被リンクとは?被リンク7個=負荷7。負荷管理が被リンク対策の要

「被リンクとは何か?」という質問に大半のSEO対策者は答えられると思います。
被リンクが何なのか十分に理解できているかどうかは別として、第三者に被リンクを説明するのはそれほど難しい事はないでしょう。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)に対して「被リンクとは何か?」という質問が飛んで来れば、弊所は「被リンクは負荷です」と答えます。
被リンクを対策URLに7個供給すれば対策URLに7負荷が掛かり、50個の被リンクを供給すれば50負荷が対策URLに掛かり、700個の被リンクを供給すれば700負荷が対策URLに掛かるイメージをお持ち頂くと解り易いのではないかと思います。

「被リンク=負荷」です。
対策URLをターゲット商用キーワードで上位表示させるには外部サイト群から被リンクを供給する必要がありますが、外部サイト群に対策URLのリンク(被リンク)を貼るとなぜ順位が上がるのでしょうか?

「被リンク設置により対策URLに負荷が掛かるから」であります。
負荷が高ければ大きくSEOスコア(検索順位)が上がり、負荷が低ければそこそこSEOスコア(検索順位)が上がる、そういったイメージです。

一定期間内に供給する被リンクの数が7個であれば対策URLに掛かる負荷は7ですので低負荷、一定期間内に供給する被リンクの数が1,000個であれば対策URLに掛かる負荷は1,000ですので7負荷に比べれば高負荷が掛かります。
対策URLが負荷1,000に耐えられるのであれば、負荷7よりも負荷1,000を掛けた方が対策URLのSEOスコア(検索順位)は上がります。

「低負荷」よりは「高負荷」の方が伸びが期待できるという事であります。
対策URLが負荷1,000に耐えられ無いのであれば、負荷1,000よりも負荷7を掛けた方が対策URLのSEOスコア(検索順位)は上がります。

「過負荷」よりは「低負荷」の方が伸びが期待できるという事であります。
被リンク対策には各サテライトサイト(衛星サイト)の任意の1ページに被リンクを設置する「1サイト1リンク」(コンテンツ被リンク)と、各サテライトサイト(衛星サイト)内の全ページに被リンクを設置する「ROSリンク」(ROS被リンク)がありますが、「1サイト1リンク」と「ROSリンク」を比較すると「負荷」がよく分かると思います。

30ページ構成の10衛星サイトから「1サイト1リンク」を獲得した場合、被リンクの数は10個で負荷10です(=10サイト×1個)。
30ページ構成の10衛星サイトから「ROSリンク」を獲得した場合、被リンクの数は300個で負荷300です(=10サイト×30個)。

対策URLに負荷10を掛けた場合と、負荷300を掛けた場合では、どちらの方が対策URLのSEOスコアが伸びるかはお分かりになると思います。
一定期間内に供給される被リンク300による負荷300に対策URLが耐えられるのであれば、300負荷のROSリンクの方が対策URLのSEOスコアの伸びに貢献します。

同じ数の衛星サイト(10サイト)から被リンクを獲得した場合であっても「1サイト1リンク」と「ROSリンク」では対策URLに掛かる負荷には「10」と「300」という事でかなりの差が付きます。
30ページ構成の衛星サイトを例に挙げましたが、100ページ構成の衛星サイトであれば「1サイト1リンク」と「ROSリンク」の負荷差は更にひろがります。

ちなみに「ブログ」を衛星サイトとして利用する場合、オリジナル記事30ページで構成した衛星ブログだと実際には100ページほどになります。
「ブログ」には投稿した個別記事を複数まとめて掲載するカテゴリページや月別アーカイブページなども存在しますので、オリジナル記事30ページのブログであれば実際には100ページくらいの規模になります。

それらのカテゴリページ群や月別アーカイブページ群がGoogle検索エンジンにインデックス登録されれば実際には100ページ構成のサイトとして認識されます。
オリジナルコンテンツを有するのはあくまで30ページで、残りはオリジナルコンテンツのコピーを掲載した重複コンテンツ(同一コンテンツ)ページではありますが、それらを含めた100ページのブログとして検索エンジンからは認識されます。

衛星ブログにROSリンクを設置している場合は、100ページに被リンクが掲載される形となりますので30ページ構成の1衛星ブログにつき100個前後の被リンクが認識される事になります。
被リンク100であれば、負荷は100であります。

「重複コンテンツページからの被リンクは効かない」と考える方もいらっしゃると思いますが、現実には重複コンテンツページからの被リンクも「負荷」としてカウントされますので「よく効き」ます。
ただ、実質的にはオリジナル記事30ページのブログですので、重複コンテンツページ群に関してはGoogleのインデクサーの判断次第で何時インデックスから削除されてもおかしくありません。

残りの70ページ前後は「おまけ」という風に考えてもらった方が良いと思います。
現時点ではこの「おまけ」ページ群もどんどんインデックス登録され、「おまけ」ページ群からの被リンクも「負荷」としてカウントされますので順位上昇(SEOスコアアップ)に繋がります。

ただ、先ほど申し上げた通りでして「おまけ」ページ群は何時インデックスから削除されてもおかしくありませんので、「恒久的な被リンク効果」は期待せず「一時的な被リンク効果」を期待するに留めておいて頂いた方が良いと思います。
Googleのインデックス基準が変わり重複コンテンツページが一気に削除された際にはROSリンクで順位を上げていたURL群の順位が「ガクン」と落ちる事がありますが、順位が落ちる前と落ちた後の差分が重複コンテンツページ群に掲載されていた被リンクの力(負荷の力)なのです。

「被リンクの数の力」が如何に大きいかは、「おまけ」ページ群が一気にインデックス削除された際に実感されると思います。
オリジナル記事30ページ構成の10衛星ブログからROSリンクを獲得すれば、実際の獲得被リンク数は多ければ1,000個に届くでしょう。

対策URLがこの「1,000負荷」に耐えられるならば、対策URLのSEOスコアが大きく伸びるのはいうまでもありません。
オリジナルページからの被リンクは300個、残り700個は「おまけ」ページからの被リンク(=負荷)ですが、この「おまけの力」はかなりものです。

ROSリンク中心に対策して上位表示したURL群の順位がガクッと下がる事がまれに起こりますが、その原因がこの「おまけページ群」です。
「重複コンテンツページ(コピーコンテンツページ)は不要」という判断をグーグルのインデクサーが下し、おまけページ群の一斉インデックス削除が行われた際に順位ダウンが発生するのです。

インデクサーのインデックス登録基準が変わると、大きな順位変動が発生します。
基本的にコピー記事ページ群には見えないインデックス削除圧力が常に掛かっております。

コピーコンテンツページ群はインデックス削除のリスクに常に晒されている状態にあります。
インデクサーのインデックス基準が変わった際に、真っ先に影響を受けやすいのがコピーコンテンツページ群です。

オリジナル性が低いページ群ですので、真っ先にインデックス削除対象になったとしてもおかしくはありません。
衛星サイトに投稿する記事は必ず「オリジナル記事」を用いなければならない理由もここにあります。

オリジナル性の低いコピー記事(重複コンテンツの類)は存在価値が低い為、インデックス登録しておく必要性がGoogle検索エンジンには殆どありません。
記事作成コストを削ってコピーコンテンツだけで衛星サイトを作成した場合、衛星サイトの全ページまるごとインデックス削除されるリスクが高まってしまう事は、SEOの素人の方でも分かると思います。

サイトにオリジナル性が無いのですから、インデックス削除リスクが高まるのは当然であります。
「検索アルゴリズムに弱い衛星サイト」の代表格が「コピーコンテンツだけで作成された衛星サイト」です。

この衛星サイト上に手間暇かけて「検索アルゴリズムに強い被リンク」を設置しても途中でサイト丸ごとインデックス削除されてしまえば全て無駄に終わってしまいます。
運が良ければインデックス登録され続けますが、完全に「運」任せです。

オリジナル性の低い衛星サイト群に関しては「存在しなくとも」Google検索エンジンは全く困りません。
オリジナル性の高いページ群で構成された衛星サイト群であればGoogle検索の検索結果の「品揃えの充実」に貢献しますので存在価値は大きいのですが、オリジナル性の低いページ群で構成された衛星サイトに関しては「存在せずとも」Google検索もGoogle検索ユーザーも一向に困りません。

オリジナル性の低い衛星サイト群は「存在する」よりは「存在し無い」方がむしろ良いくらいでしょう。
存在しても「検索エンジン環境を汚染」するだけですので。

そういった「存在価値が無い」か、もしくは「存在価値が非常に低い」衛星サイト群というのは、インデックス削除リスクに晒されるのです。
「存在価値の有る」ものを残りますが、「存在価値の無い」ものは検索エンジン環境だけで無く、その他どんな分野でも同じで「消される」運命にあります。

衛星サイト群に関しても例外ではありません。
オリジナル性の低い衛星サイト群には「存在価値が殆どありません」ので、消される方向で「目に見えない圧力」が掛かるのです。

どうでもいいページ群が削除されて困るのは、それらのページ群に被リンクを設置しているSEO対策者のみで、それ以外の誰も困りません。
そういった存在価値の低いページ群で構成した衛星サイトは「危うい」のです。

インデックス削除対象になるページ群は「存在価値の高いページ群か?存在価値の低いページ群か?」、これは考え無くともどなたでも即答できるのではないかと思います。
衛星サイト作成の際の絶対条件の一つは「オリジナル記事(オリジナルコンテンツ)でサイトを構成する事」であります。

オリジナル記事で衛星サイトを構成すれば当然ですが、記事作成コストが発生します。
1か月あたり十数万円から数十万円は掛かると思いますが、そのコストは削ってはならないコストです。

「衛星サイトをオリジナル記事(オリジナルコンテンツ)で構成する事自体がインデックス対策になる」からです。
オリジナル記事の作成コストは「必要コスト」です。

カットできないコストという事です。
カットすればインデックス対策に「穴」(隙)が出来てしまいます。

運が悪ければその穴(隙)からSEO集客基盤の崩壊です。
コピーコンテンツ(コピー記事)で構成した衛星サイトというのは、SEO対策においては「問題外」であります。

「検索アルゴリズムに弱い衛星サイト」を量産して「不動の上位表示」や「安定的な1位表示」を実現できるでしょうか?
実現できるわけがありません。

「遅かれ早かれインデックス削除されてSEO集客基盤の崩壊、ジ・エンド」です。
インデックス対策というのはSEO対策における基礎中の基礎です。

「基礎」(土台)がガタガタの状態で立派な御家を建てて長く維持できるかどうか考えて頂けたらと思います。
基礎がガタガタでは、まず「無理」でしょう。

基礎はガタガタでは無く「ガチガチ」に固めるものです。
ガタガタに固めてしまうと、遅かれ早かれ土台が揺らぎ其の上に築いたものは崩れてしまいます。

「衛星サイトのオリジナル性」は、Google SEOの要所の一つであります。
インデックス対策という意味でも衛星サイト群にオリジナル性を持たせる事は重要であります。

インデックスされ続けるのはオリジナル性の低いページ群では無く、オリジナル性の高いページ群です。
SEOのプロ(玄人SEO業者)が必ず押さえるのも、この衛星サイト群の「オリジナル性」です。

話しを「衛星サイト」から「被リンクの負荷」に戻します。
衛星ブログからROSリンクを獲得するとコピーコンテンツページも含まれる関係でかなりの数の被リンク(負荷)になるという話でしたが、「1サイト1リンク」でも同じです。

「1サイト1リンク」の場合も衛星ブログの場合はカテゴリページ群や月別アーカイブページ群にもリンクが掲載される関係で10衛星ブログに「1サイト1リンク」を設置すると実際には20個~30個くらいは被リンクが認識されたりします。
20個~30個が被リンクとして認識されれば負荷も20~30くらいです。

内訳は「オリジナル記事10ページ+重複コンテンツページ10~20ページ」で、重複コンテンツページ群の被リンクに関しては「おまけ」という位置付けになります。
先ほど申し上げた通りでして、Googleのインデックス基準次第で重複コンテンツページ群は一気に削除される事もありますので、あくまで「おまけ」として捉えておくと良いです。

「おまけ」の被リンクではありますが、オリジナル記事ページに設置した被リンク同様に「負荷」として認識されますので、上位表示効果は期待できます。
しつこく繰り返しますが「被リンク=負荷」です。

「100被リンク=100負荷」「1,000被リンク=1,000負荷」「10,000被リンク=10,000負荷」、そういう捉え方をすることが重要であります。
オリジナルページからの被リンクであろうと、ブログのカテゴリページや月別アーカイブページ等のコピーコンテンツページからの被リンクであろうと、獲得した被リンクの数だけ「負荷」が対策URLに掛かるのです。

「被リンクの数」は「負荷の数」(負荷の数値)という風に捉えて頂くと被リンク対策は理解し易くなります。
被リンク対策ではドメイン分散、IPアドレス分散などでは無く、「被リンクの数」というものを強く意識して頂けたらと思います。

新たに獲得した「被リンクの数」は対策URLに掛かる「負荷の値」を意味しますので、非常に重要です。
SEOでの上位表示に限らずどんな分野であれ「今よりも上」を目指すのであれば、「上を目指す対象」に負荷を掛ける必要があります。

SEO分野であれば、検索結果で「上を目指す対策URL」に負荷を掛けて育て上げねばなりません。
その「負荷」がSEO分野においては「被リンク」なのです。

人間がマラソンで速く走れるようになる(or マラソン大会で1位に成る)には、日々のランニングを通してランナーに「負荷」を掛けて筋肉や心肺機能を鍛え上げねばなりませんが、SEOの場合も同じです。
競争相手が多く参戦している商用キーワード群で1位表示を達成するには、被リンクで「負荷」を掛けて対策URLを鍛え上げ競争に負けないURLに育て上げる必要がありす。

日々の訓練を通してランナーに負荷を掛けねばランナーが速く走れるようになりませんが、これは対策URLの場合も同じです。
日々の被リンク対策を通して対策URLに負荷を掛けねば対策URLが多数の競争相手が参戦する商用キーワード群で上位表示(1位表示)されるようにはなりません。

URLも人間も「現状のまま」で良ければ負荷を掛ける必要はありませんが、「今よりも上を目指す」のであれば負荷を掛けて育成して行く事がどうしても必要になります。
上を目指す人間とURLを育成の仕方は基本的に同じです。

「単位期間」ごとに「適度に負荷」を掛けて行けば上へ上へと伸びて行きます。
単位期間が「1か月」ならば「1か月ごとに適度な負荷」を掛けて行けば「今より上を目指す対象」は順調に上へ上へと伸びて行きます。

単位期間が「1週間」ならば「1週間ごとに適度な負荷」を掛けて行けば「今より上を目指す対象」は順調に上へ上へと伸びて行きます。
先ほど人の育成に関して、マラソンのランナーを例に挙げましたが、ランナー以外にももちろん当て嵌まります。

どの分野であれ「今よりも上を目指す、今以上に伸びようとすれば」多かれ少なかれ「負荷」が必要になります。
目指す高みが非常に高ければ、それに応じた「大きな負荷」が必要になります。

但し、一度に「大きな負荷」を育成対象に対して掛けてしまうと、人であれURLであれ「大き過ぎる負荷」(高過ぎる負荷)に耐えられず壊れてしまいます。
ですので、過剰な負荷で「育成対象」が壊れてしまわないように其の「大き過ぎる負荷」(高過ぎる負荷)を分割し、時間時期を分散しながら人やURLが耐えられる範囲内の負荷(適度な大きさの負荷)を掛けて育成して行くという発想が必要になります。

この負荷管理(負荷マネジメント)に失敗して一定期間内に負荷を掛け過ぎてしまうと人間であれURLであれ壊れてしまい、長期に渡り育成対象が回復不能に陥ったりします。
この過剰な負荷の事を弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)では「過負荷」と呼びます。

単位期間内に掛かる負荷が小さければ「低負荷」、単位期間内に掛かる負荷は大きいが許容限度内に収まっていれば「高負荷」、単位期間内に掛かる負荷が大き過ぎて許容限度を超えていれば「過負荷」という風に定義しております。
被リンク対策を行う際の「要」となるのが、この「負荷の管理」(負荷マネジメント)です。

一定期間内(=単位期間内)に大きな負荷(高負荷)を掛ければ、かけた負荷が大きい分だけ対策URLのSEOスコア(順位)も伸びるのですが、負荷を掛け過ぎて「過負荷」に至ってしまうと逆効果になってしまう為、負荷の調整(負荷管理,負荷マネジメント)は被リンク対策において非常に重要になってきます。
どの対策URLも一律で同じだけの負荷に耐えられるのであれば被リンク対策時の負荷調整は楽なのですが、実際には各対策URLによって一定期間内(単位期間内)に耐えられる負荷の度合が異なりますので、そこが負荷調整の難しいところかと思います。

ランナーの場合も同じです。
各ランナーに一定期間内(単位期間内)に同じだけの負荷を掛けた場合、ランナーAにはそこそこの負荷(低負荷)が掛かり走力がソコソコ伸び、ランナーBには許容限度内ながらも大きな負荷(高負荷)が掛かり走力が大きく伸び、ランナーCには許容限度超えの大き過ぎる負荷(過負荷)が掛かり脚が壊れてしまい走力ダウンといったように結果は異なります。

同じ負荷を掛けた場合であっても、その負荷が「低負荷」となるランナー、「高負荷」となるランナー、「過負荷」となるランナー等様々です。
各ランナーに同じ負荷を一律で掛けた場合であっても、単位期間内に耐えられる負荷の度合は各ランナーで異なりますので、結果は同じにはならないという事です。

各ランナーで異なった結果が出ます。
ランナー育成の場合は、低負荷~高負荷の範囲内に収まるように負荷調整行いながら負荷管理(負荷マネジメント)を行っていき、それが上手く行けばランナーの走力は伸びて行きます。

企業経営であれば人財育成などでもこの負荷管理が必要になります。
入社したてで自社の戦力にならない正社員(人材)に適度な負荷を掛けて行き戦力化された「人財」へと育成して行く過程で負荷調整や負荷マネジメントが必要になります。

同時期に入社した3名の正社員(人材)に毎日同じだけの負荷を掛け続けた場合、能力高めの新入社員Aには低負荷が掛かりそこそこ成長し、能力普通の新入社員Bには高負荷が掛かり大きく成長し、能力低め新入社員Cには過負荷が掛かり負荷に耐えられず退社といったように、各社員で異なった結果が出ます。
「同負荷・同結果にはなら無い」という事であります。

被リンク対策により各URLに同負荷を掛けた場合も、各URLで反応は異なります。
URL甲とURL乙に同じ負荷を掛けた場合でも、過去から現在まで被リンク対策を通じて鍛えられているURL甲には「高負荷」が掛かり検索順位を大きく伸ばす一方で、初めて被リンク対策を行うURL乙には「過負荷」が掛かり順位が伸びなかったりダウンするといったように反応は異なります。

被リンク対策を行う際には、この「負荷調整」を意識する必要があります。
ランナー育成や人財育成だけでなく、URL育成においてもこの負荷調整能力(負荷管理能力・負荷マネジメント能力)が重要になってきます。

負荷が小さ過ぎれば殆ど成長しませんし、負荷が大き過ぎれば負荷に耐えられず壊れてしまう。
そして育成対象によって同じ負荷であっても「低負荷」「高負荷」「過負荷」と負荷の掛かり方が異なる点なども理解把握した上で被リンク対策を行っていく必要があります。

各URLごとに負荷調整をするのは現実的にはかなり困難ですので、どのURLにとっても「過負荷」にならない範囲内で毎月の被リンク対策を行っていくか、1工夫から3工夫くらいして「低負荷(負荷1)~高負荷(負荷4)」のように負荷を2~4段階くらいに分けて被リンク対策を施して行くと良いと思います。
負荷を細かく区分し過ぎますと其の分だけ被リンク対策作業時に手間と時間が掛かり被リンクコストが増大しますので採算性・コストパフォーマンス等を考慮して決める必要があります。

いずれにせよ、被リンク対策を「負荷」という視点から見て行く必要はあります。
「負荷」はURL育成の際のポイント(要点)の一つです。

被リンクを「被リンク」として見るのでは無く、被リンクを「負荷」として見る事が、SEO対策では大事であります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする