ヘッド・テール・ロングテール、ビッグ・ミドル・スモールワードの違い

検索エンジンユーザーによって検索されるキーワードを「検索需要の大きさ」で区分すると、一番検索需要が大きいのが「ヘッド」です。
検索需要が小さいのが「テール」で、一番検索需要が小さいのが「ロングテール」、だいたいそのような位置づけとなります。

貴URLを上位表示させた時に「売上」に「早い段階」もしくは「即」繋がるのが「購買目的キーワード」ですが、この購買目的キーワードも「検索需要」別で区分すると3つに分ける事ができます。
「購買目的ヘッドキーワード」,「購買目的テールキーワード」,「購買目的ロングテールキーワード」の3つに分けることできます。

毎月の検索需要(検索数・検索ボリューム)が大きい「購買目的ヘッドキーワード」で上位表示を実現すれば当然売上に繋がりますが、「購買目的テールキーワード」や「購買目的ロングテールキーワード」で上位表示させても売上は上がります。
購買目的テールキーワードや購買目的ロングテールキーワードは毎月の検索需要(検索数・検索ボリューム)が小さいためサイト管理者やWeb担当者の上位表示対策対象から外され無視されてしまう事も多いですが、これらのテールやロングテールにも顧客は存在しております。

ヘッドキーワードと比べると検索数が少ないというだけの話でして、検索ユーザーは「購買目的」「購買前提」でこれらのテール・ロングテールキーワードで検索しておりますので、上位表示させれば売上に繋がって行きます。
検索クエリ全体の1/3前後がテールキーワードやロングテールキーワードと昔から言われておりますが、この1/3の顧客にリーチできると結構な新規売上が立ちます。

検索クエリ全体の1/3ですから、当然といえば当然の事です。
検索クエリ全体の2/3の中に存在する顧客にリーチするには検索需要が大きいヘッドキーワードの上位表示が必要ですが、残りの1/3の中に存在する顧客に リーチするにはテールキーワードやロングテールキーワードでの上位表示が必要になるという事は頭にいれてSEO対策・SEO集客に取り組んで頂くと良いと 思います。

「購買目的」「購買前提」で検索されているキーワードで上位表示すれば売上へとつながりますので何も購買目的ヘッドキーワードに拘る必要はないのですが、実際には多くのサイト管理者は購買目的ヘッドキーワードのみに拘ります。
対策対象を購買目的「ヘッド」キーワードのみに絞れば対策するキーワードの数が大幅に減り、その分コンテンツ制作の数も減らせますので「楽」といえば「楽」なのですが、SEO集客の現実はそれほどを甘くありません。

楽に見えるのは「最初だけ」です。
購買目的ヘッドキーワード群の大半には他の競争者が先んじて参戦しており、既に「上位表示済み」(1位表示済み)で「守り」を固めております。

貴社・貴方が上位・1位を狙っている購買目的ヘッドキーワードに今から5~8年前に参戦し5~8年間ほど掛けて「ガチガチに守りを固めている」サイト管理者方が上位にはおりますので、彼らの守りを崩してそこに割って入る(1位表示させる)には通常は時間がかかります。
5年~8年前後SEO対策を「継続」してSEO評価を積み上げている年季の入ったSEO対策者達のサイトを追い抜いて「安定上位表示」「安定1位表示」を実現するにはそれ相応の「時間」が必要になります。

覚えておくとよいのは、今現在「購買目的ヘッドキーワード」の中で特に難易度の高いキーワードで上位を保っている方々の多くはSEO対策年数は5年~8年くらいに達しております。
ドメイン年齢が3年に満たないドメインで上位表示させているサイトであっても、そのサイトの管理者のSEO対策年数は5年~8年くらいであることが多いです。

長年SEO経験を積んで、それなりのレベルに達したところでまた新たに新規ドメインを取得し、高めた内部SEO能力をベースにWebサイトを制作すれば、「未来 検索アルゴリズム」に強い強力な新規サイトが出来上がります。
そのうえで、長年のSEO実戦で高めた外部SEO眼をベースに「未来 検索アルゴリズム」に強い被リンク対策を施して上位表示させている場合は、ドメイン年齢が3年未満・2年未満であっても強力なSEO競争力が其のサイト管理者のWebサイトにはあります。

競争が激しい難易度高い購買目的「ヘッド」キーワード(=ビッグキーワード)で安定1位を狙う場合は上記のようなサイト管理者との「戦い」になりますので、相応の対策期間が必要になることは予め覚悟しておいて頂いたほうが良いと思います。
業界によってはミドルキーワードの場合も長期戦になることはあります、例えば「金融」「保険」分野のキーワードなど其れです。

ところで「ヘッドキーワード」という言葉を先ほどから何回も使っておりますが、「テールキーワード」との違いは何でしょうか。
一番の違いはGoogle Adwords等の「キーワードツール」によく検索されるキーワードとして「表示されるか否か」です。

よく検索されているキーワードとしてキーワードツールで見える化(可視化)されているキーワード群が「ヘッドキーワード」、検索されているかどうか分からずキーワードツール等を通して見える化(可視化・表示)されてい無いキーワード群が「テールキーワード」です。
キーワードツールに表示されている月間検索ボリューム少な目のキーワードを「テールキーワード」と解釈されている方が多くいらっしゃいますが、キーワードツールで可視化されているキーワード群は基本的には「ヘッドキーワード」です。

Web上で「ヘッド」キーワードに競争者が集中し、「テール」キーワードに競争者が集中しないのは、「テール」が「見えない」「不可視」なキーワードだからです。
キーワードツールに表示されるほど毎月検索ボリューム(検索数)がありませんので多くのSEO対策者の眼にとまることが無いのが「テールキーワード」です。

その「テールキーワード」群の中で滅多に検索されないキーワードや稀にしか検索されないキーワードが「ロングテールキーワード」です。
キーワードツール等で「表示されない」「可視化されていない」「見え無い」キーワードにも購買目的で検索する検索エンジンユーザーが大量に存在するため、「購買目的テールキーワード」や「購買目的ロングテールキーワード」は穴場となっております。

先ほども申し上げた通りでして、上位表示(特に1位表示)させれば当然ですが「売上」は上がります。
こういった「購買目的テールキーワード」や「購買目的ロングテールキーワード」をターゲットキーワードに据えて、ターゲットキーワードごとにコンテンツを 用意して集客し売上に繋げて行くのが「テールSEO集客」(テールキーワードSEO),「ロングテールSEO集客」(ロングテールキーワードSEO)で す。

テールSEO集客やロングテールSEO集客には2種類ありまして、その内の一つが上述したように「狙った購買目的ロングテールキーワードで1位表示」「狙った購買目的テールキーワードで1位表示」させるやり方です。
もう一つは、特定の購買目的ロングテールや購買目的テールキーワードは狙わず、検索する際によく使われる「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」を複数組み合わせてコンテンツを作成し、集客するやり方です。

後者は「何らかのロングテールキーワードやテールキーワードで集客できるだろう」とテキトウにあたりをつけてコンテンツを作り、そのコンテンツを入れたURLに被リンクを供給して「何らかのキーワード」で上位表示や1位表示させるやり方です。
どんなテールキーワードやロングテールキーワードが売上に繋がるか「知っている」「分かっている」場合は、特定キーワードでの1位表示を狙ってコンテンツ を作って行き、どんなテールキーワードやロングテールキーワードが売上に繋がるか「知らない」「分からない」場合は、テキトウにあたりをつけて「ビッグ」 「ミドル」「スモール」なキーワードを複数組み合わせてコンテンツを作って行くのが「ロングテールSEO」や「テールSEO」の流れとなります。

このロングテールSEOやテールSEOで重要になってくるのは「アクセス解析から得られる検索キーワード情報」です。
ロングテール集客やテール集客では「アクセス解析が非常に重要」「極めて重要」という事だけ覚えておいて頂けたらと思います。

前 回執筆したSEO記事で「情報の収集」が「主目的」の検索キーワード、「情報収集目的キーワード」について解説しましたが、情報収集目的テールキーワード や情報収集目的ロングテールキーワードで集客を増やしても前回申し上げた通りでして、短期的な売上増加にはつながりませんのでご注意ください。
早い段階で売上アップに結びつけたいのであればヘッド・テール・ロングテールを問わず「購買目的」で検索されるキーワードを狙っていく必要があります。

「購買」段階ではなく、まだ「情報収集」段階の検索ユーザーを集客しても直ぐには売上に繋がりませんが、中期長期的に売上に繋げて行ければ良いという事で あれば「情報収集目的ヘッドキーワード」「情報収集目的テールキーワード」「情報収集目的ロングテールキーワード」でも集客数を増やしていくと良いでしょ う。
これらの情報収集目的キーワードで集客を増やして行く媒体としては、不定期更新・定期更新を問わず「更新が前提」のブログや情報サイトが良いです。

新規投稿という「更新」の力で、「情報収集」段階の訪問者を貴ブログ(貴情報サイト)に足止めし、「購買」段階に至るまで気長に待つ戦略で臨むと良いと思います。
ターゲット顧客に役立つ質の高い新コンテンツを継続して新規提供し続ければ貴社のブランド力・信用力・市場でのマインドシェア等が高まって行きますので、中長期的に売上を増やして行く戦略としては悪くないと思います。

「更新」の力で「足止め」するなら、「更新はTwitterでも良いのでは?」という意見もあると思いますが、Twitterでは駄目です。
Twitterのサブページ(各つぶやきページ・各ツイートURL)は1投稿140字という情報量制限があり、「情報充実URL」を重視する 「Google検索アルゴリズム」との「相性が悪く」ロングテールキーワードやテールキーワードでの集客数を増やせませんので、Twitterでロング テールSEOやテールSEOをやるのは「無駄」です。

ツイッターでSEO集客が期待できるのは貴社・貴方のツイッターのトップページURLのみです。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のツイッターであれば、SEO集客が継続して見込めるのはトップページURLのhttps://twitter.com/seo_tonken だけです。

貴社・貴方のツイッターのトップページURLだけ上位表示させれば良いのであればツイッターで十分ですが、「ロングテールキーワード集客を増やす」「テー ルキーワード集客を増やす」という目的をTwitterで達する事は「不可能」ですので、ロングテール集客やテール集客の媒体としてTwitterはおす すめ致しません。
「更新のTwitter」でSEOで強みを発揮できるのは「トップページURL」のみですが、ブログや情報サイトは違います。

「更新だけのTwitter」とは違い、ブログや情報サイトは「更新」だけで無く「サブURL群の情報充実」も満たせますので「ロングテールキーワードでの集客数増加」「テールキーワードでの集客数増加」という「目的」を達する事ができます。
「更新だけのTwitter、更新と情報充実のブログ」です。

SEO集客では「目的達成が可能な媒体(メディア)を選択」することが大事です。
「更新は力」ですが、更新の力だけ上記目的は達成できませんので、集客媒体としては「ブログ」を「選択」し「ブログの更新」に「集中」することになります。

Webでも「選択と集中」ができる企業の方が競争で有利に立ちます。
「無選択と分散」で勝ち抜けるほどWebの世界も甘くはありません。

むしろWebの世界の方がリアル世界よりも競争者は多いため、「選択と集中」がより重要になってきます。
ただ、「選択と集中」といっても「1キーワードのみの対策」や「1URLのみの対策」ではだめです^^;。

「選択」」に「誤り」があります。
SEOの世界は「確実の世界」では無く「確率の世界」ですので、確率戦・集団戦・グループ戦的な戦いの仕掛けたをする必要がございます。

SEOが「確実の世界」であるならば1個のキーワードを撃破(安定上位表示or安定1位表示)したら、次のキーワードで撃破するといったような「各個撃破」「一騎打ち戦」的な戦いの仕掛け方で問題ありませんがSEOは「確率の世界」です。
ですので「確率戦」「集団戦」「グループ戦」的な戦い方を「選択」する必要がございます。

つまり1度にある程度まとまった数のキーワードやURLでの同時対策を進める必要があるという事です。
有効・有利な戦い方というのは自身が置かれた「環境」や「地形」で「決まり」ます。

現実世界の戦争・戦いでは「今も昔も」自身がおかれている環境や地形で戦い方が変わりますが、Webでもそれは同じです。
貴社・貴方が置かれている「検索エンジン環境」「Web地形」(ブログ,Twitter等)で戦い方は変わります。

軍事戦略や経営戦略の字面・表面をなぞっただけで「本質」を理解しないコンサルタントであれば、「いや弱者は常に一騎打ち戦だ!」などというでしょうが、SEOの世界で「一騎打ち戦」で臨んでしまうと高い「確率」で討ち死にする事なります。
実際、サイト管理者の多く(多数派)はこの「一騎打ち戦」型のSEO対策で戦いを仕掛けますので、討ち死にするわけです。

負けるべくして負けて行く・・・、といった感じです。
確率戦の世界であるSEOの世界で、一騎打ち戦を仕掛けたら高い確率で負けます。

自身の置かれている環境(検索エンジン環境)を全く理解していないがゆえに一騎打ち戦という「負け戦」をわざわざ自分から仕掛けてしまうわけです。
「敵(彼)を知り、己を知れば、百戦危うからず」といった言葉がありますが、SEO対策における「敵」(彼)とは「現 検索アルゴリズム」及び「未来 検索アルゴリズム」の事です。

ちなみに「己」とは貴社・貴方が利用する「SEO業者のSEOサービス」および「SEO業者そのもの」です。
「敵(彼)を知り、己を知れば、百戦危うからず」、確かにその通りです。

SEOの土台となる「検索アルゴリズムはブラックボックス」です。
この「見えない箱」の中で活動していて「100%確実」などということはまずあり得ません。

SEOは「確実」では「確率」の世界だという事です。
さきほどから申し上げている通りでして、戦い方は自身が置かれている「環境」や「地形」で変わりますので、その辺をよく理解して頂き、「じっくり」考えたうえでSEO戦略やSEOスキームを立てて頂けたらと思います。

「経営」であれ、「戦略」であれ、「SEO」であれ、重要なのは「表面」では無く其の「本質」を押さえる事(掴む事,理解する事)です。
「本質」を理解して、「本質」に適合・沿った経営対策・戦略適用・戦略策定・SEO対策を打って行くことが「大事」です。

知識が沢山あり学者クラスに達していたとしても「本質」が分かっていなければ何の役にも立ちません、少なくともビジネスの世界(競争の世界)では^^;。
さて、話がそれましたので戻します。

検索キーワードを「ヘッド」「テール」「ロングテール」に分類して話を進めてきましたが、もう一つキーワードに別の分類の仕方があります。
それが「ビッグ」「ミドル」「スモール」という分類方法です。

「ビッグ」「ミドル」「スモール」は「競争の激しさ」を比較してキーワードを分類する際に使います。
Bigには「激しい」「強い」、Smallいは「弱い」といった意味があります。

ビッグキーワード : 競争が激しいキーワード,競争相手達が強いキーワード
ミドルキーワード : そこそこ競争があるキーワード,競争相手達がそこそこ強いキーワード
スモールキーワード : 競争がそれほど激しくないキーワード,競争相手達がそれほど強くないキーワード(弱いキーワード)

といった感じで「競争の激しさ」で分類するとシックリくるのではないかと思います。
この「ビッグ」「ミドル」「スモール」は通常は「ヘッドキーワード」を更に細かく分類するときに用います。

先ほど申し上げた通りでして、Google Adwords等のキーワードツールに表示されるほど検索されているキーワード群が「ヘッドキーワード」です。
このヘッドキーワードの中で特に競争が激しいのがビッグキーワード、競争が少なく競争者が弱めなのがスモールキーワード、その中間がミドルキーワードとなります。

同じビッグキーワードでも業界が変わると難易度もかなり変わります。
「保険」「金融」業界の「ミドルキーワード」が他業界では「ビッグキーワード」相当だったり、「保険・金融」業界の「スモールキーワード」が他業界では 「ビッグキーワード」相当・「ミドルキーワード」相当だったりと業界によってビッグキーワードの難易度は大きく変わります。

ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードは各業界内での「競争の激しさ」に基づいて分類した相対的なものという風にとらえて頂くとよいかと思います。
このビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードという分類はSEOスキームやSEO戦略策定時に役立ちます。

「消 耗戦となるビッグキーワードの戦いは回避」前提で戦略を練るのであれば、その業界で最も競争が激しいキーワード群の対策は避けて、購買目的ミドルキーワー ドや購買目的スモールキーワードを中心に狙いつつ、購買目的ロングテールキーワードや購買目的テールキーワードも狙ってサイトのSEO集客数を増やして行 くような戦略(シナリオ)が一つの候補となります。

戦略は通常は「言葉で表現」するため、「言葉の定義」(用語の定義)はとても重要になってきます。
「ビッグ」「ミドル」「スモール」、「ヘッド」「テール」「ロングテール」、「購買目的」「情報収集目的」などのキーワード関連の「SEO用語」はSEO戦略策定時に非常に役立つ用語です。

SEO 戦略を練る際に特に重要になってくるのが「購買目的ビッグキーワードを狙うのか?」「購買目的テールキーワードや購買目的ロングテールキーワードは狙うの か?」「情報収集目的キーワードは狙うのか?」「被リンクが大量に必要になり被リンクコストが嵩むヘッドキーワード群で集客するのか?」「被リンク数はそ こそこで良いが代わりにコンテンツの数が必要になりコンテンツコストが嵩むテールキーワードやロングテールキーワードで集客するのか?」等です。
こういった細かい意思決定をする際に「用語」を色々と知っているとより精度の高いスキームや戦略の策定が可能となり、それと連動して結果もついてくるような形になってきます。

ちなみに弊所のSEOサービスの場合は上述したようなSEO対策の「全て」に対応可能です。
「ビッグ」「ミドル」「スモール」、「ヘッド」「テール」「ロングテール」、「購買目的」「情報収集目的」のどの組み合わせであろうと対応できます。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 とんちゃん]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢

【企業名】 トンケン経営研究所
【英語名】 Tonken Institute of Management
【通称】 Tonken,トンケン
【代表者】 とんちゃん (Tonchan)

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。

【SEOサービス・料金の比較表】(税込価格)
【サービスの設計(開発・見直し)で常に注意している点】
1,サービス品質の高さは十分か?(高品質,諸機能のバランス,コンサルティングと被リンクの質と量)
2,中長期的な安定性は十分か?(中長期)
3,SEO集客に勢いが付く・勢いが強くなって行くサービス内容になっているか?(強勢)

SEO対策料金
サービス名 料金(税込) 目的と内容
検索上位表示豚Lite 月々12,000円 【目的】
・ターゲットキーワードで「不動の上位表示」(不動の1位表示),「安定した上位表示」(安定した1位表示)
・「中長期的な上位維持」(中長期的な1位維持)
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング+被リンク対策」型

【被リンクの型】
「ROS被リンク+コンテンツ被リンク」型

※ROS被リンク=Webサイトの「共通部分」(サイドバー等)に設置する被リンク。Webサイト内の全ページに被リンクが設置される「強力」な被リンク。「ROS被リンク=強烈な支持」
※コンテンツ被リンク=Webページの「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置する被リンク。Webサイト内の任意の1ページに被リンクが設置される「普通」の被リンク。「コンテンツ被リンク=普通の支持」

【内容】
・1サイト内の2URL・2キーワード(同時に2枠)の検索上位表示の対策
・同じURLに最大2キーワード(2枠)まで同時指定可能
・「同じURLに2キーワードを指定して2枠の同時対策」「2URLにそれぞれ1キーワードずつ指定して2枠の同時対策」等、2URL・2キーワード(2枠)の組み合わせ方は自由
・指定URLを指定キーワードで検索上位表示
・「検索上位表示豚」の「Lite」(ライト)版。(Lite=Lightの略)
・サービス提供後も”外さない”被リンクの獲得代行(=サービス終了後も被リンクを解除し無い契約)
・蓄積されて行く「固定被リンク」の獲得代行(被リンク蓄積,被リンク資本増大に伴う蓄積効果発露)
・コンテンツ被リンク(サイト内の任意の1ページにリンク設置)とROSリンク(サイト内の全ページにリンク設置)を組み合せた強力な被リンク対策
・1位表示達成の要となる「アンカーテキスト分散、ドメイン分散、Webサイト分散、被リンク設置時期分散」を重視した被リンク対策
・1位表示達成において、IPアドレス分散(IP分散)の重要度は低いが、ドメイン分散を重視するためIPアドレス分散も自然と進む
・サービス利用開始時に対策URLのページ内部をチェックし、上位表示の支障となる問題箇所を発見した場合は指摘しページ内部修正の指導(内部SEO対策のアドバイス)
・外部被リンク対策を主体としつつも、検索上位表示に必要不可欠と判断した場合のみ弊所が自発的に貴サイト内部の指導
・質問・相談されればその部分のみサイト内部・外部の指導
【契約は1カ月単位・継続可・同時に複数契約申し込み可】
※継続して利用すると、「被リンク付けの時間分散(Google上位表示要因) 」も達成出来ますので、より強力な被リンクとなります。
※順位保証無し。

【料金・対策枠数・固定方式】
・入金を切らさない限りは、契約時の「料金」「対策枠数」のままサービスを継続利用可能
・「料金」「対策枠数」以外は「変動方式」をとっているため最新のサービス内容(=契約内容)が毎月自動的に適用。
※但し、日銀の金融政策失敗・政府の公共政策失敗等による「急激な物価上昇」、想定を超える検索アルゴリズム(検索人工知能・検索テクノロジー)の大幅進 化による「急激なSEOコスト上昇」等により、契約時点での「料金」「対策枠数」のままではサービスの継続提供が困難になった場合は、其の時点での最新の 「料金」「対策枠数」を適用させて頂きます。
検索上位表示豚 月々13,000円 【目的】
・ターゲットキーワードで「不動の上位表示」(不動の1位表示),「安定した上位表示」(安定した1位表示)
・「中長期的な上位維持」(中長期的な1位維持)
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング+被リンク対策」型

【被リンクの型】
「ROS被リンク+コンテンツ被リンク」型

※ROS被リンク=Webサイトの「共通部分」(サイドバー等)に設置する被リンク。Webサイト内の全ページに被リンクが設置される「強力」な被リンク。「ROS被リンク=強烈な支持」
※コンテンツ被リンク=Webページの「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置する被リンク。Webサイト内の任意の1ページに被リンクが設置される「普通」の被リンク。「コンテンツ被リンク=普通の支持」

【内容】
・1サイト内の4URL・4キーワード(同時に4枠)の検索上位表示の対策
・同じURLに最大4キーワード(4枠)まで同時指定可能
・「同じURLに4キーワードを指定して4枠の同時対策」「4URLにそれぞれ1キーワードずつ指定して4枠の同時対策」等、4URL・4キーワード(4枠)の組み合わせ方は自由
・指定URLを指定キーワードで検索上位表示
・2000年代から2014年現在に至るまで多数のビッグキーワードや難関キーワードの「上位表示」および「不動の上位表示」を達成してきた弊所の主力SEOサービス
・サービス提供後も”外さない”被リンクの獲得代行(=サービス終了後も被リンクを解除し無い契約)
・蓄積されて行く「固定被リンク」の獲得代行(被リンク蓄積,被リンク資本増大に伴う蓄積効果発露)
・コンテンツ被リンク(サイト内の任意の1ページにリンク設置)とROSリンク(サイト内の全ページにリンク設置)を組み合せた強力な被リンク対策
・1位表示達成の要となる「アンカーテキスト分散、ドメイン分散、Webサイト分散、被リンク設置時期分散」を重視した被リンク対策
・1位表示達成において、IPアドレス分散(IP分散)の重要度は低いが、ドメイン分散を重視するためIPアドレス分散も自然と進む
・サービス利用開始時に対策URLのページ内部をチェックし、上位表示の支障となる問題箇所を発見した場合は指摘しページ内部修正の指導(内部SEO対策のアドバイス)
・外部被リンク対策を主体としつつも、検索上位表示に必要不可欠と判断した場合のみ弊所が自発的に貴サイト内部の指導
・質問・相談されればその部分のみサイト内部・外部の指導
【契約は1カ月単位・継続可・同時に複数契約申し込み可】
※継続して利用すると、「被リンク付けの時間分散(Google上位表示要因) 」も達成出来ますので、より強力な被リンクとなります。
※順位保証無し。

【料金・対策枠数・固定方式】
・入金を切らさない限りは、契約時の「料金」「対策枠数」のままサービスを継続利用可能
・「料金」「対策枠数」以外は「変動方式」をとっているため最新のサービス内容(=契約内容)が毎月自動的に適用。
※但し、日銀の金融政策失敗・政府の公共政策失敗等による「急激な物価上昇」、想定を超える検索アルゴリズム(検索人工知能・検索テクノロジー)の大幅進 化による「急激なSEOコスト上昇」等により、契約時点での「料金」「対策枠数」のままではサービスの継続提供が困難になった場合は、其の時点での最新の 「料金」「対策枠数」を適用させて頂きます。
ナチュラル検索上位表示豚 月々13,000円 【検索上位表示豚のROS被リンク無し版】

【検索上位表示豚との違い】
・「ナチュラル版」は「ROS被リンク」を使わ無い契約。
・「ROS被リンク無し」「コンテンツ被リンクのみ」で被リンク対策(低負荷な被リンク対策)
・その他の内容は検索上位表示豚と全て同じ

※「コンテンツ被リンク」=「外部Webサイト内の任意の1ページに被リンク設置」(低負荷な被リンク)
※「ROS被リンク」=「外部Webサイト内の全ページに被リンク設置」(高負荷な被リンク=強力な被リンク)

「検索上位表示豚」をベースとした「SEO検索上位表示豚」「検索上位表示豚Lite」等の他の「被リンク対策」付サービスも「ナチュラル版」が「選択可能」
SEO検索上位表示豚 月々16,000円 【目的】
・ターゲットキーワードで「不動の上位表示」(不動の1位表示),「安定した上位表示」(安定した1位表示)
・「中長期的な上位維持」(中長期的な1位維持)
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング+被リンク対策」型

【被リンクの型】
「ROS被リンク+コンテンツ被リンク」型

※ROS被リンク=Webサイトの「共通部分」(サイドバー等)に設置する被リンク。Webサイト内の全ページに被リンクが設置される「強力」な被リンク。「ROS被リンク=強烈な支持」
※コンテンツ被リンク=Webページの「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置する被リンク。Webサイト内の任意の1ページに被リンクが設置される「普通」の被リンク。「コンテンツ被リンク=普通の支持」

【内容】
・3サイト内の5URL・5キーワード(同時に5枠)の検索上位表示の対策
・同じURLに最大5キーワード(5枠)まで同時指定可能
・「同じURLに5キーワードを指定して5枠の同時対策」「5URLにそれぞれ1キーワードずつ指定して5枠の同時対策」等、5URL・5キーワード(5枠)の組み合わせ方は自由
・指定URLを指定キーワードで検索上位表示
・「検索上位表示豚」の「3サイト束ね」版。
・サービス提供後も”外さない”被リンクの獲得代行(=サービス終了後も被リンクを解除し無い契約)
・蓄積されて行く「固定被リンク」の獲得代行(被リンク蓄積,被リンク資本増大に伴う蓄積効果発露)
・コンテンツ被リンク(サイト内の任意の1ページにリンク設置)とROSリンク(サイト内の全ページにリンク設置)を組み合せた強力な被リンク対策
・1位表示達成の要となる「アンカーテキスト分散、ドメイン分散、Webサイト分散、被リンク設置時期分散」を重視した被リンク対策
・1位表示達成において、IPアドレス分散(IP分散)の重要度は低いが、ドメイン分散を重視するためIPアドレス分散も自然と進む
・サービス利用開始時に対策URLのページ内部をチェックし、上位表示の支障となる問題箇所を発見した場合は指摘しページ内部修正の指導(内部SEO対策のアドバイス)
・外部被リンク対策を主体としつつも、検索上位表示に必要不可欠と判断した場合のみ弊所が自発的に貴サイト内部の指導
・質問・相談されればその部分のみサイト内部・外部の指導
【契約は1カ月単位・継続可・同時に複数契約申し込み可】
※継続して利用すると、「被リンク付けの時間分散(Google上位表示要因) 」も達成出来ますので、より強力な被リンクとなります。
※順位保証無し。

【料金・対策枠数・固定方式】
・入金を切らさない限りは、契約時の「料金」「対策枠数」のままサービスを継続利用可能
・「料金」「対策枠数」以外は「変動方式」をとっているため最新のサービス内容(=契約内容)が毎月自動的に適用。
※但し、日銀の金融政策失敗・政府の公共政策失敗等による「急激な物価上昇」、想定を超える検索アルゴリズム(検索人工知能・検索テクノロジー)の大幅進 化による「急激なSEOコスト上昇」等により、契約時点での「料金」「対策枠数」のままではサービスの継続提供が困難になった場合は、其の時点での最新の 「料金」「対策枠数」を適用させて頂きます。
SEO検索上位豚 月々20,000円 【目的】
・ターゲットキーワードで「不動の上位表示」(不動の1位表示),「安定した上位表示」(安定した1位表示)
・「中長期的な上位維持」(中長期的な1位維持)
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング+被リンク対策」型

【被リンクの型】
「ROS被リンク+コンテンツ被リンク」型

※ROS被リンク=Webサイトの「共通部分」(サイドバー等)に設置する被リンク。Webサイト内の全ページに被リンクが設置される「強力」な被リンク。「ROS被リンク=強烈な支持」
※コンテンツ被リンク=Webページの「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置する被リンク。Webサイト内の任意の1ページに被リンクが設置される「普通」の被リンク。「コンテンツ被リンク=普通の支持」

【内容】
・6サイト内の7URL・7キーワード(同時に7枠)の検索上位表示の対策
・同じURLに最大5キーワード(5枠)まで同時指定可能
・「同じURLに5キーワードを指定して5枠の同時対策」「5URLにそれぞれ1キーワードずつ指定して5枠の同時対策」等、7URL・7キーワード(7枠)の組み合わせ方は自由
・指定URLを指定キーワードで検索上位表示
・「検索上位表示豚」の「6サイト束ね」版。
・サービス提供後も”外さない”被リンクの獲得代行(=サービス終了後も被リンクを解除し無い契約)
・蓄積されて行く「固定被リンク」の獲得代行(被リンク蓄積,被リンク資本増大に伴う蓄積効果発露)
・コンテンツ被リンク(サイト内の任意の1ページにリンク設置)とROSリンク(サイト内の全ページにリンク設置)を組み合せた強力な被リンク対策
・1位表示達成の要となる「アンカーテキスト分散、ドメイン分散、Webサイト分散、被リンク設置時期分散」を重視した被リンク対策
・1位表示達成において、IPアドレス分散(IP分散)の重要度は低いが、ドメイン分散を重視するためIPアドレス分散も自然と進む
・サービス利用開始時に対策URLのページ内部をチェックし、上位表示の支障となる問題箇所を発見した場合は指摘しページ内部修正の指導(内部SEO対策のアドバイス)
・外部被リンク対策を主体としつつも、検索上位表示に必要不可欠と判断した場合のみ弊所が自発的に貴サイト内部の指導
・質問・相談されればその部分のみサイト内部・外部の指導
【契約は1カ月単位・継続可・同時に複数契約申し込み可】
※継続して利用すると、「被リンク付けの時間分散(Google上位表示要因) 」も達成出来ますので、より強力な被リンクとなります。
※順位保証無し。

【料金・対策枠数・固定方式】
・入金を切らさない限りは、契約時の「料金」「対策枠数」のままサービスを継続利用可能
・「料金」「対策枠数」以外は「変動方式」をとっているため最新のサービス内容(=契約内容)が毎月自動的に適用。
※但し、日銀の金融政策失敗・政府の公共政策失敗等による「急激な物価上昇」、想定を超える検索アルゴリズム(検索人工知能・検索テクノロジー)の大幅進 化による「急激なSEOコスト上昇」等により、契約時点での「料金」「対策枠数」のままではサービスの継続提供が困難になった場合は、其の時点での最新の 「料金」「対策枠数」を適用させて頂きます。
SEO上位表示豚 月々30,000円
※+2,500円ごとに1サイト・1枠(1サイト・1URL・1キーワード)ずつ追加可能
【目的】
・ターゲットキーワードで「不動の上位表示」(不動の1位表示),「安定した上位表示」(安定した1位表示)
・「中長期的な上位維持」(中長期的な1位維持)
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング+被リンク対策」型

【被リンクの型】
「ROS被リンク+コンテンツ被リンク」型

※ROS被リンク=Webサイトの「共通部分」(サイドバー等)に設置する被リンク。Webサイト内の全ページに被リンクが設置される「強力」な被リンク。「ROS被リンク=強烈な支持」
※コンテンツ被リンク=Webページの「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置する被リンク。Webサイト内の任意の1ページに被リンクが設置される「普通」の被リンク。「コンテンツ被リンク=普通の支持」

【内容】
・12サイト内の12URL・12キーワード(同時に12枠)の検索上位表示の対策
・+2,500円ごとに「1サイト・1URL・1キーワード」(1サイト・1枠)ずつ「サイト&対策枠」の追加可能
・同じURLに最大5キーワード(5枠)まで同時指定可能
・「同じURLに5キーワードを指定して5枠の同時対策」「5URLにそれぞれ1キーワードずつ指定して5枠の同時対策」等、12URL・12キーワード(12枠)の組み合わせ方は自由
・指定URLを指定キーワードで検索上位表示
・「検索上位表示豚」の「多数サイト束ね」版
・サービス提供後も”外さない”被リンクの獲得代行(=サービス終了後も被リンクを解除し無い契約)
・蓄積されて行く「固定被リンク」の獲得代行(被リンク蓄積,被リンク資本増大に伴う蓄積効果発露)
・コンテンツ被リンク(サイト内の任意の1ページにリンク設置)とROSリンク(サイト内の全ページにリンク設置)を組み合せた強力な被リンク対策
・1位表示達成の要となる「アンカーテキスト分散、ドメイン分散、Webサイト分散、被リンク設置時期分散」を重視した被リンク対策
・1位表示達成において、IPアドレス分散(IP分散)の重要度は低いが、ドメイン分散を重視するためIPアドレス分散も自然と進む
・サービス利用開始時に対策URLのページ内部をチェックし、上位表示の支障となる問題箇所を発見した場合は指摘しページ内部修正の指導(内部SEO対策のアドバイス)
・外部被リンク対策を主体としつつも、検索上位表示に必要不可欠と判断した場合のみ弊所が自発的に貴サイト内部の指導
・質問・相談されればその部分のみサイト内部・外部の指導
【契約は1カ月単位・継続可・同時に複数契約申し込み可】
※継続して利用すると、「被リンク付けの時間分散(Google上位表示要因) 」も達成出来ますので、より強力な被リンクとなります。
※順位保証無し。

【料金・対策枠数・固定方式】
・入金を切らさない限りは、契約時の「料金」「対策枠数」のままサービスを継続利用可能
・「料金」「対策枠数」以外は「変動方式」をとっているため最新のサービス内容(=契約内容)が毎月自動的に適用。
※但し、日銀の金融政策失敗・政府の公共政策失敗等による「急激な物価上昇」、想定を超える検索アルゴリズム(検索人工知能・検索テクノロジー)の大幅進 化による「急激なSEOコスト上昇」等により、契約時点での「料金」「対策枠数」のままではサービスの継続提供が困難になった場合は、其の時点での最新の 「料金」「対策枠数」を適用させて頂きます。
SEOスケールメリット豚 月々30,000円
※+3,800円ごとに2枠(同じサイト内の2URL・2キーワード)ずつ追加可能
【目的】
・ターゲットキーワードで「不動の上位表示」(不動の1位表示),「安定した上位表示」(安定した1位表示)
・「中長期的な上位維持」(中長期的な1位維持)
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング+被リンク対策」型

【被リンクの型】
「ROS被リンク+コンテンツ被リンク」型

※ROS被リンク=Webサイトの「共通部分」(サイドバー等)に設置する被リンク。Webサイト内の全ページに被リンクが設置される「強力」な被リンク。「ROS被リンク=強烈な支持」
※コンテンツ被リンク=Webページの「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置する被リンク。Webサイト内の任意の1ページに被リンクが設置される「普通」の被リンク。「コンテンツ被リンク=普通の支持」

【内容】
・1サイト内の15URL・15キーワード(同時に15枠)の検索上位表示の対策
・+3,800円ごとに「同じサイト内の2URL・2キーワード」(2枠)ずつ「対策枠」の追加可能
・同じURLに最大5キーワード(5枠)まで同時指定可能
・「同じURLに5キーワードを指定して5枠の同時対策」「5URLにそれぞれ1キーワードずつ指定して5枠の同時対策」等、15URL・15キーワード(15枠)の組み合わせ方は自由
・指定URLを指定キーワードで検索上位表示
・「検索上位表示豚」の「大規模」版。
・サービス提供後も”外さない”被リンクの獲得代行(=サービス終了後も被リンクを解除し無い契約)
・蓄積されて行く「固定被リンク」の獲得代行(被リンク蓄積,被リンク資本増大に伴う蓄積効果発露)
・コンテンツ被リンク(サイト内の任意の1ページにリンク設置)とROSリンク(サイト内の全ページにリンク設置)を組み合せた強力な被リンク対策
・1位表示達成の要となる「アンカーテキスト分散、ドメイン分散、Webサイト分散、被リンク設置時期分散」を重視した被リンク対策
・1位表示達成において、IPアドレス分散(IP分散)の重要度は低いが、ドメイン分散を重視するためIPアドレス分散も自然と進む
・サービス利用開始時に対策URLのページ内部をチェックし、上位表示の支障となる問題箇所を発見した場合は指摘しページ内部修正の指導(内部SEO対策のアドバイス)
・外部被リンク対策を主体としつつも、検索上位表示に必要不可欠と判断した場合のみ弊所が自発的に貴サイト内部の指導
・質問・相談されればその部分のみサイト内部・外部の指導
【契約は1カ月単位・継続可・対策枠の拡張可】
※継続して利用すると、「被リンク付けの時間分散(Google上位表示要因) 」も達成出来ますので、より強力な被リンクとなります。
※順位保証無し。

【料金・対策枠数・固定方式】
・入金を切らさない限りは、契約時の「料金」「対策枠数」のままサービスを継続利用可能
・「料金」「対策枠数」以外は「変動方式」をとっているため最新のサービス内容(=契約内容)が毎月自動的に適用。
※但し、日銀の金融政策失敗・政府の公共政策失敗等による「急激な物価上昇」、想定を超える検索アルゴリズム(検索人工知能・検索テクノロジー)の大幅進 化による「急激なSEOコスト上昇」等により、契約時点での「料金」「対策枠数」のままではサービスの継続提供が困難になった場合は、其の時点での最新の 「料金」「対策枠数」を適用させて頂きます。
内部SEO診断豚 1回50,000円 【目的】
・貴サイト全体の内部SEO状況のチェック
・貴サイト内部のSEO上の致命的な弱点・弱みの指摘・修正アドバイスを通じて、中長期的な安定SEO集客が期待できるWebサイト・SEO集客に強いWebサイトに変える
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング」型

【内容】
・料金(50,000円)の範囲内で貴サイト内の「内部SEO状況」をチェック(点検)し、必要なアドバイスを優先度の高い順に実施
・必要に応じて貴ドメインの内部SEO状況もチェック(点検)し、必要なアドバイスを優先度の高い順に実施
・メールで対応(電話対応無し)
外部SEO診断豚 1回50,000円 【目的】
・貴サイトに対して施している外部SEO状況・被リンクSEO状況のチェック
・貴サイト外部のSEO上の致命的な弱点・弱みの指摘・修正アドバイスを通じ て、中長期的な安定SEO集客が期待できるWebサイト・SEO集客に強いWebサイトに変える
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング」型

【内容】
・料金(50,000円)の範囲内で貴サイト外部の「外部SEO状況」(被リンクSEO状況)をチェック(点検)し、必要なアドバイスを優先度の高い順に実施
・必要に応じて貴ドメインの外部SEO状況(被リンクSEO)状況もチェック(点検)し、必要なアドバイスを優先度の高い順に実施
・メールで対応(電話対応無し)
SEO戦略豚 1回(最大3時間)160,000円~
※大半のサイトは16万円
【目的】
・ターゲットキーワードで「不動の上位表示」(不動の1位表示),「安定した上位表示」(安定した1位表示)
・「中長期での上位維持」(中長期での1位維 持)
・検索エンジン経由の集客数増加・アクセスアップ・トラフィック増加
・検索エンジンを利用したブランディング(認知度アップ・ブランド力強化等)
・中長期で安定的な新規集客・新規開拓の実現
・中長期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング」型

【内容】
・電話で対応(最大3時間)
・メール対応も選択可能(料金相当分の対応をメールで実施)
・電話対応の為、前もって時間(時刻)の「予約」が必要
・「時間内」であれば複数サイトのSEOアドバイス・指導も可能
・対策サイトごとの契約は不要、あくまで「時間」契約、時間内であれば何サイトでもSEO助言可能
・SEOの献策(SEOの戦略や戦術の策定)
・検索エンジン経由の集客およびブランディングにおける貴社の目標を達成する為の「具体的なSEOスキーム」の提示
・SEO集客でターゲット顧客を掻き集める為の具体的な策を提示
・ゼロベースで戦略・戦術の策定
・既存サイトのSEO集客増・上位表示アドバイス,SEO戦略・スキーム等指南
・これから作る新サイトのSEO集客・上位表示アドバイス,SEO戦略・スキーム指南
※メール対応を選択された場合は、頂戴した「料金の範囲内」でメールにてコンサルティング(SEO戦略の提案・助言・相談,情報提供,必要に応じて既存サイト群の内部SEO・外部SEOの診断)をさせて頂きます。

<このサービスの役目・価値>
・SEOでターゲット顧客を「十分に集客できない」という状態を、「十分に集客できる」という状態に変える事

<具体的には?>
・ドメインは中古か。新規か。
・ブログは無料ブログか。独自ドメインブログか。
・ヘッドのキーワードで集客か。テールのキーワードで集客か。それともヘッドとテール(ロングテール)の両方で集客か。
・HPだけで集客するか。ブログだけで集客するか。幾つか組み合せて集客するか。
・HPでどうやってSEO集客を増やすか
・ブログでどうやってSEO集客を増やすか
・ネットショップでどうやってSEO集客を増やすか
・アフィリエイトサイトでどうやってSEO集客を増やすか
・サイト内部をどんな風に作って行くか
【契約は回数単位・何回でも申込可】
※途中返金、途中解約は不可です。申込前に利用価値があるかどうかしっかり見極めてください。
※貴社、貴方に代わってトンケン経営研究所が1位表示の達成およびターゲット顧客集客の為のSEO戦略・SEO戦術を練ります。
※戦略や戦術の策定のみのサービス。SEOにおける重要な「選択」(何をして、何をやらないのか等)は弊所が代わりに決めますが、それを「実行」するのはお客様自身です。
※外部被リンク対策は行いません。
※戦略の力は年単位の中で実感し、戦術の力は週単位・月単位の中で実感する事になるでしょう。
※1回(最大3時間)のコンサルティングでは足らない場合は、必要な回数分だけコンサルティング契約を更新してください。お客様により能力は異なりますので、ご自身の能力に応じた月数分だけ利用すると良いでしょう。
※順位保証無し。
※料金は基本的に16万円ですが、サイト規模が大きい場合は弊所の対応コストも増大する為、そのサイト規模に応じた料金を提示致します。
SEO相談豚 1回50,000円 【目的】
・「SEO戦略豚」「SEO診断豚」等に当てはまらない「その他の相談」に対応
・現在抱えている「内部SEO対策」(コンテンツSEO,サイト構造SEO 等)や「外部SEO対策」(被リンク対策,衛星サイト・サテライトサイト,相互リンク,中小検索エンジン被リンク)等の「問題」に対するアドバイス・助言を行い、「問題解決」を図る
・中長期的な安定SEO集客が期待できるWebサイト・SEO集客に強いWebサイトに変える

【サービスの型】
「コンサルティング」型

【内容】
・料金(50,000円)の範囲内で貴社(貴方)のSEO周りの「相談」に対応し、必要なアドバイスを優先度の高い順に実施
・メールで対応(電話対応無し)
SEO中小検索エンジン登録代行豚 1回40,000円
【25件登録】
【25件のリンク掲載】
【目的】
・スピード上位表示(スピード1位表示)
・ターゲットキーワードで「短中期的な上位維持」(短中期的な1位維持)
・短中期的なSEO効果を期待

【サービスの型】
「コンサルティング+被リンク対策」型

【被リンクの型】
「コンテンツ被リンク」型

※ROS被リンク=Webサイトの「共通部分」(サイドバー等)に設置する被リンク。Webサイト内の全ページに被リンクが設置される「強力」な被リンク。「ROS被リンク=強烈な支持」
※コンテンツ被リンク=Webページの「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置する被リンク。Webサイト内の任意の1ページに被リンクが設置される「普通」の被リンク。「コンテンツ被リンク=普通の支持」

【内容】
・1URL・1キーワードの上位表示対策
・料金(40,000円)の範囲内で、指定URL・キーワードの内部SEO状況をチェック(点検)し、必要なアドバイスを優先度の高い順に実施
・中小検索エンジンへの貴URLの登録代行。
・検索機能を持つ中小検索エンジン(検索機能付きリンク集)だけで無く、検索機能を持たないリンク集(検索機能無しリンク集)にも貴URLの登録代行。
・中小検索エンジン(orリンク集)に25件(=25ドメイン)登録。
・相互リンクでは無く、一方的な被リンクを25件獲得。
・最短1か月、最長3か月かけて25件の中小検索エンジン(orリンク集)に対策URLを「手作業」で登録。
・対策URLの状態次第で早ければ数日~数週間で25件の登録完了。
・対策URLの状態に応じて登録完了期間の長短を調整
・実際にリンクが掲載される「登録」で25件。
・申請後、即リンクが掲載される中小検索エンジン(orリンク集)にのみ「手作業」で登録。
・仮登録有り(管理人による登録申請URLの確認後に本登録されるタイプ)の中小検索エンジン(orリンク集)は登録申請数にカウントしない。
・利用は各対策URLごとに、それぞれ1回のみ。
・貴サイトのトップページの登録だけで無く,サブページ群の登録にも対応。
・各中小検索エンジン(orリンク集)のページ群の中から、同じページ内に長期間貴URLのリンクが掲載されるページを選んで「手作業」で登録申請。
・被リンク効果(上位表示効果)がなるべく長期間続くよう配慮。
・中小検索エンジン(orリンク集)からの集客を目的とせず、検索エンジン上位表示を目的に各中小検索エンジン(orリンク集)に登録。
・中小検索エンジンやリンク集に設置するリンクのアンカーテキストは指定不可。
・指定キーワードでの上位表示を目的に掲載リンクのアンカーテキストに微調整を加え、SEO上の必要に応じて適度にアンカーテキストを分散しながら登録。
・リダイレクト型URLで無い、貴URLがhref=””部分に直に記述される直リンク式検索エンジン(orリンク集)中心に手作業で登録
・貴URLが直リンク式検索エンジン群(orリンク集)の多くに既に登録済みの場合は、転送リンク式(リダイレクト型URL)検索エンジン(orリンク集)に手作業で登録
・YahooやGoogleにインデックスされているカテゴリ・ページに手動で登録申請。
・掲載する貴URLの説明文・紹介文は、中期・長期でSEO効果が期待できるよう弊所がオリジナル紹介文を代筆。各中小検索エンジンや各リンク集に掲載す る紹介文は同一では無く、掲載ページごとに異なる紹介文を用いる。中長期のSEO効果が得られるようアンカーテキストだけで無く紹介文も分散。(リンクの 言及文章の分散)。
・各 中小検索エンジン(orリンク集)サイト内で、登録申請してくる競争者が少ない人気の無いページに登録申請し、被リンク効果が長期に及ぶよう配慮。
・25件登録完了後、登録した中小検索エンジン(orリンク集)をリストにして依頼者に提出。
・リスト内容「中小検索エンジン(orリンク集)のURL,パスワード,設置アンカーテキスト」。
・リストはExcelのxlsxファイルとcsvファイルで作成。
【契約は各URLごとに1回のみ】
※同じURLで再度の申込みは不可です。
※各URLとも利用回数は一回ずつです。
※途中返金、途中解約不可です。
※仮登録有りの中小検索エンジン群(orリンク集)では、各中小検索エンジン(orリンク集)管理人が登録申請後に登録申請URLの審査をします。審査を通過してはじめて中小検索エンジン(orリンク集)にリンクが掲載されます。
※登録申請するURLは、貴サイトのトップページ・サブページどちらも可能です。サブページURLの登録が可能な中小検索エンジン(orリンク集)リストも十分に確保しておりますのでサブページに関しても25件登録が可能です。
※インデックスされていないカテゴリ・ページに100万件登録してもSEO効果は”ゼロ”です。
※インデックスされていないカテゴリやページに100件や1000件登録申請する他業者とは”質”が違います。
※弊所は「インデックスされているカテゴリやページ」に貴URLのリンクがより長期間掲載されるよう登録して参ります。
※順位保証無し。

【検索上位表示豚】サービスの簡単な説明

1サイト単位で課金。
1契約で同じWebサイト内の最大4URL・4キーワード(4枠)の同時SEO対策が月額13,000円で可能。
1契約で4枠の同時SEO対策。
2サイトの対策なら、月額13,000×2契約=26,000円で最大8URL・8キーワード(8枠)のSEO対策が可能。
同じサイト内の12URL・12キーワード(12枠)の同時SEO対策ならば、13,000円×3契約=39,000円で可。

※ 営業パーソン(正社員)1名に毎月325,000円の給与を支払い続ける場合と、100枠(100URL・100キーワード)の同時SEO対策で「Web 営業パー ソン」(ブログ,HP,ネットショップ)1サイトに毎月325,000円の給与を支払い続ける場合では、どちらがより多くの新規顧客開拓・新規売上・営業 利益を上げてくれるでしょうか?賢明な経営者様やWeb担当者様であればお分かりかと思います。「リアル営業パーソン」は365日24時間働けませんし、 一度に1 名(1社)しか接客できませんが、「Web営業パーソン」は365日24時間働き続けられますし、一度に数十人(数十社)でも数百人(数百社)でも同時に 接客できます。

同じ期間で観た場合、「リアル営業パーソン」よりも「Web営業パーソン」の方が「接客数」が多くなります。両者の「営業 力」が「同等」であった場 合は当然ながら、「接客数」が多い方が新規開拓数は増加し新規売上も増大し営業利益も増大します。理屈上はそうなるわけです が「実際にそうなる」傾向がございます。また、弊サービスは「固定被リンク」(一度設置した被リンクは解除しない契約)ですので、毎月のSEO対策を通じ て新規供給させて頂いた被リン ク分だけ顧客サイトに「被リンク資本」が「蓄積」され「増大」して行く形となります。この資本(=被リンク)の「蓄積効果」によって「Web営業パーソ ン」は更に大きな力を得る 事になります。その結果、時間経過とともに更に新規開拓はし易くなり、新規売上も上がり易くなり、営業利益も上がり易くなって行く次第であります。

こ れと同じ事は「リアル営業 パーソン」には残念ながら出来ません。「リアル営業パーソン」の場合は、毎月仕事時間分の効果しか生み出せず「蓄積」されるものも少ないため、大した「蓄 積効果」は期待できません。両者のどちらに企業資源・経営資源を優先配分すべきかの答えは既に出ております。この「Web営業パーソン」にSEO対策を通 じて「力を与える仕事」を行っているのがトンケン経営研究所 SEO事業部であります。「資本蓄積による効果」、これが両者の最大の違いです。「24時間接客」や「同時大量接客」等も違いの一部ではありますが、最大 の違 いではありません。あくまで「資本蓄積効果」(資本増大によって得られる効果・資本増殖によって得られる効果)が最大の違いとなります。この部分で両者に 大きな差が付きます。(資本蓄積の有無で差拡大)

同じ範囲内・同じ市場内(商圏内)で「大資本」「中資本」「小資本」が競合し競争した場 合、100%の確率で必ず「大資本」が勝ちます。同じ商用 キーワードで「被リンク大資本」「被リンク中資本」「被リンク小資本」の3者が競合し競争した場合、100%の確率で必ず「被リンク大資本」が勝ちます。 「Web営業パーソン」(ビジネスサイト)同士の競争においてもターゲットキーワードで「被リン ク資本」が大きい方が勝利します。もちろん「コンテンツ資本」も重要になります。「コンテンツ」(コンテンツ資本)は、Webサイトの「SEO集客の勢 い」(順位の上り具合や集客数)を大きく左右しますので「非常に重要」になります。SEO観点から「コンテンツが弱い」とWebサイトの「SEO集客の勢 い」が弱くなってしまい「弱勢」に至ります。「SEO集客の勢い」を強めて「強勢」を実現したいのであれば、コンテンツを強くする必要がございます。(コ ンテンツSEO)

「コンテンツ」(コンテンツ資本),「被リンク」(被リンク資本)のどちらもSEOでは重要になります。「コンテンツ」 と「被リンク」は「SEOの 二大要素」という位置付けになります。ここに「HTML要素」(HTML生産性)も加わると「SEOの三大要素」となります。この「三大要素の出来」でほ ぼ勝負(SEO競争の勝ち敗け)は決まります。よって、トンケン経営研究所 SEO事業部では、この「三大要素の強化を実現」する「サービス形態」をとり、御客様方のWebサイトを支える(力を与える)「体制」をとっております。 対策キーワードごとに発生する「戦闘」においては、対策URLの「コンテンツ」(コンテンツSEO)と「HTML要素」(HTML要素SEO)の「生産 性」(質)で競合他社に差を付けられないようにして、その上で「被リンク」(被リンク資本ストック,被リンク蓄積量)で差を付けて敵(競合他社)を引き離 して行く・・・、これを基本シナリオ(戦術)としております。「SEO競争を制する確率・確度の高い戦術」の1つです。

ちなみに「被リン ク資本の蓄積」(ストック増大)工程では、「被リンク資本=価値」と検索エンジンに認識されるレベルの「質の高い被リンクの獲得」 が求められます。この工程を担うのが「被リンク対策」です。「被リンクSEO」(被リンク対策)では、そういう水準の高レベルな 「被リンク供給」が必要になります。

「検索上位表示豚サービスの解説」に戻ります。

1契約で2サイトの同時対策は不可。
1契約で対策可能な範囲は1サイト内(同じWebサイト内)の最大4URL・4キーワード(4枠)まで。
契約は1カ月単位で、当月末までに弊銀行口座にSEO料金の振込があれば翌月分の契約は自動更新、当月末までに弊銀行口座にSEO料金の振込が無ければ月末にて自動でサービス利用終了。

対策期間中の当月の途中で、対策URL・対策キーワードの「差替え」をする場合は翌月分SEO対策より反映。
対策期間中の当月の途中で、対策URL・キーワード一覧の「優先順位の変更」をする場合は翌月分SEO対策より反映。
対策期間中の当月の途中で、4枠の範囲内で対策URL・キーワードの「新規追加」をする場合は追加時点で残っている当月分SEO対策(被リンク対策)より反映。(※1)
※1 現在3キーワードで対策中で当月途中の12日に1キーワードを追加依頼頂いた場合は、その1キーワードに関しては12日の追加時点で残っている当月分SEO対策(被リンク対策)より対策対象となり対策開始。

顧客サイトのYahoo・Googleでの10位内表示や1位表示実績大量にあり。
SEO業界の最高難度のビッグキーワードや超難関キーワードで顧客URL群の上位表示実績・1位表示実績も2000年代から2014年現在に至るまで多数あり。
2000年代から2014年現在に至るまで「不動の上位表示」実績、「不動の1位表示」実績もビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードを問わず「大量」に有り。
順位保証は一切無し。
今後も順位保証をする予定は一切無し。

他のSEO業者,被リンク供給業者,検索エンジン登録代行業者のサービスと併用する事も可。
但し、貴社(貴方)があまりにもSEO技術レベル・SEO知識レベルの低い他業者のサービスを利用していたり相談している場合は、それらの素人業者・無知業者との縁を切って頂く事を弊所は要求しますので、そのつもりで宜しくお願い致します。
それ(縁切り)が出来ない場合は、弊所のサービスは全て利用できなくなりますので、予めご了承ください。

今現在も、SEO業者・被リンク業者の7割前後はただの「SEO素人」「SEO無知者」であります。
弊所 SEO事業部は、過去に何度か「SEO素人業者・SEO無知業者」に「足を引っ張られた」事がありまして、今回このような「但し書き」を加えさせて頂く「運び」となりました。

※他業者のサービスと併用する場合は、特に「どんな被リンク対策」を他業者が行い、毎月どれくらいの量の被リンクを供給しているのかは分かる範囲で結構ですので、お知らせ頂いた方が良いです。
他業者が獲得代行する被リンクと、弊所が獲得代行する被リンクの「全体」で最適となるように「被リンク負荷」や「被リンクのアンカーテキスト群」の調節お よび調整を行う必要があるため、他業者が「どのようなアンカーテキスト被リンクをどれくらいの量で毎月供給しているか」という情報がSEO対策時に必要に なります。

※また貴社(貴方)ご自身がセルフで被リンク対策を行っている場合も、どのような被リンク対策を毎月どれくらいの量(数)で行っているのか情報を弊所に開示して頂いた方がSEO対策時の安全度が高まります。
勿論、一切情報開示されなくとも結構です。
情報提供があった場合は、それらの情報を踏まえた上で「被リンク負荷」や「被リンクのアンカーテキスト群」の調節・調整を行い、被リンク対策を進めて参ります。

【弊SEOサービスへの申込み資格】
トンケン経営研究所(Tonken Institute of Management,旧称:トンちゃん経営研究所)のSEOの腕を信頼してくださる方。
中長期志向な御客様。(※弊所は中長期志向な御客様と相性が良く、目先志向・短期志向な御客様と相性が悪い為)

【補足】
1URLを1キーワードで最適化させるのがSEO対策の基本です。
1URLを1キーワードでバックリンク網まで含めて最適化させるのが上位表示および上位維持において最も有効であります。
1URLを2キーワードで同時に対策する依頼も受けますが、順位が上がり辛くなる場合もありますのでお奨めはしません。

一応申し上げておきますが、1URLを2つのキーワードや3つのキーワードで上位表示させる事も可能です。
しかし、外部被リンク対策時に順位をスムーズに上げて行く観点、および、上位表示後も順位を安定的に維持する観点からは、同じURLで複数のキーワードを 狙うのはあまり好ましいやり方ではありません。効率もあまり良くありませんので、2キーワードで対策したい場合は、可能であれば2URLを用意して頂いた 方が宜しいかと思います。

どうしても同じURLで複数のキーワードで上位表示したい場合は、まず「最優先のキーワード」(優先順位1位の キーワード)のみで対策しターゲット検索エンジンで3位以内に押し上げ、上位安定させた後に、優先順位2位のキーワードで対策するという形をとって頂いた 方が良いです。それも達成したら優先順位3位のキーワードで対策・・・というイメージで進めて頂いた方が上手く行く傾向がございます。

SEO対策するURLが2URLのみであってもAサイトのトップページURLとBサイトのトップページURLのように、両URLが属するWebサイトが異なる場合は、13,000円×2契約=26,000円となります。
1契約で2サイトのSEO対策は不可です。

例)
1,http://seo.tonken.biz/ SEO
2,http://seo.tonken.biz/blog/ SEOブログ
「1」と「2」のURLはドメインは同じですが属するサイトが異なります。
「1」は「ホームページ」で、「2」は「ブログ」です。
ですので2URLのみの対策依頼であってもサイトが異なりますので2契約必要になります。

繰り返しになりますが、1契約で対策可能な範囲は「同じWebサイト内の最大4URL・4キーワード(4枠)」までとなります。
対策希望のURLが3URLのみであっても全て「異なるWebサイト」のURLならば、3サイトで13,000円×3契約=39,000円が必要になります。

例)4URL
http://seo.tonken.biz/ 「ホームページのトップページURL」
http://seo.tonken.biz/blog/ 「ブログのトップページURL」
http://seo.tonken.biz/shop/ 「ネットショップのトップページURL」
http://seo.tonken.biz/blog/osirase/ 「お知らせブログのトップページURL」

上記例ですと、4URLは「同じWebサイト」では無く「異なるWebサイト」ですので4契約が必要になります。

※「サイト」という言葉を先ほどから用いておりますが、「サイト」とは「ページの集まり」の事です。
現実世界の「書籍1冊」や「雑誌1冊」がWeb上では「1サイト」に該当します。
現実世界の「書籍内の1ページ1ページ」「雑誌内の各ページ」がWeb上では「ページ」(URL)に該当します。
検索上位表示豚サービスは「1契約で『1サイト』のSEO対策」を行います。
1契約で書籍1冊(1サイト)内の最大4ページ(4URL)の同時「上位表示」対策が可能です。
本2冊(2サイト)のSEO対策ならば2契約必要です。
「書籍=サイト」「書籍内のページ=URL」というイメージをお持ちください。

検索上位表示豚は、「1契約で同じWebサイト内の4枠の同時対策」と記憶して頂ければと思います。
宜しくお願い致します。
検索上位表示豚に申し込まれる場合は、最大4枠の対策URL・キーワード一覧を下記のように上から「優先順位の高い順」に並べてご提示ください。
下記一覧の左側には便宜上「数字」を付けておりますが「数字は必要ありません」。
対策URLと対策キーワードを下記のような形で並べて頂くだけで結構です。

なお、ここでいう「優先順位」とは「より多く被リンクを集中させる順番」の事です。
被リンク対策(被リンク供給)を通じて、より「優先」的・「重点」的に被リンクを集中させたいURL・キーワードを一覧(リスト)の上位に並べてください。
「優先して上位表示させたい順」では無く、「優先して被リンクを集中させたい順」にURL・キーワードを上から順に並べて頂けたらと思います。
対策URL・キーワード一覧の上の方に並ぶURL・キーワードほどより優先的に、より多く被リンクを集中させて行く形となりますので、毎月の被リンク付けはほどほど(軽め)で良いURL・キーワードに関しては一覧(リスト)の下の方に並べて頂けたらと思います。

例) 「対策URL・キーワード一覧」
1、http://seo.tonken.biz/area/tokyo/sinjuku-seo 新宿SEO
2、http://seo.tonken.biz/google/guguru-bakku-rinku グーグル バックリンク
3、http://seo.tonken.biz/ トンケンSEO
4、http://seo.tonken.biz/ トンケンSEO対策

上記のように最大4枠(4URL・4キーワード)の範囲内で上から優先度の高い順に並べた「対策URL・キーワード一覧」を依頼時にお知らせください。

SEO実績

<過去自サイト最高実績>
Yahoo検索でのSEO実績
キーワード「Yahoo SEO対策」 1位 2009年 <競合ページ数 約3660万件>
キーワード「Yahoo SEO」 1位 2010年 <競合ページ数 約1億6100万件>