高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い

「被リンクSEO」「コンテンツSEO」を問わず、「SEO対策」は「質的」な対策(質的SEO)と「量的」な対策(量的SEO)に分ける事ができます。
この「質」と「量」のバランスを上手くとりながらSEO対策を進めて行く事が、安定SEO集客を実現させる上で求められます。
「質」に偏りすぎても、「量」に偏りすぎても、安定SEO集客には繋がりません。

SEO対策を進めるにあたっては「質」という「視点」と、「量」という「視点」は欠かせませんが、もう一つ欠かせない視点がございます。
それは「コスト」(費用・原価)という「視点」です。
SEO分野に限った話ではありませんが、「質」強化にも、「量」増加にも、「コスト」がかかります。
「コスト」をかけずに「質」を向上させたり、「量」を増やす事が出来れば「楽なもの」ですが、現実はそうは行きません。
かならず「コスト」がかかります。

というわけでして、SEO対策を進めて行くにあたっては、この「質」「量」「コスト」の3つのバランスを取りながらSEO対策を進めて行く事が「重要」になります。
「被リンク」や「コンテンツ」の「質」を引上げると被リンクコストやコンテンツコストは上昇し、「質」を引き下げると被リンクコストやコンテンツコストは下がります。
「被リンク」や「コンテンツ」の「量」を増やすと被リンクコストやコンテンツコストは上昇し、「量」を減らすと被リンクコストやコンテンツコストは下がります。

「コスト」を下げれば下げるほど対策を継続する事は容易になりますが、SEO対策の「質」は低下し「量」も減少します。
「質」が低下すれば「検索アルゴリズム」への対応できなくなりますので、「結果は出無く」なります。
また、質を満たして「検索アルゴリズム」に対応できていても「量」が足りなければ、「結果が出るまでに大変な時間を要する」事になります。
「質」と「量」と「コスト」は、「そのような関係」にありますので、「質と量とコスト」のバランスを取りながらSEO対策を進める事は非常に重要になります。

今現在も獲得する「被リンクの数」(量)を重視している方々がWeb上には多数いらっしゃるようですが、「量」(数)というのは「質」(強度)が伴って初めて意味を成します。
「質」(強度)の伴わない「量」(数)には益は無く「害」しかありませんので、その点は注意してもらった方が良いです。
「数は力だ」という言葉がありますが、「数」(量)が実際に「力」(チカラ)となるのは、それらの「数」(量)が一定レベル以上の「質」(強度)を満たした上での話となります。
一定水準以上の質(強度)に達していない「数」(量)に関しては、「力」になるどころか「害」となって対象(対策URLや対策サイト)に負の影響を与えます。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。