コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定

SEO対策の世界では、「キーワード選定」が重要だと言われますが、実際「キーワード選定」で勝負は殆ど決まってしまいます。
最初から「敗ける」事が決まっているキーワードを選んでしまえば、戦う前から勝負が付いている状態となってしまいます。

「先ず戦いて、しかる後に勝ちを求む」式の戦い方をすると、殆どの場合は「敗けるキーワード」を選んでしまいます。
勝つか負けるは分からないが、とりあえずSEOの戦いを開始して、それから勝ちを求めると大抵は「敗けるキーワード」を選んでしまいます。
検索結果1ページ目に表示されるのは10URL(10社)のみです。

集客やブランディング効果が期待できる「椅子」は「10脚」しかありません。
非常に狭き門です。
検索結果2ページ目以降の「椅子」は集客もブランディング効果も期待できません。

皆が「座りたがる椅子」の数は「10脚」しかありません。
僅か10脚です。
それに対して「10脚の椅子」を巡って奪い合う「全国の競争相手の数」はどれくらいになるでしょうか?

「地理的距離」によって築かれた「障壁」によって外敵から堅く守られているがために競合企業が僅かしか存在せず競争が緩い「リアル世界」と、地理的距離障壁が存在しないがために競争相手がひしめき合い競争が激しい「Web世界」では「競争の次元が違い」ます。
勝ち続ける為に求められる「競争力」が前者と後者では全く異なります。
「先ず戦いて而る後に勝ちを求む」式や、「先ず負けて而る後に戦いを求む」式の戦い方で、地理的距離障壁無き「Web世界」で、SEO競争を制し続ける事ができるものかどうかお考えください。

「先ず戦いて而る後に勝ちを求む」式で、何となくSEOの戦いを開始して何となく競争を制して、1位~10位の「椅子」に安定して座り続ける事ができるものでしょうか?
通常はまず実現不可能です。

偶然といいますか、天然的に非常にSEO対策に強いサイトを作り上げる方が、ごく僅かではありますが存在します。
そういった方々の対策URLに、これまた偶然「勝てるキーワード」が割当ててられていて、これまた偶然その対策URLに向けて高強度な被リンク対策(被リンクSEO)を施されていれば、安定して1位~10位の椅子に長く座り続ける事も可能です。
が、これだけ「偶然」や「天然」が重なる事は「稀」です。

「先ず勝ちて、而る後に戦いを求む」式で「キーワード選定」を行い、その上で戦略的・計画的にSEOの戦いを仕掛けて来る競合URL(競合サイト・競合企業)群を相手に、何となく戦っているSEO素人達が安定して「上位の椅子」や「1位の椅子」に座り続ける事は通常は出来ません。
運良く一時的に「上位の椅子」「1位の椅子」に座る事が出来ても直に競合する「SEO玄人達」によって「引き摺り下ろされ」てしまいます。
SEO素人方の場合は、その大半が「先ず負けて、而る後に戦いを求む」式の戦い方になっているため、遅かれ早かれSEOの戦いに敗れて「負ける」事になります。

負けてしまう主因の一つが「キーワード選定」です。
SEO素人方は、「敗けるキーワード」を選定してしまうのです。
また、「勝てるキーワード」を選定できているものの、それを「負けるURL」(負けるコンテンツ)に割当てしまう例もよく見かけます。

今回は「キーワード選定」について書いておりますが、他にも「コンテンツ選定」や「URL選定」(住所選定)や「被リンク選定」など「選定」にも色々と種類がございます。
「色々」書きたいところですが当記事の「字数規制」(字数制限・字数上限)に引っ掛かってしまいますので「キーワード選定」に絞って書せて頂きます。

SEO素人方の多くは一般的に「上位表示させたいキーワード」を「上位表示させたいURL」(上位表示させたいコンテンツ)に割当てます。
「上位表示が期待できるURL」(上位表示が期待できるコンテンツ)に「上位表示が期待できるキーワード」を割当てるのでは無く、「願望」「欲求」のままにキーワードを割当てて被リンク対策(被リンクSEO)を開始する傾向がございます。

【SEO素人のキーワード割当てパターン】
1,「負けが見込めるURL」(負けが見込めるコンテンツ)に「負けが見込めるキーワード」を割当てる
2,「負けが見込めるURL」(負けが見込めるコンテンツ)に「勝ちが見込めるキーワード」を割当てる
3,「勝ちが見込めるURL」(勝ちが見込めるコンテンツ)に「負けが見込めるキーワード」を割当てる
4,「勝ちが見込めるキーワード」に「負けが見込めるURL」(負けが見込めるコンテンツ)を割当てる

SEO素人方の多くは、概ねこれらのどれかの「パターン」に嵌る「キーワード選定」と「割当て」を行っております。
そして、見込み通り「敗ける」のです。

「1」は、「コンテンツSEOが全く出来ていないURL」を頭の中で思い浮かべてください。
特定のキーワードに沿ってコンテンツが確りまとまっているわけでもない、このURLにどのようなキーワードを割当てて被リンク対策(被リンクSEO)を施そうと結果は見えております。
戦う前から中長期的な「負けが確定」している「コンテンツ」に何をしようと「負ける」事に変わりはありません。

「先ずコンテンツSEOで勝ちて、而る後に戦いを求む」式でSEO対策を進めねばならないにも関わらず、「先ずコンテンツSEOで負けて、而る後に戦いを求む(勝ちを求む)」式でSEO対策を進めているのが「1」パターンです。
商用キーワードにひしめく競合URL群を相手に勝ち続ける事など到底出来ません。
毎回申し上げておりますが、「コンテンツSEOが出来ていない」段階で勝負はついているのです。

戦う前から負けがほぼ確定しているのが「1」パターンです。
SEOの基本は「コンテンツSEO⇒被リンクSEO」の流れで対策を進めて行く事にあります。
基本が全く出来ていないのが「1」パターンだと思って頂けたらと思います。

「2」パターンのように、「負けが見込めるURL」(負けが見込めるコンテンツ)に「勝ちが見込めるキーワード」を割当てても「負け」ます。
「Googleはコンテンツを上位表示させる検索エンジン」であると何回も申し上げて来ましたが、「そのコンテンツのSEOが出来ていない」のが「2」パターンのURLです。
競争相手が少ない・弱い「勝ちが見込めるキーワード」であっても、上位表示させようとするコンテンツが「勝ちを見込めるキーワード」に沿ってまとまっていない以上、安定上位・安定1位は「見込めない」のがGoogleアルゴリズムであります。

「被リンクの力」で一時的上位は期待できますが、安定上位はまず期待できません。
「コンテンツSEO無しURL」に対して競争相手が少ない・弱い「勝ちが見込めるキーワード」で被リンク対策(被リンクSEO)を施して期待できるのは一時的上位くらいのものです。

「3」は「勝ちが見込めるURL」(勝ちが見込めるコンテンツ)を用意している点で、SEOの基本は出来ておりますが、後半部分(被リンクSEO段階)が問題です。
競争相手が多い・強い「負けが見込めるキーワード」を選んでしまっている点で、やはり「負け」が見込めます。
競争相手が非常に多い・強い「ビッグキーワード」や「超難関キーワード」というのは「資本」の勝負になります。

SEOの後半部分を担う「被リンク対策」(被リンクSEO)で「資本の勝負」となるのです。
腕の立つ玄人SEO業者を1社 用いるのやっとの小資本企業が、腕の立つ玄人SEO業者を数社~十数社 用いる事ができる中資本企業や大資本企業にはどう頑張っても勝てません。
最終的に被リンク対策(被リンクSEO)は高度な腕(技術)のもとでの「量」(数)の勝負になりますので、資本が大きい方が勝つと「決まって」おります。

「資本の勝負」が要求される「ビッグキーワード」や「超難関商用キーワード」は小資本企業が攻めてはならない城(キーワード)です。
しかし、その城に攻め込んで被リンクコスト(被リンクSEOのコスト)を集中させて企業体力を消耗させてしまうSEO素人方が非常に多く存在します。
この戦い方は負けパターン「3」に該当します。

「4」は、おまけ的なパターンとして付け足しました。
「勝ちが見込めるキーワード」を最初にピックアップして選定できているものの、それらの選定したキーワードの割当先が「負けが見込めるURL」(負けが見込めるコンテンツ)となっているために負けてしまうパターンです。
「勝ちが見込めるキーワード」(自社の資本で競り勝てるキーワード,競争相手が少ない・弱いキーワード)を選んだところまで合格ですが、それらの「勝ちキーワード」をサイト内の既存のページ群(URL群)に「無理やり」割当てて、「負け」を確定させてしまっているのがこの「4」です。

サイト内に「勝ちキーワード」にピッタリのコンテンツ(ピッタリURL)が存在しないのであれば、それ専用の「ぴったりコンテンツ」(ピッタリURL)を用意して、そのURLに「勝ちキーワード」を割当てれば良いだけの話なのですが、それを「やらない」のが「4」パターンに嵌るSEO素人方です。
そして、見込み通り「負け」ます。
「先ず負けて、而る後に戦いを求む」を「4」パターンの方々も実践してしまっているため、当然の結果として「負け」喫するのです。

では、上記4パターンのどれかに当て嵌まる御客様方からSEO対策(被リンク対策)の依頼を頂き、玄人被リンク業者や玄人SEO業者がこの4パターンのURL群に被リンクSEOを施した場合、対策したURL群は中長期的にどうなるでしょうか?
結論を先に申し上げますと、「負け」ます。
「先ず負けて」いるURL群なのですから、「而る後」に玄人SEO業者や玄人被リンク業者がどう頑張っても「負け」るのです。

「負けパターン」から脱して頂かないと、玄人SEO業者や玄人被リンク業者のサービスを使ったところで同じであります。
特に玄人被リンク業者の場合は、「高強度被リンクの供給のみを業」としておりますので、「負けパターン」に嵌っているURL群であっても内部対策(内部SEO)のアドバイスはしません。
よって、「負けパターン」に対して被リンク対策を施す形になります。

この「負けパターン」に嵌っているURL群に対して必要な内部対策(内部SEO)のアドバイスするのが玄人SEO業者のSEOサービスです。
ゆえにSEO素人方の場合は玄人SEO業者のサービスを利用した方が高い確率で結果に繋がって行くのです。

SEOというのは「内部対策」(内部SEO)と「外部対策」(外部SEO)の2つで構成されております。
この内の「外部対策」(外部SEO)は一般的には「被リンク対策」(被リンクSEO)と呼ばれており、この「外部対策」を専門に行うのが「被リンク業者」です。
「コンテンツSEO」等の「内部対策」と「被リンクSEO」等の「外部対策」の両方を行うのが「SEO業者」です。

「被リンク業者」と称していても「内部対策」のアドバイス等を行っている業者は「SEO業者」です。
逆に「SEO業者」と称していても「内部対策」のアドバイスを何も行わない業者は「被リンク業者」です。
玄人「被リンク業者」のサービスには「内部対策」のアドバイスは伴いませんので、最低でも「SEO中級者」(内部SEO玄人)か、「SEO上級者」(SEO玄人)でないと活かす事はできません。

トンケン経営研究所 SEO事業部も現在提供中の「SEOサービス」とは別で、「被リンク豚」なる「被リンクサービス」の提供も予定しておりますが、弊被リンクサービスも「SEO中級者」(内部SEO玄人)~「SEO上級者」(SEO玄人)が対象です。
最低でも「SEO中級者」(内部SEO玄人)レベルに達していないと「被リンクサービス」は活かせません。
上記「負け4パターン」に嵌っているSEO素人方が被リンクサービスを利用しても「勝ち」は見込めません。

SEO素人方が「勝ちを見込む」には「内部対策+外部対策」の「SEOサービス」の方を利用する「必要」があります。
なお、SEO素人方が「SEOサービス」を利用しても「内部対策」アドバイスに沿って内部SEOを施さなければ、「先ず負けて而る後に被リンクSEOを施す」というパターンは変わりませんので、「負けを見込む」事になります。

「キーワード選定」の話に戻ります。
SEO素人方は「願望」「欲求」に基づいて「キーワード選定」をする傾向があります。
SEO玄人方は「勝ち」「勝てるかどうか」に基づいて「キーワード選定」をする傾向がございます。

【SEO玄人方のキーワード割当てパターン】
壱,「勝ちが見込めるURL」(勝ちが見込めるコンテンツ」に「勝ちが見込めるキーワード」を割当てる
弐、「勝ちが見込めるキーワード」に「勝ちが見込めるURL」(勝ちが見込めるコンテンツ)を割当てる

「壱」は、まずサイト内の既存URL群の中から「勝ちが見込めるURL」を探すところから始まります。
「勝ちが見込めるURL」(勝ちが見込めるコンテンツ)というのは、「特定のキーワードに沿ってコンテンツSEOが出来ているURL」の事であります。
「コンテンツSEO有りURL」が、それです。

この「コンテンツSEO有りURL」に、そのURLのコンテンツの「主たるキーワード」を割当てて被リンク対策(被リンクSEO)を施せして行けば、通常は順位が上がって来ます。
あとは、その割当てたキーワードが「勝ちが見込めるキーワード」かどうかだけです。
自社の資本で競り勝てるキーワードや、競争相手が少ない・弱いキーワードなどは「勝ちが見込めるキーワード」ですので、それらのキーワードで被リンク対策(被リンクSEO)を施して行けば必勝(必ず勝つ)とまでは行きませんが、高い「確率」での「勝ち」が見込めます。

なお、「コンテンツSEO有りURL」であっても、「負けが見込めるキーワード」に沿ってコンテンツSEOが施されている場合は、被リンク対策(被リンクSEO)を施しても「負ける」事が見込まれますので、其のURLは対策候補から外す事になります。

「弐」は、まず「勝ちが見込めるキーワード」探しから始まります。
そしてピックアップした「勝ちが見込めるキーワード」に「ピッタリ合うコンテンツ」がサイト内の既存URL群に存在するかチェックします。
その結果、「勝ちが見込めるキーワード」にピッタリのコンテンツがサイト内にあった場合は、そのコンテンツを持つURLに「勝ちが見込めるキーワード」を割当てて被リンク対策(被リンクSEO)を施します。

サイト内を探した結果、「勝ちが見込めるキーワード」に「ピッタリ合うコンテンツ」がサイト内に存在し無かった場合は、「勝ちが見込めるキーワード」に沿って「初めから終りまで確りまとまったコンテンツ」(SEO用コンテンツ)を新たに用意します。
新規で用意した其の「コンテンツSEO有りURL」に「勝ちが見込めるキーワード」を割当てて被リンク対策(被リンクSEO)を施す形をとります。
この場合も「必勝」(必ず勝つ)とまでは行きませんが、高い「確率」で「勝ち」が見込めます。

「勝ちが見込めるキーワード」と「勝ちが見込めるコンテンツ」(勝ちが見込めるキーワードに沿って最適化されたコンテンツ)を「組合せ」て、その上で「被リンク対策」(被リンクSEO)を施し、高い「確率」で勝ちを積み上げて行くのが「不敗の地」に立つSEO玄人の戦い方となります。
SEOの基本である「コンテンツSEO⇒被リンクSEO」は当然のように押さえつつ、同時に「勝てるキーワード選定」も押さえているのがSEO玄人です。
SEO素人方の中にも「コンテンツSEO⇒被リンクSEO」は確り押さえている方はおりますが、「負けるキーワード」を「選定」している点でSEO玄人とは異なります。

「負けるキーワード」を選定してしまうと、やはり見込み通り「負け」ます。
「負けの見込めるキーワード」の代表格は「ビッグキーワード」や「超難関商用キーワード」です。
なお、これらのキーワードも「資本の勝負」で競り勝てる中資本企業や大資本企業には「勝ちが見込めるキーワード」となります。

「小資本企業」と「中資本企業・大資本企業」では戦い方が異なります。
自社の「資本」を「自覚」した上で、戦い方を選択する必要があります。

ビッグキーワードや超難関キーワードに関しては、「資本の勝負」を制する資本が備わってから、「戦争」を仕掛ければ良いのです。
それまでは徳川家康のように「待つ」事であります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする