SEOで成功するキーワードの割当て方。キーワード選定の方法・やり方

狙ったキーワードで検索エンジン上位表示を達成する上でサイト内の各URLへの「キーワードの割り当て方」というのが非常に重要になってきます。
この「キーワード割当て」が上手く出来ていないと高い確率でSEOに失敗します。

SEOで成功する上で確実に押さえておかねばならないのが「キーワード割り当て」であります。
SEO集客で成功し続けているSEO玄人とSEO素人(SEO初心者)の差は、この「キーワード割当て」に顕著に顕れます。

SEO玄人が、既に出来上がっているサイトの既存URL群にキーワードを割り当てる場合は、各URLのページ内容に沿った対策キーワードを割り当てます。
各URLのページ内容に沿わないキーワードをアンカーテキストにして外部のWebサイト群から被リンク供給して行っても順位が上がらないか、上位表示でき たとしても其の後順位が安定しない傾向にあるため、SEO玄人は各URLのページ内容に沿ったキーワードを割当てて被リンク対策を行います。

一方、SEO素人(SEO初心者)の場合は、サイト内の各URLのページ内容に関係無く順位を上げたいキーワードを割り当てる傾向があります。
「A」について書かれているURLに上位表示したい「B」というキーワードを割当てて被リンク対策を行おうとする方々がSEO素人(SEO初心者)には多くいらっしゃいます。

SEO素人(SEO初心者)の中にもSEO玄人と同じキーワードの割り当て方をする方々もいらっしゃいますが、上位表示したいキーワードをサイト内の既存URL群に無理やり割り当てる方が多いです。
上位表示を狙う検索エンジンがBing検索であれば、こういったページ内容に沿わないキーワードで対策しても上位表示できたりします。

現Bing(ビング)検索は「コンテンツの力」では無く「被リンクの力」で順位が決まりますので、Bing検索であれば「A」について書かれたページ(URL)を上位表示したい「B」というキーワードで対策して実際に上位表示させる事は可能だったりします。
しかし、Google検索の場合はそうは行きません。

Google検索では先ず第一に「コンテンツの力」が必要になりますので、コンテンツが「B」に沿った内容で無いならば順位を上げる事(BキーワードでのSEOスコアを上げる事)は難しくなります。
Google SEOは当SEOブログで毎回申し上げている通りでして「コンテンツ⇒被リンク」の順番で各URLのSEO対策を押さえねば上手く行きません。

今現在も「被リンクの力」だけで上位表示できる場合もありますが、殆どは「一時的な上位表示」で終わります。
一時的では無く「安定して何年も上位表示を持続」する上では「コンテンツの力」がGoogle SEOでは必要になってきます。

「コンテンツ」が「力」を発揮するには、コンテンツがターゲットキーワードに沿った内容である事が求められます。
それがクリア出来ていれば「コンテンツ」は上位表示・上位維持の「力」となります。

先ほどの申し上げた通りでしてSEO素人(SEO初心者)には各URLにページ内容(コンテンツ内容)に沿わないキーワードを「無理やり」割り当てる方々が大勢いらっしゃいます。
「A」について書かれたコンテンツを持つURLにキーワード「B」を割当てた場合、コンテンツは力を持ちませんのでGoogle SEOの鉄則である「コンテンツ⇒被リンク」から外れる事になります。

「コンテンツ」という押さえるべき第一段階を飛越して、いきなり第二段階の「被リンク」からスタートする形となります。
このやり方でGoogle SEOで成功すれば良いですが「鉄則」から外れておりますので多くの場合はSEO集客に失敗して終わります。
「段階の飛越し」を行って成功を持続できるほどGoogle SEOは甘くはありません。

運が良ければ「一時的な上位表示」は達成できることもありますが、上位安定は望めず遅かれ早かれ順位を落とし上位から消えて行く事になります。
上位から消える理由は言うまでも無く「コンテンツに弱点」を抱えているからです。

Google検索アルゴリズムに対応した「有効な被リンク」「検索アルゴリズムに強い被リンク」を供給して行けば運が良ければ「被リンクの力」だけで順位が上がる事はありますが、所詮は「被リンクの力」のみで達成した上位表示です。
Google検索アルゴリズムが「被リンク」を重視している内は上位を保てますが、「コンテンツ」を重視したり、「コンテンツ内容に合致したアンカーテキ スト被リンク」のみ評価するようなアルゴリズムに変化してきますと、「被リンクの力」だけでは対応できなくなり確実に順位を落とす事になります。

「B」について書かれたコンテンツを持つURLをキーワードBで上位表示している場合は、Googleの検索アルゴリズムが「コンテンツ寄り」になろうと 「被リンク寄り」になろうと対応できますので上位を維持できますが、「A」について書かれたコンテンツを持つURLをキーワードBで上位表示している場合 はアルゴリズムが「コンテンツ寄り」になれば対応不可能となり順位は確実に落とします。
ここで上述した内容を整理してまとめますと・・・、

・SEO玄人はサイト内の既存URL群のページ内容(コンテンツ内容)に沿ったキーワードを割当てて被リンク対策に入る
・SEO素人(SEO初心者)には既存URL群のページ内容に沿わないキーワードを「無理やり」割当てて被リンク対策に入ってしまう方が意外と多い

以上です。
もし貴社・貴方がSEO素人(SEO初心者)のようなキーワードの割り当て方をしているのであれば、改めて頂いた方が良いと思います。

戦う前から「負けが決まる」ようなキーワードの割り当て方はしない事です。
「先ず勝ちて而る後に戦いを求む」るようなイメージでキーワード割当てに取り組む事が大事であります。

先ず「負けが確定しない」「順位が上がるキーワード割当て」を行って頂き、而る後に被リンク対策(戦い)を求めて頂くとSEO集客で成功する確率が、そうしなかった場合よりも大きく上がります。
SEO玄人の場合は、こういった事を当たり前のように行っております。

ゆえに、SEO集客で成功し続けているのです。
URL A キーワードA
URL B キーワードB
URL C キーワードC
のようにURLのページ内容に合致したキーワードで被リンク対策に入るよう癖付けて頂ければと思います。

その方が上位表示も容易になりますし、中期長期での上位維持も容易になります。
ここに書いている事は全て「当たり前の事」なのですが、この当たり前の事が当たり前に実行できれば通常はSEO集客で成功します。

しかし実際には当たり前の事が出来無い方が多いので、中々SEOで成功出来ないわけですが。
SEO素人(SEO初心者)の場合ですと、
URL A キーワードB
URL B キーワードC
URL C キーワードA
のようなキーワードの割り当て方をする方が多くいらっしゃいます。

思い当たる方々は少し「キーワード割当て」を意識して頂けたらと思います。
「各URLのページ内容(コンテンツ内容)に沿ったキーワードを割り当てる」、これを守れば良いだけです。

非常に簡単な事ですが、これが出来てない方が多いのです。
出来ていない方が多いので、今こうしてSEO記事として書いているのです。

サイト内に上位表示したいキーワードとマッチする既存ページ(既存URL)群が存在する場合は問題ありませんが、上位表示したいキーワードにマッチするURLが「サイト内に無い」場合はどうすれば良いでしょうか?
答えは簡単で、「上位表示したいキーワードに沿ってまとめた新コンテンツを持つ新URLを用意」すれば良いのです。

サイト内の既存URL群にターゲットキーワードにぴったりなURLが無いのであれば、SEO集客専用URLを新たに用意すればそれで解決します。
キーワード割当てにおいては、先ずはサイト内の既存URL群に上位表示したいキーワードにマッチしたコンテンツを持つURLがないかどうかを先にチェックします。

マッチする既存URLがサイト内に有る場合は、その既存URLに上位表示したいキーワードを割当てます。
これがキーワード割当ての第一段階です。

サイト内の既存URL群を見渡しみたもののマッチする既存URLが無い場合は、SEO集客専用URLを新たに用意します。
これがキーワード割当ての第二段階です。

上位表示したいキーワードに沿って初めから終りまで確りまとめた新コンテンツを用意し、それをSEO集客専用の新URLに嵌め込みます。
そしての其の新URLに上位表示したいキーワードを割当てて被リンク対策に入ります。

キー ワードA,キーワードB,キーワードCにマッチするページ内容の既存URLは存在するが、キーワードD,キーワードE,キーワードFにマッチするページ内 容の既存URLが「無い」場合はキーワードD,E,Fに沿ってコンテンツをまとめた新URL D,E,Fを用意します。
既存URL A キーワードA
既存URL B キーワードB
既存URL C キーワードC
新規URL D(SEO集客専用URL D) キーワードD
新規URL E(SEO集客専用URL E) キーワードE
新規URL F(SEO集客専用URL F) キーワードF

といったイメージで各URLのページ内容(コンテンツ内容)にマッチしたキーワードを割当てて行けば「キーワード割当て」は完了します。
あとは、各URLに割当てた対策キーワードに沿った「有効な被リンク」を供給して行けば、各URLのターゲットキーワードでのSEOスコアは上昇して行きます。

SEOスコアが上昇すれば当然ですが検索順位も上がって行きます。
上述した内容を踏まえ「キーワード割当て」をまとめますと、
1、既存URL群のページ内容に沿うキーワードを割り当てる
2、キーワードに沿ってまとめたコンテンツを持つ新URLを用意しキーワードを割り当てる(※上位表示したいキーワードにマッチする既存URLがサイト内に存在しない場合)

もっと短くシンプルにまとめますと、
1、既存ページに沿うキーワードを割り当てる
2、キーワードに沿う新ページを作り、キーワードを割り当てる

SEO玄人の場合はWebサイトを作成する前の段階で上位表示したいキーワードを予め用意し、用意したキーワード群を起点にWebサイトを作成して行きますので上記の第二段階(ステップ2)は不要な場合が多いです。
Webサイト完成後に上位表示したいキーワードが新たに出てきた場合は、第二段階(ステップ2)に従ってSEO集客専用URLを新たに用意します。

ターゲットキーワードを起点にWebサイトを作成している関係でWebサイトが完成すれば「即被リンク対策開始」となります。
「どのURLにどのキーワードを割り当てるか?」で悩む事は一切ありません。

Webサイト作成前段階で既にキーワード割当てが「全て決まっている」のです。
SEO初心者(SEO素人)の場合はWebサイトが完成した後で上位表示したいキーワードを用意して割り当てる事が多いため、サイト内の上位表示したいキーワードにぴったりの既存URL群が存在しない事が多くなります。

ぴったりでは無い既存URL群に「無理やり」上位表示したいキーワードを割り当てる事が多くなるため、現在のように「コンテンツの力」が必要になるGoogle SEOでは失敗が多くなります。
SEO玄人はWebサイト作成前の段階で上位表示したいキーワードを既に決めており、それらのキーワードを起点にWebサイトを作りますので、出来上がったWebサイト内の既存URL群は全てターゲットキーワードに沿ったページ内容(コンテンツ内容)となっております。

先ほども申し上げた通りでしてGoogle SEOでは「コンテンツ⇒被リンク」の順番で押さえて行く事が成功する上で重要になってきます。
SEO玄人はWebサイト作成段階で「コンテンツ」を先ず押さえてしまいます。

その上で第二ステップとして「被リンク」を押さえるのです。
ゆえにGoogle SEO集客で成功し続けているのです。

SEO玄人は「コンテンツの力」を十分に活かせる状態をWebサイト作成段階で作り上げ、其の上で被リンク対策に臨みますのでSEO素人よりも遥かに高い確率でGoogle SEO(Yahoo SEO)集客に成功します。
キーワード割当てに関しては以上です。

ところで、なぜ各URLにページ内容に沿ったキーワードを割り当てる必要があるのでしょうか?
答えは、被リンク対策を通じて供給する「有効な被リンク」「検索アルゴリズムに強い被リンク」の「効き」が変わってしまうからです。

被リンクには「ペナルティ」が存在すると過去に当SEOブログで何度も書いてきましたが、被リンクにはもう一つ「無効化」というものも存在します。
設置した被リンク自体は「現 検索アルゴリズム」「未来 検索アルゴリズム」にも強く「有効な被リンク」であっても、対策URLの内部SEO状況次第では供給した被リンクが「ほぼ無効化」されてしまう事があります。

「どんな状況で被リンクの無効化が起こり得るのか?」ですが、上述したような内容に該当するSEO素人(SEO初心者)の方々がプロSEO業者の「SEOサービス」やプロ被リンク業者の「被リンクサービス」を利用した際に被リンクの「ほぼ無効化」が発生します。
プロSEO業者やプロ被リンク業者であれば、当然の如く「検索アルゴリズム強い被リンク」「有効な被リンク」を顧客URL群に供給します。

供給被リンク自体は「有効」ですので、顧客URL群のSEOスコア上昇に繋がるはずですが、Google SEOの鉄則である「コンテンツ⇒被リンク」の内の「コンテンツ」の条件を顧客URL群が満たしていない場合は供給被リンクの「ほぼ無効化」が発生します。
顧客URL群がURL内部のSEOの要所を外している場合は、「有効な被リンク」の「効き」が悪くなるという事です。

Google SEOで最優先で押さえねばならないのは各URLのオリジナル部分(コンテンツ)です。
各URLのコンテンツがターゲットキーワードに沿ったものになっていなければ、後から供給する「有効な被リンクの力」も大きく削られてしまいます。

これが「被リンクの無効化」です。
正確に「有効な被リンクのほぼ無効化」です。

完全に被リンクが無効化されるわけでありませんが「ほぼ無効化」されます。
お客様方の行うURL内部のSEO対策(キーワード割当て,コンテンツのSEO対策)次第で「有効な被リンクの力」も大きく削がれてしまうというのが、Google検索エンジンの特徴です。

Bing検索であれば「被リンクの力」一辺倒で押し切れる場合も多いですが、Google検索はそうは行きません。
Google SEOでは必ず「コンテンツ⇒被リンク」の順番で押さえねばなりません。

シンプルにGoogle SEOをまとめておりますが、この「コンテンツ」には勿論「キーワード割当て」も含まれます。
Google の検索アルゴリズムが求める「コンテンツ条件」を満たした上での「有効な被リンク」「検索アルゴリズムに強い被リンク」の供給であれば被リン クは上位表示と上位維持で大きな力を発揮し続けますが、コンテンツ条件を押さえておらず内部SEOの要所を外してしまっている場合は「有効な被リンク」が 大きな力を発揮する事はなくなります。

同じ「有効な被リンク」を供給しても対策URLの内部SEOの出来次第で「有効な被リンクの効きが大きく変わってしまう」という事です。
「有効な被リンク」を活かすも殺すも、対策URLの内部SEOの出来次第であります。

URL内部のSEOの出来が悪ければ「有効な被リンク」を幾ら供給しても、「有効な被リンク」は皆死んでしまうという事です。
「有効な被リンク」が十分に「効く」状態を作る上で「キーワード割当て」は非常に重要である事を理解して頂けたらと思います。

特にSEO初心者(SEO素人)の方々は、「キーワード割当て」に失敗しているがゆえに順位が上がらない事も多いので「キーワード割当て」には注意が必要です。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。