SEO成否はコンテンツ,被リンク,衛星サイトの質で決る。コスト配分

中期長期で安定してSEO集客数を「維持」したり、右肩上がりでSEO集客数を「増加」させて行く上ではSEO対策の「方針」が非常に重要になります。
「経営」でも企業の定める「方針」次第で業績は右肩下がりになったり右肩上がりになったりと、業績が「大きく変わり」ますが、これはSEOでも同じです。

「方針」次第で結果は「大きく変わり」ます。
「営業」でも同じでして、営業部が定める「方針」・個々の営業パーソンが独自に定める「方針」次第で営業成績は「大きく変わり」ます。

「良い方針」であれば良い結果が出ますし、「悪い方針」であれば悪い結果が出ますので、「方針」はSEO対策においても非常に重要になります。

「安定SEO集客の成否は方針で決まる」といっても過言では無いくらい「方針」は重要になります。
中長期的な「安定SEO集客」「右肩上がりの検索経由のアクセス増加」を実現できるかどうかは、この「方針」で決まりますのでいい加減にはできません。

もちろん、「方針」が「良い」(有効な)だけでは駄目でして、その方針に沿った実際の「行動」(作業)が必要になります。
良い方針を定め、そこに「行動」が伴うならば、高い確率で中長期的な「安定SEO集客」や「右肩上がりのSEO集客数増加」も達成できます。

「SEOの方針を明確化し、其れを頑なに守り、行動(作業)を継続する」事で、結果は後からついてくる・・・・だいたいそのような流れで「安定SEO集客」や「右肩上がりのSEO集客数増加」が現実化して行きます。

【毎月のSEO方針】
1、「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは毎月「強度」(質)を固定する
2、毎月生産する新規衛星サイト群の「数」,毎月供給する新規被リンク群の「数」は固定しない

上記、方針に基づいてSEO対策を進めて行くと、高い確率でSEO集客での目的を達する事ができます。
「1」の方針では「毎月、強度を固定」しております。

「強度」は「質」を意味しますので、「1」の方針は「毎月、質を固定」と解釈して頂けたらと思います。
「2」の方針では「毎月、数を非固定」しております。

「数」は「量」を意味しますので、「2」の方針は「毎月、量を非固定」「毎月、量を変動」と解釈して頂けたらと思います。
「質を固定し量を変動させる」方針においては「質が重要であり量は二の次」という事になります。

「量を固定し質を変動させる」方針においては「量が重要であり質は二の次」という事になります。
毎月のSEO方針においては「質を固定し量は変動(非固定)させる」方針をとると高い確率で中長期的な「安定SEO集客」「右肩上がりのSEO集客数増加」に繋がって行きます。

逆に毎月「量を固定し質を変動(非固定)させる」ようなSEO方針をとると、「安定SEO集客」も「右肩上がりのアクセスアップ」も困難になって行きます。
貴社(貴方)が、SEO集客のために投ずる事ができる毎月の資金には「限り」(上限)があると思いますが、その限られたSEO資金で優先的に何を強化したら良い結果に繋がるでしょうか?

答えは、「質」(強度)です。
毎月の限られたSEO資金を使って「質」(強度)の強化を優先して行くとSEO集客での「良い結果」へと繋がって行きます。

SEOにおける優先順位は常に「質⇒量」「強度⇒数」です。
「量⇒質」「数⇒強度」ではありません。

毎月のSEO資金(SEO予算)の範囲内で先ずは「質」(強度)を満たす必要があります。
「質」を満たした上で残ったSEO資金で「量」(数=新規被リンクの数,新規衛星サイトの数)を増やして(強化して)行けば高い確率で「良い結果」に繋がって行きます。

SEO方針決めで必ず守らねばならないのは「質の固定」(強度の固定)です。
「量は固定」(数は固定)しては行けません。

「量を固定」してしまうと、そこにSEO資金(SEO予算)を優先して投ずる事になりますので、SEOの「質」を満たす事が難しくなってしまいます。
検索アルゴリズム(検索エンジン人工知能,検索AI)は「日々」進化しております。

検索アルゴリズムが日々進化しているという事は、SEOで要求される「質」(強度)のレベル(水準)も「日々高まって」行く事を意味します。
「量を固定」してしまうと量にコスト(SEO資金)を優先配分する事になりますので、検索アルゴリズムの「質」(強度)への要求レベル(水準)が上がっても、それに対応して「質」(強度)強化の為に資金を回す事が難しくなります。

「質」(強度)に資金を回す事ができても「十分なSEO資金」を回す事ができないため、「質」(強度)不足に陥り日々進化し続ける「検索アルゴリズム」に徐々に対応でき無くなって行きます。
「現・未来 検索アルゴリズム」に対応できていなければ、どれだけ「量」(数)を強化しても順位は「上がらない」か「落ちる」だけです。

ですので、必ず「質」(強度)を固定し最優先で強化して頂く必要があります。
これはSEO対策を行う上での「鉄則」であります。

先ず「強度」(質)を固定し、その上で可能な範囲内で「量」(数)を固定するのであれば問題ありませんが、逆は常に駄目です。
「量」(数)を優先するとSEO集客の「失敗」に繋がってしまいます。

なお、「対策URLの数」「対策キーワードの数」も、この「量」に該当します。
もちろん、トンケン経営研究所のメインSEOサービス(検索上位表示豚)の対策URL・キーワード数(対策枠数)も「量」(数)に該当します。

弊メインSEOサービスでは同時進行で対策できるURL・キーワードの数(量)を多めに設定しておりますが、この対策枠数も上記の「質 優先」ルールに沿った上で可能な範囲内で数(量)を設定(固定)しております。
先に「質」(強度)を固定し、その上で可能な範囲内で必要最小限の「数」(対策URL・キーワードの数)を固定した結果としての今現在の対策URL・キーワード数(対策枠数)となっております。

あくまで「質」(強度)を最優先で押さえた上(固定した上)で、可能な範囲内で対策枠数を設定(固定)しておりますので、問題無く「結果を出せている」のです。
ちなみに、SEO料金は現在(2013年3月20日)と同じ1契約13,000円のままで対策枠数(対策URL・キーワード数)だけを今の2倍(20枠の同時対策)や3倍(30枠の同時対策)に設定(固定)した場合どうなるでしょうか?

答えですが、「結果が出せ無くなり」ます。
20枠・30枠で「量」(数)を契約で固定している以上、「量」(数)にコストを優先配分せねばならなくなりますので、質(強度)強化に回すコストが不足してしまい「質」(強度)は今よりも遥かに「低下」します。

質(強度)が「大きく」低下すれば、当然ですが「結果は出せなく」なります。
これが「質」(強度)と「量」(数)の関係です。

先 に「量」を固定してSEO資金を「量」(衛星サイトの新規生産数・被リンクの新規供給数・対策URLの数・対策キーワードの数)に優先的に配分し、残った SEO資金の範囲内で「質」(強度)を強化していたら「現・未来 検索AI」が要求する「質」を満たせなくなりますので、結果は間違いなく「出せ無く」なります。
「現・未来 検索アルゴリズムが要求する質(強度)」を満たしていなければ、いくら「量」(数)を強化しても良い結果には結びつきません。

「質」を満たさずに「量」を追及しても「マイナス影響」が無いならばまだ「よし」とできますが、SEO分野では「マイナス影響」が出ます。
「『量』優先、『質』は二の次」の対策に走ってしまうと、「悪い結果」に結びつくという事です。

貴サイトの評価が落ちて貴サイト内の全URLの順位ダウンに繋がったり、対策URLが「質不足」の被リンク対策が原因でペナルティを食らって圏外行きになったりします。
ですので、SEO分野では特に「『質』(強度)優先」を意識せねばなりません。

「先 ず第一に『質』(強度)を押さえ満たし其の上で可能な範囲内で『量』(数)を追及する」という方針であれば問題無くSEO集客で結果を出せますが、「先ず 第一に『量』(数)を押さえ満たし其の上で可能な範囲内で『質』(強度)を追及する」という方針であるならばSEO集客で満足行く結果を出す事は「ほぼ不 可能」になります。
先程から、「強度」という言葉を使っておりますが、ここでいう「強度」とは具体的には「現 検索アルゴリズム」「未来 検索アルゴリズム」(現・未来 検索エンジン人工知能,現・未来 検索AI)へどれだけ適応・対応できるかの「度合」を指しております。

「現 検索AI」や「未来 検索AI」への適応度合が高ければ高いほど(強ければ強いほど)、当り前の事ですが対策URLの検索順位は上がり易くなり、上位表示・1位表示後も順位は安定し落ち辛くなります。
但し、この「強度」の引き上げにはコストの上昇も伴いますので、単純に「強度」をドンドン引き上げて行けば良いというものではありません。

強度を引き上げれば引き上げるほど、「一手間・二手間・三手間・・・・」と「手間の数」も増えて行きます。
「手間=コスト」ですので、「手間」が増えれば増えるほど「コスト」も連動してドンドン増えて行きます。

自動化できない部分(=手間)には人(人件費)を投入しますので、手間をかければかけるほどコスト(人件費)はアップして行きます。
ですので、数多く存在するSEO要素(SEO要因)の中で、手間をかけてどの部分(要因)の強度を引き上げて行くのかは、よく考えて頂いた方が良いと思います。

SEO集客・SEO対策においてもビジネス同様に「採算性」というものは常に意識し考えねばなりません。
採算性を十分に考慮した上で、「安定SEO集客」の実現に向けて優先的に強度を引き上げた方が良い箇所(要因)を洗い出しますと、3つほど見つかります。

それが「コンテンツ」「被リンク」「衛星サイト」です。
この「コンテンツ」「被リンク」「衛星サイト」の3つは優先して強度を引き上げた方が良い箇所と申し上げられます。

「コ ンテンツ」「被リンク」「衛星サイト」の強度(「現・未来 検索アルゴリズム」への強さ)を引き上げて「強度 高」で「固定」する事をSEO方針として定めて頂くと、中期長期と長く続く「安定SEO集客」「右肩上がりでのSEO集客数増加」の達成確率が大きく高ま ります。
「SEOの方針決め」においては、「何を方針でもって固定し、何を固定しないか(変動させるか)」を明確にせねばなりません。

「方針決め」では、基本的に「重要度の極めて高いものは固定し、重要度の低いものは固定し無い」方向で、方針を定めて行くと上手く行きます。
SEO分野においては、「コンテンツ強度」(コンテンツの質),「被リンク強度」(被リンクの質),「衛星サイト強度」(衛星サイトの質)の3つが「極めて重要度の高いもの」として挙げられます。

これら3つの強度(3つの質)をSEO方針で「固定」して頂き、その上で毎月のSEO対策に臨んで頂くと、SEO集客の成功に高い「確率」で繋がって行きます。
参考に申し上げますと、弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)の「SEOサービス」では、「コンテンツ強度」(=コンテンツの質),「被リンク強度」(=被リンクの質),「衛星サイト強度」(衛星サイ トの質)の3つは「強度 高」で「固定」した上で、毎月の新規SEO対策を回しております。

弊所では、「量」(数)よりも「質」(強度)を「優先」しております。
「量の固定」よりも「質の固定」を優先して、毎月の新規SEO対策を回しております。

「質」(強度)を最優先で固定し、その上で可能な範囲内で「量」(数)を固定するやり方をとっているため、「量」(数)に関しては「質」(強度)強化に必要なコスト次第で変動して行きます。
現在と同じSEO料金(月々13,000円)のまま、弊所が「コンテンツ強度」「被リンク強度」「衛星サイト強度」の3つ強度(3つの質)を更に引き上げた場合、「質」強化コスト(強度強化コスト)は上昇します。

上昇した「質」強化コスト分だけ、「量」(数)に回せるコスト(SEO資金)は減少します。
「量」(数)に配分する「コストが減少」すれば、それに連動して「量(数)も減少」します。

「質」(強度)と「量」(数)というのは、そういうトレードオフのような関係です。
SEO料金(SEOコスト)は変えずそのままで、「質」(強度)を高めれば必ず「量」(数)は減少します。

SEO料金(SEOコスト)は変えずそのままで、「質」(強度)を低下させれば必ず「量」(数)は増加します。
SEOサービス(SEO対策)における「質」(強度)と「量」(数)というは「そのような関係」なのです。

SEO料金(SEOコスト)が同じであるならば、「質と量」,「強度と数」は完全なトレードオフになります。
「強度」を引き上げたいならば、「数」は必ず減らさねばなりません。

「数」を増やすならば、「強度」は必ず引き下げねばなりません。
これが、「トレードオフ」です。

弊所が「高品質・割安」というスローガンを掲げていることをご存知の方もいらっしゃると思いますが、この「高品質」というが先ほどから話している「質」(強度)にあたります。
「高品質=高『質』」,「高品質=高『強度』」という風に解釈して頂くと弊所の「高品質・割安」というスローガンの「意味」するところも理解して頂けるのではないかと思います。

スローガンを掲げて「高品質・割安」で「固定」しておりますので、弊所の全SEOサービスは「高品質・割安」の方向へと嫌でも向かって行きます。
そういう「圧力」が弊所の全SEOサービスに「働いている」という事であります。

ですので、SEOの「質」(強度)や「割安さ」を重視する方々には弊SEOサービスは満足頂けるのではないかと思います。
SEOの「質」(強度)を重視・強化する事は、貴サイトの「SEO競争力アップ」(競合URL群の中で競争優位に立つ),「SEO成長力アップ」(右肩上がりでのSEO集客数の増加)へと繋がって行きます。

SEOサービスの「割安さ」は貴サイトの「SEO集客コストダウン」や貴サービス・製商品の中長期的な「価格競争力アップ」に繋がって行きます。
投資に喩えれば、前者のSEOの「質」(強度)は、「右肩上がりの成長」にフォーカスした「成長投資」(グロース投資)に通じ、後者のSEOサービスの 「割安さ」は「現在『価格』が本来『価値』をどれだけ下回っているかの割安度」にフォーカスした「価値投資」(バリュー投資)に通じます。

「高品質・割安」。
「高品質」であれば、対策を施すサイトの「SEO競争力」「SEO成長力」が増します。

「割安」であれば、対策を施すサイトの「時間軸で観たトータルSEO集客コストはダウン」し,対策した企業の製商品・サービスの「価格競争力」が増します。
投資の世界で「天下」をとったと申し上げても差し支えないウォーレンバフェット氏は「中長期投資家」「長期投資家」の代表格ですが、この「バフェット氏」 「中長期投資家」「長期投資家」が好んで用いる投資手法が上述の「成長投資」(グロース投資)や「価値投資」(バリュー投資)です。

「中長期志向」「長期志向」が強い方は、基本的にこの「成長」(グロース)と「価値」(バリュー)に意識が向かって行く傾向があります。
そういった方々の投資手法に「あえて名前を付ける」とそれが「成長投資」(グロース投資)・「価値投資」(バリュー投資,割安投資)となります。

投資手法としての「成長投資」(グロース投資)や「価値投資」(バリュー投資)を一切知らなくても、このタイプの方々は実際に「それ」をやっているわけです。
SEOでも同じでして、このタイプ(中長期志向・長期志向)の方々は知らず知らずの内に「成長SEO」(グロースSEO)や「価値SEO」(バリューSEO)を実際に「やって」おります。

これは経営でも同じでして、このタイプ(中長期志向・長期志向)の経営者の方々は知らず知らずの内に「成長経営」(グロース経営)や「価値経営」(バリュー経営)を実際に「やって」いるものです。
ちなみに、弊所の経営もこの「成長経営」(グロース経営)と「価値経営」(バリュー経営)の組み合わせです。

そこに日本の「終身雇用」制度とトンケン独自の「年功優遇」制度(※年功『序列』では無く年功『優遇』)を組み合わせて21世紀版の「日本型経営」に昇華して企業経営を行っておりますが、これらの制度や経営手法の根本にあるのも「中長期志向」「長期志向」です。
「中長期志向」「長期志向」と「日本型経営」は非常に「相性が良い」ため、自然に今のような経営手法に「なってしまった」といったところであります。

話が「経営」に完全にそれる前に、「SEO」に戻します。
上述した通りでして、SEO分野にも同様に「中長期志向」「長期志向」が極めて強い方々が「少数派」ではありますがいらっしゃいます。

「中長期SEO対策者」や「長期SEO対策者」に該当する方々は、「成長」(グロース)や「価値」(バリュー)を非常に重視する傾向がございます。
サイトの中長期的な「右肩上がりの成長」や、「時間軸で観たトータルSEOコストの割安さ(価値ー価格=割安さ)」を重視してSEOサービスやSEO業者を選択する傾向がございます。

そういった方々には弊所のSEOサービスは特に「向く」と思います。
「考え方」が弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)と「同じ」だからです。

成長SEO(グロースSEO)や価値SEO(バリューSEO,割安SEO)を重視するWeb上の「少数派」の方々には、弊SEOサービスは気に入って頂けるのではないかと思います。
ちなみに、弊所の代表の「トンちゃん」もこのタイプ(中長期派・長期派)に属します。

弊所のスローガンが「高品質・割安」であるのも、代表「トンちゃん」の「中長期志向」「長期志向」が深く関係しております。
代表「トンちゃん」は、「中長期志向」「長期志向」が極めて強いため、SEO事業部のスローガンも其の影響を受けて「高品質・割安」に「なってしまった」といったところであります。

最近は当SEOブログのブログタイトルにも「中長期」という言葉が「登場」するようになりましたが、これも「中長期志向」「長期志向」の強さの顕れと申し上げられます。弊「SEOサービス」群もその例外では無く、この「中長期志向」「長期志向」を帯びております。

弊SEOサービス群の「サービス内容」にも、「中長期志向」「長期志向」が極めて強く「反映」されております。
これは裏を返すと、弊サービス内容には「短期志向」は反映され無い事を意味します。

ですので、短期志向・目先志向(目先の利 重視)な方々には弊SEOサービス群は「向かない」と申し上げられます。
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の姿勢で長期天下を獲った徳川家康と同じタイプ(姿勢・考え方)の方々や、「中長期志向・長期志向が極めて強く」 長期投資を軸に投資分野で天下を獲ったウォーレンバフェットと同じタイプ(姿勢・考え方)の方々には、弊SEOサービスは「向く」と申し上げられます。

WebサイトのSEO集客数の「右肩上がりの成長」の原動力となるのは「SEOの質」(強度)ですが、それを1キーワードで表現しますと「高品質」となります。
中長期志向強い方々は、中長期視点で観た時のトータルのSEO集客コストを頭の中で計算しており、その観点から「割安」なものを選ぶ傾向があります。

目の前に提示された価格で安い高いの判断はせず、中期長期という時間軸の中でかかるSEOの総コストを計算にいれて安い高いを判断して、安いサービス(割安なサービス※見た目の価格は一切関係無し)を選ぶ傾向がございます。
その「高品質」と「割安」の両方を満たすサービスとして設計したのが弊所のメインSEOサービス「検索上位表示豚」でございます。

弊所のSEOサービスは「質」(強度)を固定しておりますので、SEOコスト(SEO資金)を「質」強化に最優先で配分します。
その上で可能な範囲内で「量」(数)に残ったSEO資金(SEOコスト)をあてて行く流れで毎月のSEO対策を回しております。

「質」(強度)に必要なSEO資金(SEOコスト)次第で、今後も「量」(数)に関しては変動して行きます。
検索アルゴリズムの進化で、「質」(強度)の更なる引上げが必要となり「量」(数)を減らさなければならない局面が訪れた場合は、迷う事無く其の局面で「量」(数)を減らし「高強度」(高質)を維持します。

というわけでして、今後も「量」(数)の「固定」に関しては必要最小限に留める「方針」でおります。
「質(強度)を最優先,質(強度)を第一に固定」の方針で今後も毎月のSEO対策を進めて参りたいと思います。

2000年代から弊所が提供するSEOサービスでは、「毎月供給する新規被リンクの数」や「毎月生産する新規衛星サイトの数」等の「量」を「固定しておりません」が、「質」(強度)は昔から「固定」しております。
ここ15か月くらいは更に其の「質」(強度)を強化する方向でSEOサービスを何度も見直しており、実際に数段階「質」(強度)を引き上げております。

「コンテンツ強度」「被リンク強度」「衛星サイト強度」の3つ強度(3つの質)を中心に強度を数段階引き上げております。
「強度」を数段階引き上げてそのまま「引上げ後の強度」(引上げ後の質)で「固定」しておりますので、今から15か月前とは「別物のサービス」になっております。

今後、更に高いレベル(水準)で質(強度)を「固定」する方向でサービスに改良を加えて行くのが弊所の「戦略」(シナリオ)ですので、更に弊SEOサービスは強力になって行きます。
弊所が「量」を最優先する方針をとり、「毎月の新規被リンクの数」「毎月の新規衛星サイトの数」等の「量」を「固定」している場合は、「質」(強度)に必 要十分なだけのコストが回らなくなりますので、SEOサービスの「品質」低下も予想されますが、弊所が最優先で「固定」しているのは「質」(強度)です。

「質(強度)を固定」している以上、「品質」向上は予想できても「品質」低下は起こり得ないという事になります。
「方針」を見れば、その方針に従った結果としての「未来もある程度予測」できます。

もちろん、方針を厳格に適用してサービスを運営した場合に限りますが。
弊所は「質(強度)を固定」しておりますので、ここをご覧の皆様方は「量(数)の減少は今後、可能性としては起こり得る」「質(強度)の下振れは今後も起こり得ない」と予想して頂けたらと思います。

繰り返しますが、「方針」を見ればある程度まで「未来は予測」できます。
基本的にあらゆるサービス・製品の「方針」に言える事ですが、「量」を最優先し「量」を固定すると「サービス・製品の品質」に品質低下圧力(品質ダウン圧力)がかかります。

「質」を最優先し「質」を固定すると「サービス・製品の品質」に数量減少圧力(数量ダウン圧力)がかかります。
特に、「量」を「大量」で固定した場合には「サービス・製品の品質」に品質低下圧力(品質ダウン圧力)がかかり易くなり、「質」を「高質」で固定した場合には「サービス・製品の品質」に数量減少圧力(数量ダウン圧力)がかかり易くなります。

また、質を固定している場合は品質向上圧力(品質アップ圧力)もかかり易くなります。
投ずる資金(SEO資金・SEOコスト)が一定であれば、「質」(強度)と「量」(数)はトレードオフの関係にありますので、そのようになります。

弊所の場合は「質:高」(高質)で「固定」しているため、弊SEOサービスの「品質」には「品質向上圧力」(品質アップ圧力・品質UP圧力)がかかり易くなっております。
検索アルゴリズムが要求する質(強度)のレベル(水準)が年々上がっているのですから、「高質」(高強度)でサービス方針を「固定」している弊所としては、当然自社のSEOサービスの質(強度)を更に引き上げる方向でサービスに改良を加える事になります。

2000年代から2013年現在に至るまで顧客サイト群の対策URL・キーワード群で大量の上位表示・1位表示を達成できている理由も、この「質の固定」(強度の固定)にあります。
他SEO業者や他被リンク業者のサービスを観ると、「量」(数)を最優先し「量」(数)を固定しているところが多いのですが、弊所の場合は他業者とは逆でして「質」(強度)を最優先し「質」(強度)を固定しております。

「固定している対象の違い」が中期長期での「安定上位表示」実績,「安定1位表示」実績,「安定SEO集客」実績という形で、後々「結果」として「顕れてきます」。
SEOサービスや被リンクサービスに関しては、どれが「利用価値のあるサービス」なのかを見極めるにあたって、年単位で対策URL・対策キーワードの順位推移を観ていないと中々分からないかもしれません。

しかし、「利用価値あるサービスを見極める」為だけにそこまで多くの時間を割け無いのが普通かと思います。
そこで判断材料になるのが「方針」です。

SEO業者や被リンク業者の「サービス方針」をよく観れば、だいたい未来の予測もつきます。
具体的には「量(数)を優先し、最優先で量(数)を固定しているのか?」「質(強度)を優先し、最優先で質(強度)を固定しているのか?」をチェックして「危険度」(リスク)等を判断すると良いと思います。

2000年代から様々なSEO業者や被リンク業者を観察していると分かりますが、「量」を優先し「量」(数)を最優先で固定している業者よりも、「質」を優先し「質」(強度)を最優先で固定している業者の方が、長い目で観ると良い戦績を残しております。
「量」(数)優先の業者も「短期的な結果」(短期的な戦績)なら出しているところも多くありますが、「短期的で終わってしまう」ところが多いです。

「質」(強度)を優先しているわけではありませんので、仕方ない事だとは思いますが。
「量」を優先し「量」(数)を固定したサービスに期待できるのは基本的に、「短期的な上位表示」や「短期的な1位表示」等の「短期的なもの」だけです。

「量」を固定して優先的にコストを配分してしまうと、「質」(強度)には十分資金が回りませんので「低強度」(低質)になりがちです。
申し上げた通りでして、検索アルゴリズムは「日々」進化しております。

日々進化すれば、当然ですが「質に対する要求度合」はドンドン上がって行きます。
その「質に対する要求」(強度に対する要求)に「低強度」(低質)では長くは応えられないのは、容易に予想がつくのではないかと思います。

「被リンクの数」等の「量」(数)を固定したサービスの多くで1位表示や上位表示が長く続かない理由がこれです。
「低質(低強度)では長くは順位はもたない」という事であります。

サービスで「固定」しなければならないのは「質」(強度)の方です。
「強度」(質)が「SEO集客の生命線」だという事です。

「SEO集客で中長期での持続的成功を達成したいならば質(強度)を最優先し質(強度)を固定しなければならない」、これを覚えておいて頂くとSEOサービスの「比較・選定」時に役立つのではないかと思います。
固定すべきは常に「質」(強度)であります。

「量」(数)は「二の次」「三の次」という事です。
本物のSEOサービスは必ず「質」(強度)を最優先で固定しております。

上述してきた視点で短期間しか役立たないSEOサービス・SEO業者と中期長期で役立つSEOサービス・SEO業者を峻別して頂けたらと思います。
短期的な成功だけでOKならば「量」(数)優先のSEOサービス・被リンクサービスを「選ぶのも選択肢としてアリ」ですが、中長期的な成功を目指すのであれば「質」(強度)優先のSEOサービス・被リンクサービスを「選ぶ必要があり」ます。

「質」(強度)優先、「質」(強度)固定のサービスを選ばないと中長期的な「安定SEO集客」の実現は困難になります。
理由はもうお分かりかと思います。

中長期的な「安定SEO集客」は「低強度」(低質)で実現できるほど甘くはありません。
「量」(数)など中長期SEOにおいては常に「二の次」です。

質(強度)を押さえねば未来はありません。
「量」(数)を優先するサービスを選んで頂いても「現 検索アルゴリズム」に対応できていれば、もちろん「現 検索アルゴリズム」下では結果は高い確率で出ます。

検索アルゴリズムがそのまま全く変化せず何時までも「同じまま」であれば、「量」(数)優先のサービスでも中長期的な上位表示・1位表示も実現できます。
しかし、残念ながら検索アルゴリズムは「日々進化」します。

日々の進化に伴い検索アルゴリズムが要求してくる「質」(強度)の水準(レベル)も上がって行きますので、「量」(数)優先のサービスでは徐々に「質」(強度)面で対応出来なくなって行き順位を落とす事になります。
一方、「質」(強度)を優先し、「質」(強度)を最優先で固定しているSEOサービスの場合は、SEO資金を「質」(強度)に優先して回しますので、常に「高質」(高強度)を保つ事ができます。

検索アルゴリズムが要求してくる「質」(強度)の水準(レベル)が上がれば、それに応じてこちらも更に「質」(強度)を引き上げて新要求・新環境に対応・適応する形をとりますので、順位(上位・1位)は維持できます。
ちなみに質(強度)優先のSEO業者は、その時点での検索アルゴリズムが要求する「質」(強度)を「遥かに上回るライン」の「質」(強度)でSEO対策を施します。

検索アルゴリズムが要求してくる質(強度)の水準が上がれば、其の「遥か上回るライン」自体を更に引き上げてSEO対策に臨みます。
「現 検索アルゴリズム」が要求してくる質(強度)の水準(レベル)と、その要求を「遥か上回る水準(レベル)」の差が「余力」「余裕」となります。

この「余力」「余裕」(差)を多くとればとるほど(大きく設定すればするほど)、「検索アルゴリズム耐力」が上がり上位表示・1位表示は長期化します。
この「検索アルゴリズム耐力」(余力・余裕)を大きく設定すると、中長期的な上位表示や1位表示に繋がって行きます。

ただし、余力(余裕)を大きく設定し過ぎると莫大なコストがかかり採算がとれず逆に赤字になります。
ですので、そのへんのバランス感覚(採算を重視した商売的感覚)は必要になります。

SEO対策・SEO集客には、常に「採算性」の問題が付きまといますので、単純に「質(強度)を引き上げさえすれば良い」というものではありません。
コスト無視・採算性度外視で「質」(強度)を引上げ過ぎれば赤字になるだけです。

赤字が続けば、待っているのは「事業撤退」です。
「中長期的な黒字」確保を視野に入れ計算し尽した上で、固定する「質」(強度)のラインを決める必要があります。

商人は何をするにも「中長期視点の算盤勘定」が必要です。
「短期視点での算盤感情は不要」です。

短期的には損をしても中長期的に「得」する(利益が出る)のであれば、商売上(ビジネスを進めて行く上で)なんら問題ありません。
「短期視点の算盤勘定はSEO・経営を問わず常に『不要』」であります。

「短期志向」も商売(ビジネス)には不要です。
短期志向では中長期的な競争にはまず勝てませんので。

短期志向で勝てるのは短期戦のみです。
中長期的にはひっくり返されて「負ける」と相場は決まっております。

2000年代に入ってから、「日本国内で短期志向の経営者がドンドン増えている」とトンケン経営研究所は感じておりますが、「日本企業が『中長期志向の海外企業』に競り負けるようになった事」と「日本国内で短期志向経営者が増加している事」とは無関係では無いと思います。
短期志向では短期的な戦い「しか」勝てないのです、残念ながら。

直に「中長期志向」の競争相手にひっくり返されてしまいます。
「短期志向では中長期志向の競争相手には勝てない」、それが「戦理」(戦いの理)です。

SEO集客でも「短期的な算盤勘定」ばかりしている経営者方・Web担当者方が多くいらっしゃいますが、「短期的な算盤勘定」ばかりしているからSEO競争で負けるという事に気づかれた方が良いと思います。
短期志向のSEO対策者の多くは、短期間だけ1位表示したり・上位表示して其の後「永久圏外行き」になるのが常です。

一時的に上位表示や1位表示が達成できても其の後永久圏外行きになるのであれば、SEOをやる意味など殆ど無いでしょう?
短期的な上位表示や短期的1位表示は「検索連動型広告」で「お金を払って」達成すれば良いのです。

SEOは中長期的な上位表示や1位表示の達成を目的にやるものです。
ですので、SEOに関しては毎月毎月「高質」(高強度)のSEO対策をじっくり「確実」に積み上げて行けば良いのです。

そのようにして中長期的に「安定1位表示」「安定上位表示」を達成して行けば良いのです。
それが本来のSEOです。

「高質」(高強度)を毎月毎月のSEO対策を通じて積み上げて行けば、「日々進化」する検索アルゴリズムにも対応できますので、達成した上位表示・1位表示は短期的なものでは終わらず中期長期と長く続きます。
検索エンジンは「日々進化」している関係で検索アルゴリズム側が要求する「質」(強度)のレベルは日々上がって行きますが、其の要求レベルを遥かに上回る「高質」(高強度)で質(強度)を「固定」してしまえば、それらの要求にも対応できます。

「量」(数)優先のサービスの場合は、「量」(数)に優先してSEO資金を配分する関係で「質」(強度)は犠牲となります。
検索アルゴリズムの質への要求レベルは上がって行きますので、「量」(数)優先のサービスでは相対的に検索アルゴリズムへの強さ(対応度合・適応度合)は低下して行きます。

そして、合格ラインを下回るところまで「強度」が低下した時点で、「被リンク」も「コンテンツ」も「衛星サイト」も検索アルゴリズムに通用しなくなります。
通用しなくなれば、1位も上位も保てなくなります。
後は下位へ下位へと転がり落ちて行くのみとなります。

そしてSEO集客が「ジエンド」(終わり)となるのです。
貴社(貴方)がSEO集客の持続的成功を望むのであれば、目の前のSEOサービスが「質(強度)を優先して固定しているのか?」、それとも「量(数)を優先して固定しているのか?」、それを見極める事です。

そして、「質」(強度)を固定しているサービスを選ぶ事です。
中期長期と長く続く「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成している方々は、そういった「質」(強度)を優先して固定しているサービスを選んでおります。

逆にSEO集客で一時的に成功するものの、其の後永久圏外行きとなり結局は「失敗」してしまう方々の「大半」は「量」(数)を優先して固定しているサービスを選んでおります。
「SEO成功者は質(強度)を重視し、SEO失敗者は目先の量(数)を重視する」という事です。

繰返しになりますが、毎月新規で供給される「被リンクの数」や毎月新規で生産される「衛星サイトの数」など「二の次」「三の次」であります。
「SEOは質(強度)が全て」、それくらいの姿勢でSEO対策に臨んで頂い方がSEO集客は上手く行きます。

「コンテンツ強度 高」「被リンク強度 高」「衛星サイト強度 高」という形で3つの強度(3つの質)をSEO方針として「固定」してしまえば、中期長期での「安定SEO集客」「右肩上がりでのSEO集客数増加」の実現は容易になります。
しかし、「毎月の新規供給被リンクの数」や「毎月の新規生産衛星サイトの数」等の数(量)をSEO方針として固定している場合は、中長期での「安定SEO集客」「右肩上がりでのSEO集客数増加」の実現は絶望的となるでしょう。

質(強度)の伴う量(数)は常に「力」となりますが、質(強度)の伴わない量(数)は「無力」もしくは「負力」(マイナスに作用する力)となるだけです。
方針として「何を固定するか?」が重要であります。

「質(強度)を優先して固定するのか?」「量(数)を優先して固定するのか?」、この「選択」で中長期的なSEO集客の勝敗が決まります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。