コンテンツSEOの三本の矢、KJD。キーワード最適化、充実度、独自性

内部対策の中で最重要の「矢」は「コンテンツSEO」ですが、具体的にはコンテンツの「何を」押さえれば良いのでしょうか?
確実に押さえた方が良いものは「3つ」あります。

「コンテンツ キーワード最適化」「コンテンツ充実度」「コンテンツ独自性」の3つです。
「キーワード最適化,充実度,独自性」の3つ頭文字(ローマ字)を並べると「K,J,D」となりますので、「コンテンツKJD」と覚えておくと便利かもしれません。

この3つを押さえると順位が上がり易くなり、且つ1位表示・上位表示後に順位が落ち辛くなります。
「コンテンツKJD」を押さえる事で、「順位の上がるURL」となり且つ「順位安定するURL」になるという事です。

「KJD」と表記しましたが、この「KJD」の「K」「J」「D」はコンテンツSEOを施す際の優先度の高い順に並んでおります。
コンテンツSEOは、「コンテンツ キーワード最適化>コンテンツ充実度>コンテンツ独自性」の順番で押さえて行く事が大事であります。

「コンテンツ キーワード最適化」を飛ばして「コンテンツ充実度」と「コンテンツ独自性」を満たすようなやり方をとっても有効なコンテンツSEOとはなりませんのでご注意ください。
必ず「キーワード最適化>充実度>独自性」の順番で各対策URLのコンテンツ要因を満たして行く必要があります。

コンテンツSEOで最優先で押さえねばならないのは、「コンテンツ キーワード最適化」です。
各URL(各ページ)は「オリジナル部分」と「共通部分」で構成されており、「コンテンツ」は「オリジナル部分」にはめ込む「パーツ」(部品)のような存在です。

この「コンテンツ」(オリジナル部分)をターゲットキーワードに沿って初めから終わりまでまとめあげる事が「コンテンツ キーワード最適化」であります。
コンテンツが「意味」の上でターゲットキーワードに沿って初めから終わりまでまとまっているだけでは「コンテンツのキーワード最適化」としては「不十分」でして、コンテンツの上段・中段・下段にターゲットキーワードが「実際に出現している」事が「コンテンツ キーワード最適化」では求められます。

コンテンツが「意味レベル」でターゲットキーワードに沿って初めから終わりまで確りまとまっていると同時に、コンテンツが「出現キーワードレベル」でターゲットキーワードに沿って初めから終わりまで確りまとまっている事が「コンテンツ キーワード最適化」では求められます。
「コンテンツ キーワード最適化」では、「意味レベル」「出現キーワードレベル」の両方で合格水準を満たす必要がございます。

或るコンテンツが、「意味の上」ではターゲットキーワードに沿ってまとまっていても、ターゲットキーワードが殆ど其のコンテンツ内で出現していなければ、「出現キーワードレベル」での「コンテンツ キーワード最適化」は出来てい無いという事になります。
「出現キーワードレベル」での「コンテンツ キーワード最適化」が出来ていなければ、それが検索アルゴリズムに対する「弱点」となり「順位が不安定」になったり「順位が上がらない」等の問題へと繋がって行きます。

Web上には、「コンテンツ内に殆どターゲットキーワードが出現せずとも問題無い」といったSEO情報が多くみられますが、それは正しいSEO情報とは言えません。
現時点では「誤ったSEO情報」「誤SEO情報」と申し上げられます。

検索エンジンロボットが「A=B=C」のように異なる言葉を「同じ意味」として理解している場合は、ターゲットキーワード「A」が殆ど出現せずともコンテンツ内の上段・中段・下段にバランス良く「B」や「C」といった言葉が出現していれば確かにターゲットキーワード「A」でも上位表示や1位表示させる事は可能です。
しかし、そういった例はまだまだ少数であります。

検索エンジンロボットの「言葉や文脈の『意味』を理解する能力」は現時点でも非常に低く、多くの場合はコンテンツ内でターゲットキーワードを「実際に」出現させませんと、其のコンテンツの「主たるキーワード」が検索エンジンロボットに正確に伝わりません。
検索エンジンロボットの「意味」を理解する能力は我々大人の「意味理解能力」には遠く及ばず、我々人間であれば容易に「A=B」という風に理解できる言葉であっても、検索エンジンロボットは「A≠B」のように「A」と「B」を別の意味の言葉としてとらえてしまいます。

検索エンジンロボット(検索エンジン人工知能,検索AI)の意味を理解する能力は、そういうレベルです。
ですので、セマンティックSEO(意味に重点をおいたSEO)など、とても施せるような環境にありません。

この辺の事はSEO実験を沢山やっていれば嫌でも分かる事です。
検索エンジンロボットの意味を理解する能力はまだまだ「非常に低い」ため、確りとコンテンツの上段・中段・下段にターゲットキーワードを出現させて行く必要がございます。

「実際に」コンテンツ内でターゲットキーワードを上段・中段・下段に確り出現させて行く事を怠ってしまうと、其の対策URLの「コンテンツの主たるキーワード」が検索ロボットに正確に伝わらなくなる事が多くなってしまいます。
ちなみに「コンテンツ キーワード最適化」の目的は「其のコンテンツの主たるキーワードを検索エンジンロボットに正確に伝える」事にあります。

ターゲットキーワードがコンテンツの上段・中段・下段にバランス良く出現していなければ、「主たるキーワードが何なのか」が検索ロボットに正確に伝わり辛くなります。
ターゲットキーワードが検索エンジンロボットに「主たるキーワード」として認識されていない状態で、対策URLにターゲットキーワード入りのアンカーテキスト被リンクばかりが集まればどうなるかは容易に予想がつくのではないかと思います。

「極めて不自然な被リンク群」と検索エンジンロボットに認識され、被リンク群が評価されなかったり、被リンクスコア(外部SEOスコア)が大きく削りとられたりと、相応の対処・報いを受ける事になります。

二番目に重要なのは「コンテンツ充実度」です。
この「充実度」もとても重要です。

「コンテンツの情報充実度」が低いと順位が上がらなくなったり、被リンクSEOの効きが悪くなったりします。
その結果、順位を上げる為に、また1位・上位を維持する為に、更に追加の被リンク負担を強いられるようになります。

対策URLのコンテンツ充実度が低い場合は、上位表示・1位表示までにかかる被リンクコストが大幅に増えてしまうため、SEOコスト面で大変な負担がかかります。
特に「コンテンツ充実度」が「低過ぎる」場合は、被リンクコストの大幅増をもってしてもカバーできず、対策URLの順位が上がらなくなる事もございます。

そのため、「コンテンツの情報充実度」も「コンテンツ キーワード最適化」と同様に「非常に重要」になります。
また、貴サイト内が情報充実度の低いコンテンツばかりで占められている場合は、検索アルゴリズムにより「低品質コンテンツばかりのサイト」というレッテルが貼られてしまい貴サイト内の全URLのSEOスコアがダウンしてしまう事もあります。

貴サイト内の全URLのSEOスコアがダウンすれば、それまで好調だった1位表示URLや上位表示URLもレッテルの影響で順位を落としますので、集客数が大幅に減少したり全く集客できない状態になってしまう事もございます。
ですので、「コンテンツ充実度」を高める事は内部対策として「非常に重要」になるのです。

対策中のURLだけの問題に止まらず、「貴サイト全体のSEO集客数」に大変大きな影響を及ぼします。
ですので、「コンテンツ充実度」は「コンテンツ キーワード最適化」と同様に無視したり軽視したり放置するわけには行きません。

ターゲットキーワードに沿って「情報が充実しているコンテンツ」を持つURLと、ターゲットキーワードに沿ってはいるものの「情報が充実してい無いコンテンツ」(情報不足コンテンツ)を持つURLに全く同じ「被リンクSEO」を施した場合、順位の上り具合に両者では「天と地」「月とスッポン」ほどにも差がつきます。
「コンテンツ充実度」を下げれば下げるほど被リンクSEOの効きは悪くなり、貴サイト内に占める「コンテンツ充実度」の低いURLの数が多くなればなるほど、検索アルゴリズムにより「低品質コンテンツばかりの低質サイト」というレッテルが貼られ易くなり、中期長期的なSEO集客で大変大きな不利益を被る事になります。

ですので中期長期的なSEO集客(検索エンジン経由の集客)を重視する方々は、自サイト内の全URLの「コンテンツ充実度」を一定レベル以上に保つ努力はして頂いた方が良いと思います。

三番目に重要なのは「コンテンツ独自性」です。
「SEOではコンテンツの独自性が大変重要だ」「記事のオリジナル性が大変重要だ」とWeb上でよく言われますが、コンテンツSEOにおける優先順位では騒がれるほど優先順位は高く無く「三番目」(三番手)であります。

コンテンツの独自性(オリジナル度)が高くとも「コンテンツ キーワード最適化」が出来ていなければ当り前ですが、ターゲットキーワードで順位が上がる事は無く、また、「コンテンツ キーワード最適化」と「コンテンツ独自性」を満たしていても「コンテンツ充実度」が非常に低ければ、情報不足が原因で対策URLの順位が上がらなかったり、被リンクSEOの「効き」が極端に悪くなり安定1位表示や安定上位表示は遠のいて行きます。
今現在もGoogle検索では、ドメインは異なるものの「コンテンツは全く同じ」URL群(複数のQ&Aサイトの同一コンテンツURL群)が検索結果上位に大量に並んでおります。

同じコンテンツ(同じ内容)であるならば、どれか一つ(1URL)だけ上位表示させておけば足りるようにも思いますが、現実には同じコンテンツの異ドメインURL群が上位を占有している状態が長い事続いております。
「同一コンテンツはSEOでは駄目」等の意見がWeb上には多いですが、同じコンテンツ(同一コンテンツ)のURL群が現在も検索上位を占有している状況は全く変わっておりません。

これらの同一コンテンツURL群には「コンテンツ独自性のかけら」もございませんが、長い(永い)事、1位表示・上位表示されたままです。
「コンテンツ キーワード最適化」や「コンテンツ充実度」が低いとSEO集客では「ジエンド」(終わり)となる事も多いですが、「コンテンツ独自性」は低くともジエンドとはなっておりません。

ご覧の通りでして、コンテンツ独自性の低い同一コンテンツURL群は現在も安定して上位表示や1位表示を維持し、検索するキーワードによっては検索上位を独占しております。
ちなみに、これらの「独自性の欠片も無い」同一コンテンツURL群ですが、「コンテンツ キーワード最適化」や「コンテンツ充実度」という観点から見ると、「両方とも満たしている」URLが殆どであります。

つまり、「コンテンツ キーワード最適化」と「コンテンツ充実度」が「コンテンツSEO」(内部対策)では、それくらい重要であり検索順位に決定的な影響を及ぼすという事であります。
一応申し上げておきますが、「コンテンツ独自性」も高い方が良いです。

「コンテンツ独自性」の低いURLばかりが貴サイト内を占めている状態ですと、Googleの検索アルゴリズムによって「独自性の低いサイト,オリジナル性の低いサイト」というレッテルを貼られてしまい、貴サイト内の全URLのSEOスコアをダウンさせる方向で「SEOスコアに調整」が入ってしまう事がございます。
さきほど申し上げた通りでして、情報不足URL(情報が充実していないURL)ばかりが貴サイトを占めている場合も、「低品質サイト」のレッテルが貼られて貴サイト内の全URLのSEOスコアがダウンする事があるのですが、貴サイト内のコンテンツ群の独自性・オリジナル度が低い場合も同じく「低品質サイト」のレッテルが貼られて貴サイト内の全URLのSEOスコアダウンへと繋がって行きます。

1、「情報不足コンテンツばかりのサイト=低品質サイト」
2、「独自性・オリジナル度の低いコンテンツばかりのサイト=低品質サイト」

「1」は「コンテンツ充実度」を高める事で回避でき、「2」は「コンテンツ独自性」を高める事で回避できます。
ちなみに「低品質サイトのレッテル」が貼られて、サイト内の全URLのSEOスコアダウンに繋がり易いのは「1」の方です。

「コンテンツ独自性 低」よりも、「コンテンツ充実度 低」の方が「サイト内の全URLのSEOスコアダウンリスクが高くなる」という事であります。
貴サイトの「コンテンツ充実度」が低下すると貴サイト内の全URLのSEOスコアダウンのリスクが「大きく」高まり、「コンテンツ独自性」が低下すると全URLのSEOスコアダウンのリスクが「相応に」高まるといったイメージです。

「充実度」「独自性」のどちらが低下してもSEOスコアダウンリスクは高まりますが、「コンテンツ充実度 低」の方がサイトがより危険な状態にさらされるという事であります。
現在も検索上位を占有しているQ&Aサイトを見ればわかる通りでして、サイト内の「コンテンツ独自性が低下」してもサイト内の全URLのSEOスコアダウンに繋がらない場合は多くございます。

理由は「コンテンツ キーワード最適化」と「コンテンツ充実度」を「両方」を満たすURL群は、独自性が低いコピーコンテンツだらけであっても「其れらのまとめ方次第」では「検索ユーザーに役立つコンテンツ」となり得るからであります。
但し、独自性は低い事には変わりが無いため、独自性の低いURLばかりで占められたサイトは「低品質サイト」のレッテルを貼られ易く、いつ順位ダウンしてもおかしくは無い状態にあります。

一応SEO集客はできるものの「心配が常に絶えず、ハラハラドキドキのSEO展開」となってしまい心身両面の健康によろしくありませんので、やはりコンテンツ独自性も高めて頂いた方が良いと申し上げられます。
ここでコンテンツSEOの優先順位をおさらいします。

コンテンツSEOは、「コンテンツ キーワード最適化⇒コンテンツ充実度⇒コンテンツ独自性」の順で進めて行くと「高い確率」で上手く行きます。
この順番で押さえて行けば「現・未来 検索アルゴリズムに強いコンテンツ」「現・未来 検索アルゴリズムに強いURL」に仕上がります。

コンテンツの「キーワード最適化」「充実度」「独自性」を押さえられていない事の悪影響を「まとめ」ますと以下になります。

■「コンテンツ キーワード最適化」が出来てない ⇒ 順位が上がらない,被リンクSEOが効かなくなる
■「コンテンツ充実度」が低い ⇒ 順位が上がらない,順位が上がり辛くなる,被リンクSEOが効き辛くなる,『情報不足サイト』『低品質サイト』のレッテルが貼られ易くなりサイト内の全URLのSEOスコアダウンに繋がる可能性が大きく高まる
■「コンテンツ独自性」が低い ⇒ 順位が上がり辛くなる,『独自性・オリジナル度の低いサイト』『低品質サイト』のレッテルが貼られ易くなりサイト内の全URLのSEOスコアダウンに繋がる可能性が相応に高まる

コンテンツSEOは「コンテンツKJD」という三本の矢を束ねる事(満たす事)で完成度が高まり対策URLは「折れ辛く」なります。
この中で特に重要なのはコンテンツKJDの「K」(キーワード最適化)と「J」(充実度)です。

この二本の矢はどちらも非常に太い矢で、最後の「D」(独自性)の矢はやや細めの矢となります。
基本的には「KJ」の二本の矢を束ねれば対策URL群は「折れ辛く」なります。

そこにやや細めではありますが「D」の矢も束ねて「三本の矢」にして頂くと、対策URL群のコンテンツSEOの強度が高まり「更に折れ辛く」なります。
まとめますと・・、

内部対策の三本の矢 ⇒ 「コンテンツSEO」「タイトルSEO」「内部リンクSEO」の三本
コンテンツSEOの三本の矢 ⇒ 「コンテンツ キーワード最適化」「コンテンツ充実度」「コンテンツ独自性」の三本(略して『コンテンツKJD』^^;)

大体、このような感じになります。
なお、被リンクSEOにも「三本の矢」があります。

被リンクSEOにおいても、「三本の矢」を束ねる事で、対策URL群は大変「折れ辛く」なります。
貴社の対策URL群がSEO競争の土俵に上がった後は、この「被リンクSEO」で勝負をする事になります。

「コンテンツSEO」でスタートライン(土俵)に立ち、「被リンクSEO」で他の力士(競合URL群)と相撲をとる(勝負を決する)イメージです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする