SEO対策鉄則。「コンテンツ先・被リンク後」で被リンクペナルティ回避

Google SEO対策(Yahoo SEO対策)では、各URLへ被リンク対策を施すにあたり守った方が良い鉄則があります。
それが「コンテンツ先・被リンク後」というルールです。

各URLへの被リンク対策を行うにあたり、まず先に各対策URLにターゲットキーワードに沿ったコンテンツを用意してURLに組込み、その後、其の対策URLにターゲットキーワードに沿った被リンク対策を施すというSEO対策の流れをシンプルに表現したのが「コンテンツ先・被リンク後」という言葉でございます。
この「コンテンツ先・被リンク後」に従って各URLの被リンク対策を行いますと、貴サイトのSEO対策の成功確率が上昇します。

この鉄則と反対の「被リンク先・コンテンツ後」に従ってSEO対策を行った場合は、逆に貴サイトのSEO対策の成功確率は大きく下がります。
Google SEO対策(Yahoo SEO対策)を行うにあたっては「順番」が非常に大事なのですが、そのSEO対策の順番を表したのが「コンテンツ先・被リンク後」でございます。

Google SEO対策の成功確率を高めたければ常に「コンテンツ先・被リンク後」のルールに則ってSEO対策を行い、成功確率を下げたければ「被リンク先・コンテンツ後」のルールに則ってSEO対策を施せば、従ったルール通りの結果が通常は得られます。
一昔前のGoogle SEOでは、各URLへのSEO対策では「被リンク先・コンテンツ後」というやり方で、まずは対策URLに被リンクを集中させてターゲットキーワードで順位が上がるのを待ち、順位が上がってから其の対策URLに組み込むコンテンツを作成するという流れでSEO対策を行っていた方も多かったと思います。

一昔前までは、このやり方が一番無駄がなかったのは確かです。
上位表示されてからコンテンツを作成しますので、コンテンツ作成コストが無駄になる事はありませんでした。

しかし、今現在はこのやり方ですとコンテンツを入れる前の「上位表示」工程で躓いてしまいます。
毎回話している通りでして、現在のGoogle検索は「コンテンツ⇒被リンク」の順で対策URLを評価しますので、「コンテンツ」が無いURLというのは著しく評価が下がってしまいます。

コンテンツ評価と被リンク評価が完全に分離しており両方の評価を足し算してURLのSEOスコアが算出されているのであれば、コンテンツ評価がゼロに近くとも「被リンクの力」だけで上位表示させる事は可能です。
しかし、実際にはコンテンツ評価と被リンク評価が掛け算に近い形で両評価を掛け合わせてSEOスコアが算出されているため、URLのコンテンツ評価がほぼゼロの場合は被リンク評価が如何に高くともゼロに何を掛けてもゼロである算数の世界と同じようなSEOスコアになってしまいます。

つまり、「順位が上がらない」という事であります。
SEOスコアの核というか軸となっているのはコンテンツスコア(コンテンツの評価)の方ですので、このコンテンツスコアが著しく低い場合は被リンク対策を頑張って被リンクスコアを上げに上げ抜いても順位は上がらずといった形に通常はなります。

勿論現時点では検索アルゴリズムにも穴が沢山ありますので、必ずそうなるわけではありませんが、そのような結果になるURLが増えてきているのは事実であります。
コンテンツ無しの非常に評価の低いURLに幾ら強力な被リンクを集中させても順位が上がらないのが、最近のGoogle検索アルゴリズムの傾向といえますので、現在のGoogle SEO対策としては「被リンク先・コンテンツ後」のようなやり方はベストな手法では無いと申し上げられます。

一昔前までは無駄なコストを抑えられるベストな手法であった「被リンク先・コンテンツ後」的なSEO対策が、今現在は「無駄の多いSEO対策」の代表格になりつつあるのが現在であります。
「被リンク先・コンテンツ後」的なSEO対策を施した場合、被リンクコストが全て無駄になる可能性が高く、今現在は非常に「高くつく」SEO対策手法となっております。

現在は先にコンテンツを完成させて、其れから被リンク対策を行う流れでSEO対策を進めた方が「安くつき」ますし、上位表示される確率も上がります。
Googleの検索アルゴリズム下では、「コンテンツ⇒被リンク」という流れで各URLの評価が決まりますので第一関門の「コンテンツ」で躓いている対策URLは順位が上がらずという風になってしまうのです。

Google検索エンジン環境下では「コンテンツが一定以上の評価を得る」事が第一関門になります。
この第一関門を突破したURLに被リンク対策を施すと比較的高い確率で順位が上がるという「仕組み」がある程度までGoogle検索アルゴリズム下では確立されております。

そういう「仕組み」がGoogle検索アルゴリズムにはございますので、この仕組みに反するSEO対策を行っても上手く順位が上がらないのは当然の事であります。
「郷に入っては郷に従え」という言葉がございますが、「Google検索エンジン環境」という名の郷に入るならば郷(Google検索アルゴリズム)に従うのが「処世の法」であります。

郷に入って郷に従わない者は通常は遅かれ早かれ淘汰・排除されます。
Google SEOでは先ず第一に「コンテンツ」なのです。

コンテンツを押さえずに被リンク対策から入って上位表示できたとしても遅かれ早かれ貴URLや貴サイトは淘汰されます。
「コンテンツのSEO」というと一昔前のSEO対策者であれば、「キーワード出現数」や「キーワード近接度」を思い出す方もいらっしゃると思います。

現在もキーワード出現数やキーワード近接度は重要なのでしょうか?
結論を先に申し上げますと現在「は」重要であります。

昔「は」コンテンツ内にキーワードが一切出現せずともBing検索同様に「被リンクの力のみ」で容易にGoogle検索で上位表示できましたので、キーワード出現数やキーワード近接度が重要であったとは言えなかったのですが、最近は重要度が上がってきております。
現Google検索の場合は、「キーワードがコンテンツ内に出現している」方が遥かに容易に上位表示できます。

キーワードがコンテンツ内に含まれておらず「ゼロ」の状態ですと現Google検索では順位が上がり辛くなる傾向がございます。
昔はコンテンツ内のキーワード出現数が「ゼロ」であっても上位表示されましたが、最近はゼロだと上位表示するのが結構大変です。

こういった部分(変化)からもGoogle SEOにおける「コンテンツの重要度が上がって来ている」事は感じ取れると思います。
というわけでして、「キーワード出現数は上位表示に関係し無い」とか「キーワード近接度は上位表示に関係無い」といった類のSEO情報は現時点では誤情報という事になります。

一昔前までは「正情報」だった部分もありますが、現在は「誤情報」の部類に入ります。
ある時点では正しかったSEO情報も、少し時が経つと誤ったSEO情報となり、また少し時が経つと正しいSEO情報になる事がGoogle SEOの世界では「有る」という事であります。

特に表面上の正しいSEO情報というのは中身がどんどん変わって行くので、SEO書籍に書かれている事が正しいSEO情報だと思い込んでいると「浦島太郎」になってしまう恐れがあります。
SEOの根本部分は変わる事はありませんが、表面的なSEO情報に関しては其の時その時でコロコロ・コロコロと変わって行きます。

Google SEO情報に関していえば情報の鮮度は持って2年くらいです。
Bing SEO情報に関しては3~4年くらいは余裕で鮮度を保ちますが、Googleは検索アルゴリズムの進化が速い(検索エンジンの開発速度が速い)ので4年も鮮度は保てません。

Google SEO情報は大体2年で鮮度を失います。
2年以上経過した情報に関しては「更新」して新情報を確認してもらった方が良いと思います。

Bing検索に関しては「マイクロソフトが検索エンジンの開発にGoogleほどには力を入れていない」関係で、検索アルゴリズムの進化が遅く(検索エンジンの開発速度が遅く)かなり長い時を経ても過去のBing SEO情報が鮮度を維持します。
これは、良い事では無いと思います。

それだけGoogleとBingとの差が更に拡がっている事を意味しており、Google1強に更に拍車がかかってしまうわけですから悪い事といえます。
話しがそれつつあるので「コンテンツ」の話に戻します。

Google SEOの場合は先ず「コンテンツ」なのですが、このコンテンツに関しても満たすべき要素が色々とございます。
其の要素の中でも重要なものとしては先ほど話題に挙げた「キーワード近接度」と「キーワード出現数」がございます。

現在もキーワード近接度やキーワード出現数はコンテンツスコア(コンテンツの評価)にかなり大きな影響を与えます。
「キーワード近接度やキーワード出現数は昔のGoogle検索では重要だったが、今は重要では無い」という意見もSEO界にはございますが、これはあくまで「意見」であります。

そういう意見が「正しかった時期」もありましたが、今現在はそうでは無いのです。
今現在はキーワード出現数やキーワード近接度がターゲットキーワードでのコンテンツスコアに大きな影響を与えます。

「かなり大きな影響」です。
「コンテンツスコアへの影響は僅か」ではありませんので、キーワード近接度とキーワード出現数は確りと押さえて頂いた方が良いという事になります。

「キーワード近接度」や「キーワード出現数」は「現在のGoogle SEO対策では重要である」という事は覚えておいて頂いた方が良いと思います。
正確には「未来のGoogle SEO対策においてもキーワード近接度やキーワード出現数は重要」であります。

キーワード出現数に関しては特に意識する必要は無く、コンテンツをターゲットキーワードに沿って初めから終りまで確りまとめ上げていけば「嫌でもキーワードを一定数以上は出現させる」事になりますので、出現させるキーワードの数は意識する必要はございません。
キーワード近接度に関してもそれほど意識せずとも「ターゲットキーワード」に沿ってコンテンツを仕上げて行けば自然とキーワード近接度も高まりますので意識する必要はとくにありません。

ターゲットキーワードに沿ってコンテンツを仕上げて行けば嫌でも両方とも満たされますので、「ターゲットキーワードにそって初めから終りまでコンテンツをまとめる事だけ」を意識して頂けていれば基本的に問題ありません。
未来アルゴリズム下で「コンテンツの重要度が下がり、被リンクの重要度が上がる」ような事があれば、キーワード近接度やキーワード出現数の重要度は下がります。

しかし、コンテンツを軽視すれば検索品質の低下は避けられませんので、Google検索ユーザー減少に繋がります。
Google社は「Google検索ユーザーを増やす」方向で検索エンジン開発を進めておりますので、被リンク重視路線を取る事は今後もあり得ず、一時的に被リンク寄りの検索アルゴリズムになる事があっても中長期目線で見ればコンテンツ重視路線が続く事になります。

コンテンツ重視路線が続くのであれば、コンテンツ内での「キーワード出現数」や「キーワード近接度」がそれなりに重みを持つのは当然の事であります。
Google SEOを相撲にたとえると分かり易いかもしれません。

Google検索アルゴリズムでは先ず「コンテンツ」で一定以上の評価を得て初めてURL(力士)が土俵入りでき、土俵に入ったら「被リンクで勝負」「被リンクで差別化」(被リンクで相撲を取る)という流れになります。
Google SEOの土俵に立つためには「コンテンツを真っ先に押さえる」必要があります。

コンテンツを押さえて初めてGoogle SEOの土俵に立てるという風に捉えて頂ければと思います。
コンテンツのSEOが一定レベル以上に達していないURLは「土俵入り」すらしていない状態ですので、その状態で「土俵入り」している競合URL群と「被リンク相撲」を取ろうとしても勝負にならないのは言う間でもありません。

勝ち負けの勝負をするには先ず第一に土俵に立たねばなりません。
その土俵にすら立てていないURL群に被リンク対策を施しても時間と金と労力を無駄にして終わるだけです。

実際、高い確率で投じた被リンクコストは無駄に終わります。
最終的な勝負は「被リンク」(被リンク相撲)で決まるのですが、その勝ち負けを伴う勝負をする為には先ず第一にコンテンツのSEO要素を押さえて貴対策URLを「土俵入り」させねばなりません。

Google SEOでは、からだ(コンテンツ)を鍛えて力士(URL)を土俵入りさせる事が第一です(最優先事項です)。
力士(貴URL)が土俵に立ったら被リンクで相撲を取り「最終的な勝負の勝ち負けは被リンクで決する」ようなイメージを持つと分かり易いかと思います。

相撲でたとえると、「コンテンツのSEOを押さえる」という事は、力士(対策URL)を「土俵入り」させる事なのです。
対策URLがコンテンツのSEOの合格ラインに達して初めて力士として認められ「土俵入り」できるのです。

先ほどの、「『コンテンツ先・被リンク後』のルールに従うとSEO対策の成功率が上がる」と書きましたが、上述した解説から少しはイメージをお持ちいただけるようになったのではないかと思います。
Googleの検索アルゴリズムでは先ずURLの「コンテンツ」を評価して品定めをして、コンテンツが合格ラインに達しているかどうかを見ます。

合格ラインに達していないURL群に関してはこの段階で「足切り」のようなイメージです。
この段階で足切りされれば、被リンク対策がどうこうの話しではなくなるのです。

コンテンツどうこうの話しです。
足切られたURL群に関しては、コンテンツ評価の足切りラインを超えるだけのコンテンツ内部のSEO要素を押さえる事が「最優先事項」となります。

被リンクを語るのはその後であります。
Google SEOは「優先順位」を間違えてしまうと高い確率で失敗しますので、SEO対策時の「優先順位」は強く意識して頂けたらと思います。

Google SEO対策の最優先事項は「コンテンツのSEO」です。
コンテンツのSEOを確り押さえて「土俵入り」するのが第一段階です。

それから「第二段階」の被リンクに進みます。
対策URLが「第一段階」をクリアできていない状態で、段階を飛越していきなり「第二段階」からスタートしても高い確率で失敗して終わります。

いかなる分野であろうと、「段階の飛越し」に手を出してしまうと非常に高い確率で失敗します。
「段階の飛越し」というのはご法度の一つです。

営業1段の営業パーソンに営業5段でなければ獲れない契約を取らせようとしても絶対に契約は取れず、経営1段の経営者に経営9段でなければ経営できない企業を任せても必ず失敗するのも、「段階の飛越し」に原因があります。
Google SEOの場合も同じでして「段階」というものがございます。

第一段階が「コンテンツのSEO」、第二段階が「被リンク対策」ですので、先ずは第一段階を確りとクリアする事です。
SEO1段(コンテンツSEO)をクリアできて初めて「被リンク対策」(SEO2段)なのです。

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のSEOサービス(検索上位表示豚,ナチュラル検索上位表示豚 等)では最初に各URLの内部SEO状況をチェックし、第一段階で躓いているURL群に対して修正するべき箇所を指摘するようにしております。
このSEOアドバイスが飛んできた場合は耳は傾けてもらった方が良いです。

第一段階をクリアできて初めて無理なく第二段階(被リンク対策)に進めますので耳は傾けてもらった方が良いです。
「段階の飛越し」をしていきなり第二段階からスタートして上手く行くURLは一部です。

「第一段階」に問題が無ければ弊所も時間を割いてSEOアドバイス(メッセージ)を飛ばす事はございません。
貴社(貴方)のURLやサイトに「弱点」があり、仮にそのまま第二段階(被リンク対策)に進み上位表示されたとしても「弱点が遅かれ早かれ表面化して恒久的な順位ダウンに繋がる」と判断しているがゆえに指摘させて頂いているのです。

指摘箇所を直す直さないはお客様の判断にお任せしておりますが、直して頂いた方が上位表示確率は上がります。
理由はもうお分かりかと思います、弱点を修正すれば第一段階をクリアでき対策URLが「土俵入り」するからです。

土俵入りして初めて被リンク相撲が取れるというのは覚えておいて頂けたらと思います。
土俵入りしていないURL群に被リンク対策を施しても通常は順位が上がらないのです。

被リンク相撲を取るには土俵に立たねばなりませんので、当然といえば当然です。
段階を飛越したURLであっても上位表示される事はございますが、第一段階をクリアしたURLと比べますと上位表示成功確率はかなり低くなります。

内部SEOを軽視する方がSEO対策者には意外に多いのですが、軽視しない方が良いです。
Google SEOでは「内部SEO」(特にコンテンツのSEO対策)は「大変重要」だからです。

重要なものを軽視してしまうと通常は上手く行かなくなります。
「コンテンツのSEO」を押さえずに「安定上位表示」や「安定1位表示」を実現する事は「不可能」です。

「コンテンツのSEO」を押さえずに被リンクの力だけで上位表示を達成した場合、それらの上位表示は「一時的上位表示」「一時的1位表示」や「不安定上位表示」「不安定1位表示」で終わります。
「安定」を得るには「コンテンツのSEO」を押さえる必要があります。

コンテンツのSEO要素を満たさない限り「安定は無い」と思って頂いて差支えありません。
検索アルゴリズムがコンテンツを重視するようになると「被リンクの力」だけで順位を上げているURL群は必ず順位を落とします。

安定の土台となるのは「コンテンツ」、安定強化に役立つのが「被リンク」です。
安定の土台はあくまで「コンテンツ」ですので、「コンテンツのSEO」を最優先で押さえる必要があります。

綺麗ごとなどでは無く、現実問題として「安定」を目指すなら「コンテンツのSEO」は必ず押さえる必要があるのです。
「コンテンツSEO」に慣れてSEO視野が拡大してきたら「URLのコンテンツのSEO」から「サイトのコンテンツのSEO」を押さえる方向に進むと良いです。

Googleの検索アルゴリズムは「サイト単位」でコンテンツの品質を評価し、サイト単位で品質評価のレッテルを貼ります。
このサイトは「コンテンツ品質が高いサイト」、あのサイトは「コンテンツ品質が低いサイト」といった感じでレッテルを貼ります。

「コンテンツ品質の低いサイト」というレッテルを貼られてしまうとサイト内の全URLにSEOスコアダウン圧力が掛かります。
ですので、本当の安定(上位安定)を目指すならば「サイトのコンテンツのSEO」を押さえる必要があるのです。

URL単位の「コンテンツのSEO」だけ押さえているようでは駄目という事です。
URL群が集まって一塊になったものをサイトと呼びますが、このサイト単位での「コンテンツのSEO」を押さえて行く必要があります。

そこまで押さえると「安定の土台」が出来上がるのです。
その上で安定強化目的で被リンク対策を行ってガチガチにSEO集客を固めて行くイメージで進めて行くとSEO対策は上手く行きます。

ここまで記事を読んだ方であれば、「コンテンツ先・被リンク後」の鉄則もシックリきて納得頂けるのではないかと思います。
「コンテンツ先・被リンク先」を換言しますと、「安定先・安定強化後」であります。

どうでしょうか、しっくり来るのではないでしょうか。
Google検索アルゴリズムの「仕組み」上、「コンテンツ先・被リンク後」というルールに沿ってSEO対策を進めざるを得ない部分があるのですが、もう一つそうする理由がございます。

「コンテンツ先・被リンク後」という形で各URLのSEO対策を行うと「バックリンクペナルティ」(被リンクペナルティ)を回避できるという利点があります。
「コンテンツ先・被リンク後」でSEO対策を進めれば全てのバックリンクペナルティを回避できるというわけではありませんが、「被リンク先・コンテンツ後」に従ってSEO対策を進めた場合に発動するバックリングペナルティを回避できます。

「被リンク先・コンテンツ後」に従ってSEO対策を進める場合は、まず先に対策URLに被リンク対策を施しターゲットキーワードで上位表示させようとします。
この被リンク対策段階では対策URLに「充実コンテンツ」(情報十分コンテンツ)は入っておらず、「コンテンツ無し」の状態かもしくは「貧弱コンテンツ」(情報不足コンテンツ)が入っているのみです。

ターゲットキーワードに沿って作成された貧弱コンテンツであればバックリンクペナルティを回避でき、上位表示される事もございますが情報十分コンテンツを持つURLと比べますとバックリンクペナルティを受け易くなります。
コンテンツ無しURLの場合は現Google検索のアルゴリズム下ですとバックリンクペナルティを高い確率で受けてしまいます。

一昔前まではコンテンツ無しURLであってもバックリンクペナルティを受ける事は滅多になかったのですが、最近のGoogle検索のアルゴリズム下ですと「コンテンツ無し」が原因でバックリンクペナルティが発動するようになってきております。
このへんは、過去のGoogle検索アルゴリズムと現在のGoogle検索アルゴリズムの違いの一つです。

コンテンツを持たないURLに被リンクが集まる事は通常はあり得ませんので、コンテンツ無しURLに被リンクが集まれば不自然な被リンクとして第三者の目にも検索エンジンロボットの目にも映ります。
極めて不自然な形で被リンクが集まっているのであれば、「検索エンジンスパム」として認識されバックリンクペナルティを受けてもおかしくはありません。

しかし現実には、今まではそういったコンテンツ無しURLでもバックリンクペナルティを受ける事はあまりなかったのです。
ですが、現Googleの検索アルゴリズム下ではバックリンクペナルティを受ける様な形になってきたのです。

過去のGoogle検索アルゴリズムには穴があったわけですが、その穴がアルゴリズム強化で埋められた格好です。
こういったアルゴリズム強化は、「ブラックハットWebスパム対策」といえるでしょう。

被リンクが集まる事が通常有り得ないURLに被リンクが集まった場合は今までは見逃されておりましたが、今現在は結構高い確率で捕捉されバックリンクペナルティを食らうようになったという次第です。
「被リンク先・コンテンツ後」という形でSEO対策を進めた場合は、通常は被リンクが集まる事が有り得ないようなURLに被リンクが集まる形となりますので、上述したようなバックリンクペナルティを食らい易くなり順位ダウン(SEOダウン)することが多くなります。

「コンテンツ先・被リンク後」という形でSEO対策を進めた場合は、被リンクが集まり得るURL群に被リンクが集まる形となりますので、上述したようなバックリンクペナルティは回避できるのです。
繰り返しに成りますがGoogle SEO対策では、「コンテンツ先・被リンク後」は鉄則となります。

なぜ鉄則なのかの理由は上述してきた通りです。
1、Google検索アルゴリズム自体が「コンテンツ先・被リンク後」URLを評価するような仕組みとなっているから
2、「被リンク先・コンテンツ後」だとバックリンクペナルティを食らい易くなり、「コンテンツ先・被リンク後」の場合は回避できる

「順位が上がる仕組み」「バックリンクペナルティ」という2つの観点からGoogle SEOは「コンテンツ先・被リンク後」で進めて行くのが有効であると申し上げられます。
「コンテンツ先・被リンク後」のSEO対策だと上位表示確率が上昇しバックリンクペナルティを回避でき、「被リンク先・コンテンツ後」のSEO対策だと上位表示確率が低下しバックリンクペナルティのリスクが高まります。

コスト視点で「コンテンツ先・被リンク後」を見た場合、先にコンテンツを作成する関係でコンテンツ作成コストが嵩みますが、コンテンツコストは現Google SEOでは必要不可欠な「上位表示コスト」(SEOコスト)ですので削減する事はできません。
コスト視点で「被リンク先・コンテンツ後」を見た場合、先に被リンク対策から入るためコンテンツコストは発生しませんが、上述してきた通りでして「上位表示されません」ので結局被リンクコスト分が無駄になります。

また、バックリンクペナルティを受け易くなるため、後からコンテンツを入れても「既に時遅し」となることが多くなります。
ペナルティを受けてからコンテンツを入れてもペナルティが解除されるわけではありませんので、「被リンクコスト」「コンテンツ作成コスト」の両方が無駄になります。

「被リンク先・コンテンツ後」はコスト観点で見ても非常に高くつき、「コンテンツ先・被リンク後」の方が安上がりになります。
毎回申し上げているかもしれませんが、SEO対策に100%成功はございません。

成功確率を100%に近づける事はできますが、100%にはなりません。
このSEOの成功確率を更に下げる上では「被リンク先・コンテンツ後」は非常に有効であります。

逆にSEOの成功確率を更に上げる上では「コンテンツ先・被リンク後」が非常に有効であります。
Google SEO対策では「順番」「優先順位」が大事と申し上げましたが、Google SEOでの成功確率を上げたい方は「コンテンツ先・被リンク後」の鉄則に従ってSEO対策を施す事をおすすめ致します。

この手順でSEO対策を進めるサイトの順位が上がり易くなる「仕組み」がGoogleの検索アルゴリズムでは確立されているため、嫌でも成功確率は上がります。
Googleの検索アルゴリズムに沿った「手順」でコンテンツ作成作業や被リンク獲得作業を進めて行けば、それが「Google SEO」になります。

Googleの検索アルゴリズムに沿わない「手順」で作業を進めて行けば、比較的高い確率で「Google逆SEO」になり上位表示達成という目的から遠のきます。
「アルゴリズム」というのは日本語に訳せば「段階的手順」でございます。

目的達成・問題解決の為の「段階的手順」が「アルゴリズム」です。
1⇒2⇒3⇒4⇒5⇒・・・ といった段階的な「手順」がアルゴリズムです。

このアルゴリズムをプログラミング言語で肉づけをして自動化したものが検索エンジン「システム」です。
アルゴリズムで設計した通りの「手順」で検索エンジン「システム」は動きます。

Google検索アルゴリズム対策(Google SEO)でも当然ですが「手順」が大事になります。
上述してきた通りでして、「手順」を間違えて作業をしてしまうと、その作業が逆SEO対策になる事もございますので、ご注意ください。

「コンテンツ⇒被リンク」の「手順」でGoogle SEOを進めた方が成功確率は高まります。
「被リンク⇒コンテンツ」の「手順」で作業を進めた場合は成功確率が大きく下がり、「Google逆SEO対策」のような恰好となります。

「被リンク⇒コンテンツ」の「手順」で作業を進めると、順位も上がり辛くなり、またバックリンクペナルティも受け易くなるため、良い事が何もありませんので避けた方が良いのです。
Google SEO対策は「手順」が重要です。

「Google検索アルゴリズム対策」が「Google SEO対策」の根幹を成しますので、当然ですが作業「手順」が重要になります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする