ドメインオーソリティとは。権威性高いと少ない被リンクで順位上る

標的キーワード(ターゲットキーワード)で対策URLの順位を上げるにあたり有効な手段は色々とあります。
その内の一つは対策URLが属するドメインの「ドメインオーソリティを高める」事であります。

オーソリティという言葉は聞いた事があると思います。
オーソリティ(Authority)は、日本語で「権威」と訳される事が多い単語です。

「権威」は、「その道に特に優れた人」「大家(たいか)」「その道で認められている人」といった意味で使われます。
ではSEOでいうところのドメインオーソリティとは何でしょうか?

ドメインオーソリティは「あるキーワードで認められているドメイン」「あるキーワード分野の大家であるドメイン」と定義できます。
ドメインオーソリティは「ドメイン運用歴と関係しておりドメイン運用歴が長い(ドメイン年齢が高い)ほどドメインオーソリティが高くなる」という意見がWeb上にはありますが、ドメイン年齢(ドメインエイジ,ドメイン運用歴)とドメインオーソリティは全く別のものです。

ドメイン運用歴が長いだけで「あるキーワードで認めらるドメインになる」事も「あるキーワードの大家になる」事もあり得ませんので、ドメインオーソリティとドメインエイジ(ドメイン運用歴)は別物として分けて捉える必要があります。
「ドメインオーソリティ」も「ドメインエイジ」(ドメイン年齢,ドメイン運用歴)も共にSEOにおける上位表示要因として挙げられますが、Google SEOでどちらの方がより重要でしょうか?

答えは「ドメインオーソリティ」です。
Google SEOではドメインオーソリティの方が重要度が高いです。

ドメイン年齢(ドメイン運用歴)も高いに越した事はありませんが、ドメイン年齢に関してはそれほど高くなくとも難易度の高いビッグキーワードでも競合サイトとの間に大差はつきません。
一方ドメインオーソリティの方ですが、貴社・貴方のドメインのドメインオーソリティが低く競合サイトのドメインオーソリティが高い場合では競合サイトとの間に「大差」が付いてしまいます。

ドメインオーソリティが低いと敵とのSEO競争で圧倒的に不利になるという事です。
ドメインオーソリティの高低で「小差」ではなく「大差」が付きます。

ですので敵との戦いを有利に進める上では「ターゲットキーワードでのドメインオーソリティを高める」方策は重要になってきます。
ターゲットキーワードでのドメインオーソリティが高いドメイン下のURLに被リンク対策を施した場合は、かなり少ない被リンクでもターゲットキーワードで順位が上がるようになります。

これはGoogle検索エンジン(Yahoo検索エンジン)だけでなくBing検索エンジンでも同じです。
Google検索もBing検索も「ドメインオーソリティ」を過去から現在に至るまで「非常に重視」しておりまして、ドメインオーソリティの高いドメイン下のURLには非常に大きなアドバンテージを与えております。

では「未来においてドメインオーソリティはどうか?」ですが、未来においても「ドメインオーソリティは重視される」でしょう。
SEOのプロというのはSEO対策過程で検索エンジン側のそういった種々の「優遇」に直ぐに気づきます。

もちろん気付いてそれらの「優遇」を放置する事は無く、それらの「優遇」をSEO対策に利用します。
SEOの世界では、各キーワードジャンルごとに競争が非常に激しいキーワードを「ビッグキーワード」、競争が大して無いキーワードを「スモールキーワード」、ビッグキーワードとスモールキーワードの中間に位置しそこそこの競争が存在するキーワードを「ミドルキーワード」と呼びますが、ドメインオーソリティが高いとビッグキーワードやミドルキーワードでの戦いが非常に有利になります。

ですので、「ターゲットキーワードでのドメインオーソリティを高める」為の策を色々とSEOプロは講じます。
具体的に何をやるかという事は、SEOノウハウの流出に繋がりますので控えますが、ターゲットキーワードでのドメインオーソリティを高める方法はあります。

SEOの本質部分の理解が進めば誰に教わらずとも自然にドメインオーソリティを高める方法も分かるようになります。
先ほどから「ターゲットキーワードでのドメインオーソリティ」という書き方をしておりますが、ドメインのドメインオーソリティ度はターゲットキーワード毎に変わります。

例えば弊所の一代目メイン独自ドメインの「seo-pig.com 」ですが、このドメインは「SEO対策」や「SEO」でのドメインオーソリティは高いですが、その他のキーワードでは決して高くはありません。
「ダイエット」や「自動車」や「FX」等のビッグキーワードでのseo-pig.com のドメインオーソリティは低いため、これらのキーワードでseo-pig.com でSEO対策を行っても戦いを有利に進める事はできません。

seo-pig.com ドメインを用いれば「SEO対策」や「SEO」関連のキーワードではドメインオーソリティが高い為、かなり有利に戦いを進める事ができますがそれ以外のキーワードでは有利な戦いは望めません。
ドメインのオーソリティは「キーワード単位」だという事は覚えておいた方が良いです。

あらゆるキーワードで強くなるという事は無いという事です。
ドメインオーソリティはキーワード単位で強化するものですので、どのキーワードで貴独自ドメインのドメインオーソリティを強化するか予め定めておく必要があります。

競争が激しいビッグキーワードでは通常は大量の被リンクが必要になります。
しかし、大量の被リンクを対策URLが受けてしまうと被リンクに起因するペナルティを受け易くなります。

それらを回避する策としても「ドメインオーソリティを高める」事は有効であります。
ドメインオーソリティが高いドメインのURLはより少ない被リンクでもビッグキーワードで順位が上がるようになります。

より少ない被リンクで順位が上がれば被リンクに起因するペナルティを受ける可能性も大きく低減します。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする