グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」

Webサイトがグーグル検索エンジンの「現・未来アルゴリズム」に最適化出来ていれば、当然の事ながらWebサイトはグーグルSEOに強くなります。
グーグルSEOに強いサイトであれば、サイト内のURL群がターゲットキーワード(毎月一定以上検索されるヘッドの商用キーワード)で「安定」して上位表示されたり、「安定」して1位表示されたりするようになります。
また、其の他のテールな商用キーワード群でも「安定」して上位表示されたり、「安定」して1位表示されるようになります。
結果、ヘッド商用キーワード群・テール商用キーワード群の両面からグーグル検索エンジン経由の集客が「安定」します。

ちなみに、「テール商用キーワード群とヘッド商用キーワード群では、どちらがグーグル検索エンジン経由の集客『安定』で重要になるか?」ですが、「テール商用キーワード群」です。
テール商用キーワード群を「富士山」に喩えますと、横に広く拡がった「富士山のすそ」「富士山のふもと」部分であります。
このテール商用キーワード群を多く押さえて足場を固めてしまうと、グーグル検索エンジン経由の集客は「安定」してビクともしなくなります。

なお、ヘッド商用キーワード群を「富士山」に喩えますと、富士山の高くそびえたつ「中央部分」(高い部分)です。
高くそびえたつ中央部分は「うまみ」の有る部分です。
この中央部分のみを切り出しますと、「東京タワー」や「スカイツリー」のような形になります。
この高くそびえ立つ中央部分に、「テール商用キーワード群」という「広いすそ(ふもと)」をくっ付けますと、ちょうど「富士山」のような形になります。

この富士山型のキーワード集客網を築き上げますと、検索エンジン集客は大変「安定」します。
少し非現実的な話ではありますが、ある日突然、日本にウルトラマンやゴジラが現れて、現実世界の「富士山」に体当たりしたとしましょう。
「富士山」はこれらの巨大なヒーローや怪物に体当たりされても「ビクともしません」が、「東京タワー」や「スカイツリー」が体当たりされた場合はどうでしょうか。
「ビクともして」、へし折れて一発で終わりかと思います。
頑丈な造りの「東京タワー」や「スカイツリー」は一発ではへし折れず持ちこたえるかもしれませんが、長くはもたないでしょう。

Web上の検索エンジン世界である日突然、グーグルパンダやグーグルペンギンを遥かに凌ぐ強いヒーローや怪物「グーグルウルトラマン」「グーグルゴジラ」という名の新しいアルゴリズムが現れてWebサイトに体当たりしたとしましょう。
完璧に近い『SEO』を施しているサイトであっても東京タワー型のキーワード集客を行っていたサイトは大きな影響を受ける事になります。
頑丈な造りの東京タワー、頑丈な造りのスカイツリーを築いていたとしても、体当たりの影響は受けます。

同じく完璧に近い『SEO』を施し、富士山型のキーワード集客を行っていたサイトの場合は、グーグルゴジラやグーグルウルトラマンの体当たりを受けても影響は「限定的」であります。
巨大で強力なゴジラやウルトラマンといえども、体当たりする相手が「すそ・ふもとが広い富士山」では・・・^^;。
というわけでして、検索エンジン経由の集客が大きく崩れる事は通常ありません。
体当たりで部分的には崩れるところも出てくるでしょうが、「他の部分」がそれを補う形となりますので、「全体」で観ると体当たりの影響は殆ど無しとなります。

「ヘッド商用キーワード群」と「テール商用キーワード群」から成る富士山型の検索エンジン集客網を築き上げる事は決して「楽ではありません」が、築き上げてしまえば検索エンジン集客は「楽」になり、「安定」します。
富士山の強みは、「横に広く拡がったすそ・ふもと」にありますが、この「横に広いすそ・ふもと部分」を担当するのが「テール商用キーワード群」です。
検索エンジン集客の「安定」を重視する場合は、「横に広いすそ・ふもと」は外せません。

頑丈な東京タワーよりも頑丈な富士山の方が「SEO集客安定度」が高くなるのは言うまでもないところであります。
「東京タワー VS 富士山」、「スカイツリー VS マウント富士」です。
両者の安定度合は、比較するまでも無いでしょう。

この「横に広いすそ・ふもと部分」の集客が、「ロングテールキーワード集客」「テールキーワード集客」です。
ロングテールSEO,テールSEOあたりを頑張ると、これら「ロングテールキーワード」群や「テールキーワード」群での検索エンジン集客数が増えて行きます。

※ここより下の文章は編集中の下書きです。
数日で編集が終わると思います。

ヘッド商用キーワードほど競争相手が多く無いのが「テール商用キーワード群」や「ロングテール商用キーワード群」ですが、この「テール商用キーワード群」や「ロングテール商用キーワード群」で「安定上位表示」「安定1位表示」を通じて「安定集客」を目指すのであれば、「ヘッド商用キーワード群」と同じように「被リンクSEO」(被リンク対策)が「必ず」必要になります。
テールSEOやロングテールSEOでも、通常のヘッドSEOと同じように「被リンクSEO」が必要になります。
もちろん毎月沢山検索されるヘッドキーワードほど多くの競争相手がいるわけではありませんので、ヘッドSEOと同量の被リンクSEOを施す必要はありませんが、それ相応の「被リンクSEO」は「テール集客」「ロングテールキーワード集客」でも「必要」になります。

「ホワイトハットSEO」と称して、「被リンクSEOは不要」「ナチュラルリンクの獲得オンリーで十分」といった「誤情報」がWeb上では出回っているようですが、短期視点で観ても中長期視点でも観ても「被リンクSEO無し」のSEO対策など「問題外」であると申し上げられます。
ナチュラルリンク(第三者が自発的に貼る自然なリンク)の獲得オンリーで商用キーワード群での集客が安定する事は短期的にも中長期的にも残念ながらありません。
同じターゲットキーワード(商用キーワード)で安定1位・安定上位を狙う貴社(貴方)の競争相手達は「順位を上げる事を目的」とした「ナチュラル風リンク」を「被リンクSEO」を通じて多く獲得しております。
十分な量の「ナチュラル風リンク」を獲得している競争相手のサイトは、多かれ少なかれナチュラルリンク「も」獲得しております。
そういった競争相手のサイトに「ナチュラルリンクの獲得オンリーのホワイトハットSEOサイト」では短期的にも中長期的にも勝負になりません。

この「ナチュラルリンク」と「ナチュラル風リンク」を検索エンジンロボット(検索エンジン人工知能,検索AI)は識別できません。
短期的に識別できないだけでなく、中長期的にも識別できるようにはなりません。
検索エンジンロボットが識別精度を高めても、被リンクSEO(被リンク対策)を施す側(※玄人SEO業者や玄人被リンク業者)が「被リンク強度」(被リンクの質)を引上げれば、また検索エンジンロボットには区別が付かなくなります。
そういう「技術」を一部の玄人SEO業者や玄人被リンク業者は実際に持っておりますので、どこまで行っても識別できるようにはならないのです。

よって、10年後20年後の大幅な進化を遂げた「検索エンジン人工知能」(検索AI)であっても「ナチュラルリンク」(自然リンク)と「ナチュラル風リンク」(自然風リンク)を識別できるようにはなりません。
ですので、貴社(貴方)の売上に繋がる商用キーワード群に限っていえば、「被リンクSEO無し」の「ホワイトハットSEO」では10年後も20年後も安定上位表示も安定1位表示も達成できるようにはならないという事であります。
そういった「現実」を知った上で、商用キーワード群での「SEO対策」をどう展開して行くのか考えて頂くとよいのではないかと存じます。
貴社(貴方)の売上に繋がらない情報収集目的キーワード(非商用キーワード)群であれば、上述したような玄人SEO業者や玄人被リンク業者が参戦して来る事は殆どありませんので、ホワイトハットSEOサイトでも安定1位表示や安定上位表示の可能性はありますが。

売上に繋がらない「情報収集目的キーワード」群のSEOと、売上に繋がる「購買目的キーワード」(商用キーワード)群では、SEOのやり方は「変わります」。
非商用キーワード(情報収集目的キーワード)群で通用するやり方(SEO手法)は、結構な数の競争相手が存在する「購買目的キーワード」(商用キーワード)群では「通用しません」。
ですので、そのへんの現実を知った上でどんなSEO対策を展開して行くのが「合理的な選択」して頂けたらと思います。

「情報収集目的キーワード」群でのSEO対策ならナチュラルリンクの獲得オンリーの「ホワイトハットSEO」という選択も有りです。
競争相手も殆どおりませんので、「被リンクSEO無し」「コンテンツSEO有り」「ナチュラルリンク獲得オンリー」の「ホワイトハットSEO」でも上位表示や1位表示できるキーワードも多く存在すると思います。
但し、ホワイトハットSEOで「安定」1位表示や「安定」上位表示を達成できるのは「十分な数のナチュラルリンクを獲得できたURL(コンテンツ)に限りますが。
ナチュラルリンクを「十分な数」だけ獲得できていないURL(コンテンツ)群に関しては、「不安定」上位表示や「不安定」1位表示ならあり得ますが、「安定」1位表示や「安定」上位表示もまず達成できません。
これが「現実」です。

ホワイトハットSEOとやらで、安定1位表示や安定上位表示が達成できるのは、「十分な数のナチュラルリンクを獲得できたURL」と「○○」(※ノウハウのため情報非公開)のみであります。
もちろん「情報収集目的キーワード」環境下での話です。
これが、売上に繋がる「購買目的キーワード」(商用キーワード)になりますと、ナチュラルリンクをかなりの数(量)獲得しても「安定上位表示」にも「安定1位表示」にも繋がりません。
競争相手のサイトは、「被リンクSEO」を通じてそれを遥か上回るナチュラル風被リンクとナチュラルリンクを獲得しますので、ホワイトハットSEOでは安定1位表示も安定上位表示も達成できません。
一時的上位表示や一時的1位表示なら達成できるかもしれませんが、じきに競争相手のサイトが施す「被リンクSEO」で形勢が逆転してしまいますので、ホワイトハットSEOでは上位や1位を長く維持する事できません。
「短期」で終わります。
売上に繋がらない非商用キーワードであれば、ホワイトハットSEOで長期の上位維持や1位維持も達成出来る事もあるでしょうが、「売上には繋がりません」^^;。

では、購買目的キーワード(商用キーワード)群での中長期的な「安定上位表示」や「安定1位表示」を達成・実現するためにはどんな「SEO対策」を展開すれば良いのでしょうか?
答えは「SEO」です。
「ホワイトハットSEO」では無く、「SEO」です。
「ホワイトハット」や「ホワイト」という言葉を除いた純粋無垢な「SEO」です。
「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略語で「検索エンジン最適化」と訳します。
この「検索エンジン最適化」(SEO)を施す事が、購買目的キーワード(商用キーワード)群で展開する「SEO対策」の「最適解」となります。
「SEO」です^^。
「ブラックハットWebスパム」では無く、「SEO」です^^。
「検索エンジン」への「最適化」です。

競争相手が多い購買目的キーワード(商用キーワード)群では、中長期的な「安定上位表示」や「安定1位表示」を望む場合は、「SEO」を貴Webサイトに施す必要があります。
「SEO」では無い「ホワイトハットSEO」では、中長期的な「安定1位表示」や「安定上位表示」は達成困難となります。
ちょうど、今現在のグーグル検索エンジンのアルゴリズム下では、「ホワイトハットSEO」を展開しているサイト群の一部が検索エンジン経由の集客数を大幅に減らして「大変」苦しんでおります。
ホワイトハットSEOは「コンテンツSEO」だけで無く「十分な数のナチュラルリンクの獲得」が出来て初めて「機能」します。
もちろん、特定のURLだけが「十分な数のナチュラルリンクを獲得するだけ」では駄目です。
基本的には、「コンテンツSEO」と「十分な数のナチュラルリンク獲得」の両方が安定上位表示や安定SEO集客を狙う「各URL」で求められるのです。
この要求というか「条件」を満たせなかったURL群はSEO集客が不安定になります。
「コンテンツSEO」は満たせても、「十分な数のナチュラルリンク獲得」を満たせずに終わる事が殆どとなります。
『SEO』視点で観た場合、こういったURL群は「被リンクSEO」が欠けている状態にあります。
そういったURLが安定して上位表示されたり1位表示される事があるかといえば、そのような事は「まずありません」。

結論を申し上げますと、「ナチュラルリンクのみに依存したホワイトハットSEOでは大半のサイトの検索エンジン集客は短期的にも中長期的にも安定しない」という事です。
一方、「『ホワイトハット』SEO」では無く、「SEO」を施しているサイトの場合は、検索エンジン集客は「安定」します。
「コンテンツSEO」も「被リンクSEO」も両方満たしているのですから、当然ながら「検索エンジン集客」は「安定」します。

純粋な『SEO』対策では、「コンテンツSEO」「被リンクSEO」「ナチュラルリンク獲得」と、バランスのとれた『SEO』対策を施しますので、集客数のブレは1年を通して小さくなり検索エンジン集客は「安定」します^^。
「SEO」を施して『検索エンジン』に最適化させているのですから、当然そうなります。
ホワイトハットSEOは純粋に検索エンジンそのものに最適化させているわけではありませんので、1年を通して検索エンジン集客が「安定」しないのも当然となります。

「ホワイトハットSEO」のように、「ホワイトハット」という名前がSEOの頭に付いてしまうと、もはや「SEO」では無くなるのです^^;。
検索エンジン集客が「安定」するのは、貴Webサイトに「SEO」(検索エンジン最適化)を施した場合のみです。
貴Webサイトに「ホワイトハットSEO」(ホワイトハット検索エンジン最適化)を施した場合は、「検索エンジンには最適化できておりません」ので、検索エンジン経由の集客は「安定」しなくなります。
多くのURLは「被リンクSEO」が欠けている状態ですから、「不安定になる」のです。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。