「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象

検索エンジンのアルゴリズムは大きく分けると二つに大別できます。

【検索アルゴリズム】
1,「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム
2,「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズム

「1」と「2」で検索結果は全く異なったものとなります。
「1」の代表格はGoogle、「2」の代表格は「Bing」です。

以前はGoogleも「2」タイプのアルゴリズムでしたので、GoogleとBingの検索結果は非常に似通ったものになっておりました。
が、最近は全く違います。
この「違い」を生み出しているのが「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムと「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムであります。

ターゲット検索エンジンのアルゴリズムが「1」と「2」のどちらに属するかで、SEO対策の仕方は大きく変わります。

また、なかには検索エンジン開発方針に途中で変更が入り、開発過程で「2」タイプから「1」タイプへとアルゴリズムの「軸」が変わってしまう検索エンジンもございます。
Googleはこの「2⇒1」タイプです。

「2」から「1」への変化、「1」から「2」への変化は、アルゴリズムの「軸」そのものの変化を意味しますので、軸を変えた検索エンジンの検索結果に「破壊的」な影響を齎します。
検索エンジンが「新機軸」を採用して「2⇒1」「1⇒2」のアルゴリズム変更を行うと、検索結果の勢力図がガラッと変わってしまいます。

アルゴリズムの根本を成すのが「軸」です。
「其の軸」に沿って築かれるのが「構造」です。
「軸の変化」は、「構造の変化」など比較にならないほどの「破壊的」な変動を検索結果に齎します。

Googleはここ数年で「軸」変更を実行に移しましたので、実際に検索結果の勢力図が大きく変わってしまいました。
「旧機軸」下で勢力を伸ばしてきた「旧勢力」が「勢い」を失い、Googleの「新機軸」下で「新勢力」が「勢い」を持つようになりました。
また、Googleアルゴリズムの「2」から「1」への移行により、「1」タイプのGoogleと「2」タイプのBingで「検索結果が大きく異なる」ようになりました。

旧Googleの「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズム向きの被リンク対策に力を入れて来たWebサイト(旧勢力)ほど、Googleの「新機軸」アルゴリズムの影響をモロに受け「勢い」を大きく落としました。
そして新勢力の台頭を許してしまいました。
が、「勢い」を落とした旧勢力側も検索エンジン環境の「変化」には気付いておりますので、現「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムを押さえて、再度「勢い」を盛り返して来るのも時間の問題ではあります。

但し、「2⇒1」へのアルゴリズム切り替えは「軸そのもの」のチェンジです。
「新機軸」「破壊的革新」の類ですので、旧勢力も復活までにそれなりの時間を要します。

水面下では少しずつ「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム環境への適応が進んでおり、新機軸アルゴリズム下で右肩下がりで落ちて行った旧勢力側の「勢い」に、最近は「反転」(ターンアラウンド)の兆しが出て来ております。
「勢い低下」に「歯止めが掛かって来た」「下げ止まり感が出て来た」、「勢いが反転し始めた」というのが、旧勢力側の2013年末「現在」の「実感」かと思います。

旧「勢力」が再び「勢い」を少しずつ伸ばし始め(取り戻し始め)、「反転」(ターンアラウンド)から右肩上がりの「緩い成長」路線に転じるのが2014年。
そこから成長スピードが上がって来て本格的な「成長路線」入りし、オモテ舞台(検索結果)に「返り咲く」のが2015年。
おおよそ、そのような流れで「勢いを失った」旧勢力側の復活プロセスが進行して行くものと観ております。

なお、旧勢力側が「返り咲き」にこれだけ時間を要しているのは、Googleの行った「アルゴリズム革新」が「持続的革新」では無く「破壊的革新」(新機軸)であった為です。
「被リンク優先・コンテンツ劣後」から「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ移行は、アルゴリズムの「軸」(根本)のチェンジですので、対応にはそれなりの時間が掛かります。

2013年後半にGoogleアルゴリズムが「カフェイン・アルゴリズム」から「ハミングバード・アルゴリズム」(蜂鳥)に切り替わるという「構造的変化」がございました。
この「構造変化」も今後、検索順位に徐々に影響を及ぼすようになりますが、上述の「軸変化」と比べれば大した事はありません。

検索結果に最も大きな影響を与えるのは、「アルゴリズム」の「軸そのもの」の「変化」(新機軸アルゴリズム)です。
Google SEO対策者が最優先で押さえねばならないのは、この「軸変化」です。

「軸」が変化した場合は、Google SEO対策のやり方が根本から「大きく変わり」ます。
「構造」が変化した場合も、やり方は変わりますが「小さく変わる」程度です。

「彼(敵)を知り、己を知らば、百戦危うからず」という言葉がございますが、Google SEO対策者にとっての「彼」(敵)とは「検索エンジン」の事です。
ですので、「敵」の変化は正確につかんでおかねばなりません。
正確につかんでおかないと貴サイトは戦いで「危うく」なります。

なお、ここでいう「敵」とは「自分と相対するもの」の事です。
「自分と相対するもの」である「グーグル検索エンジン」(Googleアルゴリズム)を「知らな」ければ、内部対策・被リンク対策等を施して今後貴サイトが「危うくなる」事も出て来ます。

Googleアルゴリズムが「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムである事を知らずに、貴社が「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズム向きの「被リンク対策」を自サイトに施すと、どうなるでしょうか?
それが「原因」で被リンク周りのペナルティが発動したり、順位が上がり切らない等と問題を抱える事になります。

ここで、「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムと「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムの違いについて整理します。
「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムは、「昔のGoogle」や「Bing」をイメージして頂くと理解し易いと思います。
被リンクを先に優先的に分析・評価して、その後で劣後的にコンテンツを分析・評価するのが、「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムです。

「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムで最優先されるのは「被リンク」(第三者の評価や支持)です。
ですので、第三者が「コンテンツ乙」を「Aのコンテンツ」と評価すれば「キーワードA」で順位が上がり、「Bのコンテンツ」と評価すれば「キーワードB」で順位が上がって来ます。
「コンテンツ乙」がキーワードAやキーワードBに沿ったコンテンツで無くとも、第三者が「Aのコンテンツ」「Bのコンテンツ」として「評価・支持」すれば順位は上がって来ます。

「順位は第三者(被リンク)が決める」という事です。
それが「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムです。
昔のGoogle(旧Google)やBingは、このタイプのアルゴリズムです。

「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムでは、コンテンツSEOに対する「細やかさ」は、「それほど」または「全く」求められません。
求められるのは、とにかく「被リンク」(第三者の評価・支持)であります。

このアルゴリズム下では、URL乙に対してキーワードAで最適化された被リンク網(バックリンク網)を構築すればキーワードAで順位が上がって来ます。
同じURL乙に対してキーワードBで最適化された被リンク網を構築すればキーワードBで順位が上がって来ます。
同じURL乙に対してキーワードCで最適化された被リンク網を構築すればキーワードCで順位が上がって来ます。

これが「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズムの特徴です。
コンテンツは劣後的に評価されるだけですので、こういった検索エンジンではコンテンツSEOはそれほど重要ではありません。
検索アルゴリズムに対して強い「被リンク」(高強度・高質被リンク)が供給できれば順位が上がり、供給できなければ順位は上がらない・・・といった形になります。

というわけでして、旧Googleに強いSEO業者であればBingでも上位・1位表示の連発となります。
「被リンクが強け」ればBingでも当然そういう形になります。
Bingで順位が上がって来るという事は「被リンク自体はとても強い」という事を意味します。

にも関わらず現Googleでは順位が上がり切らない場合は、幾つか原因が考えられます。
その内の1つが「コンテンツSEOの出来」です。
「コンテンツSEOの出来」が悪いとBingでは不動の1位表示を実現できても、Googleでは100位内にはランクしても「上がり切らず」といった状態に陥る事があります。

現Googleは「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムです。
ですので、被リンクよりも「コンテンツ」を優先的に分析・評価します。

コンテンツを先に分析・評価して、その後で劣後的に被リンクを分析・評価するのが、「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムです。
「コンテンツ」内容で評価対象となる「被リンクの範囲」(評価される被リンクの範囲)がある程度決まり、其の範囲内に収まる被リンクを供給して行くと順位が上がるのが、「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムの特徴です。

「コンテンツSEOの出来」が悪いと、コンテンツ分析後に確定する「評価される被リンクの範囲」に色々と影響が出て来ます。
「このコンテンツ内容ならこれくらいのバランス・分量でこういった被リンク(アンカーテキスト)群が集まるだろう」という太枠が「コンテンツ分析・評価」段階である程度決まります。
そのため、対策URLのコンテンツSEOがイマイチであれば「評価される被リンクの範囲」が「複雑」になってしまい、其の後の被リンク対策の難易度が上がる形となります。

その辺が影響して、Bingでは1位表示なのにGoogleでは40位前後等といった「現象」が現れるのです。
「被リンク自体はとても強い」のに「その被リンクが十分に効かない」等の事象が発生します。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする