情報充実URLは順位上がり易く情報不足だと上がり辛い。商品ページも

Google検索(Yahoo検索)には、「順位の上がり易いURL」と「順位の上がり辛いURL」があります。
順位が上がり易いのは「情報が充実したコンテンツ」を持つURLです。

順位が上がり辛いのは「情報が不足しているコンテンツ」を持つURLです。
Google検索(Yahoo検索)で何年も順位を落とす事なく、「不動の1位表示」や「安定して1位維持」しているURL群に「情報不足URL」は少ないです。

長期で1位維持や上位維持しているURLの殆どは「情報充実URL」です。
これは考えてみれば当たり前の事です。

情報不足URLが検索上位にランクしてもらっても検索ユーザーからすれば迷惑なだけです。
上位表示されている情報不足URL群の情報(コンテンツ)を何ページ読もうとも、求める情報は得られませんので情報不足URLの上位表示など迷惑以外の何物でもありません。

検索ユーザーが検索結果に表示される情報不足URL群のリンクをクリックしても時間を無駄にして終わるだけです。
検索結果上位に情報不足URLばかりが並んで表示されるようになれば、当たり前ですが検索ユーザーの検索エンジンへの満足度は下がります。

ある検索エンジンが検索結果上位に情報不足URL群ばかりを並べて表示するようになれば、其の検索エンジンを利用していた検索ユーザーは皆離れて行き、別の検索エンジンに移ってしまいます。
情報充実コンテンツ(URL)を上位表示させる事の重要さを良く理解している検索エンジンは世界の検索エンジン市場でシェアを伸ばし、理解していない検索エンジンは世界の検索エンジン市場でシェアを落としております。

これが現実です。
ちなみに情報充実コンテンツ(URL)の重要さを良く理解しているのはGoogle検索です。

Google検索は「情報充実URL群を上位表示させる・させない」が自身の検索エンジン市場シェアを大きく左右し収益基盤を揺るがすものになる事を良く理解しております。
ゆえに、「情報充実URLが優先的に上位表示される」検索アルゴリズムを開発し、検索エンジン事業の「要所」の一つである「情報充実URLの上位表示」を確りと押さえております。

気付いている方は気付いていると思いますが、Google検索の検索結果上位には情報不足URLはあまり表示されておりません。
Google(Yahoo)の検索結果上位に恒久的に並ぶURLの多くは「情報充実URL」です。

世界で検索エンジン市場シェアを伸ばせずにいる他の検索エンジンの検索結果上位を見ると、「情報不足URL」の上位表示が目立ちます。
日本ではGoogle検索・Yahoo検索に次いで有名なBing検索などもそうです。

Bing検索の検索結果上位には情報不足URLが今でも多く表示されております。
Bing検索の場合は「情報ゼロ」URLすらも上位表示されております。

情報不足URLや情報ゼロURLが普通に上位表示されて検索結果上位に並ぶのを許してしまう検索エンジンが、世界の検索エンジン市場でシェアを伸ばせるかといえば、そんな事はまずありません。
検索ユーザーは利用する検索エンジンの「品質」を見ておりますので、情報不足URLや情報ゼロURLが検索結果上位に並ぶ「品質の低い」検索エンジンを進んで利用する事はありません。

そういった低品質な検索エンジンでも大手ポータルサイトと提携してポータルサイトのデフォルトの検索エンジンとして採用されればシェアは伸ばせます。
また、中国のように国家が国策で競争力のある外国の検索エンジン(Google等)を排斥して国産検索エンジン(百度・バイドゥ)しか国内検索ユーザーが 利用できないように制限・強制してしまえば「検索の品質」があまりよろしく無い検索エンジンであっても検索エンジン市場シェアは伸ばせます。

しかし、検索エンジンという「プロダクト」の品質では劣っているわけですから、遅かれ早かれ検索の品質で勝る検索エンジンにシェアを奪われる事になるのはかわりありません。
戦略的提携等で他ポータルサイト等と「繋がって」シェアを伸ばしたり、モバイル分野(スマートフォン・タブレット端末等)で戦略的にアプリ等をばらまいて 検索シェアを伸ばしたり、国策で他国の検索エンジンを戦略的に排斥して検索シェアを伸ばしても、「検索の品質」で大きく劣るならばいずれは品質でトップを 走る検索エンジンに取って代わられてしまうでしょう。

現在は検索の品質で突出するGoogle検索の1強時代ですので、Googleに取って代われてしまうという事になります。
検索エンジン事業では「検索の品質」が検索エンジン市場での中長期的シェア拡大で非常に重要になってくるのですが、その「品質」の柱となるのが「情報充実URLの上位表示」です。

「情報充実URLの上位表示」を実現している品質の高い検索エンジンには「検索エンジン市場シェア拡大」圧力が掛かりますので、小賢しい小手先の策を打たずともシェアは拡大して行きます。
「検索アルゴリズムに強い被リンク」「有効な被リンク」を供給すると対策URLに「順位上昇圧力」が掛かりますが、それと同じように、「検索エンジンその もの」の場合も「情報充実URLの上位表示」を検索結果で実現する事で「検索エンジン市場シェア拡大圧力」が掛かります。

Google検索は「情報充実URLの上位表示」を検索結果で実現し、更に貪欲に「検索の品質」を向上させる為の努力をどの検索エンジン会社よりも力を入れて行っておりますので、今後も「検索エンジン市場シェア拡大圧力」がGoogle検索に対して掛かります。
Bing検索を含む他の検索エンジンはどうかいうと、根本・柱部分の「検索の品質」は強化せず其の周辺部分であるUI(ユーザーインターフェース)の強化や情報の見せ方の工夫等に力を入れているところが多いです。

「情報充実URLの上位表示」といった「検索の品質」の根本に関わる部分の強化はあまり行っていないというのが実状です。
要所を押さえる事に力を入れず、それ以外の所を押さえる事に力を入れている・・・といった感じです。

「情報充実URLばかりが上位表示される検索結果」「Web上の多くの情報(=URL群)を網羅できるクロール能力とインデックス能力」などの「要所」は 押さえずに、どうでもいい所を押さえるのに力を入れている・・・、それが検索エンジン市場シェアを世界で伸ばせずにいる検索エンジン達の特徴だと言えま す。
Googleのように、要所を押さえようと頑張っていた検索エンジンが旧Yahoo検索(米YST,Yahoo! Search Technology)でしたので、弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)はYSTの成長に非常に期待していたのですが、当時の米Yahoo! Inc. の経営トップの判断でマイクロソフトのBing検索との検索提携が結ばれてYST開発が止まってしまい「ただの期待」に終ってしまいました。

Bing検索にはYSTのように要所を押さえて頑張ろうという気概や高い志が感じられず、実際この2年間あまり頑張っておりませんでしたので、更にGoogle検索との能力差が開いてしまったというのが現実であります。
Google では検索結果上位に情報充実URLが並ぶよう検索アルゴリズムの強化がなされておりますが、Bing等の他の検索エンジンでは未だに検索結果上位に情報不 足URLや情報ゼロURLが多く並んでおり「検索品質強化」に繋がる根本部分の検索アルゴリズム強化はあまりなされておりません。

検索結果上位に「情報不足URL」や「情報ゼロURL」が並ぶような検索品質の低い検索エンジンは短期的には他ポータルサイトやブラウザとの提携等・その 他色々と策を用いる事で検索エンジン市場シェアを維持したり若干伸ばす事もできるでしょうが、所詮は小手先ですので中長期的には検索エンジン市場でのシェ アを落とす事になります。
現在、日本国内の検索エンジン市場で最大シェアを誇るのはGoogle検索です。

Yahoo!Japanの「Yahoo検索」と呼ばれる検索エンジンも中身(動力源)はGoogle検索ですので、Yahoo検索で上位表示を達成するにはGoogleの検索アルゴリズムに沿った「Google SEO対策」を施さねばなりません。
もっと正確にいうと「Google検索アルゴリズム対策」です。

上述してきた解説からお分かり頂けるかと思いますが、Google検索の高い検索エンジン市場シェアは一時的なものでは終わりません。
日本国内だけをみればYahoo!JapanがYahoo検索の動力源として別の検索エンジンを採用する事が今後あれば、Googleの日本国内での検索エンジン市場シェアは低下しますが、それでも大きく落ちるわけではありません。

Yahoo検索の中身として採用されてからのこの2年でGoogle社はモバイル分野でアンドロイド端末(スマートフォンやタブレット)を日本国内で普及させる事を通じてGoogle検索が使われる機会を増やしております。
ですので、Yahoo!JapanがYahoo検索の動力としてGoogle検索を今後採用せずとも大きな問題にはなりません。

世界で一番「検索の品質」が良いのはGoogle検索ですので、モバイル分野でのGoogle検索の利用機会が増える事はあっても減る事はありません。
「品質」が一番高いGoogle検索エンジンにはモバイル分野でも各アプリや各プラットフォーム等でのデフォルト検索エンジンとしての採用圧力が掛かりますので、「検索の品質」に力を入れていれば放って置いても検索エンジン市場シェアは拡大して行くわけです。

「検索エンジン市場シェア拡大圧力」が掛かり続けるための中長期的な策をGoogle検索は昔から継続して打ち続けておりますので、Googleによる検索エンジン世界の支配は一過性では終わらず今後長く続きます。
Google社の経営トップ3(エリックシュミット会長,ラリーページCEO,サーゲイブリンGoogle創業者)は目先の利益で動かず大局をみて動きますので、今後も高い検索エンジン市場シェアを維持する事になります。

特にエリックシュミット会長がGoogle社の経営(舵取り)に関わっている間はGoogleの世界での検索エンジン市場シェアが大きく揺らぐ可能性は非常に低いといえます。
検索エンジン市場シェアを維持・拡大する上で「情報充実URLの上位表示」というものが重要になるのですが、先ほどから申し上げている通りでして其れを実現しているのがGoogle検索です。

そのGoogle検索(Yahoo検索)で上位表示を貴社・貴方が望むのであれば、対策URLとして「情報充実URL」を用意するのは当然の事となります。
「情報不足URL群をGoogle・Yahooで上位表示させてターゲット顧客を増やしたい」という貴社・貴方の願望はどうあがいてもGoogleの検索 アルゴリズム下では「通りません」ので、そこはよく理解してい頂いた上で上位表示させる対策URLを決めてもらえたらと思います。

Googleの検索アルゴリズムそのものが「情報不足URL」を上位表示させ辛くするアルゴリズムになっているのですから、情報不足URLではどうあがいても「不動の上位表示」(不動の1位表示)や「安定した上位維持」(安定した1位維持)は実現できません。
昔から申し上げている通りで、「運が良ければ」情報不足URLでも一時的な上位表示なら達成できる事もありますが、中期長期での上位維持・1位維持は達成困難です。

繰り返しになりますが、Google検索で一時的上位表示では無く「不動の上位表示」「不動の1位表示」を目指すのであれば情報充実URLを用意するのが当たり前であります。
情報不足URLでは勝負する前に「ほぼ負けが決まり」ますので、情報充実URLに対して外部SEO対策(被リンク対策)を施すよう癖付けて頂けたらと思います。

情報充実URLに対して被リンク対策、情報充実URLに対して被リンク対策、・・・、情報充実URLに対して被リンク対策という風に常に「情報充実URL」に対して被リンク対策を施す「勝ち癖」を付けて頂けたらと思います。
情報不足URLに対して被リンク対策、・・・、情報不足URLに対して被リンク対策といったような「負け癖」をつけるのはやめた方が良いと思います。

負け癖をつけても、他社(他者)とのSEO競争で敗れて「負けるだけ」です。
さて、ここで「情報充実URL,情報不足URLとは何ぞや」と疑問に思った方もいらっしゃると思うのでお答え致します。

ここで言う「情報」とは「テキスト文章」の事です。
画像ソフトを使って画像上に記述した文章では無く、普通の「テキスト文章」が現時点でのGoogleの検索アルゴリズムでは「情報」に該当します。

この「情報」のGoogle SEO上の定義も今後の検索アルゴリズムの進化で変わって行きます。
検索エンジンが画像上の文章・文字をテキスト文章に置き換えるようになり、画像上の文章をテキスト文章と同等に扱うようになれば、画像上の文章も「情報」に該当するようになります。

現時点では通常のテキスト文章が「情報」ですので、「テキスト文章を増やす事」が「情報充実」に繋がります。
画像ソフトを用いて画像上に文章(画像文章)を増やしても「情報充実」には繋がりません。

画像文章では無く、テキスト文章を増やす事が大事です。
URLのオリジナル部分(コンテンツ)のテキスト文章量を増やして行く事がGoogle検索での上位表示や上位維持に繋がって行きます。

URLのオリジナル部分(コンテンツ)のテキスト文章が多く情報が豊富であれば「情報充実URL」、URLのオリジナル部分(コンテンツ)のテキスト文章が少なく情報が不足していれば「情報不足URL」と申し上げられます。
情報不足URLは有効な被リンク対策を多く施せば大丈夫と考えがちですが、あまり大丈夫ではなかったりします。

有効な被リンク対策を確り施しても順位が上がらない事が情報不足URLではよく発生します。
基本的に「有効な被リンク」「検索アルゴリズムに強い被リンク」であっても被リンク供給する対象が情報不足URLでは被リンクの「効き」は悪くなります。

運が良ければ供給した被リンクが「効いて」スッと順位が上がる事もありますが、情報不足URLの場合は「そうならない」事の方が多いです。
この辺は「さすがはGoogleの検索アルゴリズム」といったところです。

貴社・貴方が情報不足URL群に対して被リンク対策を施してみたものの順位が上がらずに困っているのであれば、各URLの「情報不足コンテンツ」を「情報充実コンテンツ」に差し替えて頂いた方が良いと思います。
情報充実コンテンツを持つURLと、情報不足コンテンツを持つURLに、同じ被リンク対策を施しても順位の上りは全く異なったものになります。

情報充実コンテンツは被リンク効果を吸収してよく順位が上がり、情報不足コンテンツは被リンク効果を吸収できず順位の上りがイマイチか全く上がって来ないといった感じになる事が多いです。
全ての対策URLでそうなるわけではありませんが、多くのURL群に当て嵌まる「事実」「現実」であります。

テキスト文章の少ない情報不足URLはGoogle検索では極端に順位の上りが悪くなります。
簡単に申し上げますと情報不足URLは「Google SEOでは不利」という事です。

これらは通常の企業のホームページやブログだけで無く、「ネットショップ」にも当て嵌まります。
商品を掲載しただけでテキスト文章が殆ど無い末端の商品ページ群(情報不足URL群)を難しいキーワードやそこそこ競争のあるキーワードで上位表示したいと考えるネットショップオーナーは非常に多く存在するのですが、これは実現が難しかったりします。

先ほどから繰り返し申し上げている通りで、Googleの検索アルゴリズムはコンテンツのテキスト文章量が多い(情報が豊富な)情報充実URLを優先的に上位表示させます。
「情報充実URLを優遇し、情報不足URLを冷遇する」のがGoogleの検索アルゴリズムですので、ネットショップの末端の商品ページ群であろうと、このルールは適用されます。

「ネットショップだからこのルールは適用されない」という風には残念ながら「ならない」のです。
ネットショップの末端ページ(商品ページ)群であろうと、Google検索は「情報充実URL」を要求するのです。

検索ユーザー目線で考えれば分かる事です。
商品系のキーワードで検索した時に上位に情報不足URL群が並ぶよりも情報充実URL群が並んでくれた方が「ありがたい」でしょう。

さきほどから申し上げている通りでして、Googleの検索アルゴリズムは「情報不足URL」が上位表示され辛いアルゴリズムになっております。
検索ユーザーの満足度を高める上で必要なのは情報充実URLです。

情報不足URLは、どちらかといえば「不要」な存在でしょう。
情報不足URLを上位表示させてしまえば検索ユーザーの満足度は下がるわけですから、情報充実URLと同じように被リンクを供給しても同じようには「効か無い」のです。

「検索アルゴリズムに強い被リンク」「有効な被リンク」を情報不足URLに幾ら供給しても、情報不足URLは冷遇されますので「有効な被リンク」の「効き」は悪くなります。
被リンクの「効き」が悪ければ上位表示が遠のくのはいうまでもありません。

全く同じ条件の「有効な被リンク」を供給しても、被リンクを受けるURLが「情報充実URL」なのか「情報不足URL」なのかで、順位の上りは全く異なったものになるのです。
これらはブログやホームページや情報サイトだけでなく、ネットショップでも同じです。

ネットショップにおいても情報不足URLよりも情報充実URLの方がGoogle SEOでは有利なのです。
Googleが求めているのは検索ユーザーを満足させる「情報充実URL」です。

「情報不足URL」をGoogleは求めておりません。
Googleの検索アルゴリズムが求めていない事をやっても、あまりGoogle SEOが上手く行かないのは当然の事であります。

現実世界の人との付き合いでも同じでしょう。
相手が求めていない事をやると「嫌われてしまう」のです。

Googleの検索アルゴリズムに嫌われてしまえば、上位表示も1位表示も難しくなります。
Googleに嫌われる事をやるよりも、好かれる事をやった方が、上位表示も1位表示も容易になります。

Googleの検索アルゴリズムが求めているのは「情報充実URL」です。
これは覚えておき、実際に「押さえる」必要があります。

Google SEOの「要所」です。
ネットショップで沢山の検索ユーザーを集客したいのであれば、Googleが求めている情報充実URLを用意する事です。

末端の商品ページ(商品情報URL)であっても例外ではありません。
商品と購入ボタンだけでテキスト文章が殆ど無い情報不足URLではGoogle SEOでの戦いは厳しくなります。

用意する情報充実URLの数はもちろん多い方が良いのですが、其の辺は算盤勘定・コストとの相談が必要になりますので色々と計算しながら進めて頂けたらと思います。
少なくとも検索エンジン経由で集客しようと思っているSEO集客用の商品ページ(商品情報URL)に関しては、情報充実URLに仕上げる努力はした方が良いです。

対策するURLが情報充実URLなのか情報不足URLなのかは、SEO集客の成否に関わる問題だという意識を持って貴サイト内部のSEO対策に取り組んで頂けたらと思います。
今回もまた当たり前の事をSEO記事にして書きましたが、この当たり前の事が「出来ているか?出来ていないか?」で、SEO成果は大きく変わります。

非常に重要なGoogle SEOの「要所」です。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。