SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク

被リンク対策(被リンクSEO)を施して行くにあたって一番気になり、「問題」となるのは被リンクの「アンカーテキスト」かと思います。
アンカーテキストというのは、アンカータグで括られたテキストの事です。
例)アンカーテキスト
<a href=”●●”>■■</a>

上記例の「■■」が「アンカーテキスト」にあたります。
「■■」に「ぶたさん」と記述すれば、「アンカーテキスト=ぶたさん」となります。
被リンク対策(被リンクSEO)という位置付けで外部のサイト群に被リンクを設置する際には、上記例の「●●」に順位を上げたい「URL」(対策URL)を記述し、「■■」に順位を上げたい「検索キーワード」を通常は記述します。

「ぶたさん」という検索キーワードで「http://seo.tonken.biz/ 」というURLの順位を上げたい場合は、
<a href=”http://seo.tonken.biz/”>ぶたさん</a>
<a href=”http://seo.tonken.biz/”>東京都のぶたさん</a>
<a href=”http://seo.tonken.biz/”>SEO対策集団ぶたさん HP</a>

等のように、基本的にはアンカーテキストに検索キーワード「ぶたさん」を含めて記述をする事になります。
実際にこのようなアンカーテキスト被リンクを供給して行く事で「ぶたさん」で順位は上がって来るのか?が気になるところですが、もちろん順位は上がって来ます。
が、順位の上りは非常に「悪い」ものとなります。

なぜ、順位の上りが悪いのでしょうか?
原因は、コンテンツにあります。
被リンク先の「http://seo.tonken.biz/ 」のオリジナル部分(コンテンツ)がキーワード「ぶたさん」に沿ってまとまっておらず、「コンテンツSEO」の要所たる「コンテンツ キーワード最適化」を外している事が順位を上りを悪くさせております。
Google向けのコンテンツSEOのフレームワーク「コンテンツKJD」の最初の「K」の段階で躓いているのですから、順位の上りは「当然」のように悪くなります。

ちなみ現Googleアルゴリズムですと「KJD」の「J」(コンテンツ充実度)と「D」(コンテンツ独自性)が弱くとも順位は「上がって」しまいます。
あくまで今の一時的アルゴリズム下での「話」ですが、コンテンツKJDが完璧でなくとも順位は上がります。
現アルゴリズムならコンテンツKJDが完璧でなくとも大丈夫ですが、「K」は必要になります。

現Googleアルゴリズムも「K」は要求しております。
その「K」を上述のURLは満たしていないため、Google(Yahoo)では順位が上がり辛く(上がり具合が悪く)なってしまいます。
Googleはアルゴリズムを通じて、「K」を満たすURLの順位を上がり易くし、「K」を満たさないURLの順位は下がり易く(上がり辛く)しております。
ですので、「K」を要求する「現Google検索エンジン環境に適応できていなURL」は必然的に順位の上りは悪くなります。

被リンク先の「http://seo.tonken.biz/ 」ページには「ぶたさん」という記述は一切ございませんので、順位の上りが悪くなるのも「必然」という事になります。
「ぶたさん」を含むアンカーテキスト被リンクを供給して行けば、一応は検索キーワード「ぶたさん」で順位は上がって来ます。
しかし、順位の上りは極めて悪いため、被リンク対策周り(被リンクSEO周り)の時間・手間・コストが嵩み効率的ではありません。

「そのコンテンツ(URL)が何か?は第三者(被リンク)が決める」という考え方を色濃く反映した検索アルゴリズムであれば、「ページ」や「コンテンツ」の中身に関係無く「アンカーテキスト被リンクの力」だけで順位は上げられます。
「ページ」(オリジナル部分+共通部分)で何が書かれていようと、コンテンツ(オリジナル部分)で何が書かれていようと、関係無く「アンカーテキスト被リンクの力」だけで順位は上げられます。
一昔・二昔前のGoogleは実際にそういった考え方をアルゴリズムに反映させておりました。

当時は「アンカーテキスト被リンクパワー」が「SEOパワー」(SEOの力)の大部分を占めておりましたので、「Google SEOは被リンクで決まる」「Google SEO=被リンク」等と言われたのです。
コンテンツやページが「ぶたさん」でまとまっておらずとも、「アンカーテキスト被リンクの力」で順位を「余裕」で上げる事が出来たのが一昔二昔前のGoogleでございます。
が、現在のGoogleではそうは行きません。

現在は「SEOパワー」(SEOの力)の中身(パワーの内部構成)が当時とは異なり「かなり」変化して来ております。
変化の結果、「ターゲットキーワードに沿ってまとまったコンテンツ」も「力の一部」として要求されるようになっております。
なお、求められているのは「ターゲットキーワードに沿ってまとまった”ページ”」では無く「ターゲットキーワードに沿ってまとまった”コンテンツ”(オリジナル部分)」の方ですので御注意ください。
共通部分がターゲットキーワードに沿ってまとまっている事まではGoogleアルゴリズムは要求しておりません。

現在も共通部分の記述(表現)は比較的「自由」に行えます。(表現の自由)
「Google規制」(制限)の対象となっているのは、オリジナル部分(コンテンツ)の方ですので、オリジナル部分に関しては「表現の自由」などとは言ってられません。
ターゲットキーワードに沿った記述がオリジナル部分では「求められます」。

オリジナル部分で「表現を自由」に行いたいのであれば、代償としてターゲットキーワードでの「安定上位表示」や「安定1位表示」は捨てて頂く事になります。
そもそもGoogle規制やGoogleルールに「従わない自由」もございますので、それはそれで選択肢として「あり」かと思います。
また、「Googleが設ける短期規制(一時的規制)や一時的ルールには従わず、中長期的規制や中長期的ルールのみに従う」等のように、「貴社独自の方針」を設けてGoogle SEOを行うのも一つのやり方であります。

Web上には、「Googleの設けるすべての規制やルールに従う事が『善』であり従わない事は『悪』である」・・・、みたいな考えを持った人々も多く存在します。
「『Google=神』であり、Googleに従わない者は『悪者』『悪』である」と言わんばかりの「声」(観念)をWeb上でチラホラみかけます。
確かにGoogleが「神」であるならば従わない事は「悪」なのかもしれませんがが、「現実」にはGoogleは神でも何でもありません。

神では無いのですから、「Google=正しい」という考え方や認識も「誤り」です。
検索アルゴリズム開発過程では迷走(誤り)としか言いようがない方向へGoogleが走って行く事がよくございます。
特に2010年代に入ってからその傾向が顕著です。
それらの一時的な「迷走」(迷走アルゴリズム)に従う必要はございません。

また、Googleは短期的な陽動アルゴリズムも組み込んでおりますが、あくまで「陽動」ですのでいちいちそれに応じてサイトを最適化させる必要もございません。
迷走アルゴリズムや陽動アルゴリズムは、「無視」すれば良いのです。
「無視するに値するアルゴリズム」は「徹底無視」で対処する事が「Google SEO対策」となります。

「Google神のやる事なす事、全て正しい」等と思い込んで観念SEOを展開しておりますと「高確率」で痛い目にあいます。
実際、過去には「迷走」でしかなかった一時的アルゴリズムや、「陽動」「詭道」「作戦」的な色彩を帯びた一時的アルゴリズム等が色々とございました。
ですので、「目先のGoogleアルゴリズムに最適化させる事が正しいSEO」などとは考えない方が良いのであります。

Google側の「一時的な迷走」に過ぎない「一時的なアルゴリズム」(短期的アルゴリズム)等に最適化させても一時的な結果しか得られませんので、そういった一時的アルゴリズムは「無視」したり「軽視」する「姿勢」も「中長期SEO対策」では「必要」になります。
「目先の見えるものに対してなら何でも反応する」「動くものに対してなら何でも反応する」「小事・大事を問わず動くものには反応する」といったような行動をとらない事が、「中長期SEO対策」では「求められます」。
小事(しょうじ)に対しては、「動かざること山の如し」・・・が「中長期SEO対策」の「基本姿勢」となります。

もちろん、目先の利や短期的なものを重視する方々の場合は別です。
目先の「迷走アルゴリズム」や「陽動アルゴリズム」や「詭道アルゴリズム」や「作戦アルゴリズム」にサイトを最適化させて目先の利益(一時的な利益)を得れば良いのです。
その結果、中長期的な利益を失う事もよくございますが、その辺の事は「見通した上(計算した上)でやっている事」かと思いますので、何も申し上げません。

見通せておらず、計算も出来ていない場合は、もちろん「問題」でありますが・・・^^;。
「中長期を重視するのか?目先短期を重視するのか?」は、其の人・其の企業の「価値観」や「生き方」や「考え方」の問題でもありますので、これ以上の言は控えます。

SEOパワーの話に戻ります。
ここ数年のGoogle SEOでは、SEOパワー(SEOの力)の「構成要素」に新たに「コンテンツ」が加わっており、SEOパワーに占める「アンカーテキスト被リンク」の割合は低下しております。
替わって「コンテンツSEO」の占める割合が高まって来ております。

そのため、「被リンクSEO」だけでなく「コンテンツSEO」も意識しなければならなくなっております。
シンプルに、「『SEOの力』の中身に『コンテンツSEO』も加わった」と捉えて頂けたらと思います。

物事は何でも「力関係」で決まって行きます。
「力」が物事を動かし、「力」が物事を変えて行きますので、当然SEO分野でも其の「力」を押さえねばなりません。
貴社が上位表示や1位表示を狙っているターゲットキーワードの検索結果画面において、貴URLの順位を「変えたい」と望むのであれば、「力」が必要になります。

物事を変えて行くの「力」ですので、SEO上の「力」を押さえねばなりません。
では、その「力」の「構成要素」は具体的には何でしょうか?
SEO上の「力」は、「アンカーテキスト被リンク」のみで構成されているのでしょうか?

「力」の構成要素が「アンカーテキスト被リンク」のみであるなら、「アンカーテキスト被リンク」を押さえればOKという事になります。
後は、「量」(数)の勝負で敵との決着が付く事になります。
が、実際には検索結果の順位を「アンカーテキスト被リンク」のみで「動かし切る」事も「変え切る」も出来ません。

上述した通りでして、「アンカーテキスト被リンクの力」のみで物事(検索結果)を動かして変えて行こうとすると、大変なコスト・手間・時間が掛かり、とても現実的ではありません。
「アンカーテキスト被リンク」は「力の一部」に過ぎませんので、「アンカーテキスト被リンク」だけでは「力不足」になってしまいます。
その「力不足」を「被リンクの数」(被リンクコスト)で補おうとすると、「莫大なコスト」が掛かります。

「力の不足」を「莫大なコスト」で補えば、検索結果の順位を「変え切る」事も「動かし切る」事も出来る場合もございますが、その莫大なコストを投じる事ができる企業の数は限られます。
殆どの企業では、「莫大なコスト」がネックとなり順位を「変え切る」前に体力が尽きて撤退となるのが普通です。

申し上げた通りでして、「SEOの力」を構成する要素には、「アンカーテキスト被リンク」以外の要素も含まれております。
それが「コンテンツ」(コンテンツSEO)であります。
「被リンクSEO」とあわせて、この「コンテンツSEO」という力「も」しっかり押さえておかないと、Google SEOは「大変割高」(超割高)になってしまいます。

さて、前置きが大変長くなりましたが、本題(アンカーテキストのSEO効果)に入ります。
SEO効果の「有る」アンカーテキストというのはその時代その時代で変って行きます。
ある時代(時期)にSEO効果の高かったアンカーテキストが次の時代(時期)に入るとあまり効果的では無くなり、更に次の時代に入ると今度は逆にSEO効果が大きく高まる・・・といったように、その時代その時代でアンカーテキストのSEO効果は変わって行きます。

「アンカーテキストのSEO効果は時代とともに変化して行く」・・・・・、そこを「十分に理解し計算に入れた」上で供給して行く被リンクの「アンカーテキスト」を決めて頂く必要がございます。
目先のアルゴリズム下ではSEO効果が低下したアンカーテキストであっても、中長期的アルゴリズム下では一定以上のSEO効果が期待できるアンカーテキストであるならば、迷わず其の「中長期アンカーテキスト」を設置して行く・・・、そのような「判断」が中長期SEO対策では求められます。

その時代その時代で「力」と成る「アンカーテキスト」は変わって行きますので、「現在」だけでなく「未来」に「力」を発揮するアンカーテキスト群も予測した上で、設置する被リンク(適当な被リンク)を決めて頂くと良いかと思います。
この「未来予測精度」が高ければ高い程、質の高い(高強度な)中長期被リンク対策が展開できます。

その「中長期被リンク対策」の土台となるは「アンカーテキスト」ですので、「中長期的なSEO効果が期待できるアンカーテキスト」に関してはよく「研究」してもらった方が良いと思います。
アンカーテキストについて色々研究するにあたっては、「時間」を軸にして被リンクの「アンカーテキスト」を分類して頂くと良いのではないかと思います。

1,「短期的な力となるアンカーテキスト」(短期的に力となるアンカーテキスト)
2,「中長期的な力となるアンカーテキスト」(中長期的に力となるアンカーテキスト)
アンカーテキストを大きく分類するとこの2つに分ける事ができます。

【短期的な力となるアンカーテキスト】(一時的アンカーテキスト・短期的アンカーテキスト)
▼今は効果が期待できるが、近未来においては効果が低下・無くなるアンカーテキスト
▼今後もアルゴリズムの更新過程で断続的に短期間ではあるが効果(力)を持つアンカーテキスト
▼其の時その時の一時的アルゴリズム下で一時的に評価され一時的に効果を発揮して終わるアンカーテキスト
▼一時的アルゴリズム下で「有効」「有益」と認定されても、中長期アルゴリズム下で「無効」「有害」と判断されるアンカーテキスト

【中長期的な力となるアンカーテキスト】(中長期的アンカーテキスト)
●今は効果が薄い・無いが今後、近未来・遠未来において効果が出て来る・上がって行くアンカーテキスト
●今後のアルゴリズム更新過程でも常に評価され続け、効果(力)を持ち続けるアンカーテキスト
●Googleのベースとなる中長期アルゴリズム下(ベースアルゴリズム下)で評価され続け、中長期的な効果を発揮し続けるアンカーテキスト
●其の時その時の一時的アルゴリズム・短期的アルゴリズム下では「無効」「有害」と認定される事があっても、中長期的アルゴリズム下では「有効」「有益」と判断されるアンカーテキスト

「短期的な力となるアンカーテキスト」と「中長期的な力となるアンカーテキスト」の例をザッと挙げてみました。
アンカーテキストの「おおよそ」を把握する上では役立つかと思います。
大雑把で結構ですので、どのようなアンカーテキストが「短期的に力を持つアンカーテキスト」や「中長期的に力を持つアンカーテキスト」に属するのかだけ把握しておいて頂けたらと思います。

Google SEOでは「中長期的な力となるアンカーテキスト」を積み上げて行くと良いと申し上げられます。
途中で外す事無く(解除する事無く)半永久的に設置し続ける「固定被リンク」を増やして行くSEO戦略(SEOシナリオ)を頭の中で描いていらっしゃる方々は、この「中長期アンカーテキスト」に属する被リンクを積み上げて行くと良いです。

【中長期アンカーテキストの具体例】
1,コンテンツ要約型アンカーテキスト
2,キーワードオンリー型アンカーテキスト
3,質問型アンカーテキスト

アンカーテキストにも色々と「型」(かた)がありますが、上記3つは中長期的な効果が期待できるアンカーテキストの「型」と申し上げられます。
対策URL(順位を上げたいURL)のコンテンツの内容を非常に短く「要約」したものが「1」番目の「コンテンツ要約型アンカーテキスト」です。
「コンテンツ要約型アンカーテキスト」は、今後も確実に通用し続ける中長期的なアンカーテキストといえます。

コンテンツがターゲットキーワードに沿って確りまとまっている場合は、その「ターゲットキーワードだけ」を記述したアンカーテキスト(キーワードオンリー型アンカーテキスト)も今後も確実に通用し続けます。
あるコンテンツを非常に短く要約し、これ以上短く要約する事が出来ない最小要約単位が「2」番目の「ターゲットキーワードだけのアンカーテキスト」です。
この「キーワードオンリー型アンカーテキスト」も「要約」である事にかわりはないため通用し続けます。

「要約アンカーテキスト」は、「順位を上げる事だけを目的としたアンカーテキスト」とは根本的に異なります。
そのため、中長期的な検索ロボット(検索AI)に「順位上げだけが目的のアンカーテキスト」と解釈される事は「まずございません」。
仮に、一時的アルゴリズム(検索ロボット)に、「順位を上げる事だけを目的としたアンカーテキスト」と解釈されて順位を落とす事があったとしても、一時的順位ダウンで終わりますので問題ありません。

所詮は「一時的アルゴリズム」が下した判断です。
一時的アルゴリズムは一時的に検索エンジンに導入された後「消えて行きます」ので、順位ダウンという「一時的現象」を「問題」視して対処する必要はありません。
「一時的順位ダウン事象」は時間経過で自然消滅しますので、「無視」「放置」する事こそが「中長期SEO対策」となります。

「コンテンツ要約型のアンカーテキスト」も「キーワードオンリー型のアンカーテキスト」もあくまで「コンテンツの要約」であります。
貼られるべくして貼られる「自然なアンカーテキスト」ですので、中長期で通用し続けます。
このようなアンカーテキスト(被リンク)が「中長期アンカーテキスト」(中長期被リンク)であります。
この中長期被リンクを積み上げて行く事がGoogle SEO持続的成功の「コツ」であり、「力」となります。

あとは、今後の検索エンジンAI(検索エンジン人工知能)の能力向上で徐々に評価されて行くアンカーテキストとして「質問型アンカーテキスト」もございます。
被リンクのアンカーテキストが「質問文」、被リンク先のコンテンツが「質問に対する答え」(アンサー)となるような組み合わせであれば、質問型アンカーテキストも中長期で通用するアンカーテキストとなります。
但し、質問型アンカーテキストのSEO効果は検索エンジンAI(検索エンジン人工知能)の能力次第(理解力次第)となってしまうため、高い効果が期待できるようになるのは「今後」という事になります。

検索AIの能力がまだまだである現時点においては、被リンクSEO時に質問型アンカーテキストに重点を置き過ぎるのは控えて頂いた方が良いと申し上げられます。
検索エンジン人工知能の能力の向上具合を観ながら、「現時点ではどのようなアンカーテキストを組合せて行くと効果的か?」を考え、設置被リンク群のアンカーテキスト「配分」を決めて頂くと良いのではないかと思います。
当面は「要約型アンカーテキスト」(1番と2番)中心の被リンク対策が「吉」、長い目で観ると「質問型アンカーテキスト」(3番)も「吉」という位置付けになりますので、「要約型アンカーテキスト」中心で攻めて行くのがよいかと思います。

Web上を観ますと、「被リンクのアンカーテキストは『分散』した方が良い」だとか、「『集中』(同一)した方が良い」だとか、色々な情報(意見)が溢れております。
が、「アンカーテキストは分散か?集中か?」という争点は、あまり重要ではなかったりします。
重要なのは「中長期アンカーテキストなのか?」「短期アンカーテキスト(一時アンカーテキスト・目先アンカーテキスト)なのか?」の方であります。

目先のアルゴリズム(短期的アルゴリズム・一時的アルゴリズム)の要求を満たす短期アンカーテキストを「分散」させたところでリスクの分散にはなりません。
目先のアルゴリズムに最適化させている事そのものが「リスク」であります^^;。
目先アンカーテキスト(一時アンカーテキスト)を「分散」させたところで「短期的な力しか持ち得ないアンカーテキスト」であることにかわりはありません。

目先アンカーテキストを幾ら分散しようと「同じ穴の狢(ムジナ)」に過ぎず、様々なバリエーションの目先アンカーテキストが増えるだけです。
実現できるのは目先リスクの分散のみで、中長期リスクにはまったく対応できません。
リスク分散をいうのであれば、被リンク対策を通じて「中長期アンカーテキスト」を重点的に設置して行きながら、其の時その時の目先アルゴリズムにも配慮して「目先アンカーテキスト」も多少は設置して行くような形をとれば、リスク分散には一応なります。

なお、中長期的なアルゴリズムの要求を満たす「同一」の中長期アンカーテキストを「集中」させた場合ですが、中長期リスクは高まりません。
キーワード「ぶたさん」に沿って初めから終りまでまとまっているコンテンツに対して、「ぶたさん」オンリー(キーワードオンリー)のアンカーテキスト被リンク(同一の中長期被リンク)が多く集まる事は「不自然」ではありません。
「ぶたさん」で初めから終りまで完璧にまとまったコンテンツに、「ぶたさん」オンリー(キーワードオンリー)の中長期アンカーテキストが「集中」する事は、極めて「自然」(ナチュラル)な事であります。

では、短期的なアルゴリズム(一時的なアルゴリズム)によって、中長期アンカーテキストが実際に「不自然なリンク」と認定された場合はどうすれば良いでしょうか?
答えは、やり方を「変えない」事です。
やり方を変えずに坦々と中長期被リンクSEOを継続していれば良いのです。

もちろん、既に設置済みの中長期被リンク群も一切手を付けず外しません(解除しません)。
設置済みの中長期被リンクが、「一時的アルゴリズム」に「不自然なリンク」と判断されても、「中長期アルゴリズム」は「自然なリンク」と判断しますので、外す必要はありません。
この局面で「中長期被リンクを外す」のが目先志向SEO・短期志向SEOです。
この局面で「中長期被リンクを外さない」のが中長期志向SEO・大局SEOであります。

そのまま、中長期SEO対策を継続しながら台風(一時的なアルゴリズム・短期的なアルゴリズム)が過ぎ去るのを持っていれば良いのです。
超が付くほどの大型台風であろうと所詮は「台風」(一時的)です。
いつまでもとどまり続ける事はありません。

やがて勢力を失い「消えて行きます」。
それが台風のさだめであります。
台風が過ぎ去った後には、「中長期アルゴリズム」という名の「検索アルゴリズム」が顔を出し、アンカーテキスト周りを「支配」するようになります。

よって、中長期アルゴリズムだけを観て「動いていれば」良いのです。
「短期的なアルゴリズム」(一時的なアルゴリズム・目先的なアルゴリズム)の為に、貴社がわざわざ動いて対応する必要はございません。

表現を換えますと、「小事(一時的アルゴリズム)を見て動く必要は無い」「小事(目先)を見て反応し対応する必要は無い」という事であります。
「大事(中長期アルゴリズム)だけを観て、大事の求めに応じて動けば良い」のであります。
それが「中長期Google SEO」であり、「大局Google SEO」であります。

「小事は見ない」「小事は軽視・無視」「小事程度で反応して動かない」「大事に集中する」、そういう姿勢でSEO対策に臨んで頂いた方が、Google SEOは上手く行きます。
また、成功確率も高まります。
目先アルゴリズム(一時的アルゴリズム)に反応してその都度動いてしまう(中長期被リンクを外してしまう)ようですと、Google SEOの失敗確率が飛躍的に高まります。

目先的(一時的)なものに対して「動かざる事、山の如きスタンス」でSEO対策に臨んで頂いた方がSEO集客は上手く行きます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする