Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難化する。SEO未来予測

検索エンジンの検索窓に検索キーワードを入力すると、その検索クエリでの検索結果が表示されます。
この検索結果ページは其の検索キーワードでの「まとめページ」です。

まとめているのは検索エンジンロボットですが「まとめページ」であることに違いはありません。
「まとめページ」と言うと人間が作ったまとめページをイメージしますが、普段我々が高頻度で利用しているのは検索エンジンロボットが作った「まとめページ」の方です。

人間が手間暇かけてまとめた「まとめページ」は「まとめる人」の力量で「情報の質」に大差がつきますが、面白いまとめページ,大変役立つまとめページも稀ではありますが見かけます。
検索エンジンロボットの場合は「大変役立つまとめページ」を作る能力はまだありませんが、「役立つまとめページ」であれば人間とは比べものにならないくらい沢山、それも一瞬で作り出す事ができます。

十数年から三十数年後には優れた人間が作り出す「大変役立つまとめページ」を検索エンジンロボットが一瞬でそれも大量に作り出すようになりますが、まだしばらく先の話です。
検索ロボットがまとめた「検索結果」は検索アルゴリズム(ロボット版)によってWeb上のURL群に順位をつけて検索結果に並べます。

SEO 対策とは検索アルゴリズム対策とほぼ同義で、SEO対策ではターゲットロボット(ターゲット検索エンジン)の検索アルゴリズムを把握し、その検索アルゴリ ズムに合わせる形で自サイトの内部対策や外部対策(被リンク対策)を行っていく事で自サイトの評価を高めて狙ったキーワードで1位表示させたり、検索エン ジン経由のSEO集客を増やしたりします。
SEO対策の第一ステップは「どのロボットにターゲット絞るのか?」であります。

2000年代であればターゲットロボットはYST(Yahoo! Search Technology)でした。
2010年代はGoogle検索エンジンです。

2020年代も恐らくGoogle検索エンジンがSEO対策のターゲットロボットとなるでしょう。
現 在のロボットのAI(Artificial Intelligence,人工知能)は全能からは程遠く限られた範囲の限られた問題を解決したり、限られた推論や限られた学習ができる程度ですが、 2029年頃には「人間の知能」とロボットの「人工知能」(AI)は区別がつかなくなると言われております。

ロボットが知能で人間に並ぶという事です。
この頃には更に多くの人間がロボット(コンピュータ)に雇用(仕事)を奪われている事は容易に想像がつきます。

人間のように推論・学習・問題解決ができるようになるのが2029年頃という予測をしている未来学者がおりますが、弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)もほぼ同じ予測をしております。

2020年代に入ると今とは比べものにならないほどSEO対策が難化しますが、其の2020年代に検索エンジン市場のトップを走っているのは恐らくGoogle検索エンジンです。
「Google SEO対策」というのは非常に息の長い対策となりますので、今だけでなく「未来」を見据えてSEO対策に取り組んで頂けたらと思います。

ちなみにGoogle検索エンジンの性能・能力は2年で倍増しております。
半導体の「ムーアの法則」はその他の分野でも当て嵌まるのですが、Google検索エンジンにも当て嵌まります。

「性能・能力は18か月~24か月(1年半~2年)で倍増する」というムーアの法則がGoogle検索エンジンにもそのまま当てはまります。
Google検索エンジンの場合は24か月で倍増するペースで能力・性能が伸びております。

【Google検索エンジンの能力・性能 未来予測表】
1998年 0.78125
2000年 1.5625 2年前から0.78125アップ
2002年 3.125 2年前から1.5625アップ
2004年 6.25 2年前から3.125アップ
2006年 12.5 2年前から6.25アップ
2008年 25 2年前から12.5アップ
2010年 50 2年前から25アップ
2012年 100 2年前から50アップ
2014年 200 2年前から100アップ
2016年 400 2年前から200アップ
2018年 800 2年前から400アップ
2020年 1600 2年前から800アップ
2022年 3200 2年前から1600アップ
2024年 6400 2年前から3200アップ
2026年 12800 2年前から6400アップ
2028年 25600 2年前から12800アップ
2030年 51200 2年前から25600アップ

当記事は2012年に執筆しておりますので上記の未来予測表でいうとGoogleロボットの能力は「100」という事になります。
ロボットの人工知能(AI)が人間並みになる2030年ころにはGoogle検索エンジンの能力は「51200」になります。

「2012年⇒2030年」の間にGoogle検索エンジンの能力・性能は「100⇒51200」まで伸びるのです。
どれくらい「Google SEO対策」が難化するか想像がつきますでしょうか?

2000年時の能力は「1.5625」、小数点以下を四捨五入しても能力は「2」です。
2010年時の能力は「50」ですので2000年からの10年で能力が48ほど伸びております。

2020年時の能力は「1600」ですので2010年からの10年で能力が1550ほど伸びます。
2000年代のGoogle SEOと2010年代のGoogle SEOでは難易度が「桁」違いですが、2010年代と2020年代のGoogle SEOも難易度は「桁」違いとなり、とてつもなく難化します。

Google SEOの未来予測を数値化すると大体上記のような未来予測表のようになります。
もう数年すると素人SEO対策者ではGoogle検索アルゴリズムに対応できなくなるでしょう。

指数関数的なGoogle検索アルゴリズムの能力アップに対応できるのは玄人SEO対策者のみとなります。
この検索アルゴリズム(検索エンジンロボット)の急激・指数関数的な変化に対応して顧客URL群の「安定上位表示」「安定1位表示」を実現させるのが「玄人SEO業者」(プロのSEO会社)の仕事となります。

テクノロジカル・イノベーション(技術革新)を追求するGoogle検索エンジンに対応するにはSEO会社側も「イノベーション」(Innovation,革新)が必要になります。
テクノロジー(Technology)分野の「革新」だけでなく、経営分野の「革新」(イノベーション)もSEO会社は追求して行きませんと、検索アルゴリズムの進化に対応できなくなって行きます。

ムーアの法則に乗って今後、更にSEO環境や経営環境はスピード感が増して行きますので、イノベーションにはお客様方も目を光らせて頂いた方が良いと思います。
イノベーションへの対応を怠ると、あっという間に優位・優勢がひっくり返され、貴社が劣位・劣勢に立たされてしまう時代に突入したと申し上げられます。

「2010年代のSEO対策」,「2020年代のSEO対策」,「2030年代のSEO対策」は「イノベーション」(革新)との戦いになるでしょう。
イノベーションへの対応の戦いです。

ムーアの法則により指数関数的にスピード感が上がって行きますので、現イノベーションから次のイノベーション出現までの期間もドンドン短くなって行きます。
これらのイノベーションに対応できない企業や経営者は失脚する事なりますので、イノベーションに意識を集中させる必要があります。

ITに集中していても駄目です。
イノベーションが起こるのはIT分野だけはありません。

2010年~2030年代は「イノベーション」がキーになります。
2040年代以降はイノベーションスピードが速過ぎて「イノベーションが大事です」などと悠長な事は言ってられ無くなります。

2040年代以降は「イノベーションがどうこう」といった次元の話では無くなります。
この2040年代がいわゆる技術的特異点(Technological Singularity,テクノロジカル・シンギュラリティ)です。

2040年代に入るとロボットの人工知能(AI)は一人の人間の知能レベルを超えて「全人類の知能」に近づき「強いAI」や高度のテクノロジーの力により従来の人間の能力を大きく上回る「ポストヒューマン」が台頭してくるかと思われます。

そうなってきますと、従来の人類の過去の傾向や規則性や公式や法則といったRegulationが未来予測に使えなくなります。
ですので2040年以降のSEOを予測するのはちょっと現実的ではありません^^;。

2010年代~2030年代はイノベーションがキーとなると申し上げましたが、もう一つ「英語」もキーとなります。
英語に関連して「グローバル」(世界規模・地球規模)も勿論キーになります。

「英語」に関しては、記事テーマからそれますので言及は控えます。
同時に2010年~2030年代は、人工知能(AI)を持つ「ロボット」VS「人間」の戦いになります。

現にSEO対策分野でも「検索エンジンロボット」VS「SEO玄人(SEO業者)」と言う形で「ロボットVS人間(組織)」の戦いが繰り広げられております。
SEO対策に限らず、あらゆる分野で「イノベーション」への対応を怠れば「即死」という時代が近づいておりますので、イノベーションは確り押さえて頂ければと思います。

恐らく2010年代~2040年代(技術的特異点)の間が人類史上も最も大変な時期となり、2050年代に入ると比較的楽になってくるかと思います。
高度化する一方のテクノロジーの影響で「環境」(経営環境・労働環境・事業環境等)が物凄いスピードで激変して行くわけですが、人間そのものは従来型のままです。

テクノロジーは進化し続けスピードをドンドン上げて行きますが、人間本体の能力(脳力や肉体等)は今まで通りといった状態であまり変わらず、テクノロジーのスピード感と人間のスピード感との間の差がどんどん開いて行きます。
ですので、今後テクノロジー分野のイノベーションに主導される形で進む猛烈なスピードでの環境変化に対応できず息があがってしまう方(人間)が沢山出てくるのではないかと思われます。

2050年代に入り「ポストヒューマン」時代に入れば人間のスピード感も恐ろしく増しますので、その後も猛烈なスピードで進化し続けるテクノロジーにも無理なく適応・対応できる事でしょう。
そうなるまでの2010年代~2040年代はとにかく大変です。

年々テクノロジーの進化スピードは増しますが、人間そのもの(人間本体)は従来型のままでスピードは変わりませんので、物凄いスピードで激変して行く環境 に対応・適応するのに今後大変な苦労をする事になるであろうと弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は見ております。
上述したような流れで今後「イノベーション⇒激変⇒イノベーション⇒激変⇒イノベーション⇒激変」が長い事続きます。

SEO分野(検索エンジン分野のテクノロジー)でも同じです。
そういうわけでして、SEO対策も一筋縄ではいかなくなって行きます。

お客様方とは、少なくとも2040年代くらいまでの非常に長いお付き合いになると思いますが、宜しくお願い致します。
2050年代に関しては弊所も未来予測できません。
技術的特異点(Technological Singularity)をむかえた後の事は、新時代に入りませんと予測できません。

従来の技術や従来の人類ベースの予測は無意味となり、「強いAI」(現人間の知能を超えた人工知能)や現人間を遥かに凌駕する「ポストヒューマン」ベースでの未来予測が必要ですので今はなんとも言えません。
現時点で予測出来る事は2030年頃には2012年の512倍ほどSEO対策の難易度が上がるという事です。

今とは比べものにならないくらいGoogle SEOが難化します。
そういった厳しい未来を想定して「今どんな手をSEO分野で打って行くのか?」が大事であります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする