旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ

SEO対策中(被リンク対策中)のWebサイトが何らかの原因でペナルティを受けて、サイト全体のアクセスが急激にダウンした場合の回復方法・回復手段の1つは301リダイレクトです。
ペナルティサイト(旧サイト)から新サイトへと301リダイレクトを使って「お引越し」することで「回復」することがあります。
対策URL群・対策サイトに向けて供給している被リンクの「構造」(被リンク構造・バックリンク網)に問題が「無い」場合は、301リダイレクトで「回復」することがあります。
「被リンク構造」に問題が「有る」場合は、「問題」(原因)が301リダイレクトを通じて「一緒」に「お引越し」してきてしまいますので、「回復」は見込めません。
また、サイト内部対策(コンテンツSEO)等に問題が有って発動したペナルティの場合も、301リダイレクトによる「お引っ越し」を通じて「問題」(原因)も一緒に「引っ越し」してしまいますので、回復は期待できません。
301リダイレクトを通じて、「問題そのもの」(原因そのもの)が旧サイト(ペナルティサイト)から新サイトに「引っ越してしまった」場合は、再度ペナルティが「再発」しますので順位回復も検索エンジン経由のアクセス数の回復も見込めません。
301リダイレクトでペナルティーを逃れて回復が見込めるのは、サイトの内部構造(コンテンツSEO等)・外部構造(被リンク構造)の両面で「問題を抱えてい無い」場合のみです。

先程からリダイレクトという言葉を用いておりますが、redirect(リダイレクト)は「転送する」という意味です。
サイトAにアクセスしたところ、瞬時にしてドメインの異なるサイトBに自動的に転送され、自分のWebブラウザにサイトBのページが表示される事があると思いますが、あれがリダイレクト(転送)です。
転送の「転」と「送」にはそれぞれ「移る」「移す」という意味があります。
サイトAを訪れた「訪問者」やSEO上のサイトAの「評価」をサイトBに「移す」際にリダイレクトを使います。
「移す」対象は「訪問者」やSEO上の「評価」です。
これが「リダイレクト」です。
「リダイレクト」や「転送」という言葉を聞いても「イメージがわかない」「ピンと来ない」「理解し辛い」方は、「転送やリダイレクト」という言葉を「移す事」という言葉に置き換えて「リダイレクト」(転送)に関する文章を読み進めて頂ければ理解が深まるのではないかと思います。
301リダイレクトはSEO上の「評価」を『新URL』や『新サイト』や『新ドメイン』に「移す」際に使いますが、もう一つ302リダイレクトという転送手段もあります。

302リダイレクトはSEO上の「評価」を『新URL』や『新サイト』や『新ドメイン』に「移さない」際に使います。
貴方のサイトを訪れた「訪問者のみ」を新URL・新サイト・新ドメインに「移す」際に使うのが302リダイレクトです。
302リダイレクトで「新」側に「移る」のは、旧URLや旧サイトや旧ドメインを訪問した「訪問者のみ」です。
「旧」側で蓄積したSEO上の「評価」は移りません。
「旧」側で蓄積したSEO上の「評価」を「新」側に移したく無い時には、302リダイレクトが役立ちます。
「旧」側の「訪問者のみ」移したい時は302リダイレクト、「旧」側の「訪問者」も「旧」側でSEO上「蓄積してきた評価」も両方とも移したい時は301リダイレクトを使うイメージをもって頂くと301・302が理解し易くなるのではないかと思います。

「旧」側で蓄積してきたSEO上の「評価」が「悪評価」「低評価」の場合は、「新」側にSEO上の「評価」は移さない方が良いため、302リダイレクトを使います。
「旧」側で蓄積してきたSEO上の「評価」が「好評価」「高評価」の場合は、「新」側にSEO上の「評価」を移した方が良いため、301リダイレクトを使います。
通常のサイトの「引っ越し」では、301リダイレクトを使って「訪問者」もSEO上蓄積してきた「評価」も両方とも「移す」と良いです。

ペナルティを受けて「悪評価」「低評価」が付いているサイトの「引っ越し」では、302リダイレクトの方が良い場合もありますし、301リダイレクトの方が良い場合もあり、どのような「経緯」でペナルティを受けているかでリダイレクト方法を変えて行く必要があります。
「サイト内部構造」と「被リンク構造」(バックリンク網)の両方に「構造的な問題」が無いにも関わらず、強烈なペナルティを受けて大幅順位ダウン・1000位圏外に飛んでいるサイトの場合は、基本的には301リダイレクトを使ってSEO上の「評価」も「新」側に「移して」頂くと良いです。

内部・外部の両方で「構造的な問題」を抱えていないサイトが「構造問題以外の何らかの原因」でペナルティを受けている場合は301リダイレクトで転送処理する事で通常は「回復」します。
「回復」すれば元のアクセス数・元の順位に戻ります。
検索エンジン側の「被リンクの取締り」が「一時的」に非常に厳しくなり、その「一過性の厳しい取締り」が原因で強烈なペナルティを受けてしまった場合などは、301リダイレクトを使う事で「回復」する事があります。
「被リンク構造」に構造的な問題があるわけでは無く、一過性の厳しい取締りが原因で順位を落としている(ペナルティを受けている)だけですので、こういったケースでは301リダイレクトを用いる事で回復が見込めます。

また検索エンジンの「自動化」されたアルゴリズムによるペナルティでは無く、検索エンジン会社の社員によって「手動」で科されるペナルティの場合も、「被リンク構造」に構造的な問題があるわけは無いため、301リダイレクトを用いる事で「回復」が見込めます。
301リダイレクトで「回復が見込め無い」のは、旧サイト(強烈なペナルティを科せられたサイト)側が「サイト内部・外部」に「構造的な問題」を抱えている場合のみです。
構造問題「以外」が原因の場合は301リダイレクトで無事「回復」する事が多いです。

「被リンク構造」自体に問題が有る場合は、その「構造」から「悪影響」を長期的・永続的に受け続けますので、「構造そのもの」を変えて行かないと「回復」は見込めません。
「不健康な被リンク構造」を301リダイレクトで新サイト側に「移して」しまえば、じきに「新サイト」も「不健康」になります。
「被リンク構造」自体に問題が無い場合は、その「構造」から「好影響」を長期的・永続的に受け続けるだけですので、被リンク構造は変える必要はありません。
一過性・一時的な「厳しい被リンク取締り」等が「原因」で強烈なペナルティが科されたサイトの場合は、被リンク構造自体は「健康的」で現時点で「構造自体に何も問題を抱えておりません」ので、301リダイレクトで新サイト側に「被リンク構造」を「移して」しまえば、それで無事「回復」となったりします。
被リンク構造に問題は有るが諸事情で被リンク構造を変える事が難しい場合は、302リダイレクトでペナルティを受けているサイトに訪問してくる「訪問者のみ」を新サイト側に「移す」(自動転送する)形をとると良いです。

このような形でペナルティを受けているサイトでリダイレクトを用いる場合は、「一過性・一時的な原因によるペナルティ」か「長期的・永続的な原因によるペナルティ」かで、301・302を使い分けて対処します。
サイトの「内部」「外部」に「構造的な問題」を抱えている事が「原因」で発動したペナルティの場合は、新サイトに「内部構造」(サイト内部構造)・「外部構造」(被リンク構造)を301リダイレクトでそのまま「移して」しまうと、また「問題」も新サイト側に「移って」来てしまいますので、強烈なペナルティが再発します。
「構造的な問題」というのは、一過性・一時的なものでは無く「長期的・永続的」なものです。
「構造」の影響は長期的・永久的に続きますので、「構造に問題が有る」場合は「構造改革」の断行が必要になります。
「構造」を変えずに301リダイレクトを使った場合は、「問題」も新サイト側にリダイレクトして(引っ越して)きてしまいますので、302リダイレクトを使って訪問者のみ転送させる形をとって頂くと良いと思います。
302リダイレクトを使った場合は被リンク構造(外部構造)の「問題」はリダイレクト(転送)されません。

強烈なペナルティを受けると、「被リンクを解除」する方向に走るWebサイトオーナーが世の中には沢山いらっしゃいますが、その判断は「誤り」である事が多いです。
被リンクを外して(解除して)も良いのは、「被リンク構造」(バックリンク網)に「構造的な問題」が「有る」時のみです。
「被リンク構造」(バックリンク網)に「構造的な問題」が「無い」にも関わらず、せっせと獲得済み被リンク(設置済み被リンク)を外して(解除して)行っても、当り前の事ですが「全く問題は解決しません」。
被リンク構造に「問題が無い」のですから、被リンクを外しても問題は解決しません。
被リンクを解除した「後」も、問題は解決しておりませんので、当然ながら検索順位は「回復しません」。
其の「後」、被リンク構造以外の「問題を発見」し無事「その問題を解決」したとしても、順位は「回復しません」。

回復の元(本)たる「外部SEOスコアそのもの」(健康的な被リンク)をリンク解除を通じて「絶って」しまったのですから、今後二度と回復する(元に戻る)事はありません。
「もと」(元)が有って初めて「回復」できるのです(元に戻れるのです)。
「もと」(元)が無くなってしまった以上は、「回復」(元に戻る事)はまずありません。
「もと(元)が有っての回復」です。
もとが無くなった以上は費用を出して(コストを負担して)、また一から「もと」(元)たる「健康的な被リンク構造」を再度作り直さねばなりません。
「健康的な被リンク群」を解除しさえしなければ(外していなければ)、このような「無駄」な出費は出さずに済んだのです。

被リンク網(バックリンク構造)には全く問題が無いにも関わらず、「健康的な被リンク」を外して行ったその「先」に待っているのは、「戦力ダウン」(サイトのSEO集客力ダウン)のみです。
「強烈なペナルティを受けたら被リンクを解除せよ!!」と一般のサイトオーナー(SEO素人)を煽っている方々がWeb上には多数いらっしゃるので、一般のサイトオーナー方が被リンク解除に走るのも仕方ない面はあります。
影響力の有る「複数の人」や「複数のサイト・ブログ」で、「被リンクを外せば問題は解決する」と大合唱されれば、SEO素人であれば被リンクを外したくもなるでしょう。
大合唱されてもSEO玄人は被リンクを外したくなる事はまずありませんが、素人の場合は大合唱で心理的に大きな影響を受けますので、「健康的な被リンク」も外したくなってしまう事でしょう。

ちなみにSEOの本物のプロ(玄人)なら、こうアドバイスすると思います。
「強烈なペナルティを受けても被リンク構造に問題が無いなら一切 被リンクは解除するな!!」と^^。
これが「SEO対策」としては「正解」(正しいSEO上の解答)となります。
SEO玄人はWeb上の多数派ではありませんので大合唱するほどの勢力は無く、「ソロ」だったり2・3名の「小合唱」で唄う程度の合唱力(影響力)しかありませんが、SEO玄人ならそうアドバイスすると思います。
被リンクを解除する(外す)のは、あくまで被リンク構造(バックリンク網)に「構造的な問題」が「有る」場合のみです。
強烈なペナルティを受けても、「被リンク網に構造的な問題が無い」のであれば、「一切」被リンクは解除する必要が無いのです。

被リンクを解除する(外す)という事は、一種の「構造改革」(被リンク構造の改革)であります。
構造改革を断行するのは「構造的な問題を抱えている時のみ」であります。
「構造的な問題を抱えてい無い」にも関わらず「構造改革」を断行すれば、それは「構造改悪」となります。
変える必要の無かった被リンク構造を「被リンク解除」を通じて構造を変えてしまえば、待っているのは戦力ダウン(サイトの潜在的SEO集客力のダウン)のみです。
これはWebサイトだけで無く、「事業」や「企業」や「国家」でも同じ事です。

構造改革というのは、外部環境や内部環境に大きな「恒久的変化」が有った時に、其の「環境変化」に「適応」するためにやるものです。
外部環境や内部環境が変わっているにも関わらず「構造」がそのままでは、環境に対応・適応できなくなって行きます。
「検索エンジン世界」においては「検索アルゴリズム」(検索人工知能・検索AI)が「外部環境」に該当します。
検索エンジン開発が進めば進むほど「検索アルゴリズム」という名の「外部環境」は変化して行きます。
その環境変化にWebサイトの「構造」(内部構造・外部構造〈被リンク構造〉)が適応・対応できていれば、何も問題は起こら無いのです。

環境変化に「構造」が適応・対応できていなければ、次から次へと「問題が発生」してきます。
発生した問題を一つ解決しても、構造を変えない限り新たな「問題が次々と発生」し、きりはありません。
構造を変えない場合、そういった「最悪の状態」が其の構造を抱え持つ「本体」が滅びるまで続きます。
外部環境・内部環境に合わせて「構造」を変える事ができなければ、最終的には其の環境下で滅びる以外に他ありません。
Webサイトも同じでして、検索人工知能(検索アルゴリズム)という名の「外部環境」に合わせてサイトの「構造」(内部構造・外部構造〈バックリンク構造〉)を変えて行く事が出来ないのであれば、最終的には其の環境下で滅びるより他に道はありません。

自然界の生物を観ても同じであります。
外部環境(地球環境)の変化に対応・適応できる「構造」(内部構造)をもっている生物は皆生き残っておりますが、環境変化に対応・適応できない「構造」(内部構造)を持っている生物は皆死滅しております。

「環境」(外部環境・内部環境)に対して、「構造的な問題を抱えていて、其の問題を無くすために、構造を変えて行く」のが「構造改革」です。
「環境」(外部環境・内部環境)に対して、「構造的な問題を抱えてい無いにも関わらず、構造的な問題を生み出すために、構造を変えて行く」のが「構造改悪」です。
この「構造改革」と「構造改悪」の「違い」は、よく「理解」しておいて頂いた方が良いと思います。
「構造改革の先に成長有り」「構造改悪の先に衰退有り」であります。
今までの慣れきった「構造」を変える際には「思い切りの良さ」「勇気」が必要になるかと思いますが、どうせ勇気を振り絞るのであれば「構造改革」のため(成長や繁栄のため)に勇気を振り絞りたいところです。

「Webサイト」も「組織」も「構造改悪」で衰退し、やがて滅びます。

裸一貫で「ゼロ」から事業を興し幾度も地獄や死線を潜り抜け、厳しい企業間の競争を勝ち抜いて自企業を成長させてきた「野生育ち」の1代目カリスマ創業者から「温室育ち」の2代目創業者御子息へと経営トップの座が移る時などに、この「構造改悪」がよく断行されます。
1代目経営トップは「構造改革」を繰り返して企業や事業を成長させますが、2代目経営トップは逆に「構造改悪」を繰り返して企業や事業を衰退させます。
「構造改悪」を繰り返す事で、2代目経営トップが経営する企業や事業は徐々に外部環境や内部環境に適応・対応できなくなって行きます。
その結果、売上も利益もどんどん落として行きます。
拡大してきた店舗網もどんどん縮小して行きます。
「構造改悪」により、企業や事業は構造的に内部環境・外部環境に適応・対応できなくなりますので、その悪「構造」の中で社員達がどれだけ奮闘しても焼け石に水をかけるようなもので、奮闘・努力は無駄に終わります。

かつて、あれほど繁栄した企業が2代目経営トップ主導の「構造改悪」により、どんどん衰退して勢いを失って行き最後は「倒産」に至り「ジエンド」です。
「構造改悪」を繰り返した事で、「金持ち父さん」から「金持ち倒産」へと転落して行くのです。
とくに珍しい話では無く、よくある話です^^;。
そのへんに「コロコロ」と、そういった類の「実話」は転がっております。
そういった「実例」を貴社(貴方)も一件や二件くらいは実際に目にしたり耳にした事があるのではないかと思います。
これが「構造改悪」の「効果」です^^;。
「構造改悪」を繰り返せば、どんな「企業」も、どんな「事業」も、どんな「国家」も衰退し滅びます。
「Webサイト」の場合も同じです。
「外部環境」(検索アルゴリズム・検索AI)が変化しているにも関わらず、「構造」面での適応・対応を怠れば上述した衰退企業と同様の「運命」を辿る事になります。

「経営100段の能力」が必要な企業の経営のかじ取りを、「経営2段程度の能力」しか無い経営者が行うと、上述した衰退企業のような「構造改悪」をやってしまいます。
SEOでも同じです。
「SEO100段の能力」が必要なWebサイトのSEOのかじ取りを、「SEO2段程度の能力」しか無いSEO対策者(Web担当者)が行うと、同じような事が起こります。
つまり「構造改悪」をやってしまうという事です。
強烈なペナルティをWebサイトが受けると「被リンクを解除せよ!!被リンク解除で問題は解決する!!」とアドバイスする方々の「SEO段位」が「何段くらいか?」は貴社(貴方)も容易に分かるのではないかと思います。

「被リンク構造に構造的な問題が無い」にも関わらず、「被リンクを解除して被リンク構造を変えよ」と「構造改悪」をすすめる方々の「SEO段位」が何段くらいなのかは容易に想像が付くでしょう。
繰返しになりますが、被リンクを解除するのは「被リンク構造(バックリンク網)に構造的な問題が有る」時のみです。
「被リンク構造に問題が有る、ゆえに被リンクを外して被リンク構造を変える」というのであれば、それは立派な「構造改革」です。
「被リンク構造に問題は無い、ゆえに被リンクを外して被リンク構造を変える」というのであれば、それは立派な「構造改悪」です。
「構造改革の先に成長有り」「構造改悪の先に衰退有り」であります。

なお、「構造改悪者」の話は、「論理が滅茶苦茶」である場合が多いです。
「1⇒2⇒3⇒4⇒5⇒ゆえに結論6」という風に論理だっておらず、「1⇒2⇒3⇒ゆえに結論9⇒ゆえに最終結論12」のように話が「論理立ってい無い」「論理性が無い」という「特徴」があります。

また、目先・短期的な「利」を求めて中長期的な「利」を大きく損なう方向で「構造を変えて行く事」も「構造改悪」です。
「構造改悪」により、短期的・目先の「利」は増えるものの、中長期的な「利」は大きく損ない、全期間全体での「利」も大きく損なう・・・、これは立派な「構造改悪」です。
この種の「構造改悪」は「短期志向な人間」や「短期志向な企業」がよくやる事です。
そういった「構造改悪」へと進ませないように、「事業」「企業」「国家」の「構造改革」を補佐し推し進めて行くのが「経営コンサルタント」、「Webサイト」の「構造改革」を補佐し推し進めて行くのが「SEOコンサルタント」の役目だったりしますが、現実にはその「逆」をやっている事が多いように見受けられます。

実際には、上述したような「構造改悪」を補佐し推し進めている「経営コンサルタント」や「SEOコンサルタント」も多く存在しているようです。
「強烈なペナルティを受けたら被リンクを解除せよ!!」というのも、この「構造改悪」の代表例の1つです。
被リンク構造に「構造的な問題が有る」場合は確かに被リンクを解除した方が良いのです。
しかし、被リンク構造には何ら問題が無いのにも関わらず、SEOコンサルタントが「被リンクを解除してください」と顧客にすすめて実際に実行に移しているのであれば、それは「立派」な「構造改悪」であります。
「問題を解決」するのが「コンサルタント」ですが、「構造改悪」で「問題を増やして」いては・・・・なんとも^^;。

ちなみに「コンサルタント」には、「問題を解決する」コンサルタントでは無く、もう一段の上の「コンサルタント」が存在します。
「問題を発生させない構造を造る」コンサルタントです。
構造改革を通じて「問題自体がそもそも発生しない構造を作り出す」コンサルタントです。
「問題を解決する」事にフォーカスするのでは無く、「問題がそもそも発生しない構造を造る」事にフォーカスしている点で前者と後者は異なります。
トンケン経営研究所はこの後者のタイプの「コンサルタント」です。

たとえば、トンケン経営研究所が公開している「SEOフレームワーク」の1つ「コンテンツKJD」に沿って「コンテンツSEO」を実践していればパンダアルゴリズムに引っかかる事など通常はあり得ません。
パンダアルゴリズムにまつわる問題自体が発生しないのです。
ですので、パンダアルゴリズムに関して「あーだ、こーだ」とトンケン経営研究所が当SEOブログで言及したり解説したりする必要は最初から無いのです。
これが「問題自体がそもそも発生しない構造を造り出す」コンサルタントのアドバイスの1例です。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。