SEO集客増加のコツ・ポイント。被リンク付きのコンテンツを増やす

貴WebサイトのSEO集客(検索エンジン集客)を増加させるには貴Webサイトに「SEO対策」を施す必要があります。
検索ユーザーが検索する際に使う「キーワード」はどの分野(どの市場)でもある程度決まっておりますので、それらのキーワードで集客できるようSEO対策をWebサイトに施して行く事になります。

よく検索で使われる「キーワード」には、「その市場特有の購買目的キーワード」のほか、其の市場特有のキーワードに『おすすめ』『人気』『比較』『通販』 『販売』『申込』『購入』等の購買目的キーワードを組み合わせた『○○通販』『◇◇おすすめ」等の「購買目的 複合キーワード」、ある程度ターゲット市場で貴社名が認知されているようであれば「貴社名そのもの」も購買目的キーワードになります。
毎月毎年「一定以上の検索需要があるキーワード群」で多くの安定上位表示や安定1位表示を達成すれば、嫌でも検索エンジン経由の集客数は増えて行きます。

「一時的にしか検索されないキーワード」で安定上位表示や安定1位表示を大量に達成した場合は、「一時的なSEO集客増」「短期的なSEO集客増」には繋がりますが、あくまで「一時的な集客増加」です。
集客増状態が長く続くわけではありませんので、右肩上がりでSEO集客数を増加させるのには「一時的にしか検索されない流行のキーワード」群は向きません。

また、「全く検索需要が無いキーワード」で安定上位表示や安定1位表示を大量に達した場合も、「SEO集客数は全く増えません」。
ゼロに何を掛けても「ゼロ」ですので、需要無き検索キーワードで何千・何万・何億の安定1位表示・安定上位表示を達成しようと貴WebサイトへのSEO集客数が増える事はありません。

検索需要「ゼロ」のキーワードでは無く、毎月毎年 一定以上の検索需要が「有る」キーワード群で大量に安定上位表示・安定1位表示を達成する事のみが、検索エンジン経由の集客数の右肩上がりの増加に繋がって行きます。
ゆえにGoogle Adwordsの「キーワードツール」等で「検索需要の有る無し」調査を最初の段階で確り行っておいた方が良いと申し上げられます。

「毎月毎年、一定以上の検索需要あるキーワード群でSEO対策を施す」、これがSEO集客(検索エンジン集客)を増加させる第一のポイントとなります。
需要「無き」キーワードでは無く 需要「有る」キーワードで対策し、且つ「一時的に検索されるキーワード」では無く 「毎月毎年 一定以上検索されるキーワード」で対策する事が大事であります。

「SEO集客数の右肩上がりの増加」を達成する上では外せないポイントと申し上げられます。
第二のポイントは、「対策URLにターゲットキーワードに沿ってSEO対策を施す」事です。

当SEOブログを継続して読んでいる方々であれば、「SEO対策」と聞けば即、「内部対策」と「外部対策」の「両方」が頭に浮かぶと思います。
両方が即 頭に浮かぶ方は、SEO集客で中期長期で成功し続ける確率は、片方しか頭に浮かばない方々よりも「遥かに」高くなります。

一般的には、「SEO対策」と聞くと「URLの内部対策だけ」「URLの外部対策だけ」を思い浮かべる方々が多いようですが、「どちらか一方(片方)だけ」ではSEO対策は「完結」しません。
安定1位表示・安定上位表示を狙う対策URLでは、「外部対策」と「内部対策」の「両方」が必ず必要になります。

「両方」揃ってSEO対策は「完結」するのです。
念のため申し上げておきますが、「現・未来 Google SEO」における「内部対策」には「URLの内部対策」(URLのコンテンツSEO)だけで無く、「サイトの内部対策」(サイトのコンテンツSEO)も含まれております。

対策URLをターゲットキーワードで中長期で「安定1位表示」「不動の1位表示」させるには「ULRの内部対策」(URLのコンテンツSEO)だけでは不 十分・不完全でして、「サイトの内部対策」(サイトのコンテンツSEO)まで満たして初めて「十分」「完全」な状態になります。
Googleは検索アルゴリズムを通じて「サイトの内部対策」(サイトのコンテンツSEO)を「要求」しておりますので、SEO対策者は「要求」されている事を「やる」しかありません。

SEO上のルールを決めるのはGoogleの「検索アルゴリズム」ですので、検索アルゴリズムの「要求」には必ず従う必要があります。
「いいや、私は誰の指図も受けない、従わない!」といって、ご自身のやり方を貫いてもらっても構いませんが、順位は上がらなくなるだけです。

どのURL(コンテンツ)の順位を上げるか決めるのは検索アルゴリズムです。
その検索アルゴリズムに逆らえばどうなるかは容易に想像がつくのではないかと思います。

検索アルゴリズムというのは、ようは現実世界でいうところの「法」です。
「法」には文書等で見える化された成文法と、見える化されてい無い不文法がありますが、検索アルゴリズムは「不文法」です。

文書化されていないためルール・決まりがハッキリとは分からずブラックボックス化されておりますが、ルール・決まり自体は確りと存在しております。
その「決まり」「掟」たる「法」に従わないのであれば、対策URLの順位は上がらなくなるだけです。

Googleが文書化している「検索エンジン最適化のガイドライン」(建前)に従わずとも順位は今後も上がりますし1位維持も可能ですが、検索アルゴリズム(本音)に従わ無いのであれば順位は決して上がる事はありませんし1位維持もまず出来ません。
検索エンジン世界において、「検索アルゴリズム」は唯一絶対のルール(不文法)ですので、SEO集客を「増加」「安定」させたいのであれば、必ず「検索エンジン世界の法」には従う必要があります。

検索エンジン世界で生き残り良い結果を出したければ、検索エンジン世界版の「法令順守」が必要だという事です。
現実世界で「法」に背くと罰せられますが、検索エンジン世界でも「法」に背くと罰せられます。

「決まり」から大きく逸脱する行為をやれば其の「悪事の報い」として、「罰則」に基づきペナルティ(罰・刑罰)を科せられて対策URLや対策サイトが独房行き(検索圏外行き)になります。
検索エンジン世界で対策URLの順位を上げるうえで「法令順守」が必要になりますが、同時に検索エンジン世界で対策URLや対策サイトが罰せられないようにするためにも「法令順守」が必要になります。

話が逸れましたので戻します。
SEO対策は「内部対策」と「外部対策」の「両方」を満たして初めて「完結」します。

「内部対策」に関しては、「URLの内部対策」(URLのコンテンツSEO)と「サイトの内部対策」(サイトのコンテンツSEO)の「両方」を満たして初めて「完結」します。
サイトの内部対策(サイトのコンテンツSEO)に「穴が無い」場合は、URLの内部対策(URLのコンテンツSEO)だけ押さえて頂ければ「完結」します が、サイトの内部対策に「穴が開いている」場合は其の穴からSEOスコアが漏れ出て行きますので、「サイトの内部対策」(サイトのコンテンツSEO,穴を 塞ぐ作業)も併せて行って頂く必要がございます。

「昔のGoogle SEO」と「今および今後のGoogle SEO」の大きな違いは、「URLの内部対策だけで無くサイトの内部対策も要求される」点にあります。
昔であれば「URLの内部対策だけ」満たしていれば「安定1位表示」も達成できましが、今現在は「ULRの内部対策だけ」では安定1位表示の実現は困難となっております。

もちろん、未来においては「なおさら」であります。
「サイトの内部対策」(サイトのコンテンツSEO)まで意識して行って頂かないと中長期での「安定1位表示」「不動の1位表示」は実現困難となります。

今現在は、其の「過渡期」ですので、「サイトの内部対策」(サイトのコンテンツSEO)が不出来であっても対策URLの順位が上がったり1位表示されますが、それは「過渡期」ゆえです。
今のうちに(過渡期の間に)「未来 Google SEO」への「準備」は然り進めておいて頂いた方が良いと申し上げられます。

未来への準備を怠ると、到来する変化に対応・適応できず検索エンジン世界で「失脚」する可能性が高まります。
「なぜ内部対策と外部対策の『両方』が必要になるのか?」については当SEOブログの過去記事で吐くほどしつこく繰返し書いてきましたので詳しい解説は過去記事に目を通して頂けたらと思います。

繰り返しになりますが、「SEO対策」というのは「内部対策」(コンテンツSEO)と「外部対策」(被リンクSEO)の「両方」を合わせて初めて「一つ」(完全体)となります。
内部対策と外部対策のどちらか「片方」だけでは「不完全体」ですので、対策URLはターゲットキーワードで十分な「力」(競争力)を発揮できません。
SEO 競争は今後「20年,30年,50年,・・・」と非常に長い期間続くわけですが、その長きにわたる戦いを「不完全体」で勝ち抜いて「不動の1位表示」「安 定1位表示」を維持できるほど「甘い競争」(甘い戦い)であれば良いのですが、「日本全国」の競合企業とたった一つの椅子(1位の座)の奪い合いをするわ けですから「甘い」わけがありません。

競争相手がいなかったり、少なければ「内部対策のみ」「外部対策のみ」の「不完全体」URLでも中期長期的な「不動の1位表示」も「安定1位表示」も実現可能ですが、残念ながら商用キーワード(購買目的キーワード)には競争相手が多数存在します。
またこれからドンドン新たな競争相手(競合URL)が参戦して来ます。

ですので、中長期で競争を勝ち抜いて1位の座を守り続けるには、どうあっても「内部対策」(コンテンツSEO)と「外部対策」(被リンクSEO)の両方が必要になるのです。
「今」を勝ち抜くだけなら「不完全体」の対策URLでも戦えるキーワードが多数ございますが、「未来」を勝ち抜くにあたっては「不完全体」の対策URLでは非常に厳しくなって行きます。

勘違いしている方が非常に多くいらっしゃいますが、現実世界よりWeb世界の方が競争は「遥かに」激しいのです。
Web世界のビジネスは起業時に現実世界のビジネスほど資本がかかりませんので「起業はし易い」ですが、あくまで「起業がし易いだけ」です。

インターネットと高速回線と高性能PCの普及で起業自体はし易くなりましたが、起業し易くなっただけです。
「集客」はし易くなっておりません。

日本全国の数百数千の競合企業と一つの椅子を奪い合うのですから、現実世界(リアル世界)よりもむしろWebの方が集客は遥かに難しいと申し上げられます。
Webの世界で難なく集客できるレベルならば、現実世界でも難なく集客できます。

これが「現実」です。
現実世界よりも競争相手の「数」が「桁」違いに多いWeb世界ではそう簡単に「お客」は獲れません。

現実世界のように地理的・物理的に限られた商圏で一つの椅子を僅か十数社・数十社の中で奪い合うのと、Web世界のように日本全国という商圏で一つの椅子を数百社・数千社の中で奪い合うのでは競争のレベルが全く違います。
「○○ 東京」「○○ 立川市」「○○ 渋谷」のようなローカルキーワードの場合は、競争相手の数が減りますので競争も緩くなりますが、地域名が入らないナショナルキーワード(全国的なキーワー ド)の場合は日本全国の企業が競争相手となりますので競争レベルは一気に跳ね上がります。

現実世界で店舗を構えての商売であれば競争相手は商圏内の数社から数十社程度で、其の中で1位を獲れば良いだけですので競争があるといっても高が知れておりますが、Web世界には物理的・地理的・距離的な壁が存在しませんので、その分だけ競争相手が「大幅」に増加します。
基本的にWeb世界では日本国内の全ての同業企業が競争相手となってしまいます。

現実世界で店舗を構えて商売する場合と比較しますと、Web世界では競争相手の「数」が最低でも一桁~二桁は増えますので、競争が楽なわけがありません。
Web世界のビジネスは「参入し易いだけ」です。

集客はし易くはありません。
現実世界よりも集客し辛いのです、Webの世界は。

Web世界には競争相手が現実世界の比ではないほど数多く存在するのですから、集客が現実世界より楽などという事はまずありません。
「集客の難易度」は競争相手が増えれば増えるほど上昇して行きます。

Web世界の方が競争相手の「数」は当然多くなりますので、集客難易度もそれだけ高くなるのです。
Webの世界は「競争は激しい」ですが、其の分「うまみ」も大きいです。

ナショナルキーワード(全国区のキーワード)で「不動の1位」を獲ってしまえば、その1位獲得サイトに「お客」が一極集中しますので、新規売上が現実世界のビジネス以上に上がったします。
検索結果をみてわかる通りでして、Web世界は一握りの勝者と圧倒的の数の敗者に分かれます。

インターネット世界は、現実世界を遥かに凌ぐ「格差世界」と申し上げられます。
ゆえに、現実世界と「同じ感覚」でSEO対策に取り組んでいると高い確率で「失敗」します。

Web世界の方が競争は遥かに激しく、厳しいのです。
だからこそ、中長期で競争を勝ち抜くための「正情報の収集」「Web・SEOの大局の把握」「戦略」「内部対策」「外部対策」等が重要になるのです。

SEO対策に関していえば、「内部対策」と「外部対策」の「両方」を確り行う必要があります。
Web上には現実世界とは「桁」違いの「数」の競争相手が存在しておりますので、「片方だけ満たせばOK」などという事はありません。

片方だけでは「不十分」であります。
今後、数十年間「1位」や「上位」をWeb上で守り抜こうと思うならば、「内部対策」(コンテンツSEO)と「外部対策」(被リンクSEO)の両方を押さえて満たして頂く必要があります。

1位表示されるまでは敵の3倍以上のSEOスコア獲得を目指し「攻撃」に重点をおいたSEO対策を展開し、1位表示後は1位を守り抜く事を目的に「防御」 に徹したSEO対策を展開して頂くと、通常は「1位表示」および「1位維持」を達成できるのですが、このSEO対策の「攻撃」「防御」の両面で必要になる のが「内部対策」(コンテンツSEO)と「外部対策」(被リンクSEO)です。
「両方」必要になります。

対策する全URLで中期長期での「不動の1位表示」「安定1位表示」を目指すのであれば、どの対策URLでも「例外無く」内部対策(コンテンツSEO)と外部対策(被リンクSEO)の「両方が必要」になります。
「両方必要」という事は「両方」にコストがかかる事を意味します。

「SEOコスト」という言葉がありますが、SEOの「コスト」を計算する際には各URLの「コンテンツSEOコスト」(内部対策コスト)と「被リンクSEOコスト」(外部対策コスト)の両方を視野に入れておく必要があります。
サイト管理者方の中には「コンテンツSEOコスト」や「被リンクSEOコスト」を削りに削っている方々が多くいらっしゃいますが、必要以上にコンテンツ SEOコストや被リンクSEOコストを削ってしまうとGoogleの「現 検索アルゴリズム」および「未来 検索アルゴリズム」下では「安定1位表示」「不動の1位表示」達成が困難になるか若しくは不可能になってしまいます。

SEOの「コスト」を、被リンクSEOコストばかりに配分したり、または逆に、コンテンツSEOコストばかりに配分し、「片方」には十分にコストをかけ、もう「片方」には殆どコストをかけないようなバランスを欠く偏ったやり方も勿論駄目です。
「コ ンテンツSEO」や「被リンクSEO」の「必要コスト」まで削りに削るようなやり方は「論外」ですが、「コンテンツSEO」「被リンクSEO」のどちらか 「片方」だけに十分なコストをかけるやり方をとった場合もSEO集客は安定しませんし、SEO集客増加も大して見込めません。

コンテンツSEOが完璧ならば、競争相手が非常に少ない「一部の情報収集目的キーワード」では上位表示され集客できるようになりますので多少は集客数が増加しますが、被リンクSEOに弱点を抱えていると順位の上下動が激しくなるため集客が安定する事はありません。
安定集客の「あて」にはならないという事です。

また、情報収集目的キーワードで多少は集客できるようになっても、所詮は新規売上に繋がらない情報収集目的キーワード(検索ユーザーの購買意欲が極めて低いorゼロのキーワード)ですので、集客効果も高が知れております。
検索ユーザーの購買意欲が極めて高い「購買目的キーワード」で上位表示されれば新規売上が上がりますが、購買目的キーワードには競争相手が非常に多く参戦しておりますので、「激しい競争」を制さねばなりません。

購買目的キーワード群では、競争相手方の対策URLもSEO対策を通じてSEOスコアを「継続して」高めておりますので、貴社(貴方)の対策URLの「コ ンテンツSEO」が完璧であっても被リンクSEOが完璧でなければ「安定1位表示」に必要なSEOスコアに通常は届きません。
「安定1位表示」「安定上位表示」に必要なSEOスコアに達しなければ、1位表示される事も上位表示される事もありませんので購買目的キーワード群で集客できるようにはなりません。

つまり、競争相手が非常に多い「購買目的キーワード」群では「コンテンツSEO」および「被リンクSEO」の両方を満たさないと中長期で「安定」して集客できるようにならないという事であります。
右肩上がりのSEO集客増加とSEO集客安定の同時実現を狙う場合は、「コンテンツSEO」と「被リンクSEO」の「両方」に「必要十分」なコストをかけて頂く必要があります。

それが出来ないのであれば、検索エンジン経由での「安定集客」「安定新規売上」はあきらめて頂くより他ありません。
貴社(貴方)がSEO集客用のコンテンツ(URL)を新たに一つ増やす場合は第一に、検索アルゴリズムに強いコンテンツを作成するコストと、その新コンテンツに必要十分なだけの被リンクSEOを施すコストの「両方」の「あて」を確保して頂けたらと思います。

「あてが有る」状態をつくってから、新規対策URLを実際に用意して頂けたらと思います。
十分な予算確保も時間確保できないにも関わらず、新規対策URL群をどんどん増やしていってもSEO集客増加もSEO集客安定も見込めず、全て「無駄」に終わります。

「被リンクSEOコスト」と「コンテンツSEOコスト」の「両方」に必要十分なコストを投じていない対策URL群は全て無駄撃ちに終わり、結果には結びつく事はありません。
「中途半端な予算確保」「バランスを欠くコスト配分」で新規の対策URL群を次から次へと撃ち込んで行っても、貴社(貴方)の企業体力(経営体力)の消耗を招いて終わりです。

「両方」に「必要十分」なコストを投じなければ、新規対策URL群に費やしたコストや時間は全て無駄になります。
「被リンクSEO」と「コンテンツSEO」の両方に「必要十分なコスト」を投じる「あて」が無いのであれば、SEO集客目的のSEO専用URLは一切増やさない事です。

中途半端なコスト(不十分なコスト)を投じても購買目的キーワード群では満足行く結果には結びつきません。
中途半端な事をやるくらいならば、いっそ「何もやらず」にいるほうが良いと申し上げられます。

繰返しになりますが、「内部対策だけ」「外部対策だけ」といったように「片方だけ」を満たすSEO対策では「不完全なSEO対策」になってしまいます。
中期長期での安定1位表示を目指す方々は、「内部対策と外部対策」の両方を満たす「完全なSEO対策」を意識して頂けたらと思います。

「外部対策」と「内部対策」のどちらか一方(片方)だけ出来ていれば現時点の検索アルゴリズムであれば、一時的・短期的な上位表示や1位表示なら達成できる事もありますが、「SEO対策の不完全さ」が原因で将来的には順位をほぼ確実に落とす事になります。
「不完全なSEO対策」で実現できるのは「短期的」「一時的」な上位表示や1位表示のみです。

中期長期での「安定1位表示」「安定上位表示」の達成はまず「不可能」と申し上げられます。
先ほど申し上げましたが、SEO集客(検索エンジン経由の集客)を増加させる第二のポイントは「対策URLにターゲットキーワードに沿ったSEO対策を施す」事にあります。

もう一度おさらいしますと、ここでいう「ターゲットキーワード」とは「毎月毎年一定の検索需要の有るキーワード」を指します。
「SEO対策」とは「内部対策・外部対策の両方を含む完全なSEO対策」を指します。

当SEOブログの読者であれば、 「内部対策」と聞けば「コンテンツSEO」、「外部対策」と聞けば「被リンクSEO」が即座に頭に浮かんでほしいところです。
即座に頭に浮かぶだけでなく実際に、「内部対策」(コンテンツSEO)と「外部対策」(被リンクSEO)を「セット」で行う事を「習慣」にして頂ければと思います。

「内部対策」(コンテンツSEO)と「外部対策」(被リンクSEO)をセットで施す事が習慣になると、SEO集客で中期長期で成功し続ける確率がその他のSEO対策者よりも遥かに高くなります。
「対策URLごとにターゲットキーワードに沿って内部対策(コンテンツSEO)・外部対策(被リンクSEO)の『両方』を施して行けば」、嫌でもSEO集客数は「右肩上がり」で増加して行きます。

「対策URLごとに被リンクSEO(外部対策)だけを施す」「対策URLごとにコンテンツSEO(内部対策)だけを施す」といった「片方のみ」の「不完全 なSEO対策」ではSEO集客数の右肩上がりの増加どころかSEO集客数の現状維持すら徐々に出来なくなっていきます。
現状維持すら出来なくなる理由は、貴社が上位を狙っているターゲットキーワードで「競合するURLの数」は今後ひたすら増え続けるからです。

増え続ける競合URLの中には「完全なSEO対策を施している強いURL」が一定の割合で含まれておりますので、どのような購買目的キーワードであれ確実に競争は激化して行きます。
今後も毎月の検索需要はあまり変わりませんが、競合URLの数だけは時間が経過すればするほどドンドン増えて行きます。

競合URL数が増加し続ければ、当然ですが「競争は激しく厳しく」なって行きます。
パイの大きさは変わらず、パイを奪い合うプレーヤーのみが増えますので、当然競争は激化して行きます。

競争相手(競争URL)が増えても、パイ(検索キーワード市場・検索エンジン市場における需要)自体が拡大して行くならば話は別ですが、国内人口が減少し続ける日本において中期長期的に増加し続けるのは競争URL(競争相手・供給)のみですのでパイ(需要)の奪い合い競争は年々激化して行きます。
「不完全なSEO対策」を施している対策URL群では、中期長期で見た場合は太刀打ちできなくなって行く事は容易に予想がつくのではないかと思います。

SEO対策というのは「今後の検索キーワード市場・検索エンジン市場がどうなって行くのか?」という「大局」を頭に入れながら行う必要があります。
各対策URLに「内部対策だけ」(コンテンツSEOだけ),「外部対策だけ」(被リンクSEOだけ)を施した「不完全なSEO対策」では、遅かれ早かれ通用しなくなります。

今後十数年,数十年,・・・と年々、競合URLの数は増加し続け、且つ検索アルゴリズムは進化し続けるのですから、「不完全なSEO対策」では中長期での「安定1位表示」「不動の1位表示」の達成など夢のまた夢となります。
ホワイトハットSEOと称して「コンテンツSEOだけ」「内部対策だけ」を完璧に行うよう奨励しているSEO会社やSEO業者も存在するようですが、それだ けでは「情報収集目的キーワード」では通用しても、残念ながら直ぐに新規売上・新規開拓に繋がる商用キーワード(購買目的キーワード)では通用しません。

内部対策だけ(コンテンツSEOだけ)では、「不完全なSEO対策」の域を出ませんので、中長期的に観ると「購買目的キーワード」でのSEO集客は「年々厳しくなって行く」と考えて頂ければと思います。
「被リンクSEO」(外部対策)を満たさずに、中期長期的な安定1位表示や安定上位表示が獲れるほどSEOの世界は甘くありませんので、情報に振り回されている方々は良く考えて頂いた方が良いと思います。

「コンテンツSEOのみ」(内部対策のみ),「被リンクSEOのみ」(外部対策のみ)といった片方だけの「不完全なSEO対策」で中期長期での安定1位表示や安定上位表示が達成でき無い事は小学生高学年くらいの少年少女でも分かる道理かと存じます。
「被リンクSEOに手を出す事はリスクだ」という意見もWeb上にはありますが、中期長期で観れば「被リンクSEOに手を出さない事がリスク」となります。

但し、「低品質 被リンクSEO」に関しては「間違い無くリスク」となりますので、「低品質 被リンクSEOであれば手を出さない方が良い」と申し上げられます。
「被リンクSEO」で手を出して良いのは「高品質 被リンクSEOのみ」です。

被リンクSEOコストを削りに削って「必要コスト」まで削り取ってしまった「安過ぎるSEOサービス」(低品質 SEOサービス)や「安過ぎる被リンクサービス」(低品質 被リンクサービス)には注意してもらった方が良いと思います。
SEO分野においては「安過ぎる=必要コストまで削っている=危険」と考えてもらった方が良いです。

被リンクSEOの世界には「ペナルティ」(SEOスコアの大幅ダウン)が存在しますので、被リンクSEOで必要最低限のコストまで削ってしまうと・・・・、どうなるか想像がつくかと思います。
SEO集客を増加させるポイントをもう一度まとめます。

1、毎月毎年、一定以上の検索需要あるキーワード群でSEO対策を施す
2、対策URLにターゲットキーワードに沿ったSEO対策を施す

第二のポイントに関しては、シンプルにもっと分かり易く申し上げますと、「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」と表現できます。
これらを徹底して守って頂ければSEO集客数(検索エンジン経由の集客数)は増加して行きます。

ちなみに「コンテンツ」であれ「被リンク」であれ、「現・未来 検索アルゴリズムに強い」事が絶対条件となります。
「弱いコンテンツ」や「弱い被リンク」では駄目だという事です。

「強いコンテンツ」と「強い被リンク」の「両方」が、中長期での「安定1位表示」達成で必ず必要になります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。