トップページに被リンク集中してもサブページのアクセス数は増えず

昔のGoogle検索エンジンのアルゴリズム下では「トップページURLのみに被リンクを集中させればサイト全体のアクセス数が右肩上がりで増えて行った」のですが、今は違います。
今現在のGoogle検索のアルゴリズムではトップページURLのみに被リンクを集中させてもサイト全体のアクセス数はあまり増えません。

「現 検索アルゴリズム」下で昔と同じように貴サイトのトップページURLのみに重点的に被リンクを集中させて行った場合、検索経由のアクセス増が期待できるのは「トップページURLのみ」です。
「旧 検索アルゴリズム」下では、このやり方でサブページURL群も軒並み「大幅にSEOスコアを上げて」、トップページURLだけでなく「サブページURLでも検索上位を独占できた」のですが、今現在の検索アルゴリズム下ではそれが出来なくなっております。

「現 検索アルゴリズム」でも、トップページURLに被リンクを集中させればトップページURLは勿論SEOスコアを大幅に上げて順位アップしたり上位表示されたり1位表示されるのですが、サブページURL群はそれほどSEOスコアも順位も伸びません。
トップページURLに集中させた被リンクの効果が昔ほどにはサイト内の他のURL群にまで波及しなくなったため、昔のように目に見えてサイト内の他URL群まで順位アップ・SEOスコアアップする事はなくなりました。

この「旧 検索アルゴリズム」と「現 検索アルゴリズム」の間の違い(変化)はSEO集客に多大な影響を与えております。
昔はトップページURLのみに被リンクを集中させていれば、その被リンク恩恵をサイト内のサブURL群も受けられましたのでサイト全体の検索エンジン経由のアクセス数を増やす事は容易でした。

しかし現在はそうは行かず、トップページURLのみに被リンクを集中させただけではサイト全体の検索経由のアクセス数はそれほど増えません。
被リンクを対策URLに向けて貼りますと、被リンクを設置した外部サイト(外部ページ)から被リンクを受ける対策URLに「順位アップ・SEOスコアアップの『もと』になるリンクジュース」が流れ込んできます。

昔は、被リンクを通じてトップページURLに流れ込んできたリンクジュースが、トップページ内の内部リンク群を辿って更にサイト内のサブページURL群にも大量に流れ込んで行きサブページURL群のSEO評価も大幅に上昇させておりました。
が、ここ数年はこのリンクジュースがサブページURL群にはそれほど流れ込まずトップページURLに溜まる(留まる)形になって来ております。

昔はトップページURLに流れ込んできたリンクジュースの流れを制限するものはありませんでしたので、サイト内のサブページURL群にもそのままリンク ジュースが流れ込んで行ったのですが、今現在はトップページURLに流れ込んできたリンクジュースの「一部」しかサブページURL群には流れ込みませんの でサブページの順位上昇も限定的なものになっております。
「旧 検索アルゴリズム」にはサイト内のリンクジュースの流れに制限はありませんでしたが、「現 検索アルゴリズム」はサイト内の他URLに流れ込んで行くリンクジュースの「量」を制限しております。

そのため、昔のようにサブページURL群にもリンクジュースが「十分に行き届く」という事がなくなり、その結果、「外部から被リンクを直接受けていないサブページURL群も軒並み上位表示される」という事もなくなりました。
「現 検索アルゴリズム」下で昔同様にサブページURL群まで軒並み上位表示させようと思うなら、サブページURL群にも被リンクを供給してトップページ経由で流れ込まなくなった不足分のリンクジュースを「直接」流し込まねばならなくなりました。

サブページURL群にも被リンクが必要になれば、当然ですが「被リンクコスト」は「増加」(上昇)します。
実際、昔同様のアクセス数をサイト全体で維持しているサイト群ではSEO集客コスト(被リンクコスト)が上昇しております。

昔はトップページURLのみに被リンクを集中させていればサブページURL群までリンクジュースが「十分な量」流れ込んで行き、サイト内の全URLの順位が大幅にアップし検索経由のアクセス数も増えましたので、被リンクコストを小さく抑える事が出来ました。
しかし今現在は、昔と同じだけの検索経由のアクセス数はサイト全体で稼ごうと思うならばサブページURL群にも被リンクを供給して行かねばなりません。

「現 検索アルゴリズム」下では被リンクを供給しなくてはならないURLの数が大幅に増えますので其の分だけ「被リンクコストは増加」する形となります。
「被リンクコストやSEO集客コストがどれだけかかるか?」は「検索アルゴリズムで決まり」ます。

検索アルゴリズムが変われば、SEO集客で必要になる被リンクコストやコンテンツコスト等の「SEOコスト」も変わって行くのです。
2000年代のGoogle検索アルゴリズムと2010年代のGoogle検索アルゴリズムは別物と呼べるくらい中身が変化しましたが、その違いはSEOコストに見事に顕れております。

2010年代に入ってコンテンツコスト、被リンクコストの両方が上昇しました。
特に「被リンクコスト」が大幅に上昇しております。

トップページURLに外部サイトから流し込んだリンクジュースがサブページURL群に十分に流れ込まなくなったことが被リンクコスト上昇の主要因となっております。
2000年代よりも2010年代に入ってからの方が同じだけの検索経由のアクセスを稼ぐのにSEOコストがより多く必要になっております。

当然2010年代の方が競争相手も増えておりますので、其の分だけSEOコストは上昇しますが、被リンクコスト上昇の主要因ではありません。
一番大きいのは「検索アルゴリズムそのものの変化」により、「サイト内でのリンクジュースの流れが変わった事」にあります。

トップページURLから内部リンクを辿ってサブページURLに十分な量のリンクジュースが流れ込まなくなれば、サブページURLが被リンクを直接獲得して不足分を補う事になります。
そうなれば嫌でも被リンクコストは上昇します。

追加被リンク分だけ被リンクコストが上昇するのです。
「現 検索アルゴリズム」はリンクジュースのサイト内での流れに色々と制限を加えておりますので、サイト全体で昔同様のアクセス数を確保しようと思うならば「被リンクコスト」を増やさねばなりません。

トップページURLのみに被リンクを集中させて昔同様に「おいしい思い」をしたいと思っているサイトオーナー方もいらっしゃると思いますが、それは「無理」です。
昔の検索アルゴリズムと今の検索アルゴリズムは「違う」からです。

昔のようにサイト内で制限無くリンクジュースが隅々まで流れ込んで行くという事はありませんので、トップページURLのみに被リンクを集中させているのであれば、年々サイト全体の検索経由のアクセス数は減って行きます。
検索経由のアクセス数を維持できるのは被リンクを直接集中させているトップページURLのみです。

其れ以外のサブページURL群はリンクジュースが「不足」しますので検索アルゴリズムの進化とともに徐々に検索経由のアクセス数を減らして行く事になります。
Googleの「検索アルゴリズム」には「トレンド」がありますが、そのトレンド(傾向)の一つに「リンクジュースのサイト内での流れの制限」があります。
今後もサイト内の他URLへのリンクジュースの流れが制限される方向で検索エンジンの開発が進みますので、トップページURLのみに被リンクを集中させているとサブページURL群の検索経由のアクセス数は減って行きます。

サイト内でのリンクジュースの流れを制限する事でGoogle検索エンジンは実際に「検索品質」の向上に成功しておりますので、今後リンクジュースの流れの「制限を解除」して昔の状態に戻す事は無いと考えて頂いた方が良いと思います。
サブページURL群でも昔同様の検索エンジン経由のアクセスを期待したいならサブページURL群に直接被リンクを供給するより他ありません。

サブページURL群で「コンテンツのSEO対策」をしっかり行い、それでも不足するSEOスコアは被リンクを「直接」供給する事で補うのが現Google SEO対策の「本流」であります。
「検索アルゴリズム」の変化を察知せずに、昔同様にサイトのトップページURLのみに被リンクを集中させて「サイト全体の検索経由のアクセス数が増えない、年々減って行く」と嘆いていても仕方ありません。

昔同様の被リンク対策をやっていては、当然のごとく年々サイトのアクセスは減って行くのです。
毎年、検索経由のアクセスを減らす事なく「維持」したり右肩上がりでアクセスを増やして行く上で大切なのは「現 検索アルゴリズム」と「未来 検索アルゴリズム」を正確に把握する事です。

「未来 検索アルゴリズム」に関しては「未来」ですので「予測」となりますが、Googleアルゴリズムの研究を継続していれば予測の確度は高められます。
その上で「現 検索アルゴリズム」と「未来 検索アルゴリズム」に対応する形で被リンク対策を含むSEO対策を施して行けばサイト全体での検索経由のアクセス数を「維持」する事も出来ますし、アクセス数を更に「伸ばす」事もできるようになります。

「現 検索アルゴリズム」や「未来 検索アルゴリズム」下では貴サイト内でのリンクジュースの流れに制限が入りますので、トップページURLのみに被リンクを集中させるようなやり方をとり続 ければ年々サイト全体での検索経由のアクセス数は減少して行くと考えて頂ければと思います。
トップページURLのみに被リンクを集中させるやり方はもう古いのです。

時代遅れの被リンク対策という事です。
勿論、トップページURLのみを特定のターゲットキーワードで上位表示させて集客するのであれば、このやり方で問題ありません。

トップページURLのみに検索経由のアクセスを期待するのであれば、従来通りトップページURLのみに被リンクを集中させていればOKです。
そのやり方で今後も通用します。

しかし、サイト全体に検索経由のアクセスを期待するのであれば、従来のようなトップページURLのみに被リンクを集中させるやり方では駄目です。
サブページURL群「にも」被リンクを十分に供給する必要があります。

「旧 検索アルゴリズム」下ではトップページURLのみに被リンクを集中させれば、サブページURL群「にも」十分な量の「リンクジュース」が流れましたが「現 検索アルゴリズム」や「未来 検索アルゴリズム」下では十分には流れません。

現在および未来においては、サブページURL群には「不十分な量のリンクジュースしか流れない」のです。
トップページURLのみに被リンクを集中させるだけは、サブページURL群はリンクジュースは「全く足りない」のです。

「リンクジュースのサイト内での流れが変わった」以上は、被リンク対策のやり方も「変える」必要があります。
これが「SEO対策」というものです。

Google検索アルゴリズムの変化を察知し、その変化した検索アルゴリズムに対応した被リンク対策やサイト内部対策を施す、それが「Google SEO対策」では求められます。
コンテンツを増やす事無く、サイト全体で昔と同程度の検索経由のアクセス数を得たいのであれば「被リンクコスト」は増やす以外に選択肢はありません。

また、対策するサイトのコンテンツの質が低い場合は「コンテンツ」のコストも大幅に増やす必要があります。
対策するサイトのコンテンツ群の質が高い場合は、「コンテンツコスト」を増加させる必要はありませんが、「被リンクコスト」は増加させる必要が有ります。

トップページURLに被リンクを集中させているだけではサブURL群(サブページのコンテンツ群)に十分な量のリンクジュースが流れません。
ですので、どうあっても「被リンクコスト」は増やさせねばなりません。

それが出来ないのであれば、サイト全体での検索経由のアクセス数減少を受け入れる事です。
コンテンツも増やさず、被リンクコストも増やさずにトップページURLのみに被リンクを集中させているだけでは、全体の検索経由のアクセス数は年々減少して行くのみです。

トップページURLの「被リンクコスト」、サブページURL群の「被リンクコスト」、その両方が必要な時代に入っているにも関わらず、トップページURLにしか「被リンクコスト」をかけないのであれば衰退あるのみです。
時代の変化に適応できないのであればSEO分野に限らずどんな分野でも、待っているのは「衰退」のみです。

かつてはトップページURLへの被リンク集中のみで対策サイトはSEO分野で「優勢」を維持できましたが、今現在はそれでは「劣勢」にまわります。
そして時間の問題で「敗勢」に至ります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。