策を施せば良いのです。

上位表示達成の期限を定めずに、「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」を毎月コツコツと継続し、ホトトギスが鳴くのを待てばビッグキーワードや超難関キーワードでも実際に不動の上位表示は達成できます。
実際に弊所は徳川家康型のSEO対策を顧客URL群に施してビッグキーワードや超難関キーワードで不動の上位表示を達成しているのです。

豊臣秀吉のように上位表示期限を定めて無理やりホトトギスを鳴かせるようなSEO対策は行いません。
そんなやり方では不動の上位表示達成はまず不可能です。

この豊臣秀吉型のSEO対策でも上位表示が獲れる場合はあります。
しかし、多くの場合は少し時間が経過すれば被リンクペナルティを受けて沈没するのです。

豊臣秀吉もまた天下統一はしましたが、天下統一の持続は出来ませんでした。
豊臣秀吉は一時的な天下統一(一時的な上位表示)で終わりました。

理由は簡単で、「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」の姿勢で天下統一に臨んだからです。
戦国時代を制し、天下統一の持続ができたのは「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の姿勢で天下統一に臨んだ徳川家康のみです。

上位表示達成に「期限を定めた」豊臣秀吉型の無理やりなSEO対策では「上位表示の持続はできない」という事です。
上位表示達成に期限を定めれば必ず無理をすることになります。

その無理の掛かる被リンク対策がビッグキーワードや超難関キーワードでは被リンクペナルティの引き金となるのです。
ビッグキーワードの上位表示では非常に高いSEOスコアが要求されますので、無理をする期間も長くなりがちです。

無理をする期間が長引きますと、それなりの期間無理に耐えたURLであっても被リンクペナルティが発動してSEOスコアが大幅にダウンしてしまうのが普通であります。
そんな感じで多くの競合URLは遅かれ早かれ被リンクペナルティは受けて検索圏外へと沈んで行くのです。

競合URL群が被リンク対策を頑張り過ぎたり無理をしている間、貴社や貴方はどういった被リンク対策を行うべきでしょうか?
その答えが「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」です。

上位表示達成に期限を定めず、「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」を毎月コツコツとやって行けば良いのです。
そうやってコツコツやっている間に勝手に競合URL群は被リンクペナルティを受けて自滅し海中深く(検索圏外)へと沈んで行きます。

この「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」に対応した被リンク対策を行うのが弊所のSEOサービスですと、「ナチュラル検索上位表示豚」と「検索上位表示豚」です。
ビッグキーワードや超難関キーワードで上位表示できるかどうかは、殆ど被リンクで決まりますが、その「被リンク」が原因で大半のURLはペナルティを受けて順位を落とします。

競合URL群が被リンクでペナルティを受けて順位を落とせば、徳川家康型のSEO対策を行っているURL群は相対的に順位を上げる事なります。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)の初代SEOブログが現在ヤフー検索やグーグル検索の「SEO対策」というビッグキーワードで37位に表示されておりますが、これもその一例かと思います。

被リンク対策をやらないのは論外ですが、被リンク対策を頑張り過ぎるのもビッグキーワードのSEO対策ではご法度でございます。
ほどほどに頑張るのがビッグキーワードの被リンク対策成功のコツであります。

また、順位が上がっても圏外行きになっても気にしない事も大事です。
被リンク対策の頑張り過ぎで検索圏外行きになった場合は「気にした方が良い」ですが。

ほどほどに頑張っていて検索圏外行きになった場合は気にする必要がありません。
そのまま坦々と外部SEO対策(被リンク対策)を継続すれば良いのです。

そのうち、戻って来ます。
競合URL群の殆どは遅かれ早かれ被リンク対策でペナルティを受けて圏外行きになりますので、その間、貴社・貴方は「被リンクペナルティ回避を最優先した被リンク対策」に徹してコツコツのSEOスコアを積み上げて行けば、いずれは貴社・貴方が勝者になります。

ビッグキーワードで「不動の上位表示」や「不動の1位表示」が達成できるかどうかは、徳川家康型のSEO対策を実践できるかどうかで決まります。
普通の人は徳川家康ほどにはホトトギスが鳴くまで待てないものです。

「待つ」事は「待たずに動く」事より遥かに実践が難しいのです。
ゆえに天下取り(特に天下統一の持続ができる人)は世に少ないのです。

ビッグキーワードでの不動の上位表示の成功確率が1%以下というのも頷けるのではないかと思います。
ビッグキーワードのSEO対策で成功する方は、普通の人とは「待つ能力」「忍耐力」が違うという事です。

実際に弊所が見てきたお客様でもそうです。
ビッグキーワードで「不動の上位表示」を達成したお客様方はとてつもない忍耐力(待つ能力)の持ち主が多かったです。

では「待てない人や忍耐力の無い人はビッグキーワードで不動の上位表示は可能か?」という疑問がわきますが、基本的には難しいでしょう。
「天下統一の持続」(上位表示の持続)を達成できるのは徳川家康型のSEO対策者のみですので。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする