SEO用サテライトサイト(衛星Site)は継続更新不要。更新ゼロでOK

「SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続的なサイトの更新が必要だ」とよくSEO界では言われますが「事実」でしょうか?
結論を先に申し上げますと「事実ではありません」。

衛星サイト群(サテライトサイト群)の更新は必要ありません。
これは2000年代から現在の2010年代に至るまで変わりません。

衛星サイト群の更新を一切せずとも、上位表示も上位維持も実現可能です。
昔、当SEOブログでサイトを更新した際に高まる「鮮度スコア」の話をさせて頂きましたが、衛星サイトも「更新」(既存ページの情報を書き換えたり、新記事を投稿し新ページを増やす等)すれば「鮮度スコア」は「一時的」に上昇しますので、衛星サイトの評価も「一時的」に上昇します。

但し、あくまで「一時的」です。
鮮度スコアを「鮮度」をベースとしておりますので時間経過で「鮮度が落ちれば」はスコアが下がって行きます。

衛星サイトの評価を高めれば、勿論その衛星サイトから被リンクを受けるメインサイト群にも好影響は及びます。
しかし、鮮度スコアで「一時的」に評価を高めた衛星サイト群からメインサイト群が受ける好影響は「一時的」なものに過ぎませんので、中期長期での上位維持や1位維持には何の役にも立ちません。

衛星サイト群を更新し続ければ「更新コスト」(更新する為に必要な人件費や新記事作成代等)がかかりますが、その更新コストに見合うだけのリターンをメインサイト群は得られません。
何しろ、更新によって得られる鮮度ベースのSEOスコア(鮮度スコア・評価)は「一時的」なもので、鮮度が下がればスコアは下がって行きますので、メインサイト群の上位維持・1位維持の大した力にはなりません。

投じた更新コストに見合うリターンが得られるならば、衛星サイト群を更新し続ければ良いのですが、現実には更新により得られる効果は一時的なもので持続しませんので、更新しない方が良いという事になります。
更新コスト分を新規衛星サイト作成に回した方が中期長期での上位維持・1位維持に貢献します。

「コストの配分の仕方」というのはSEOにおいても非常に重要でして、コスト配分を間違えると無駄が増えて大変割高なSEO対策になってしまいます。
中期長期での上位維持・1位維持を望むのであれば、SEO対策を行う際には「一時的」なものを追わない事です。

その一時的なものの代表格が「更新」(鮮度スコア)です。
では中長期での上位維持・1位維持の為に何を押さえれば良いのでしょうか?

答えは「恒久的」もの、「持続的」なものです。
SEO効果が「一時的」に期待できるものでは無く、「恒久的」「持続的」にSEO効果が期待できるものを押さえて行く事がポイントとなります。

先ほど「コスト配分が大事である」と申し上げましたが、SEO対策時のコスト配分の際に意識すべきは「恒久的・持続的なSEO効果が期待できる部分に重点的にコストを配分して行く」という事であります。
衛星サイト(サテライトサイト)に関しても同じでして、衛星サイト(サテライトサイト)群の評価を恒久的に高め得る部分にコストを重点的に配分して行く事が大事であります。

そうなると「更新」はコスト配分という観点から見た場合、「後回し」にすべきものだという事が分かります。
2000年代から現在に至るまで大量の顧客URL群をターゲットキーワードで上位表示・1位表示させてきた弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)も衛星サイト(サテライトサイト)群の「更新」は「後回し」にしております。

衛星サイト(サテライトサイト)のSEO対策において「更新は重要では無い」という事です。
衛星サイトの評価を高める上では「更新以外の部分に重要なものが隠れている」という事であります。

一時的に衛星サイトの評価を高める要因は押さえる必要が無く、「恒久的」「持続的」に衛星サイトの評価を高める要因を押さえて行けば不動の上位表示(1位表示)も安定的上位維持(1位維持)も達成できます。
メインサイト群に関しては「更新」はやらないよりはやった方が良いですが、衛星サイト群に関しては更新に割けるコストがあるならば、そのコストで新規衛星サイトを作成したり、既存衛星サイト群の評価を恒久的に高め得る要因を押さえる事にコストを回すよう、おすすめ致します。

貴社(貴方)が中期長期で上位表示し続ける事をお望みであるならば、常に「恒久的」「持続的」なものを追いかける事です。
「一時的」なものを追いかけても「一時的な上位表示」や「一時的な上位維持」にしか繋がりませんので、貴社(貴方)の時間やコストの無駄遣いにしかなりません。

SEOサービスを利用する場合も同じです。
一時的なSEO効果しか見込めないサービスと、恒久的・持続的なSEO効果が得られるサービスが存在しますが、どちらを選択すれば中期長期での上位維持・1位維持に繋がるかは、「賢明」な方であればお分かり頂けるのではないかと思います。

弊所のSEOサービスで申し上げれば、「検索上位表示豚」や「ナチュラル検索上位表示豚」等のメインSEOサービスは恒久的・持続的なSEO効果が得られる要因を多く押さえている関係で、中期長期での上位維持や1位維持が期待できます。
「SEO中小検索エンジン登録代行豚」は恒久的・持続的な要因をそこそこ押さえつつ「一時的」なSEO効果が得られる要因も押さえている関係で、スピード上位表示や短期中期(短中期)での上位維持や1位維持が期待できます。

「スピード上位表示・短中期的な上位維持を目的」とする場合と「中長期的な上位維持を目的」とする場合とでは、押さえるべきSEO要因やSEO対策時のコスト配分も変わってきます。
弊所が最も重視しているのは言うまでも無く、「中長期での上位維持・1位維持」ですのでメインSEOサービスもこの目的に沿ったものになっております。

メインSEOサービスで行うSEOアドバイスや被リンク対策も「中期長期での上位維持・1位維持」を目的としておりますので、「被リンクの力のみ」で今現在2位表示や3位表示できている顧客URL群にもSEOアドバイスは飛んできます。
特にコンテンツのSEO対策(コンテンツSEO)が出来ていない顧客URL群には今2位や3位であろうと「未来 検索アルゴリズム」には対応・適応できず順位を大幅に下げる可能性があるため、SEOアドバイスをする事が多いです。

今検索圏外でもSEOアドバイスが一切必要無いURLがある一方で、今1位表示されていてもSEOアドバイスが必要なURLが存在するという事です。
今現在の顧客URLの検索順位は関係無いという事であります。

今1位のURLの中にも「未来 検索アルゴリズム」に対応・適応できないURL群はWeb上に多く存在します。
「現 検索アルゴリズム」に対応・適応できているだけのURL群は「未来 検索アルゴリズム」下では順位を落としますので、現在1位のURLであっても当然SEOアドバイスは必要になります。

基本的に「コンテンツのSEO対策」が出来ていないURL群に関しては今現在「被リンクの力」で1位表示できていたとしても将来的には順位を落とす事になります。
コンテンツのSEO対策が出来ていないURL群には順位降下圧力が掛かっておりますので、遅かれ早かれ順位を落とす事になります。

話しがそれましたので「衛星サイトの更新の話」に戻します。
衛星サイトに関しては継続的な「更新」は必要ありません。

更新で衛星サイトが獲得できるSEOスコア(評価)は所詮は一時的な「鮮度ベースのスコア(評価)」ですので、無視して頂いてもSEO対策上、差し支えありません。
他の重要な恒久的要因を押さえていれば、衛星サイトの「上位表示させる力」が失われる事はありませんので問題ありません。

繰り返しますが継続的な「更新」はSEO用のサテライトサイト(衛星サイト)群では「不要」です。
更新により得られる鮮度スコアは「おまけ」に過ぎず、中期長期で貴サイト・貴URLを上位表示させる力とはなりません。

勿論、「更新し続けられれば」(高い鮮度スコアを維持し続けられれば)は話は別ですが。
更新し続ければ「更新コスト」はどんどん嵩んで行き、SEOコストも年々膨らんで行きます。

そのふくらみ続けるコストに見合うリターンがあると貴社(貴方)がお考えであれば、SEO用の衛星サイト群(サテライトサイト群)を更新し続けると良いでしょう。
「更新は割に合わない」とお考えであれば、更新以外の衛星サイトの評価アップ要因を強化して行く事をおすすめ致します。

衛星サイトで押さえた方が良いのは、「オリジナル記事のみで衛星サイトを構成する事」「オリジナル記事の文章量」「衛星サイトのHTMLテンプレート」「被リンク設置手法」「被リンク掲載位置」「被リンク設置時の周辺のURL説明文」「衛星サイトそのものに対するインデックス対策」「衛星サイトへの外部SEO対策」など色々ありますが、いずれにせよ恒久的・持続的なSEO効果が期待できる要因にコストを配分し押さえて行く事が大事であります。
特にコピー記事(オリジナル性が極めて低い記事)で構成されている衛星サイト群に関しては将来的には「上位表示の力」を失う可能性が高いため注意して頂いた方が良いと思います。

オリジナル性の高い衛星サイト群は評価を今後も維持するでしょうが、オリジナル性の低い衛星サイト群は評価を下げるリスクがかなり高まってきておりますので注意が必要です。
リスクが現実になれば、投じたSEOコストは無駄に終わります。

オリジナル性の低いコピー記事で衛星サイトを量産する外部SEO対策手法は既に危険領域に入っているというのが弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)の見解です。
衛星サイトやメインサイトを問わず「オリジナル性の低いサイトに存在価値は無い」、言葉に出しておらずとも行動を通じて(検索アルゴリズム更新等を通じて)Google検索エンジンはそういったメッセージを発信しております。

オリジナル性低いサイトはメインサイト・衛星サイトを問わず評価を下がる方向での圧力が働いておりますので、そのへんは察知する必要があります。
衛星サイトの評価が下がれば被リンク効果も落ちますので、「オリジナル性」はメインサイトだけで無く「衛星サイト」においても追及する必要があります。

「更新」では決して「オリジナル性」は補えません。
一時的な順位アップ要因・順位維持要因で無く、恒久的な順位アップ要因・順位維持要因を多く押さえて行く事が「中期長期での上位維持・1位維持」においては大事であります。

「衛星サイトの評価」と呼ばれるものもSEOスコアという形で数値化する事が可能ですが、この衛星サイトのSEOスコアを「恒久的スコアで高めるのか」「一時的スコアで高めるのか」という点が重要になってきます。
恒久的な要因を多く押さえて高いSEOスコアを獲得している衛星サイトと、「更新」等の一時的要因を継続して押さえ続けて高いSEOスコアを高めている衛星サイトとでは、同じSEOスコア(同じ評価の高さ)であっても全く次元が違います。

そこを確りご理解頂き、恒久的スコアで評価を高めた衛星サイト群から被リンクを獲得する方向で被リンク対策を行って頂けたらと思います。
中期長期でのSEO集客成功においては「恒久的要因」を多く押さえる事が欠かせませんので、そちらに注力して頂けたらと思います。

一時的要因の「更新」等を多く押さえても息切れして更新作業を止めてしまえば衛星サイトのSEOスコア(評価)は落ちるのです。
恒久的要因を多く押さえて高いSEOスコア(評価)を保つ衛星サイト群は息切れして活動を止めても評価は落ちません。

なぜなら、「恒久的要因」を多数押さえているからです。
繰り返しになりますが、SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)の評価を高めるにあたって、継続的な「更新」は必要ありません。

宜しくお願い致します。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする