SEOに強いサイトアーキテクチャーとは?URL、HTML、リンクの論理構造

SEO集客(検索エンジン経由の集客)を意識するサイトで重要になってくるのはサイトアーキテクチャーです。
サイトアーキテクチャーという言葉の「サイト」とは、「ページ(URL)の集まり」の事です。

ちなみに1ページだけのサイトは「ペラサイト」と呼びます。
サイトアーキテクチャーの「architecture」は「論理的構造(論理構造)」や「設計」を指します。

「サイトアーキテクチャー」であれば、「サイトの骨組み」「サイトの論理構造」「サイト設計」といった意味で捉えて頂れば理解しやすいと思います。
このサイトアーキテクチャー(サイトの論理構造)というものがSEO集客では重要になってきます。

サイトアーキテクチャーが整っている(調っている)サイトでは、サイトを更新(新コンテンツ投稿)すればすれるほどサイトのSEO集客力がアップして行き、サイトアーキテクチャーがぐちゃぐちゃなサイトでは更新しても大してSEO集客力がアップしないといった形になります。
「サイトアーキテクチャーが整ったサイト」と「サイトアーキテクチャーが整わずぐちゃぐちゃのサイト」に「同じ新コンテンツ」(同じ新記事)を継続的に投稿(更新)していった場合でも、結果は「同じ」にはなりません。

「サイトアーキテクチャーが整ったサイト」は、新記事の投稿(更新)の継続によって、SEO集客力や各URLの上位表示力を着実に伸ばしますが、「サイトアーキテクチャーがぐちゃぐちゃのサイト」は前者ほどには伸びません。
同じコスト,同じ労力,同じ時間をかけて「同じ新記事」(同じ新コンテンツ)を両サイトに投稿しているだけですが、更新月数・更新年数の伸びとともに両者のSEO集客力差はどんどん拡がって行きます。

その他の条件が同じでも、一方が「サイトの論理構造がばっちり」で、もう一方が「サイトの論理構造がぐちゃぐちゃ」の場合は、SEO格差が拡大して行きます。
両者ともサイト完成後(骨組み完成後)は「継続して同じだけ更新を頑張っている」だけですが、SEO格差は開いて行きます。

このSEO格差の根底にあるのが「サイトアーキテクチャー」(サイトの論理構造)です。
サイト制作(サイト作成)段階の「サイトアーキテクチャーの出来不出来」でSEO競争での勝負がある程度まで決まってしまうという事です。

サイトアーキテクチャーの出来が悪いサイトを選んでしまった場合は、其の後のSEO競争は不利になります。
同じ労力・同じ時間・同じコストを投じて更新を継続して行っても、サイトアーキテクチャーの出来次第で「結果」は大きく異なったものになってしまいます。

中期長期的なSEO集客の成否を左右するのが「サイトの論理構造」(サイトアーキテクチャー)です。
貴社(貴方)が運営サイトとしてサイトアーキテクチャーの悪いサイトを選んでしまった場合、サイトアーキテクチャーの整った競合サイトに対抗し「同じ結果」を出すには、競合サイト以上のコスト・時間・労力をかけて更新せねばならなくなります。

また、競合サイト以上にコストを掛けて被リンク対策を行い外部SEOスコアを引き上げて「貴サイトアーキテクチャーの不出来」を補わねばなりません。
サイトアーキテクチャーを軽視していると、後々で「追加コスト」「追加労力」「追加時間」は払う事を余儀なくされます。

サイトの論理的構造の軽視は「後で高くつく」という風に思って頂けたらと思います。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のSEOサービスでも一番高いのはこのサイトアーキテクチャーやSEO戦略等のアドバイスを行う「SEO戦略豚」(サイト全体・複数サイト群全体のSEOアドバイス)ですが、料金が高いと感じるのは最初だけです。

サイトアーキテクチャーを整えてサイトを作ったり、検索アルゴリズムに沿った明確なサイト運営方針を定めて行く事で「後で安くつく」のです。
SEO集客を軽視しているサイトにとってはサイトアーキテクチャーの話はどうでもいい話ですが、SEO集客を重視しているサイトにとってはサイトアーキテクチャーは非常に重要です。

サイト完成後に投ずる労力・コスト・時間に対するSEO集客リターンが大きく変わってしまうからです。
「勝兵は先ず勝ちてしかる後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いてしかる後に勝を求む」という言葉が兵法にはございます。

「常勝者は先ず勝てる態勢・勝てる体制(※1)を整えてから戦いを仕掛け、敗者は先ず戦いを仕掛け其れから勝とうとする」といった意味ですが、これはSEO集客(SEO競争)にも当て嵌まります。(※1:「態勢」は一時的、「体制」は持続的なものに対して使う言葉)
「SEO常勝者は先ず勝てる態勢(勝てる体制)を整えて其れから戦いを仕掛け、SEO敗者は先ず戦いを仕掛け其れから勝とうとする」わけですが、この勝てる態勢(勝てる体制)の構成要素の一つが「サイトアーキテクチャー」(サイトの論理的構造)です。

サイトアーキテクチャーを整える事でSEOで勝てる確率(成功する確率)を高められるだけ高めてから実際の戦いを仕掛けるという事であります。
サイトアーキテクチャーは短期的なSEO競争にはそこまで大きな影響を与えるわけではありませんが、中期長期的なSEO競争において多大な影響を貴社(貴方)のサイトに与えるようになります。

SEOは土台となる「検索アルゴリズム自体」は基本的に「毎日」アップデートを通じて変化して行きますので、「100%の確率で勝てる」という事はありませんが、勝つ確率・成功する確率を100%に近づける事はできます。
その手段の一つが「サイトアーキテクチャーを整える事」であります。

サイトアーキテクチャーは貴社(貴方)がサイトを更新・運営する全期間に影響を及ぼし続けますので「大変重要」です。
売上が右肩下がりの企業を右肩上がりに変えるのにも、経済力が右肩下がりで衰退して行く国家を右肩上がりに変えるのにも、通常は「構造」改革が必要です。

右肩上がりの収益・利益や右肩上がりのGDPを実現する「構造」や「仕組み」を作れれば実際に駄目企業も駄目国家も右肩上がりに転ずるわけですが、これはWebサイトの場合も同じです。
右肩上がりでSEO集客力が伸びて行く「構造」や「仕組み」をサイトアーキテクチャーを通して作れれば、実際高い確率で右肩上がりを実現できるのです。

SEOコンサルタントの場合は、このサイトの「構造」「仕組み」「方針」部分に関わるアドバイスを行い右肩上がりを実現し、経営コンサルタントの場合は企業の「構造」「仕組み」「方針」部分に関わるアドバイスを行い右肩上がりを実現する、大体そんなイメージになります。
SEO集客がダメなサイトの多くは、サイトの「構造」がダメな場合が多いです。

右肩下がりの「構造」「仕組み」「方針」だったり、横並びの「構造」「仕組み」「方針」だったりで、右肩上がりの「構造」「仕組み」「方針」にはサイトがなっておらず、SEO競争で負けるべくして負けているといった感じであります。
そういったサイトの場合は、被リンク云々の話では無く「構造」や「仕組み」や「方針」の問題といえます。

更新すればするほどサイトテーマが薄まって行ったり、更新すればするほどサイトのオリジナル性が低下して行ったりするサイトが多く存在しますが、そういったサイトは「構造」「仕組み」「方針」に問題があるのです。
新規でこれから作るニューWebサイトに関しても、サイトの骨組み作りの段階(設計段階)でサイトの論理構造を確り整える事で、其の後のSEO競争を有利に運ぶ事ができるようになります。

上述してきた通りでして、サイトアーキテクチャーの出来不出来で、其の後のSEO競争に大きな差が生まれます。
貴社(貴方)がサイトアーキテクチャーを確り押さえて「差をつけられる側」では無く、「差を付ける側」に回る事が「SEO対策」では重要であります。

では、サイトアーキテクチャー(サイトの論理構造)で具体的にどこを押さえれば良いのか?という話になりますが、押さえるべき要所は「3つ」あります。
1、URLの論理構造
2、HTML(ページ)の論理構造
3、リンクの論理構造

この3つは押さえる必要があります。

【URLの論理構造】
URLの論理構造では先ず第一に「URL」とは何かを知る必要があります。
URLは「スキーム名:スキームごとの所定の表現形式」で構成されております。

httpスキームであれば、「スキーム名://ホスト名+パス名」で構成されます。
スキーム名には「http」の他に「https」や「ftp」などが入り、いずれもリソース(データ)に到達するための手段を意味します。(例、http: https: ftp:)

ホスト名はネットワークに接続された機器に付けられた名前で「seo-pig.com」「tonken.biz」「seo.tonken.biz」などのドメインが該当します。
「http://seo.tonken.biz/seo/」であれば、「http」がスキーム名で、「seo.tonken.biz」がホスト名で、「/seo/」がパス名となります。

取得したいデータはこのホスト(seo.tonken.biz)に保管されており、具体的なデータの所在はパス名という文字列で表します。
「http://seo.tonken.biz/」であれば、「/」がパス名です。

「http://seo.tonken.biz/blog/」であれば「/blog/」がパス名、http://seo.tonken.biz/blog/service-kakaku であれば「/blog/service-kakaku」がパス名です。
「/」や「/seo/」や「/blog/」等のパス名(文字列)は「ディレクトリ」(フォルダ)の所在を示しており、「blog/service-kakaku」や「blog/service-kakaku.html」等のパス名(文字列)は「ファイル」の所在を示しております。

URLの論理構造を整える場合は、このパス名部分を整えます。
・http://seo.tonken.biz/ SEO
・http://seo.tonken.biz/google/ Google SEO
・http://seo.tonken.biz/google/in-link/ Google被リンク
・http://seo.tonken.biz/google/out-link/ Google発リンク
・http://seo.tonken.biz/google/contents/ Googleコンテンツ

このような形でパス名部分の論理構造を整えて行けば各URLはターゲットキーワードでより容易に順位が上がり易くなって行きます。
ところで論理構造の「論理」とは何でしょうか?

「論理」の「論」には「筋道」という意味があり、「論理」の「理」にも「筋道」という意味があります。
「論理」という言葉を目にしたら「1⇒2⇒3⇒4⇒5⇒6⇒7⇒8⇒9⇒10⇒11⇒12⇒・・・」のように「筋道立った状態」をイメージして頂くと意味を理解し易いと思います。

アーキテクチャー(architecture)は「論理的構造」と訳される通りで、ただの構造では無く「筋道立った構造」がアーキテクチャー(論理構造)です。
この筋道立った状態をURLのパス部分で実現できれば、「URLの論理構造」は合格ラインに達します。

あとは、各URLに相応しい内容のコンテンツを投稿していけば嫌でも貴URL群および貴サイトはSEO強化されて行きます。
上記URL例のようにhttp://seo.tonken.biz/google/ ディレクトリの下層にhttp://seo.tonken.biz/google/contents/ 等のGoogle SEO絡みのコンテンツをどんどん投稿して行けば、放って置いても上層ディレクトリ http://seo.tonken.biz/google/ は「Google SEO」というキーワードで評価が上がって行きます。

この辺の事は過去に当SEOブログ記事で書いてきた事でもありますので、これ以上は繰り返しません。
過去記事をご自身の力で探し出して読んで頂けたらと思います。

【HTML(ページ)の論理構造】
HTMLの論理構造は簡単です。
ページ内の使うべきところで使うべきHTMLタグを使えばそれで完了です。

ページの見栄えにはCSSを使い、ページ内の論理構造はHTMLで検索エンジンに伝えて行くわけですが、SEOで重要になってくるのはHTMLの方です。
HTMLタグのそれぞれには役割がありますので、その役割に沿ってタグを用いて行けば自然とページの論理構造は整って行きます。

HTMLタグの役割は変わりませんので、HTMLタグに関するSEO解説も変わる事は今後もございません。
ですので、HTMLの論理構造(HTMLのSEO対策)に関しては昔のSEO書籍を参考にして頂いても差し支えはございません。

既にHTMLのSEO対策については語られ尽くしておりますので、当SEOブログでは省きます。
ちなみに何か1冊購入するのであればSEO書籍では無く、HTML辞書を一冊買うと良いと思います。

各HTMLタグ本来の意味を理解する事に努めた方がSEOへの理解も深まると思います。
見出しにはhタグを使う、大見出しにはh1タグを、その次に重要な見出しにはh2タグをと、いった類の情報が載っていると思いますが、そういった各HTMLタグの役割に沿ってページ内のHTMLタグを使って行けば嫌でもページの論理構造は整い合格ラインに達します。

最近ですと検索エンジンがページのレイアウトも見て評価するようになってきましたのでCSSもSEOにある程度は関係してきます。
しかし、HTMLの方が重要度が高い点は変わりませんので先ずはHTMLの論理構造を確り押さえる事をおすすめします。

レイアウト的な事で押さえた方が良いのは、「Above the fold」です。
ページをWebブラウザに表示した時に最初に表示されるページ領域がありますが、それが「Above the Fold」です。

Foldは「折り目」「囲い」といった意味で、aboveは「~より上の」「上にあるもの」といった意味で使います。
最初のページ表示時点で可視できる部分と下にスクロールしないと可視できない部分の境目(折り目)をfoldと呼び、其の折り目より上がAbove領域で、その折り目より下がBelow領域ですので、それぞれ「Avobe The Fold」,「Below The Fold」と呼びます。

SEOでは最初に表示される可視領域の「Above The Fold」部分に表示されているテキスト情報等が重み付けされ対策URLのSEOスコアに絡んでくるというわけですが、この情報は弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)も否定しません。
「当然そうなる」という見解です。

ページのHTMLソース上で、上部に記述されていないテキスト情報であっても、CSSでレイアウト調整してHTMLソース下部のテキスト情報が「Above The Fold」領域に表示されているのであれば、検索エンジンによってそのAbove The Fold部分のテキスト情報が重み付けされ得るという事であります。
昔のSEOではページの「ソース」(HTMLソース)を意識していればOKでしたが、現在はIEやFirefoxやSafari等のWebブラウザに表示される「ページ」そのものもSEOで意識する必要が出てきております。

その「ページ」の中で特に重要なのが「Above The Fold」領域です。
できるだけAbove The Fold領域に貴ページのコンテンツが表示されるようにしておいた方がSEO上はプラスに作用すると申し上げられます。

今後更に普及して行くスマホや7インチタブレットなどは特に可視領域が狭いため、貴ページの左側上部のAbove The Fold領域にコンテンツが表示されるようにしておくと、「未来 検索アルゴリズム」下では評価されSEOスコアが上乗せされるようになるかもしれません。

【リンクの論理構造】
最後はリンクの論理構造ですが、これも簡単です。
・http://seo.tonken.biz/ SEO
・http://seo.tonken.biz/google/ Google SEO
・http://seo.tonken.biz/google/in-link/ Google被リンク
・http://seo.tonken.biz/google/out-link/ Google発リンク
・http://seo.tonken.biz/google/contents/ Googleコンテンツ
・http://seo.tonken.biz/google/contents/text-quantity/ Googleコンテンツ文章量

上記URL群であれば、トップページからの恒久的な発リンクはhttp://seo.tonken.biz/google/ のみに行い、全サブページからトップページに恒久的発リンクをする形をとるとベストのリンク構造になります。
トップページの新着記事一覧枠から一時的な発リンクをhttp://seo.tonken.biz/google/in-link/ 等に放つのはありですが、http://seo.tonken.biz/google/in-link/に恒久的発リンクを放ちたいならばhttp://seo.tonken.biz/google/ ディレクトリから放つ事です。

「/google/in-link/」「/google/out-link/」「/google/contents/」 、この3つのディレクトリは「/google/」ディレクトリの中に存在しますので、「/google/」ディレクトリから恒久的発リンクを放ち、この3ディレクトリからも「/google/」ディレクトリに対して恒久的発リンクを放つ形をとるのがベストです。
また、/google/in-link/ /google/out-link/ /google/contents/の3つのディレクトリは同じ/google/ディレクトリ内に存在しますので同階層の3ディレクトリは恒久的相互リンクで繋ぐと良いです。

文章だけで説明しましたので、掴みづらいかもしれませんが、これがベストのリンク論理構造です。
各URLのキーワードを検索エンジンにより正確に伝えるのに役立つリンクの繋ぎ方です。

更に下位階層にあたるhttp://seo.tonken.biz/google/contents/text-quantity/からはhttp://seo.tonken.biz/ と/google/と/google/contents/に恒久的発リンクを放ち、/google/contents/から/google/contents/text-quantity/に恒久的発リンクを放つ形をとるとベストです。
「検索エンジンは一つのリンクの塊から一つのトピックを割り出す」というのは聞いた事があるかと思いますが、そういった考えに則って各URLをリンクで繋いで行くと、このような形になります。

リンクの論理構造、リンクの繋ぎ方に関してもポイントとなるのは「論理」です。
リンクの繋ぎ方が筋道立っていれば良いです。

リンクの繋ぎ方に関してはWindowsのフォルダを意識すると良いです。
seo.tonken.biz/google/contents/text-quantity/ フォルダにアクセスした場合は、1クリックでリンクを辿ってseo.tonken.biz/google/contents/ やseo.tonken.biz/google/ やseo.tonken.biz/ フォルダに戻る事がWindowsフォルダではできますが、これと同じリンク構造をとれば良いのです。

seo.tonken.biz/google/ フォルダからseo.tonken.biz/google/contents/text-quantity/ フォルダには通常1クリックでは行けずseo.tonken.biz/google/フォルダ⇒seo.tonken.biz/google/contents/フォルダ⇒seo.tonken.biz/google/contents/text-quantity/フォルダのように1つ下層の恒久的リンクを辿って行く必要があります。
これと同じリンク構造をWebサイトでも作れば「リンクの論理構造」も完成します。

サイトの論理構造(サイトアーキテクチャー)では、上記の「URLの論理構造」「HTML(ページ)の論理構造」「リンクの論理構造」の3つを整えると自ずとサイトの論理構造も整って行きます。
既に出来上がってしまっている既存サイトにこれらを適用するは難しいですが、これから新規サイトを作る場合には、こういったサイトの論理構造を意識しながら作って行く事をおすすめ致します。

サイト完成後のSEO競争で優位に立てるようになります。
競合サイト群と、同じ時間,同じ労力,同じコストを掛けて継続してサイト更新して行った場合であっても、サイトの運営年数が上がれば上がるほど競合サイトのSEO集客力の差は開いて行きます。

貴社(貴方)が格差をつける側に回り、競合サイトは格差をつけられる側に回る事になるでしょう。
今から十年、数十年と「継続」してサイトを運営して行く中で蓄積されて行くSEO評価・SEOパワーまで計算に入れた上でサイト設計を行って頂けたらと思います。

運営年数が伸びれば伸びるほど貴社(貴方)のサイトがSEO競争で有利に立てるような「サイトアーキテクチャー」(サイトの論理的構造)を意識して頂けたらと思います。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする