被リンク対策過程のURLの検索順位推移。短期では逆方向に動く事多し

被リンク対策過程でのURLの順位推移は、昔のGoogle検索と現在のGoogle検索ではかなり異なります。
昔のGoogle検索ではURLに被リンク対策を施せば比較的直ぐに被リンク効果が対策したURLに反映されて順位が上がりました。

しかし、現在のGoogle検索では被リンク対策を施しても直ぐに被リンク効果が対策したURLに反映される事は無く、かなりの時間が経過してから被リンク効果が反映される事が多くなってきております。
2010年あたりからその兆候が顕れ、2011年あたりから直ぐに順位に反映されない事が当たり前になってきました。

2012年現在もこの傾向は変わっておりません。
被リンクの貼り方によっては現在でも比較的早く被リンク効果がURLに反映されて順位が上がって来る事もございます。

毎月の被リンク供給量をかなり少量に抑えた場合などは、比較的早く被リンク効果が対策したURLに反映されては行きます。
但し、供給被リンク量は少ない為、それ相応の被リンク効果のみ期待できるといった感じにはなりますが。

毎月それなりの量の被リンク供給を行った場合は、それらの供給被リンク群の効果は対策したURLに直ぐに反映されずに、かなり時間が経過してから反映される事が多くなります。
一定時間経過後、それなりの量で供給した被リンク群の効果が対策したURLに反映されますと、供給した被リンク量相応の順位の上りを見せます。

それが現在のGoogle SEOの特徴と申し上げられます。
これはよく理解されておいた方が良いです。

それなりの量で被リンクを供給して直ぐに結果に反映されなくとも、こういったGoogle SEOの傾向を理解把握できていれば、心配する事も焦る事もありません。
現在のGoogle SEO対策で覚えておくと良いのは、「被リンク対策を施すと、短期的には予想外の動きを見せ、中期的には相応の結果に収まる」という事です。

では、ここでいう「短期」とは「どれくらいの期間を指すのか?」ですが、おおよそで申し上げますと「半年~1年半」です。
多くのURLでは「半年~1年」ですが、一部URLでは「1年半」くらい予想外の順位の動きを見せる事がありますので、「短期=半年~1年半」とここでは定義しております。

本日から半年後、本日から1年後、本日から1年半後、くらいまでが「短期」です。
現実世界の時間間隔ですと「短期」というのは「数日」だったり「数週間」だったり「数か月」を指す事が多いと思いますが、検索エンジン世界の時間間隔は現実世界の時間感覚とはかなり異なります。

検索エンジン世界の時間間隔では「短期」は「半年」だったり「1年」だったり「1年半」だったりします。
「中期」は「半年~数年の間」「1年~数年の間」「1年半~数年の間」くらいです。

この期間の定義に従い、先ほどの「被リンク対策を施すと、短期的には予想外の動きを見せ、中期的には相応の結果に収まる」をより分かり易く噛み砕きますと下記一文になります。
「被リンク対策を施すと本日から半年後・1年後・1年半後くらいまでの間(あいだ)は予想外の順位の動きを見せ、その後に施した被リンク対策『相応』の結果(順位)に収まる」

実際、多くの対策URLはこの一文に当て嵌まる動きをみせます。
被リンク対策を施すと短期的には期待したようには順位は動きませんが、中期でみると期待した通りの順位を見せる事が多いのが現在のGoogle SEOの特徴です。

ですので、被リンク対策過程で短期的にURLの検索順位が思った方向に動かなくとも気にする必要は無いのです。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)が自社管理サイト群に被リンク対策を施す際は、短期的な順位の動きは全く気にしません。

被リンク対策過程で順位が下がっても気にしませんし、そこそこの順位にあったURLが圏外に飛んでも全く気にしません。
なぜかといえば、「被リンク対策を施すと、短期的には予想外の動きを見せ、中期的には相応の結果に収まる」からであります。

短期(半年・1年・1年半)では素直に被リンク対策の効果が対策したURLに反映されず、予想外の動きを見せる事は「想定内」ですので、何も気にする必要は無いです。
弊所の場合は短期的な結果をみて動く事はまずありません。

短期的に順位が上がっても喜びませんし、短期的に順位が落ちても悲しみません。
「短期的に予想外の動きを見せる」のがGoogleの検索アルゴリズムですから一喜一憂するだけ無駄なのです。

そして中期でみると順位が上がって来るのですが、そこで素直に喜びます。
なぜなら、中期での順位上昇は「本物」だからです。

初級レベル(素人レベル)のSEO対策者の場合は弊所のようにはいかないようです。
短期的な順位上昇や順位降下で一喜一憂する傾向があります。

短期での順位上昇も順位降下も「本物」の上昇でも降下でも無いので、あまり気にする必要が無いのですが、「気にせずにいる」事が難しいようです。
特に順位が落ちると動揺してしまうようです。

そして中期では無く「短期の段階」で自分自身が「動いて」やらなくてよい余計な事を色々とやりだす傾向があります。
短期での順位推移が気になってしまい対策サイトや対策URLをあれこれと弄ったり供給被リンクを弄ったり設置済み被リンクを外してしまったりと色々な行動に出ます。

Googleの検索アルゴリズムの特徴を予め知っていた場合であっても、そういう行動に出てしまう傾向があります。
「理屈では分かっていても自分の身にふりかかる事となると居ても立ってもいらない」という事かと思いますが、短期の段階で動いてしまうとその後あまり良い結果に繋がらない事は申し上げておきます。

ビッグキーワードのSEO対策(SEO集客)で成功し続けているSEO対策者の場合はどうかといいますと、「短期」で動く事は無いです。
少なくとも弊所のお客様方で実際にビッグキーワード(各業界で最も上位表示が難しいキーワード,参戦者が多く競争が非常に激しいキーワード)で「不動の1位表示」や「不動の2位表示」や「不動の3位表示」を達成された方々は短期的に期待した結果が得られ無くともそこで動きませんでした。

短期的な結果をみてそこで動いて「設置済み被リンクを外したり」「被リンク対策手法を変えたり」「被リンク対策を止めて」いれば今の「不動の上位表示」という結果は無かったでしょう。
SEO失敗者とSEO成功者の一つは「短期的結果で動くか、動かないか」にあります。

SEO失敗者の多くは短期的結果で動きます。
中期的結果で動く分には問題ありませんが、短期的結果で動いてしまうのは問題あります。

動いてはいけない局面で動けば、待っているのは「失敗」のみです。
失敗の代表例と挙げられるのが「設置済み被リンクを外す」事です。

其の辺のいい加減なSEO情報に煽られて一時期(2012年1月~4月頃)「設置済み被リンクを外すサイトオーナー」が続出しましたが、その後どうなっているかといえば「短期的結果で安易な行動に出た方々のサイトの多くは未だ順位は回復せず」であります。
被リンクに関していえば外して良い(解除して良い)のは「検索アルゴリズムに弱い被リンク」のみです。

「検索アルゴリズムに強い被リンク」を外せば確実に対策URLのSEOスコアは下がります。
当時(2012年1月~4月頃)Google検索は「被リンク取締り」を「一時的」にかなり強化しておりまして、その時期に被リンク対策を行っていたサイトの「一部」がその影響を受けて大幅に順位を落としました。

この局面で一部のサイトオーナー方が「検索アルゴリズムに強い被リンク」も「検索アルゴリズムに弱い被リンク」も見境無く片っ端から外すという行動に出たのですが、この局面で「検索アルゴリズムに強い被リンク」を安易にも外してしまったサイトオーナー方のサイトは弊所がチェックしている範囲内では未だに順位回復しておりません。
「一時的」な「被リンク取締り強化」で食らう「一時的なペナルティ」と「検索アルゴリズムに弱い被リンク」が原因で食らう「恒久的なペナルティ」を完全に混同しているのがみてとれます。

昔から何度も申し上げている通りで外した方が良い被リンクは「検索アルゴリズムに弱い被リンク」のみです。
「恒久的なペナルティ」に関しては原因となっている「検索アルゴリズムに弱い被リンク」を外して減らすか、もしくは、「検索アルゴリズムに強い被リンク」を増やして「中和」するかのどちらかの対策を獲らない限り解除される事はありませんが、一時的なペナルティは何もせずとも時間が経過すれば解除されます。

2012年3月ころにGoogleの「一時的な被リンク取締り」によりWeb上の至る所で大幅に順位を落としたサイトが続出しましたが、あの局面で「検索アルゴリズムに強い被リンク」を解除してしまったサイト群は先ほど申し上げた通りでして順位は落ちたままです。
Googleの「一時的な被リンク取締り強化」により科された「一時的」なペナルティが解除されても、短期的結果で安易な行動に出て「検索アルゴリズムに強い被リンク」の多くを外してしまったサイト群は順位回復する事はありません。

順位回復の「元」になる「外部SEOスコアそのもの」を検索アルゴリズムに強い被リンク群を解除した事で失っているのですから、順位回復など今後もありません。
「一時的」ペナルティが原因でSEOスコアが削られ順位ダウンし、ペナルティ解除後は「検索アルゴリズムに強い被リンク」を大量に解除した事が原因でSEOスコアが削られ順位ダウンです。

一時的ペナルティによるSEOスコアダウンは「一時的」ですが、強い被リンクの大量削除によるSEOスコアダウンは「恒久的」ですので、順位が回復する事はありません。
こういった行動に出たサイトオーナー方のURLの多くはBing検索では上位を維持できていたりしますが、残念ながらBing上位表示も長くは続きません。

被リンクを削除したページ群の更新情報がBingのインデクサーに反映されていないが為に順位維持できているだけだからです。
Bingのクローラーとインデクサーは「超」がつくほどの低性能ゆえ「変更や更新の反映」に非常に時間が掛かります。

その反映の遅さのお蔭でBingで上位維持できているだけでして、削除してしまった「強い被リンク」群がBingインデクサーに反映されれば其の時点で「SEOスコアダウン⇒順位ダウン」となります。
毎回申し上げているような気もしますが、「設置済み被リンク」は極力外さない方が良いのです。

外して良いのは「検索アルゴリズムに弱い被リンク」のみです。
毎度申し上げておりますが「目先の順位変動や一時的ペナルティごとき」(=小事)で動かない事です。

ちなみに弊所顧客にも2012年3月頃だったと思いますが順位を大きく落としたお客様がおりまして、そのお客様は「一時的な被リンク取締り強化月間」後も被リンク対策を継続しておりましたが既に順位は元に戻っております。
サイト内の多くURLが「一時的」に10位内から検索圏外まで飛びましたが「設置被リンクを一切外す事無く」既に順位は回復しております。

ペナルティを食らった時点よりも更に「被リンクを増やして」の順位回復でございます。
「検索アルゴリズムに強い被リンクを増やす」という対策をとっての順位回復です。

「被リンク解除しないと順位回復しない」「設置被リンクを解除しなさい!!」などといった情報がWeb上に散乱しているようですが、それらのSEO情報が如何にいい加減で無責任な情報かよく分かるのではないかと思います。
弊所は昔からWeb上のSEO情報を読んだり収集する事は殆ど無いのですが、理由は上述した通りでいい加減な情報ばかりでSEOの実戦で役に立たないからです。

Web上の情報に基づいてSEO対策を行うと高い確率で逆SEO対策(順位を下げる対策)になってしまうため、Web上のSEO情報は殆ど読んだり収集する事はありません。
最終的には「被リンクで順位が決まるGoogle検索」で被リンクを外せばそこで試合終了です。

被リンクで最終的に順位が決まってしまうからこそGoogleが「被リンク取締り」を「一時的」に強化してSEO対策達の被リンク対策を牽制したというのが実際のところです。
一部では被リンクは昔ほど効果が無いという意見も出ているようですが、それは無いです。

当記事の冒頭でも解説させて頂いた通りで被リンク効果が昔のように短期で反映されず、中期で反映するように検索アルゴリズムが変わっただけです。
今現在も「被リンク無くして上位表示無し」です。

「短期で被リンク効果を測り辛くなった」というのは事実ですが、「被リンクは昔ほど効果がなくなった」というのは事実では無く誤情報であります。
被リンク効果反映までに時間が掛かるようになっただけの事です。

被リンクに効果が無いのであればGoogleは決して「被リンク取締り」などはしません。
大きなSEO効果があるからこそビシバシと厳しく「被リンク」を「一時的に取り締まった」のです。

最近は被リンク取締りも下火になってきたと現場で感じております。
ゆえに先ほどから「被リンク取締り強化」に関して「一時的」という言葉を使っているのです。

現在も被リンクはSEO対策の要です。
但し、要として機能するのはURL内部のSEO対策が確り出来ている場合のみです。

ちなみにURL内部のSEO対策の要は「オリジナル部分」(コンテンツ)です。
「HTMLタグ」や「共通部分」(サイドバー,フッター,ヘッダー等)は内部SEOの要ではありませんのでお間違い無いようにして頂けたらと思います。

「HTMLタグ」や「共通部分」で内部SEOを頑張っても頑張りに見合う内部SEO効果は得られません。
「オリジナル部分」(コンテンツ)で内部SEOを頑張れば頑張りに見合う内部SEO効果が期待できます。

内部SEOを頑張る箇所を間違えると頑張り損になりますので、ご注意ください。
どうせ頑張るのであればGoogle検索(Yahoo検索)から高く評価される部分(箇所)で頑張った方が良いと思います。

ペナルティが頻発した2012年1月~3月当時、弊所は「設置被リンクは外してはならない」「対策URL群が圏外に飛ぼうと被リンク対策は継続せよ」といった類の事をメインSEOブログやその他ブログ等で書いてきました。
弊所のアドバイスに従い短期的結果で動かなかった方々の中には既に順位回復している方もいらっしゃるのではないかと思います。

Googleの検索ランキングは最終的には「被リンクで決まる」のですから、「検索アルゴリズムに強い被リンク」を外せば終りです。
特に「検索アルゴリズムに強い被リンク」で且つ「オールドな被リンク」を外してしまった場合は、其の対策URLや対策サイトのSEO集客は完全に終りです。

被リンク取締り強化月間中にペナルティが発動して、Web上のテキトウなSEO情報やSEOコンサルタントを名乗る者の「意見」に従って「オールド且つ検索アルゴリズムに強い被リンク」を全て外してしまったサイトはジ・エンドです。
この局面で被リンクを一切外さなかったサイトオーナーのWebサイトは既に順位が回復しているいう「事実」「現実」を直視する必要があります。

SEOの世界では短期的結果で動いてしまうと通常は失敗し、SEO失敗者になってしまいます。
SEO成功者の多くは短期の順位降下や圏外行きで動く事はありません。

前回のSEO記事で、「オールド被リンク」「被リンクのエイジ」について久しぶりに書きましたが、設置済み被リンクを外してしまえばまた一からスタートになります。
ニュー被リンクは金を払えば得られますが、オールド被リンクは時間を払わない限り得られませんので非常に貴重です。

6ヶ月物のオールド被リンクを得るには、被リンク設置から6ヶ月待たねばなりませんし、3年物のオールド被リンクを得るには被リンク設置から3年待たねばなりません。
対策URLの安定的上位表示を支えるのがこのオールド被リンクなわけですが、このオールド被リンク群を短期的な順位降下や圏外行きで全て解除してしまえば、対策URLのペナルティが解除された後にどうなるか容易に想像がつくと思います。

短期的結果だけで判断してオールド被リンク群を全て外してしまえば其の対策URLや対策サイトのSEO集客は「終り」なのです。
一時的ペナルティが科されてもSEO集客は「一時的」に断たれるだけですが、オールド被リンク群を外してしまえばSEO集客は「恒久的」に絶たれます。

弊所は色々なSEO対策者を2000年代から見ておりますので分かりますが、SEO失敗者には「待てない人」が多く、SEO成功者には「待てる人」が多いです。
SEO失敗者は「待てない」ため被リンク対策過程の「短期の段階」で「動いてしまう」のですが、短期的結果をもとに動けば「失敗」は避けられません。

「被リンク対策を施すと、短期的には予想外の動きを見せ、中期的には相応の結果に収まる」、この予想外の動きを見せる「短期」の段階で被リンク対策のやり方を変えたり、被リンク対策を止めてしまったり、設置被リンク群を解除してしまえば、SEOで失敗するのは当然の事であります。
Google検索では「有効な被リンク対策」を施しても短期的には「全く順位が動かなかったり」「逆に順位が落ちたり」「少ししか順位が上がらなかったり」「検索圏外に飛んだり」と色々と予想外の順位の動きを見せるのです。

勿論短期で順位がスムーズに上がって行くURLも多くありますが、予想外の動きを見せるURLも非常に多く存在するのです。
この短期の段階でへたに動いてしまうとSEO成功は遠のきます。

短期のみで見ると予想外の順位の動きを見せるURLも、中期で見ると対策した内容相応の被リンク効果がURLに反映されて本来あるべき位置(順位)に収まります。
それがGoogle検索です。

被リンク対策過程でURLがどのような動きをみせるのか知っていないと、SEO対策での判断を誤りますので非常に重要です。
Google検索では「被リンク対策を施すと、短期的には予想外の動きを見せ、中期的には相応の結果に収まる」。

これを知った上で対策に臨むと被リンク対策過程での意思決定も変わってくると思います。
先ほども申し上げましたが、弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)の場合は、自社管理サイト群に被リンク対策を施す際には対策URLや対策サイトに対して「短期」では何も期待しておりません。

「中期」では弊所も色々と期待しております。
中期では対策URLや対策サイトが毎回期待に応えてくれるからです。

毎回中期で見ると施した被リンク対策「相応」の結果(順位)に対策URL群や対策サイト群が収まっているため、「中期」には大いに期待しております。
ところで、「どうしてこのような検索アルゴリズムにGoogle検索が変わってしまったのか?」ですが、一つは「SEO対策者対策」でしょう。

SEOサービスや被リンクサービスには3か月契約や半年契約や1年契約が多く1年半契約や2年契約や3年契約は稀だと思います。
多くのSEOサービスや被リンクサービスが契約期間3か月~1年の中に収まりますので、その期間内は被リンク効果が対策したURLにあまり反映されないようにしておけば、Google検索(Yahoo検索)の検索結果に及ぼす影響を最小に抑えられます。

サービス利用者がサービス利用を止めてしまうとサービス提供側も設置した被リンクを全て解除してしまう契約が多いため、短期的には被リンク効果が対策したURLにそれほど反映されないアルゴリズムにしておけば新規供給被リンクの影響を小さく抑えられます。
「短期」(半年・1年・1年半)では予想外の動きを見せる検索アルゴリズムを採用すれば、短期では新規被リンクの効果が正確に反映されないため「検索品質」が悪化する事もありますが、被リンク対策に励んでいるSEO対策者達の被リンクも「短期」では検索結果に反映され辛くなります。

中期・長期での「検索品質」を維持して行く事を考えると「短期」での「検索品質」は犠牲にして差支えないというのがGoogle検索の考えかと思います。
弊所が「検索エンジン事業」を仮に行っていれば、やはりGoogleと同じように短期では被リンク効果が対策したURLに反映されない検索アルゴリズムを開発します。

「中期・長期でのGoogle検索(Yahoo検索)の検索品質を守る為に短期の検索品質は犠牲にする」事以外にも、現在のような検索アルゴリズムに至った理由はあると思いますが、推測はこの辺迄にしておきたいと思います。
被リンク対策を施した時に短期的には対策したURLに効果が十分に反映されない事がよくありますが、中期で見るとほぼ反映されて行きます。

この点はほぼ例外は無いです。
中期的にも被リンク効果が対策したURLに十分反映されないとすれば恒久的ペナルティを疑った方が良いです。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。