キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能

キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABや複合キーワードACや複合キーワードADE等の「組み合わせキーワード」で上位表示させる事は可能でしょうか?
それも「Google検索エンジン」(Yahoo検索エンジン)で「安定上位表示」や「安定1位表示」を達成する事は可能でしょうか?

早速「結論」ですが、「不可能」であります。

キーワードAで最適化されたコンテンツで「安定上位表示」や「安定1位表示」が狙えるのは、基本的には「キーワードA」のみです。
キーワードAで最適化されたコンテンツを「キーワードAB」や「キーワードAC」や「キーワードADE」等の複合キーワード(組み合わせキーワード)で上位表示させようとしても、「コンテンツと検索キーワードとの関連度の高さ」を重視するGoogle検索エンジンでは失敗して終わります。

「キーワードAB」で検索した際に「キーワードA」で最適化されたコンテンツが1位表示されていた場合にGoogle検索ユーザーの満足度が「上がるのか?下がるのか?」を考えて頂いても分かると思います。
確実にGoogleユーザーの「Google検索エンジンに対する満足度は低下」します。
「キーワードADE」で検索した際に「キーワードA」で最適化されたコンテンツが1位表示されていたらどうでしょうか?
もちろん、Googleユーザーの「Google検索エンジンに対する満足度は大きく低下」します。
求めていない情報(コンテンツ)が検索上位に表示されて喜ぶGoogleユーザーは一人(一社)もおりません。

上述の事例の場合は、「検索したキーワード」と「上位表示されているコンテンツ」との間に「殆ど関連性」がありませんので、当然のことながらGoogleユーザーの検索結果(品質)に対する満足度は低下します。
この検索結果に対する「満足度 低」の状態が長く続けば、他の検索エンジンへのユーザー流出を招きGoogleの検索エンジン市場シェアは低下します。
ですので、「そうならないよう」に検索エンジンの世界王者Googleは検索エンジンユーザーの満足度を低下させないための「対策」を講じております。

具体的には、「キーワードA」で最適化されたコンテンツが「検索キーワードAB」や「検索キーワードAC」や「検索キーワードADE」の検索結果上位に「上がって来ない」ようにGoogleアルゴリズムに調整を加えております。
「キーワードA」で最適化されたコンテンツに高強度な被リンクSEOをかなりの「量」施しても、「検索キーワードAC」や「検索キーワードAB」等で安定して上位表示や1位表示されないよう色々と、Googleアルゴリズムに「工夫」をこらしております。
そのため、キーワードAで最適化されたコンテンツに向けて、完璧に近い被リンク対策(被リンクSEO)を施しても、「検索キーワードAB」や「検索キーワードAC」や「検索キーワードADE」では、対策URLの順位は全く上がって来なかったり、「運よく」上がって来ても直に順位を落としてしまうといった事象が現実に多く発生します。

そういう検索アルゴリズムなのですから、当然「なるべくして、そうなる」のです。
現実世界で我々は「自然」に逆らって生きる事はできませんが、検索エンジン世界でも同じです。
Google検索エンジン世界でも「自然」(Googleアルゴリズム)に逆らって生きる事はできません。

キーワードAで最適化されたコンテンツが、「検索キーワードAB」や「検索キーワードAC」や「検索キーワードADE」の検索結果で上位に上がって来ないようにする方向でGoogleアルゴリズムに調整が加えられているのですから、どうあがいても対策URLの順位は「検索キーワードAB」「検索キーワードAC」「検索キーワードADE」では安定する事はありません。
たまにでも「上位」や「1位」に上がって来るのであればマシですが、申し上げた通りでしてこういったコンテンツが上位に上がって来ないにする方向でGoogleアルゴリズムの開発が進んでおりますので、未来においては全く上がって来なくなる事も予想されます。
今のところは、上がって来たり下がったりを繰り返したりするパターンと、全く上がって来ないパターンの2通りとなっておりますが、未来においては「全く上がって来ない」の1パターンに収まると考えて頂くの妥当であります。
そのため、上述したような形で一つのコンテンツで複数・多数の複合キーワード群の被リンク対策(被リンクSEO)を行っている方々は、早めに各「対策コンテンツ」(対策URL)に割り当てる対策キーワード群の「見直し」を行って頂いた方が良いと申し上げられます。

この手のメッセージは2012年初めより当SEOブログでは発しており、既に18か月ほど時が経過しております。
そろそろ、本気で「見直し」「総点検」を進めて頂かないと「手遅れ」になる時期であります。
Googleアルゴリズムは「日々」進化し変化しております。
「日々」というのがポイントです。

「毎日」小さな変更が新たに加わって、基本的に「毎日」中身が変わっております。
Googleアルゴリズムは「ずっと中身が同じまま」ではありませんので、昔通用したやり方を変えずにそのまま昔流を貫き続けますと、対策サイトがGoogleアルゴリズム(Google検索エンジン環境)に徐々に適応できなくなって行きます。
Googleアルゴリズムに適応できなくなって行けばその結果、検索エンジン集客数をどんどん減らして行く事になります。

では、「具体的にはどんな『見直し』『点検』を行えば良いのか?」ですが、とても簡単です。

例)Googleアルゴリズム不適応サイト
1,キーワードAで最適化されたコンテンツ:キーワードAで被リンクSEO
2,キーワードAで最適化されたコンテンツ:キーワードABで被リンクSEO
3,キーワードAで最適化されたコンテンツ:キーワードACで被リンクSEO
4,キーワードAで最適化されたコンテンツ:キーワードADEで被リンクSEO

↓↓↓(点検・見直し)

Googleアルゴリズム適応サイト
対策コンテンツ:対策キーワード
1,キーワードAで最適化されたコンテンツ:キーワードAで被リンクSEO
2,キーワードABで最適化されたコンテンツ:キーワードABで被リンクSEO
3,キーワードACで最適化されたコンテンツ:キーワードACで被リンクSEO
4,キーワードADEで最適化されたコンテンツ:キーワードADEで被リンクSEO

まず、サイト内の各「対策コンテンツ」と各「対策キーワード」がマッチしているかどうかの「総点検」を行います。
上記例のようにマッチしていない「対策コンテンツ」と「対策キーワード」の組合せに関しては「見直して」頂き、「策キーワード」にマッチした「対策コンテンツ」に組み替えて頂きます。
それが終われば「完了」です。
「現・未来Googleアルゴリズム」に適応したサイトになります。

上記の一連の流れ(対策の順番)を一行でシンプルにまとめますとこうなります。
「コンテンツSEO ⇒ 被リンクSEO」
この「順番」が「大事」です。
必ず、この「順番」でSEOを進めて頂く必要がございます。

「コンテンツSEO」については過去に何度も説明して来た通りでして「コンテンツKJD」を満たせばほぼ完了します。
「コンテンツ キーワード最適化」⇒「コンテンツ充実度」⇒「コンテンツ独自性」という「優先順位」に従い「順番」に要所を押さえコンテンツを仕上げて行きます。
そのようにして仕上げたコンテンツ群は、どれも各ターゲットキーワードに沿って最適化されておりますので、あとはそれらのコンテンツ群にそれぞれのターゲットキーワードを割当てて「高強度 被リンクSEO」(質の高いバックリンク対策)を「十分に被リンク設置時期を分散しながら」施して行きます。
あとは、結果が出るまで「高強度 被リンクSEO」(高強度 被リンク対策)を継続して行くのみです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする