コンバージョン目的URLとSEO目的URL。被リンク対策はSEO目的URLのみ

検索エンジン集客を増やすにはWebサイトに被リンク対策(外部SEO対策)を施す必要があります。
その外部SEO対策では、サイト内の既存URL群に被リンク対策を施すサイト管理者が多いです。

完成しているWebサイト内の既存URLに被リンク対策を施して上位表示させ検索エンジン経由の集客を増やそうとする方が多いのですが、このやり方ですと失敗も多くなります。
サイト内にターゲットキーワードにぴったりのコンテンツがあれば其のコンテンツを持つ既存URLに被リンクを集中させれば通常は上位表示できますが、ピッタリのコンテンツが無い場合は上位表示に失敗する確率が高くなります。

ターゲットキーワード(検索キーワード・検索クエリ)にピッタリ合致するコンテンツがGoogle検索エンジンで上位表示された場合は、Google検索ユーザーの満足度向上に繋がりますが、検索キーワードにぴったり合致しないコンテンツが上位表示された場合はGoogle検索ユーザーの満足度低下に繋がりますので、Google検索アルゴリズムはそういった不一致コンテンツが検索上位になるべく来ないような「仕組み」を検索アルゴリズムを通じて構築しております。
検索キーワードに不一致なコンテンツが上位に上がって来ないようにする「仕組み」がある程度確立されているため、ターゲットキーワードにぴったりのコンテンツが無いにも関わらず既存URLでの上位表示に拘って被リンク対策を始めてしまうと、高い確率で上位表示に失敗してしまうのです。

不一致コンテンツでも被リンク対策によって獲得した「被リンクの力」で一時的には上位表示される事もございますが、あまり長くは上位は維持できません。
ちなみにここで言う「一時的」とは「数か月~1年」前後くらいです。

なお、「一時的」と「短期」はほぼ同じ意味で使っております。
現実世界では「数か月~1年」前後を「短期」とは呼ばないと思いますが、検索エンジン世界では「数か月~1年」は短期の範囲です。

時間の流れ方が現実世界とは違うため「短期」や「一時的」の「定義」も現実世界と検索エンジン世界では異なります。
以前、「Google検索エンジンでは被リンク対策を行うと、短期的には予想外の方向に順位が動くが、中長期的には収まるべき順位に対策URLが収まる」と申し上げました。

今現在のGoogle検索もこの一文通りでして、短期的には予想外の動きを見せ、中長期的には予想通りの順位に収まる動きを見せております。
Google検索では非の打ち所のないコンテンツ(URL)に非の打ち所の無い被リンクを供給して行っても、短期的には全く順位が上がらなかったり逆に圏外に対策URLが飛んでしまう事もございますが、こういった事は特に珍しい事ではありません。

こういった事が「短期」ではチョクチョク起こるのですが、中期的には予想通り(想定通り)の順位に対策URLは通常落ち着きます。
ターゲットキーワードと内容が合致しない不一致コンテンツ(不一致URL)に被リンク対策を施した場合、短期的には今現在も順位は上がって来て上位表示されたり1位表示されます。

ただ、「その順位を保てるか」といえばGoogle検索エンジンの「仕組み」上、かなり困難なのが現実です。
これも上述の「一文」で説明が付きます。

短期的には予想外の順位推移を見せ上位表示され、中長期的には収まるべき順位(=下位)に落ち着く形となります。
運が良ければ短期間ではなく短中期で上位を保てる事もございますが運次第です。

通常は上述の「一文」通りの動きを見せて最後は順位を落とします。
短期的には上がるはずの無いURLが被リンクの力で順位が上がったりしますが、中期的には期待通り順位を落とします。

Googleの検索アルゴリズム下で中期長期での上位維持・1位維持をお望みであれば、ターゲットキーワードに内容がぴったり合致するコンテンツを持つURLに被リンク対策を施す事であります。
ピッタリコンテンツを持つURLに被リンク対策を施した場合、すんなり上位表示されて其の後も上位維持という形になる事もあれば、短期的には予想外にも「下位表示」され中期的に収まるべき順位(上位表示)に収まる形になる事もあります。

短期的にはどうなるかは分かりませんが、ピッタリコンテンツを持つURLが中期長期的な上位表示や1位表示においては一番確実である点は変わりありません。
貴サイト内にターゲットキーワードにぴったりのコンテンツが無い場合は、仕方なく完成サイトの中から比較的「マシ」な既存URLを選んで其のURLに被リンク対策を施す形をとっている事と思います。

しかし、この「妥協」のSEO対策(被リンク対策)ですとGoogle検索エンジンの「仕組み」上、上位表示確率・1位表示確率はかなり落ちてしまいます。
一時的上位表示では無く、「安定上位表示」や「安定1位表示」という厳しい条件付きであれば、更に実現は困難になります。

過去のSEO記事でも申し上げてきましたが、上位「安定」・1位「安定」の土台となるのは「コンテンツ」であります。
「コンテンツが順位安定の土台」となりますのでターゲットキーワードと内容が合致しない不一致コンテンツ(不一致URL)に被リンク対策を施した場合は、どうしても安定は得られません。

「上位表示」「1位表示」というと直ぐに「被リンク」を連想される方もいらっしゃると思いますが、「被リンク」の獲得で実現できるのは、あくまで「安定強化」です。
「安定そのもの」は「ぴったりコンテンツ」からしか得られませんので、被リンクだけを強化して行っても「安定上位表示」や「安定1位表示」は実現できません。

完成サイト内にターゲットキーワードにぴったりのコンテンツが存在し無い場合に「ではどうすればいいか?」という話ですが、完成サイトに追加で「SEO専用URL」を用意して頂く事が解決策となります。
完成サイトというのは通常はサイト全体が「コンバージョン」に向けて最適化されております。

ビジネスサイトが存在する理由は「コンバージョン獲得」にありますので、当然ビジネスサイトはコンバージョンに向けてサイト全体が最適化されております。
ですので、完成したビジネスサイト内の各URLは「コンバージョン目的URL」と申し上げられます。

コンバージョンに向けて各URLのページ内部が最適化されているため、そのままではSEO集客に使えないURLが大半となります。
特にネットショップなどではその傾向がかなり強いです。

ネットショップ内のURL群の多くはコンバージョンに向けて最適化されており、SEO集客に向けて最適化されていないのが普通です。
SEO集客向きに既存URL群が最適化されているのはWeb上の全ネットショップの内のほんの一部です。

大半のネットショップの既存URL群はコンバージョンに向けて最適化されているのみで、SEO集客向きには最適化されてはおりません。
ネットショップの多くの既存URLは、オリジナル部分(コンテンツ)の文章量(情報量)が少な過ぎたり、ターゲットキーワードに沿ってコンテンツがまとまっていなかったり、重複コンテンツURLが多かったりと、Google SEO集客に不利なURLばかりとなっているのが普通です。

ちなみに、SEO対策(被リンク対策)を施すURLとして特に致命的なのは「ターゲットキーワードに沿ってコンテンツがまとまっていない」事です。
情報量(文章量)が少なくともコンテンツがターゲットキーワード沿って初めから終りまで確りまとまっているのであれば、「上位表示」も「1位表示」も可能ですし、「安定上位表示」も「安定1位表示」もなんとか実現可能です。

しかし、コンテンツがターゲットキーワードに沿って初めから終りまで確りとまとまっていない場合は、「上位表示」や「1位表示」は運が良ければ可能ですが、「安定上位表示」や「安定1位表示」となると実現不可能となります。
ネットショップの管理者様からのSEO対策の依頼で多いのも、この「安定上位表示や安定1位表示が不可能なURLの順位を上げてくれ」という依頼です。

ターゲットキーワードに不一致なコンテンツを持つURLはGoogle検索エンジンの「仕組み」上、安定上位表示や安定1位表示は実現「不可能」なのですが、そういったURLでの依頼が沢山来ます。
この不可能な依頼を「可能」にするには指定URL内部のコンテンツをターゲットキーワードに沿った内容に纏め直して頂く必要があるのですが、そういった事がネットショップシステム上「不可能」だったりします。

そこで登場するのが「SEO目的URL」です。
SEO集客用に用意した新URLにターゲットキーワードに沿って初めから終りまで確りまとめたコンテンツを嵌め込んで頂き、其のSEO目的URLに被リンク対策を施すのです。

このやり方であれば、「安定上位表示」も「安定1位表示」も「実現可能」となります。
先ほども申し上げました通りで「順位安定の土台はコンテンツ」です。

ターゲットキーワードで対策URLの検索順位を「安定」させるにはどうあっても「ターゲットキーワードに沿って初めから終りまで確りまとまったコンテンツ」が必要になります。
その条件を満たすピッタリコンテンツをSEO目的URL(新規URL)に嵌め込んで頂き被リンク対策を施して頂ければ高い確率で「安定上位表示」や「安定1位表示」を実現できます。

ちなみにここでいう「高い確率」とはターゲットキーワードに不一致なコンテンツを持つURLと比較した場合の「確率」です。
毎回申し上げている通りでして、「検索アルゴリズム」は非公開の「ブラックボックス」ですので、SEO対策の成功に100%はありません。

ただし100%に近づけて行く事はできます。
「ターゲットキーワードに沿って初めから終りまで確りまとまったコンテンツ」(ぴったりコンテンツ)を用意して頂き、そのピッタリコンテンツを持つURLに被リンク対策を施して行けば、SEO対策の成功確率を100%に近づける事ができます。

完成済みのビジネスサイトの既存URLに無理やり対策キーワードを割当てて被リンク対策を施しても中期長期での上位表示は通常実現できません。
理由は上述した通りでして、Google検索エンジンは検索クエリにぴったり合致するコンテンツを持つURL(ぴったりURL)を優先して上位表示させる「仕組み」を構築しているからであります。
「被リンクの力」で「不一致コンテンツ」(不一致URL)を上位表示できたとしても、仕組みの力(環境の力)にはいつまでも対抗できませんのでいずれは順位を落とします。

いずれ順位を落とす事は避けられない以上は、無理をして完成サイト内の既存URLにターゲットキーワードを割当てずに、ターゲットキーワードにぴったりのコンテンツを用意し、其のピッタリコンテンツをSEO目的URLに差し込んで其の新規URLで被リンク対策を行って頂いた方が安定上位表示や安定1位表示に繋がります。
「短期的な上位表示で十分」というのであれば、何もSEO対策にコストを掛けてやる必要がありません。

短期的な上位表示で十分ならば「検索エンジン連動型広告」を利用すれば良いのです。
お金を積めば検索結果の「広告枠」で上位表示を実現できます。

一般のサイト管理者がSEO対策を行うのは「集客コストダウン」も動機の一つではありますが、一番の動機は「安定上位表示」「安定1位表示」を通じての「安定集客」実現に有ると申し上げられます。
その「安定」の土台は先ほどからシツコク申し上げている通りでして「コンテンツ」なのです。

「被リンク」ではありません。
「被リンク」では「安定は得られ無い」のです。

被リンクを通じて得られるのは「安定強化」のみです。
「安定そのもの」は「コンテンツ」からしか得られません。

ターゲットキーワードに沿って初めから終りまで確りまとめ上げられた「ぴったりコンテンツ」だけが順位「安定」をもたらすのです。
「安定コンテンツ」を持つSEO目的URLに検索アルゴリズムに強い「安定被リンク」を供給すれば「安定上位表示」や「安定1位表示」は実現できますが、ターゲットキーワードと内容がマッチしない「不安定コンテンツ」を持つURLに「安定被リンク」を供給しても「安定上位表示」や「安定1位表示」」は得られません。

「安定被リンク」の供給だけでは、「運が良ければ上位表示されたり1位表示される」「検索アルゴリズムが被リンクを重視した時だけ上位表示される」といった形になってしまい実現できるのは「不安定上位表示」「不安定1位表示」のみです。
「安定」したSEO集客(検索エンジン集客)を望むのであれば、先ず第一に「コンテンツ」を押さえる必要があります。

貴ビジネスサイト内にターゲットキーワードにぴったりのコンテンツを持つ既存URLが存在しないのであれば、ぴったりコンテンツを持つ「SEO目的URL」を新たに用意する事をご検討頂けたらと思います。
その上でそれらのSEO目的URLに検索アルゴリズムに強い「安定被リンク」を供給して行けば、高い確率で「安定上位表示」や「安定1位表示」を達成できるようになります。

繰り返しになりますが、一般のビジネスサイト(ネットショップも含む)はSEO集客を意識して設計されておりません。
ビジネスサイト内のURL群はコンバージョン獲得に向けて全URL最適化されております。

こういったコンバージョン目的URLの中にターゲットキーワードにぴったりのコンテンツを持つ既存URLがあるならば、其のコンバージョン目的URLに被リンク対策を施して頂く事で「安定上位表示」や「安定1位表示」の実現も可能です。
コンバージョン目的URLの中にぴったりコンテンツを持つ既存URLが無い場合は「SEO目的URL」を新たに用意して頂き、そのSEO目的URLに被リンク対策を施す形をとることをご検討頂ければと思います。

その方がSEO集客の成功確率は間違い無く上がります。
先ほどから「コンバージョン」という言葉を何度も使っておりますが解説をつけるのを忘れておりましたので、最後にコンバージョンについて少し解説します。

「コンバージョン」(Conversion)とは「転換」「転化」といった意味で通常用います。
転化の「転」「化」や、転換の「換」といった語には「変える」「換える」といった意味があります。

コンバージョン(Conversion)とは一言でいえば「変える事」です。
では、何を何に変える事がコンバージョンなのでしょうか。

申込む意識の無かったサイト訪問者を申込む意識に「変えて」申込みメールフォームから申込みを頂くのが「コンバージョン」、商品購入前のサイト訪問者に購入ボタンを押して頂き購入者になって頂くのも「コンバージョン」、資料請求サイトでサイト訪問者の資料請求意欲を高めて資料請求フォームに個人情報・事業主情報を記述頂いて送信ボタンをおして頂くのも「コンバージョン」です。
申込まない状態から申込む状態に切り替わり実際に購入ボタンや請求ボタンや送信ボタンを押して行動に移った時点が「コンバージョン獲得」であります。

このコンバージョン獲得に欠かせないサイト内の標準ページ群(既存URL群)が「コンバージョン目的URL」です。
「よくある質問ページ」「サービスページ」「料金ページ」「企業情報ページ」「特定商取引法ページ」「プライバシーポリシーページ」「商品ページ」「トップページ」等がコンバージョン目的URLです。

これらのページはコンバージョン獲得には欠かせないページ群ですが、SEO集客に欠かせないページとはいえません。
多くの場合、これらのコンバージョン目的URLはページ内部がコンバージョンに向けて最適化されているため、SEO集客には向かないURL内部構成になっていたりします。

コンバージョン目的URLの多くは「そのままではSEO集客に使えない」のが普通です。
そのまま一切ページ内部を弄らずともSEO集客にも使える「コンバージョン目的URL」はWeb上に僅かしか存在しません。

多くのコンバージョン目的URLは、そのままではSEO集客に使えません。
「コンバージョン目的URL」の多くは「SEO戦力外URL」という事です。

SEO集客に向くURLが完成済みビジネスサイトの既存URL群に存在し無い場合は先ほどから申し上げている通りでして、ターゲットキーワードで最適化されたコンテンツを持つ「SEO目的URL」を用意して頂き、其のSEO目的URLに被リンク対策を施して頂ければ、「コンバージョン」と「SEO集客」を「両立」できます。
ターゲットキーワードにぴったりのコンテンツを持つ既存URLが無いにも関わらず、完成済みのビジネスサイトの既存URLに無理やり対策キーワードを割当ててSEO対策(被リンク対策)を行ってもSEO集客に高い確率で失敗して終ります。

既存URLでのSEO集客は「ぴったりコンテンツが有る」場合のみ行えば良く、ぴったりコンテンツが無い場合は「SEO目的URL」を新規で用意して頂き被リンク対策に臨むのが合理的判断となります。
サイト管理者や経営者は当然ですがSEO対策においても「合理的な判断」を下す必要があります。

不合理な判断を下せばSEO集客で失敗する確率が高まるだけです。
ターゲットキーワードに不一致なコンテンツを持つ「コンバージョン目的URL」を、「被リンクの力」で無理やり上位表示させても長くは天下(1位表示)を維持できません。

「安定上位表示」や「安定1位表示」を実現するには「合理的判断」を下す必要があります。
「コンバージョン目的URL」がそのまま「SEO目的URL」としても使える場合のみ「コンバージョン目的URL」に被リンクを集中させ、SEO集客に使えそうも無い場合は新規で「SEO目的URL」を用意して頂き、其の「SEO目的URL」に被リンクを集中させるのが一番確実であります。

ターゲットキーワードにマッチしたコンテンツを持つ「SEO目的URL」を上位表示させた場合はGoogle検索ユーザーの満足度低下に繋がりませんので「安定上位表示」や「安定1位表示」が期待できます。
なお、上位表示させる「コンテンツ」に関しては、いうまでもありませんが「一定レベル以上の質」は必要になります。

「コンテンツの品質」もGoogle検索エンジンは評価対象としておりますので、「コンテンツの質の高さ」も一定レベル以上に保つ必要があります。
Google検索ユーザーを満足させるレベルの「情報の質」「コンテンツの質」は伴わせる必要があります。

こういった条件を「コンテンツ」が満たせていれば「安定上位表示」「安定1位表示」も高い確率で実現できます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする