キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備

検索エンジンの世界に「100%」や「確実」という言葉はありませんが、「確率」という言葉ならございます。
検索エンジンの土台たる検索アルゴリズムは変化し続けます。

「土台」が動かない世界であれば「100%」「確実」という言葉も存在し得ますが、「前提自体」「基準そのもの」が動いてしまう世界においては「100%」「確実」等という言葉は存在し得ません。
「土台」が動く世界では存在し得る言葉は「確率」であります。

この「確率」を「高めて行く対策」が「SEO対策」です。
ターゲットキーワードで貴URLを高「確率」で「1位表示」「上位表示」させるための「対策」が「SEO対策」です。

コンテンツSEOが出来ていないURLに被リンクSEOを施した場合は上位表示「確率」は下がり、コンテンツSEOが出来ているURLに被リンクSEOを施した場合は上位表示「確率」は上がる・・。
このように上位・1位実現の「確率」を高めて行くのが「SEO対策」です。

「安定上位表示」・「安定1位表示」を追求する「中長期SEO対策」においても、この「確率を高める対策」が非常に重要になります。
中長期的な「安定上位表示」や「安定1位表示」を志向される方々の場合は、特に「上位維持確率・1位維持確率を高める対策」が重要になります。

一時的な上位表示・1位表示が達成できれば事足りる方々の場合は、上位「維持確率」・1位「維持確率」を高める対策は必要ありません。
「中長期SEO対策」など意識する必要はありません。

「被リンク対策」(被リンクSEO)のみに重点を置いたSEO対策(目先志向・短期志向)でも現在も目的は達成できますので、被リンク対策に集中すれば良いのです。
対策URLに何かしら「対策キーワードと関連するコンテンツ」が入っていれば、一時的な上位表示であれば後は被リンクSEOで「何とかなる事が多い」です、今現在も。
コンテンツSEOは「粗い」ままでOKです。

一方、「安定上位表示」や「安定1位表示」の実現を目的とする中長期志向な方々の場合は、そうは行きません。
「細かい事を気にして頂く」必要がございます。

対策URL内部や対策サイト内部の「細かい部分」も気にして頂かないと「安定」的に上位維持・1位維持は出来ません。
ですので、先ほど申し上げた「上位『維持確率』・1位『維持確率』を高める対策」を意識して頂く必要ございます。

今現在も昔(2000年代)と同様でして、トップページURLだけで多数のキーワードを同時に対策している方々がWeb上に多く存在します。
このやり方は昔のGoogleアルゴリズムのように「被リンク」(アンカーテキスト)で順位が決まる検索エンジンにおいては有効に機能します。

Bingはその代表例です。
Bingは今でも基本的に順位は「被リンク」で決まります。

最近はBingも「少しはコンテンツもみる」ようになって来ましたので昔のBingとは違い「コンテンツは必要」です。
が、コンテンツの「中身」に対する要求水準は低いので、ターゲットキーワードに沿って初めから終りまで確りまとまっている「ぴったりコンテンツ」までは用意する必要はございません。

とりあえず「ターゲットキーワードに関連したコンテンツが何でも良いので入っていればOK」というレベルで、「コンテンツSEO」に対する「細かさ」は要求されておりません。
「粗く」とも、とりあえず関連するコンテンツが入っていれば良く、あとは「被リンク」(アンカーテキスト)で勝負が決まるイメージです。
少し前までのBingは「コンテンツ有る無し」で差が付かなかったため「コンテンツゼロのURL」でも余裕で1位を獲れましたが、最近は余裕で1位表示とまでは行かなくなってきました。

現在のBingは「コンテンツ有る無し」でかなり「差が付く」ため、とりあえずBingも「コンテンツは有る」方が良いです。
ただ、「ぴったりコンテンツ」でなくとも順位は上がりますし、上位維持も出来ますので、Bingでは「トップページURLだけで多数のキーワードを同時に対策」するやり方も有効に機能します。
今のところは、そのような感じです。

なお、「今後、BingでコンテンツSEOに対する『細やかさ』が要求されるようになるか?」ですが、それはBing次第です。
Bingが今後も第三者の評価(被リンク)を最優先・最重視のであれば、「被リンク」で勝負が決まり色々なキーワードで同時にトップページURLを対策する事が可能となります。

ではGoogle(Yahoo)はどうでしょうか?

Googleは「コンテンツと被リンクの組合せ」で順位が決まる時と、「被リンク」で順位が決まる時の2通りがあります。
Googleアルゴリズムには株価のチャートのように「波」(トレンド)があります。
「コンテンツと被リンクの組合せ」で順位が決まる時期もあれば、「被リンク」で殆ど順位が決まる時期もございます。

「被リンク」で殆ど順位が決まる局面においては「コンテンツSEO」に「細やかさ」は求められません。
「コンテンツSEO」が「粗く」とも「被リンクSEO」がバッチリならば順位は上がり10位内表示も1位表示も達成できます。

が、「コンテンツと被リンクの組合せ」で順位が決まる局面に入ると、「被リンクSEO」がバッチリのURLでも「コンテンツSEO」が「粗け」れば順位は落としてしまいます。
トップページURLで多数のキーワードを同時に対策している場合は、この局面に入ってしまうと順位を維持する事が困難となります。
トップページURLだけで多数のキーワードを同時に対策する手法は、「上位維持確率・1位維持確率を高める対策」としては不適格である事が分かります。

トップページURLで対策しているキーワードが5つあったとしましょう。
キーワードA,キーワードB,キーワードC,キーワードD,キーワードEの5つです。
そして、URLにはこの5つのキーワードに関連した「折衷的なコンテンツ」が入っているとしましょう。

トップページURLは「キーワードA」に沿って初めから終りまで確りまとまっている「ぴったりコンテンツ」ではありませんので、「コンテンツと被リンクの組合せ」で順位が決まる局面に入るとキーワードAでの「内部SEOスコア不足」が「問題」となります。
キーワードB,・・・,キーワードEでも同じ「問題」が発生します。

其の内部SEOスコア不足分を「被リンクSEOで補えている内」は順位は落ちませんが、検索アルゴリズムが更に「コンテンツSEO」の「細やかさ」を強く求めるアルゴリズムへと傾斜して行きますと、「被リンクSEO」による外部SEOスコアだけでは順位を支え切れなくなります。
そして、トップページURLは順位ダウンです。

トンケン経営研究所 SEO事業部が、昔(2000年代)からキーワード単位で(対策するキーワードごとに)「ぴったりコンテンツ」をご用意頂く事を御客様方に「提案」している理由もこの辺にあります。

検索アルゴリズムは中身が絶えず変化しており、「コンテンツSEO」で「細やかさ」を強く要求するアルゴリズムに「成る」事が度々ございます。
そういった局面でも順位を「上位」(10以内)や「1位」で高「確率」で「維持し続ける」には「ぴったりコンテンツ」が必要になります。
対策している5つのキーワードにピッタリでは無いが「とりあえず関連しているコンテンツ」というレベルの「折衷的コンテンツ」では、上位維持確率・1位維持確率は「確実」に低下します。
結果、安定上位表示・安定1位表示は遠のきます。

SEO初心者 : キーワードに沿った「ぴったりコンテンツ」を用意するのは面倒なんですが。
トンケン経営研究所 SEO事業部 : 面倒であっても上位・1位の「安定」を望むのであれば用意せねばなりません。

SEO初心者 : 他に「安定」して1位や上位を維持する方法はないもんですかね?
トンケン経営研究所 SEO事業部 : ございません。順位を決めるのは検索アルゴリズムです。そのアルゴリズムが今後も断続的にコンテンツSEOに対して「細やかさ」を要求するならば、それは満たさねばなりません。

SEO初心者 : 「細やかな」コンテンツSEOを求められる検索エンジン環境下(アルゴリズム下)では、「ぴったりコンテンツ」でもって其の環境に適応するのが「SEO対策」という事ですかね?
トンケン経営研究所 SEO事業部 : はい。検索エンジン環境が「コンテンツSEO」に「細やかさ」を要求しているのであれば、「細やかさ」でもって其の要求に応えて行かねばなりません。

SEO初心者 : コンテンツSEOに「細やかさ」が求められるのは「一時的なもの」じゃないですかね?
トンケン経営研究所 SEO事業部 : いいえ。中長期的なものです。ですので、安定1位表示・安定上位表示を貴社が望むのであれば、必ず満たさねばなりません。
トンケン経営研究所 SEO事業部 : この点で貴社側に選択肢(選択の余地)はございません。やるか、やらないかだけです。やらねば安定上位表示・安定1位表示「確率」が大きく低下するだけです。

SEO初心者 : でも昔、「SEOの専門家」達がコンテンツにキーワードが出現して無くとも、細やかさが無くとも、「意味の上」でコンテンツがキーワードに沿ってまとまっていれば順位は上がると言ってましたけど。
トンケン経営研究所 SEO事業部 : 競争の無いキーワードや競争の緩いキーワードならそれで結構ですが、競争の激しいキーワードで安定1位や安定上位を実現したいのであればそれでは足りません。
トンケン経営研究所 SEO事業部 : キーワードがコンテンツ内で実際に十分な数だけ出現している事も、コンテンツSEOに対する『細やかさ』も「両方とも必要」になります。よって、対策するキーワード毎に「ぴったりコンテンツ」を用意頂く事が一番確実なのです。

検索結果をご覧になればお分かりの通りで、検索結果は「縦並び世界」であります。
検索結果が「横並び世界」(社会主義的・共産主義的)で全員1位表示されるのであれば、「競争」は存在しませんので「コンテンツSEO」に対する「細やかさ」など気にする必要もありません。
しかし、現実の検索結果は「縦並び世界」(自由主義的)「競争の世界」です。

ちなみに「ビジネスの世界」も「世の中」も自然界と同じでして、本質的には「縦並び世界」「競争の世界」です。
「検索結果」であれ、「ビジネス世界」であれ、「世の中」であれ、「細やかさ」が「欠ければ」、縦並び世界(競争世界)で頂点(1位)に立ち続ける事は出来ません。
「粗い」ままで頂点(1位)に立ち続ける事ができるほど競争世界(縦並び世界)は甘くはありません。

競争世界(縦並び世界)たる「検索結果」で、競争を制して頂点に立ち続けようと思うのであれば、「細やかなコンテンツSEO」を行う事は「当然の事」であります。
競争を甘くみている方々は、やって当たり前の事をやろうとしませんが、粗いコンテンツSEOのまま競争に勝ち続けられるほど「競争世界」(縦並び世界)は甘くありません。

コンテンツSEOに「細やかさ」が要求されない検索エンジン環境下であれば、「粗いコンテンツSEO」のままでも後から施す「被リンクSEO」で挽回可能です。
が、「細やかなコンテンツSEO」が要求される検索エンジン環境へとアルゴリズムが変わってしまうと、「粗い」コンテンツSEOのままでは勝負にならなくなります。

「細やかな」コンテンツSEOを施している競争相手に「大差」を付けられてしまいますので、後から施す被リンク対策だけでは挽回し切れ無くなります。
そして競争に敗れ順位ダウンです。

トップページURLだけで多数のキーワードを対策する手法には、この「リスク」が存在します。
この手法ではどうしても、コンテンツSEOに対する「細やかさ」が「欠けて」しまいます。

縦並び世界(競争世界)で競争を制し続ける条件の一つは「細やかさ」です。
その「細やかさ」が「欠けている」URLで、安定して頂点(1位)や上位(10位以内)に立ち続ける事が出来るかどうかをお考え頂けたらと思います。

コンテンツSEOに対する「細やかさ」というのは、検索エンジン環境下(検索アルゴリズム下)で一時的に要求されるものでは無く、「中長期」的に要求されるものです。
であれば、其の「細やかさ」を満たし得る体制(態勢)というものを今の内から整えて(調えて)おく「必要」があります。

トップページURLだけで多数のキーワードを対策している場合、各キーワードごとに要求される「細やかなコンテンツSEO」を満たす事はほぼ不可能となります。
体制(態勢)が整って(調って)おりませんので「細やかさ」が要求されるようになると問題が発生します。

では、「どうすれば良いか?」ですが、キーワード単位でコンテンツを用意する(対策するキーワードごとにコンテンツを準備する)方向へと今から方向転換して頂ければ良いのです。
その分、「対策するURLの数」は増えますが、今後も断続的に要求される「コンテンツSEO」の「細やかさ」には容易に対応できるようになります。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。