Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす

Google検索エンジン経由のアクセスを増やすには「記事数が必要だ」「サイトボリュームアップが必要だ」といわれる事があります。
しかし、残念ながら「記事数」を増やしてもアクセスは増えません。
特に各記事の「文字数」が「少な過ぎる」場合はGoogle検索エンジン経由のアクセスは「全く」増えません。
これがGoogle検索エンジンの特徴であり、Google SEO集客の現実であります。

「では、Google検索エンジン経由のアクセスアップでは何が必要なのか?」という話になりますが、「文字数」です。
「文字数」が必要です。
Google検索エンジン経由のアクセスアップでは「記事数」よりも「文字数」が必要になります。
ここでいう「文字数」とは、1記事(1コンテンツ本文)あたりの「文字数」の事です。

このコンテンツ本文の「文字数」が「少な過ぎる」と、記事(コンテンツ)を何百本作成してもGoogle検索エンジン経由のアクセスは「ゼロ」のままだったりするのです。
今現在は一般個人の多くがWebサイト経由で情報発信をしておりますが、そのうちの1つに「日記」(Web日記)というものがあります。
日々の自分の周りの出来事や、自分の行動の記録を付けて行くのが「日記」ですが、この「日記」は毎日更新されているものも多く「記事数」が数百本だったり1千本に達している「日記」もWeb上に多数存在しております。

記事数が1000本を超えるのですから、「さぞGoogle検索エンジン経由のアクセスも多い事であろう」と貴方(貴社)は推測するかもしれませんが、実際は「Google検索エンジン経由のアクセスがゼロ」だったりします。
「記事数」が1000記事を超えていてもGoogle検索エンジン経由のアクセスは「ゼロ!」といった日記がWeb上には数多く存在しております。

「いや、そういう日記はブラックハットWebスパム(SEOスパム,検索エンジンスパム)な行為をやっているからGoogle検索ロボットからの評価が落ちてアクセスがゼロなのだ。ホワイトハットSEOを貫いている日記ならGoogle検索経由のアクセスゼロになる事などあり得ない。」
そう考える方もいらっしゃると思いますが、「ホワイトハットSEO」を貫いている日記の多くがGoogle検索エンジン経由のアクセスが「ゼロ」なのです。
嘘のような「本当」の話です。

Google検索経由のアクセスゼロの日記の多くはブラックハットWebスパムはもちろん順位を上げる事を目的とした被リンク対策すらも一切行っていないのが普通です。
知り合いから少しナチュラルなリンク(知り合い・友達から貼られる自発的なリンク)を獲得している程度で、作為的な被リンクを一切獲得していない「純ホワイト」な「日記」が、Google検索エンジン経由のアクセスが「ゼロ」なのです。
しかも、記事数は「数百記事」「一千記事」を超えるなかなかの「サイトボリューム」だったりします。
それでもGoogle検索エンジン経由のアクセスは「ゼロ!」なのです。

そういった日記更新者の中にはYahoo関連検索ワード等から検索需要ある複合キーワード(スモールキーワード)を抽出してきて、それらの需要ある複合キーワードにそって記事を作成している方もおります。
それにも関わらずアクセス「ゼロ!」の日記もございます^^;。
では、それらの日記には「何が足りない」のでしょうか?
答えは「文字数」です。
「文字数が足りない」のです。

「文字数を増やせば」こういった日記でもGoogle検索エンジン経由のアクセスが多かれ少なかれ入るようになり、次第にGoogle検索エンジン経由のアクセス数が増えて行きます。
アクセスが増えて来た事に「満足」して、今度は逆に「文字数を減らせば」徐々にGoogle検索エンジン経由のアクセス数は減って行きます。
これがGoogle検索エンジンの特徴です。

「記事数」を増やす事を最優先事項に掲げ、日々「せっせ、せっせ」と記事を書いて行って1000記事・2000記事と増やして行っても、Google検索エンジン経由のアクセスは右肩上がりで増えて行く事はありません。
「文字数」が「少な過ぎ」ればGoogle検索エンジン経由のアクセス数は来る日も来る日も「ゼロ」のままだったりします^^;。
一方、「文字数」を一定レベル以上に保ちながら「記事数」を増やした場合は基本的にはGoogle検索エンジン経由のアクセスは右肩上がりで増えて行きます。
Google検索エンジン経由のアクセスアップを望むのであれば、「文字数・記事数・バランス」が重要になります。
「文字数」増加にも、「記事数」増加にも、「コスト」がかかりますので、「コスト」も強く意識頂く必要がございます。

「ワーク・ライフ・バランス」という言葉(フレームワーク)は聞いた事があると思いますが、Google検索アクセスアップを望む場合は「文字数・記事数・バランス」を押さえる必要があります。
「文字数・記事数・バランス」はトンケン経営研究所 SEO事業部が考案した「SEOフレームワーク」の1つです。
Google検索エンジンでのアクセスアップ達成を目的としたフレームワークですが、「実戦」で確実に使えるSEOフレームワークの1つです。
「文字数」の頭文字「M」、「記事数」の頭文字「K」を繋げて「MKバランス」と覚えて置くと良いかもしれません。

今回公開したSEOフレームワーク「文字数・記事数・バランス」でも、この言葉の並び順が重要になります。
言葉の並び順は「優先順位」を表しております。
左に来る言葉ほど「優先度が高く」なります。
「文字数」と「記事数」を比較した場合は、「文字数」の方が優先度が高く(優先順位が高く)なります。

まず「文字数」でGoogleの「現・未来 検索アルゴリズム」が求める「文字数」(情報量)を押さえてから、「記事数」に進む事が重要になります。
そのルールを守りながら「記事数」を増やして行きますとGoogle検索エンジン経由のアクセスは増えて行きます。
無事Google検索エンジンでのアクセスアップ達成となります。

トンケン経営研究所が考案する「SEOフレームワーク」や「経営フレームワーク」には「優先順位」というものが「設定」されておりますので、結果を出す事をお望みであるならば「優先順位」を間違えないようにして頂けたらと思います。
なお、さきほど「ワーク・ライフ・バランス」というフレームワークに少しふれましたが、「ワーク・ライフ・バランス」フレームワークは「経営」では「全く役に立ちません」。
「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を知っていても「経営」では何の役にも立ちません。
このフレームワークを「使える経営フレームワーク」にトンケン経営研究所が変えますとこうなります。
「スリープ・エクササイズ・ワーク・ライフ・バランス」、です。

少し名前が長いので、各キーワードの頭文字をとってつなげて「SEWLバランス」とすると格好が整います。
この「SEWLバランス」という「経営フレームワーク」であれば貴社(貴方)の「経営」の強力な「力」となります。
右肩下がりで業績を落としている企業にこういった経営フレームワークを嵌め込んで「構造改革」を行いますと、再度右肩上がりになったりします。
もちろん右肩上がりの企業にこういった経営フレームワークを嵌め込む事で更なる「安定成長」を実現する事も可能になります。
右肩下がりの企業の業績を反転させる際の「ターンアラウンド戦略」、右肩上がりの路線に乗った企業の業績を安定的に成長させて行く「成長戦略」の両方で使えるフレームワークが「SEWLバランス」です。
こういった経営フレームワークに関する詳しい解説や話は開設予定の「経営情報ブログ」(経営コンサルティングBlog)の方で扱う「かも」しれません。

トンケン経営研究所 SEO事業部は「コンテンツSEO」(記事SEO)のフレームワークとしてコンテンツKJDというものを過去に公開しましたが、今回記事テーマとして扱っている「文字数」というのはコンテンツKJDの2番手の「コンテンツ充実度」に絡んできます。
当り前の事ですが、「文字数」を増やせばコンテンツ(記事)の「充実度合い」(情報量)は増します。
ここで貴方(貴社)に一つ質問ですが、「情報充実コンテンツ」と「情報不足コンテンツ」のどちらを検索結果上位に並べた方がGoogle検索ユーザーの「満足度」は高められるでしょうか?

答えは言うまでも無いかと思いますが、「情報充実コンテンツ」です。
「情報不足コンテンツ」ばかりが検索上位に並ぶようになれば検索ユーザーの「検索エンジン満足度」は確実に低下しますので、Google検索エンジン離れが進みます。
ですので、Google検索エンジンの開発側は、情報不足コンテンツ(文字数の少な過ぎる記事・コンテンツ)が上位に上がって来ないような構造(仕組み,検索エンジン環境)をアルゴリズムを通じて作り上げております。

「いや、そんな事は無い。情報不足コンテンツが商用キーワードで上位表示されているのを多数見かけるから。」という声もあるかと思いますが、そういった情報不足コンテンツ(文字数が少な過ぎる記事・コンテンツ)を持つURLは、「強い被リンク」の力で順位を維持しているだけです。
「検索アルゴリズムに強い被リンク」をかなり浴びているがゆえに、何とかかんとか支えられて、上位を保っているだけです。
情報不足URLは、「コンテンツの力」に支えられて上位を保っているわけではありませんので、アルゴリズムを少し弄れば即圏外行きになります。

情報不足URL(情報不足コンテンツ)はコンテンツKJDの優先順位2番目の「コンテンツ充実度」を満たしておりませんので、検索アルゴリズムのアップデートに弱く脆いのです。
「それでも私は情報不足コンテンツで勝負する!!」という勇ましい方は、ぜびGoogleアルゴリズム相手に情報不足コンテンツで戦いを挑んで頂けたらと思います。
吉報を待っております^^。

毎回しつこく話しておりますが、中長期と長く続く「安定1位表示」「安定上位表示」の達成には「コンテンツSEO」と「被リンクSEO」の「両方」が必ず必要になります。
どちらか一方が欠ければ、アルゴリズムを少し弄るだけで検索結果上位から振るい落とされてしまうのです。
ちなみにここでいう「コンテンツSEO」とは、対策URL「のみ」を対象としたコンテンツSEOの事ではありません。
「その対策URLが属するサイト全体」を対象とした「コンテンツSEO」の事です。

対策URLのコンテンツSEOが「完璧」でも、其の対策URLが属するサイト内の別のURL群のコンテンツSEOが「ボロボロ」であれば、その「ボロボロ」の別のURLが原因となって「対策URL」の順位が落ちたり、「対策URL」の順位が上がらなくなったりします。
Googleのアルゴリズムは「連帯責任」「連座制」ですので、対策URLだけ内部SEOが完璧であっても駄目なのです。
対策URLの属するサイト内の他のURL群の内部SEOが「ボロボロ」ならば、対策URLも「連帯責任」を負わされて内部SEOスコアが「大きく」ダウンします。

「少し」では無く「大きく」順位ダウン(内部SEOスコアダウン)しますので、本来なら10位以内に入れるクラスの対策URLが、軽く数十位くらいは順位を落とします。
対策URL「の」コンテンツSEOを含む内部SEOおよび被リンクSEOがともにほぼ完璧であっても、検索ユーザーにリーチ出来ないところまで順位が落ちます。
「サイト連座制」アルゴリズムとはそういうものです。

「ドメイン連座制」アルゴリズムであれば、もっと大変な事になりますが、検索エンジン開発側もそこまでやる「意味」(価値)はありませんので、「ドメイン連座制」アルゴリズムが導入される事は今後も無いでしょう。
ドメイン乙内のサイトAはコンテンツSEOが完璧にも関わらず、同じドメイン乙内のサイトBのコンテンツSEOが「ボロボロ」だからという理由でサイトA内の全URLの内部SEOスコアが大幅に下げられてしまえば中長期的な検索結果品質の低下は避けられませんので、ドメイン連座制(連帯責任制)の導入はまず無いでしょう。

しかし、「サイト連座制」に関しては、検索エンジン開発側はそこまでやる「意味」(価値)がありますので、当然のごとく導入して来ます。
Google検索エンジンは導入済みですが、これはGoogle検索エンジンだけに限らず他の検索エンジンでも同じです。
「サイト連座制」アルゴリズムは中長期的な検索結果品質を向上させますので、遅かれ早かれ他の検索エンジンも追随し導入に踏み切るという事であります。

そういうわけでして、サイト連座制対策はGoogleアルゴリズムだけでなく、未来の他の検索エンジンのアルゴリズム全体への対策にもなります。
ですので、本腰を入れて確りとしたサイト連座制対策を打って頂いた方が良いのであります。
既にGoogle検索エンジンのサイト連座制の適用で罰を受けて順位ダウンしている対策URL群に関しては「サイト全体」の「コンテンツSEO」の見直しが必要になります。

そういったサイト全体にまたがるアドバイスは「内部SEO診断豚」であれば対応可能です。
「サイト全体」の「内部SEO診断」が目的のSEOサービスが「内部SEO診断豚」です。
こちらも手間がかかりますのでそれなりの対価は頂きますが、対応は可能です。
頂いた「料金の範囲内」での対応にはなりますが、「ここは直した方が良いですよ」「ここは修正必須です」「サイト『構造』のここは直さないと中長期的には検索経由のトラフィックを失いますよ」(構造改革)等のアドバイスは致します。

ちなみに被リンクSEO周りの「被リンク構造」等をチェック・診断する「外部SEO診断」は、「外部SEO診断豚」サービスで対応可能です。
頂いた「料金の範囲内」での対応にはなりますが、「ここは修正が必要です」「ここは直した方が良い結果に繋がりますよ」「この被リンク構造のここを放置しておきますと中長期的な検索経由のトラフィックを失いますので、この部分は『構造』を変えましょう」(構造改革)等のアドバイスは致します。

大規模サイトの場合も診断料金は同じですが、「料金の範囲内にコストが収まるよう対応」させて頂きますので、恐らく重要な箇所「全て」をチェック・診断する事は出来ないでしょう。
「価格に見合う価値を提供する」というのがトンケン経営研究所 SEO事業部のサービス方針ですので、価格を超える価値の提供は致しません。
「価値に見合う価格を付けて」、「御客様方」と「トンケン経営研究所 SEO事業部」の双方の「持続可能性」を確保した上で、「持続可能なサービス」を提供して参ります。
大規模サイトの場合は、必要に応じて「SEO診断豚」2口目・3口目の追加料金を頂ければ対応できると思います。

繰返しますが、Googleアルゴリズムは「連座制」ですので、対策URLの「コンテンツSEO」「被リンクSEO」ともに完璧であっても「村の中」の他の者が駄目なら巻き添えを食らいます。
昔のGoogleアルゴリズムは「連座制アルゴリズム」ではありませんでしたので、「対策URLのみ」の「コンテンツSEO・被リンクSEO」が完璧であれば安定上位や安定1位も実現できましたが、今は違います。
今現在のGoogle検索エンジンの連座制アルゴリズム下では、コンテンツSEO・被リンクSEOともに完璧な対策URLまで「道連れ」となりSEOスコアが大きく削られてしまいます。

対策URLの「内部SEO」「外部SEO」ともに完璧に近いのに「なぜ順位が上がらないのだろう?」と首を傾げておられる方は、「サイト全体」の内部SEOに目を配って頂いた方が良いです。
対策URLには「穴」が無くとも、対策URLが属する「サイト」の方には恐らく「穴」が開いておりますので^^;。
多くの場合は、その「サイトの穴」から完璧なはずの対策URLの内部SEOスコアが漏れ出ているのです。

「サイトに穴」が開いていると、その「サイトの穴」から連座制アルゴリズムが入り込んで来て、貴社(貴方)の村(サイト)「全体」に罰を与えます。
連座制ですので、もちろん完璧を期している対策URLも罰(ペナルティ)を食らいます。
完璧な対策URLも罰(ペナルティ)を食らいますので、当然の如く内部SEOスコアが「大きく」ダウンします。

連座制アルゴリズムは村(サイト)に穴が開いていれば入りたがります。
「サイトに穴があったら入る」のが連座制アルゴリズムの「仕事」ですので、貴社(貴方)の「村に穴が開いていればそこから実際に入って来る」のです。
そして「村全体」(村民全員)に、「サイトの穴の大きさ」相応のペナルティ(罰)を食らわせて、順位ダウンさせるのです。
以上が「サイト連座制アルゴリズム」の「流れ」ですので、貴村(貴サイト)に穴が開いているようでしたら確りと「塞ぎ」ましょう。
穴の問題は、「穴が塞がるまで」もしくは「アルゴリズムが根本的に変わるまで」解決しません。

この「穴」には上述した「文字数」が絡んできます。
コンテンツSEO(コンテンツKJD)の2番手のコンテンツ充実度に「文字数」が関わってきますので、当然ですが「文字数」の問題は、「穴」の問題・「サイト連座制」の問題へと繋がって行きます。
SEO集客を気にしない方々は、「文字数」など気にし無くとも結構ですが、ここまで当記事の文章を読まれている方々は「SEO集客を気にする方々」かと思いますので、今後のSEO対策では「文字数」にも意識を巡らせて頂けたらと思います。

「パンダ アルゴリズム」という言葉は、聞いた事がある方は多いと思います。
サイト内の「コンテンツ群」の品質を評価してサイトに評価を下すアルゴリズムが「パンダ」です。
パンダは対策URLのコンテンツのみ評価するのでは無く、対策URLが属する「Webサイト」(ブログ・ネットショップ・HP等)内の「コンテンツ群」の品質を評価してサイトに評価を下します。
ですので、Googleパンダ アルゴリズムによって「サイトのコンテンツ」が低評価を下されてしまえば、「対策URLのコンテンツ」が「完璧」であっても、其の対策URLの内部SEOスコアも「一律」で大幅に削られてしまいます。

サイト内に「内部SEOが完璧なURL」「内部SEOが全く駄目なURL」が混在している場合、パンダアルゴリズムを通じて「サイトのコンテンツ」に「評価 低のレッテル」が貼られてしまうと、「完璧なURL」も含めてサイト内の全URLが「一律」で内部SEOスコアを大きく削れてしまいます。
Google検索エンジン向けのSEOでは、「対策URL」の内部SEO状況だけを「見て」満たしてやれば対策URLの順位が無事上がるというほど「単純」「簡単」では「ありません」。
「対策サイト」の内部SEO状況を「観て」満たしてやらねば安定1位表示にも安定上位表示にも繋がりません。

目の前の「対策URL」のみ「見る」という感覚では無く、「サイトの全体」を「観る」感覚が「Google内部SEO」では必要になってきます。
「対策URLを見る」のでは無く、「対策サイトを観る」感覚です。
目先・目の前のみ「見る」のでは無く、全体を「観る」感覚がGoogle SEOでは必要になります。
あとは前回のSEO記事でも申し上げた通りで、「時間軸」で「観る」感覚、「時間軸」でGoogle SEO対策を施して行く事も重要になります。

「時間軸の中に存在」する「安定1位表示要因」「安定上位表示要因」は、短期的な対策で満たす事は「できません」。
「時間」が必要になります。
「時間軸の中に存在する要因」は、「時間」という軸の中で満たして行くより他ありません。
「時間軸Google SEO」は「安定SEO集客」では必要になります。

「一時的SEO集客」が目的ならば、「時間軸SEO」など必要ありません。
「持続的SEO集客」が目的ならば、「時間軸SEO」を通じて「時間軸要因」を満たす必要があります。
話を戻します。

先程も申し上げた通りでして、今のGoogle検索エンジンでは、「対策URLのみ」内部対策を完璧にやれば、それで内部SEOは完了とはなら無いのです。
今のGoogle検索エンジン環境下では、「対策URLの属するサイト全体の内部対策(特にコンテンツSEO)」をしっかりやって、それをもって内部SEO「完了」となるのです。
そこまでやらないと、「内部SEOが完璧な対策URL」の内部SEOスコアまで大幅に削り取られてしまうのです。
そういう仕組み(構造,検索エンジン環境)をアルゴリズムを通じてGoogle検索エンジンは作り出したのです。

では、内部SEOの対象を「点」である「対策URL」から、多数の点(URL)から成る「立体」たる「対策URLが属するサイト」まで内部SEO対象を拡げさせたGoogleアルゴリズムの「目的」は何でしょうか?
答えは、「情報充実サイトが検索結果上位に並ぶようする」事にあります。
「情報充実URLが検索結果上位に並ぶようにする」のでは無く、「情報充実サイトが検索結果上位に並ぶようにする」事です。
情報充実サイトを検索結果上位に沢山並べて、Google検索ユーザーの「検索エンジン満足度」を「更に高める」事が「目的」です。

このGoogle側の試みにより、検索結果上位に並ぶようになるのは、「情報不足サイトに属する情報充実URL」では無く、「情報充実サイトに属する情報充実URL」達です。
そういう「方向」でGoogle検索エンジンのアルゴリズムの開発が進んでおります。
そういった事を前提として貴社(貴方)は「どのようなWebサイトを作って行けば中長期的な安定SEO集客を実現できるのか?」をお考えください。

当SEO記事のテーマである「コンテンツの文字数・記事数」についても、この「観点」からお考えください。
「記事数」よりも「文字数」(1コンテンツあたりの情報量)の方が重要なのは「明らか」でしょう。
Googleユーザーを満足させ得る「文字数」で、「記事数」を増やして行けば、通常はGoogle検索エンジン経由のアクセスアップは実現できます。

現在はその過渡期ですので、「情報不足サイトに属する情報充実URL」であっても順位が上がっておりますが、目には見えない順位ダウン圧力はかかっている状態です。
逆に、「情報充実サイトに属する情報充実URL」で順位が上がりきっていないURL群も数多く存在しておりますが、そういったURL群には「目には見えない」順位上昇圧力がかかっております。

今はまだ目に見えない圧力に過ぎませんが、検索エンジンのアルゴリズムの開発が進むにつれてGoogle側の考えが徐々に「実現」して行き、「目に見える構造」となって顕れて来ます。
そして、Google側の考えに基づき「情報不足サイトに属する情報充実URL群」「情報充実サイトの属する情報充実URL群」の各々に順位ダウン圧力・順位アップ圧力が、実際に実感できるレベルでかかるようになります。

こういった事が現実化して、対策URL群に「実際」に順位ダウン圧力・順位アップ圧力がかかる前に「今、未来対策を打って行く」(中長期対策を今打つ)のが「中長期SEO対策」(中長期SEO)であります。
目先・一時的な集客需要を満たすための検索エンジン集客対策は「検索連動型広告」で行い、持続的・継続的な集客需要を満たすための検索エンジン集客対策は「中長期SEO対策」で行っていくと一番バランスがとれると思います。

「中長期SEO対策」では「未来対策」を「今」打ちますので、「時間にかなり余裕」があります。
未来検索エンジン環境に適応するための被リンク構造構築・サイト内部構造構築に十分な準備期間があり差し迫っておりませんので、対策サイトに大きな負担のかかるSEO対策をせずに済みます。

なお、その「経営」版が「中長期経営対策」(中長期経営),「長期経営対策」(長期経営)であります。
経営分野において「未来予測」と「未来対策を今打つ事」に重点をおいた経営です。
経営環境はグローバル化やイノベーションにより物凄いスピードで変化して行きます。
特に「テクノロジーのイノベーション(革新)」に関しては次のイノベーションが起こるまでの期間がどんどん短くなって来ております。
「2年で倍増」で知られる「ムーアの法則」はテクノロジー全般に適用されますので、当然ながら次の技術革新(テクノロジカル・イノベーション)が起こるまでの期間は今後もどんどん短くなって行きます。

指数関数を学生時代に勉強した思いますが、あの指数関数の曲線グラフと同じようにテクノロジー全般が指数関数的に「進化」して行きますので、「今後の経営のかじ取り」は今までとは比べものにならないくらい難しくなります。
「経営業は環境適応業」であるという事を嫌というほど、今後多くの経営者が実体験を通じて味わう事になるでしょう。

経営環境は今後も物凄いスピードで「イノベーション」(新機軸・革新)を軸として変化して行きますので、変化が到来してから対応していては売上急減などの事態に直面する事になります。
そして、「新環境適応に時間を要する企業」は淘汰です。
ここ数年の日本の大企業群の動向を観ると実際にそうなっているのがわかります。
「日本の経営者方の能力低下」「日本の経営者方の質劣化」が「年々着々」と進んでおりますので、新環境への適応も当然の如く「遅れ」が出ます。

「経営者レベル」で観ると海外勢(海外の経営者達)に完全に競り負けていると感じております。
「日本企業の衰退は6重苦のせいだ」という意見が経営者方には多いようですが、6重苦が無くとも衰退は進むと思います。
日本国内では年々、目先の利ばかり求める短期志向な経営者の割合が高まり、中長期志向な経営者の割合が低下しておりますので、どうあっても海外勢との競争には「敗れる」と思います。
「経営者の質」で海外勢に負けておりますので外部環境がどうであれ、競争で敗れるというのがトンケン経営研究所の見解です。

負けを「環境のせい」にする日本人経営者が増えましたが、負けは「自分のせい」(経営者のレベル低下)と考えるべきではないでしょうか。
競争で負ける事を「まわりのせい」「人のせい」「かんきょうのせい」にせず、「自分のせい」と経営者は考え、経営者自身が「必死で努力」すべきなのではないかと思います。

ここ数年の「大企業の事例」からも分かる通りでして、環境が変化してから対応(目先対策・現在対策)していては間に合わない事が今後増えて行く事は容易に予想がつきます。

また、日本企業の場合は雇用面で色々と「規制」がありますので、「旧技術のみの正社員」を「新技術を持つ正社員」に速やかに入れ替える事は難しく、新環境への適応は更に難しくなります。
そうこうしている内に動きがとれず「売上急減⇒倒産」です。
消費者は待ってくれませんので、どんどん他企業の製商品・サービスに消費者が移ってしまいジエンドとなるわけです。
「旧技術しか対応できない一部の正社員の雇用を短期間守る」ために「残りの全正社員の雇用を犠牲にする」事が正しいとは思いませんが、今現在も法によって雇用流動化が規制されておりますので、実際に「全員道連れ事象」が起こっているのであります。

「雇用の流動性が低い」日本国内においては、「未来予測」を重視し「未来対策」にかなり比重を置いて企業経営して行く形がベストと申し上げられます。
正確な「未来予測」に基づき、「社内教育」(人財育成・人財成長)に重点を置き、未来環境下で必要になる「知識」と「技術」に短期で対応できる人財の育成(社員教育)を怠らず、中長期対策を「常に優先」して企業経営を行う形が、ベストの経営姿勢であるとトンケン経営研究所は考えております。
実際、トンケン経営研究所ではトンちゃん(代表)が2000年代から2013年の今現在に至るまでそれを「実践」しております。

「検索エンジン」の話に戻りますが、この「検索エンジン」というのもテクノロジーの「かたまり」であります。
という事はもしかして・・・?
そうです^^;、「2年で倍増」の「ムーアの法則」が適用されます。
そのため、今後も物凄いスピードで「検索エンジン環境」が変化して行きます。
実際、ここ最近の検索エンジン環境も想像を絶するスピードで変化しております。
「もう、ここまでアルゴリズムが迫って来たか^^;、なんてこった!」と思っている「プロのSEOアフィリエイター」や「玄人SEO業者」の方々も多いのではないでしょうか。

この環境変化に適応する「道」(みち)は2つあります。

「未来予測」を重視し、「未来対策」に重点を置いた「中長期SEO対策」がその内の1つです。
もう1つは、イノベーション(新技術)で検索エンジン環境が急激に変化するたびに、「旧」を「新」に入れ替えて「新環境に適応」して行く道です。
後者に関して具体的にどのようなSEO手法をとるのかについては解説を控えます。
後者の手法をSEOサービス化してトンケン経営研究所 SEO事業部が提供するようであれば、「詳しく解説」致します。

「中長期SEO対策」の話に戻します。
上述してきたようにGoogle検索エンジンのアルゴリズムの開発方向から申し上げますと、コンテンツ充実度を高めて対策URLのコンテンツ(本文)の情報を充実させて行く事はもちろん重要ですが、それだけでは足りません。
対策URL自体は情報充実URLであっても、「対策URLが属するサイトの方」が情報不足サイトである場合は、検索結果上位に並び続ける事が難しくなるアルゴリズムですので、サイト全体のコンテンツに目を配る必要があります。

「なんかGoogle SEOは段々と手間(=コスト)がかかるようになってきたな^^:」と思い始める方もそろそろ出て来る頃かと思いますが、実際昔よりも「遥か」にGoogle SEOは「手間」(=コスト)がかかるようになって来ております。
「昔と同じように、軽いコストでお手軽に、上位表示・1位表示」とはいかなくなって来ているのが「現・未来 Google検索エンジン」であります。

確かに昔はコンテンツコストなどは殆どかからず、また殆どかけずに上位表示・1位表示できました。
しかし今現在は、「コンテンツにコストをかけねば」上位表示・1位表示は難しくなってきております。
ここでいうコンテンツとは「対策URLのコンテンツ」では無く「対策URLが属するサイトのコンテンツ群」の事です。
昔と比べると、かなりの「コンテンツ」コストがかかるようになって来ております。

昔はコンテンツコストといっても、「対策URLのコンテンツ」のコストのみでしたので楽なものでした。
また、コンテンツ無しのURLであっても「被リンク」の力のみで容易にGoogleで上位表示・1位表示させる事ができました。
上位表示のために点検するといっても「対策URLのコンテンツ」のみでしたので、「点検コスト」も大した事はありませんでした。

が、今は大変です。
サイト全体のコンテンツに目を配らねばならないのですから「楽」ではありません。
「対策URL⇒サイト全体」へと「コンテンツの対象」が拡大したのですから「楽」なわけがありません。
当然のごとく「コンテンツ」コスト(コンテンツ面のSEOコスト)はアップします。

ですので、「サイトボリュームアップだ!!」といってサイト内に貧弱コンテンツを大量に増やして行くような行為は百害あって・・・・何とやらであります^^;。
コンテンツ群の点検コスト・作り直しコストが増大するだけですので、良いことはあまりありません。
当SEO記事のテーマである「文字数」を押さえた上で「記事数」を増やして行って頂くと、後々「点検コスト」や「造り直しコスト」も発生しませんので、「後の追加コスト」という観点から観てもやはり「文字数」は重要であります。
以上がコンテンツコストに関してです。

被リンクコストに関しては、アルゴリズムの進化に対応する形で、被リンクの「量から質」へ転化が進んでおります。
つまり被リンク対策で「コストをかける部分」が「変わって来た」という事です。
実際、トンケン経営研究所 SEO事業部のSEOサービスで行う被リンク対策もどんどん「被リンクの質」重視へと傾いております。
昔から弊SEOサービスを使い続けているお客様の中には、「何か最近、トンケン経営研究所 SEO事業部の被リンク構造が変わって来たな」と感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際ここ半年くらいの間で被リンク構造をかなり変えております。

ここ半年で料金もかなり変えましたが、変えた料金分はこういった「被リンク構造」の方に回っていたりします。
料金改定をする際に「被リンクの質(被リンクの強度)を高めました」とお知らせする事がありますが、水面下で何をしているかといえば具体的には「被リンク構造」を変えているのです。
料金改定のたびに対策枠数も増やして来ましたが、同時に「被リンク構造」を変える方にもコストを水面下で配分していたのです。
見えないところで、せっせと被リンク構造の改革(構造改革)を進めていたという事です。
なお、現在も「進行形」で1段1段「段階的」に「被リンク構造改革」を進めております。

今後も被リンク対策の元となる「被リンク構造」は、「先手先手」で更に先の「未来 検索アルゴリズム」に適応・対応させる形で変化させて行く事になります。
「未来 検索アルゴリズム」(未来 検索エンジン人工知能)を先読みし過ぎて被リンク構造を変化させ過ぎますと、被リンクコストが大幅にアップ(料金が大幅にアップ)してしまいます。
ですので、その辺は被リンクコストとのバランスを上手くとりながら進めますが、今後も「被リンク構造」をより強固化する方向でサービス強化して行きます。

トンケン経営研究所 SEO事業部はスローガンとして「高品質・中長期」を掲げておりますので、「質強化」は今後も続きます。
トンケン経営研究所 SEO事業部がサービス提供で「何を優先するか?」といえば、「高品質」と「中長期」です。
優先順位で申し上げますと、
1位、高品質
2位、中長期
となります。

この2つをそれ以外の全てに「優先」させますので、其の他に関しては「捨てる事も辞さない」という姿勢でおります。
「高品質」と「中長期」の維持のためであれば、「低価格」等も迷う事無くトンケン経営研究所 SEO事業部は「捨て」ます。
「低価格」に対する「需要」が非常に強い事はマーケティングリサーチを通じて十分に把握しておりますが、価格を下げればサービスの「質」は低下します。
サービスが「低質化」すれば弊所のスローガン「高品質・中長期」から外れてしまいます。
ですので、低価格帯のSEOサービスの提供は捨てるという決断を弊所はしております。
「高品質・中長期」というスローガンは、そういう弊所の「覚悟」の「メッセージ」であります。

ここで少し「最近の被リンクのコスト」に関して俯瞰します。
被リンク周りの全体的な動きとしては、被リンクのコストは「量コストを削って、削った分のコストを、質コストに配分する」形になって来ております。
しかし、それだけでは上昇分の「質コスト」を吸収できませんので、コストを新たに追加して「質コスト」に補充している状態です。
ここ2年くらいの間に被リンク周りのアルゴリズムが劇的に変化しましたので、それに対応する形で「質コスト」の方もかなり上昇して来ております。

更に、同じキーワードでの競争相手の「数」は年々増える一方ですので、当然の事ながら被リンクの「量」の方もある程度の「数」が必要になって来ております。
というわけでして被リンクのトータルのコストも、コンテンツのコスト同様に「上昇傾向」にあります。
被リンクの「質コスト」、被リンクの「量コスト」、その両方のコストが上昇してきているのが2013年現在の現状であります。

今後SEO戦場に参戦する方々は、そういったSEOコスト面の現実を知った上で「計画的」に参戦して頂くと良いのではないかと思います。
今から参戦しても安定1位・安定上位はもちろん達成できますが、昔ほど「低コスト」で安定1位・安定上位を達成する事は「出来ない」という現実を知った上で、中長期的な姿勢でGoogle SEOに取り組んで頂けたらと思います。
もちろん、短期志向でGoogle SEOに臨んで短期間で上位表示を狙って頂くのもありです。

但し、中長期的なSEO集客に失敗する確率は非常に高くなりますので、それを覚悟した上で短期志向SEOに励んで頂けたらと思います。
中長期的なSEO集客が絶たれても良い方のみ、短期志向でGoogle SEOに臨んで頂くと良いのではないかと思います。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする