短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化

検索順位を決めているのは「検索アルゴリズム」ですので、この検索アルゴリズムに対策サイトや対策URL群(対策ページ群)を最適化させて行く事が、SEO対策では重要になります。
検索アルゴリズムに沿わない「サイト内部構造」や「被リンク構造」を構築した場合は、当然ですが対策サイトや対策URL群のSEOスコアが上がる事はありません。
また、「検索アルゴリズム」は開発が継続されている関係で、いつまでも同じままでは無く「進化」します。

ですので、ぎりぎり何とか「現 検索アルゴリズム」に対応するような「サイト内部構造」「被リンク構造」を構築している場合は、時間の問題で「対応不能」に陥り対策サイト・対策URL群のSEOスコアが低下して検索順位が落ちて行きます。
そして、徐々に検索エンジン経由の集客数は減少して行きます。
行っている「検索エンジン対策」が検索アルゴリズムから離れれば離れるほど対策サイトや対策URL群のSEOスコアは低下して行き、やがてはターゲット検索エンジン経由の集客も完全に途絶えます。

ここで、現在のGoogle検索エンジンのアルゴリズム下で、完全に検索エンジン集客を絶たせる有効な方法を1つ紹介します。

【方法】
サイト内にオリジナルコンテンツ・コピーコンテンツを問わず「コンテンツを持たないURL」(コンテンツ無しURL)を沢山用意する。
それらを内部リンクで繋いで、これらの「コンテンツ無しURL」群も「サイトの一部」であるという「シグナル」をGoogleの検索ロボットに発する。

この方法が有効です。
これを実際に「実行」に移しますと、「『サイト』内の『コンテンツ群』の品質を評価する」パンダアルゴリズムから高い確率で「低品質コンテンツ群を多数抱えるサイト」という「レッテル」が貼られます。
「低品質コンテンツ『サイト』」というレッテルをパンダによって貼られると、サイト全体(サイト内の全URL)のSEOスコアが劇的に低下させる事に成功します。
結果、検索エンジン経由の集客数は激減します。
集客数が1/5になったり1/10になったりします。
完全に検索エンジン経由の集客が絶たれ「ゼロ」になる場合もあります。

現在のGoogle検索エンジンのアルゴリズム下で、検索エンジン経由の集客を増やしたい場合は、パンダアルゴリズムに「レッテル」を貼られないようにする事がポイントになります。
サイト内の「コンテンツ無しURL」群を根絶する事です。
コンテンツ無しURLは削除してしまうか、もしくはコピーコンテンツでもオリジナルコンテンツでも「どちら」でも結構ですので、とにかく「コンテンツ」を入れる事です。

読者:「ん?コピーコンテンツは駄目だと聞いた事があるが?」
トンケン経営研究所 SEO事業部:「コピーコンテンツのみで構成されたURLをサイト内に多く抱えていてもパンダレッテルは避けられます」
読者:「コピーコンテンツURLでも順位は上がる?」
トンケン経営研究所 SEO事業部:「はい、『今現在』も上がります。条件を満たせば『今後』も上がります」
読者:「コンテンツ無しURLはさすがに駄目?」
トンケン経営研究所 SEO事業部:「はい、駄目です。コピーコンテンツURLは何とかなりますが、コンテンツ無しURL群は『何とかなりません』。サイトにパンダレッテルが貼られてしまいますので検索エンジン集客が絶たれてしまいます」

このパンダアルゴリズムというのは「一時的に導入されて消えていくアルゴリズム」とは違います。
パンダアルゴリズムは、長期でサイトのSEOスコアに影響を及ぼし続ける「中長期的なアルゴリズム」ですので、無視する事はできません。
こうのような「中長期的な検索アルゴリズム」に対しては対策サイトや対策URL群(対策ページ群)を必ず最適化させる必要があります。
それを怠ってしまうと、冒頭で申し上げた通りでSEOスコア減少・低下を招きますので、やがて検索エンジン集客は絶たれます。

ただ、このパンダアルゴリズムの中にも「一時的に導入されて消えて行く部分」と「中長期で残る部分」がございます。
我々SEO対策者が最適化させねばならないのは、パンダの中で「中長期的に残る部分(アルゴリズム)」であります。
パンダの中にも「一時的に導入されて消えていくアルゴリズム」はございますので、そういった短期部分に対しては対策サイトや対策URL群を最適化させる必要はございません。

「一時的に導入されて消えていくアルゴリズム」に最適化させれば、「一時的」「短期的」ではありますがSEOスコアアップに繋がりますので順位が上がったり1位表示されたりします。
しかし、「一時的なアルゴリズム」に対して最適化させたところでその恩恵は「一時的」ですので、達成した上位表示も1位表示も長くは続きません。
一過性の上位表示、一過性の1位表示で終わります。

むしろ時間が経てば、それらの「一時的なアルゴリズム」に最適化させた事が後になって逆に「足枷」として機能する事もございます。
ですので、「一時的な導入で消えていくアルゴリズム」に対しては「無視する」「最適化しない」ようにする事が大事であると申し上げられます。
短期志向なSEO対策では、この「短期的・一時的なアルゴリズム」に最適化させる事が重要になりますが、中長期を志向するSEO対策(中長期的SEO対策)では「短期的アルゴリズム」は「無視」すべきものとなります。

短期的アルゴリズムへの最適化で「プラス効果」を発揮するのはあくまで「一時的」で、時間が経過すれば「マイナス効果」を「中長期」に渡って発揮し、中長期的な上位表示・1位表示の足枷となる事も少なくありません。
ですので、中長期SEO対策においては「短期的アルゴリズム」は「無視する事が基本」となります。
「短期的効果・一時的効果は追わない」、これが中長期SEO対策の基本スタンスとなります。

検索アルゴリズムを追いかけて対策サイトや対策URLをそのアルゴリズムに最適化させる事は「もちろん大事」ですが、一過性で終わる「短期的アルゴリズム」「一時的アルゴリズム」に関しては追いかける必要も最適化させる必要もございません。
特に「被リンク対策」ではそうです。
「被リンク」周りの調節を行うアルゴリズムとしては「ペンギン」アルゴリズムがございますが、ペンギンアルゴリズムの中にも「一時的な導入で消えていく部分」と「中長期に渡って残る部分」がございます。
我々SEO対策者が最適化させねばならないのは、ペンギンアルゴリズムの中の「中長期で残る部分」のみでございます。

ペンギン周りのアルゴリズムで「一時的・短期的に導入されて消えていくアルゴリズム」に関しては「無視する」「最適化させない」事が重要になります。
上述した通りで、「一時的な導入で消えていくアルゴリズム」に「被リンク構造」を最適化させてしまうと、その最適化させた「被リンク構造」が時間経過で逆に「足枷」として機能する事があります。
後々の「足枷化」を防ぐため、「短期的アルゴリズム」には「被リンク構造を最適化させない」事が重要になります。

「被リンク構造」を後々変更できる場合は良いですが、通常は被リンク構造の変更には「莫大なコスト」と「多くの時間」と「多大な労力」がかかりますので、後からの変更は「現実問題」として困難でしょう。
サイト内部の構造であれば、後から変更できる部分も色々とございますが、被リンク構造に関しては後からの変更は困難をきわめます。

ですので、被リンク対策では「一時的・短期的な導入で消えていくアルゴリズム」に「被リンク構造を最適化させない」事が重要になります。
被リンク対策では「中長期に渡って残り続けるアルゴリズム」に対して「被リンク構造を最適化させていく」事に注力する事が非常に重要になります。
これが「中長期被リンク対策」「中長期外部SEO対策」(中長期被リンクSEO)というものでございます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする