「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ

【検索アルゴリズムの軸】
1,「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム
2,「被リンク優先・コンテンツ劣後」アルゴリズム

我々SEO対策者が上位表示させたい検索エンジンGoogleは、この内の「コンテンツ優先・被リンク劣後」に属します。
この「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムには特有のペナルティがございます。
今回は其の話です。

Googleはインターネット上のURL群にSEO評点(SEOスコア)を付けるにあたって、先ず「コンテンツ」を優先的に分析・評価し其の後で「被リンク」を劣後的に分析・評価して、最終的な評価を付けます。
「コンテンツの分析を先に行って、其のコンテンツに集まり得る被リンクのみを評価して行く」と2012年の初めにも記事で書きましたが、今現在も基本的にGoogleアルゴリズムはこの路線です。

先に「コンテンツ」を分析して、其のコンテンツに対して「集まっても不思議では無い被リンク」(自然なリンク)のみを評価して行く・・・、それが「Googleアルゴリズム」です。
よって、この線上で被リンクを供給して行けば順位が上がって来るという事になります。
実際、この線に沿った被リンクを供給して行くと順位は高い確率で上がって来ます。

では、この線に沿わない被リンクを供給した場合はどうなるでしょうか?
高めの確率でペナルティを受けます。

Googleは「先」に「コンテンツ」を分析・評価します。
ですので、「このコンテンツ内容ならこういった被リンク・アンカーテキストが集まるだろう」といった「集まり得る被リンク・アンカーテキストの範囲」も、この段階で決まります。
その範囲内に収まる被リンクが自然な形で供給されれば「有効な被リンク」として認識され順位上げに繋がって行きます。

「範囲内に収まらない」(範囲外)の被リンクが供給された場合は、Googleは「おや?」となります。
キーワード「饅頭」に沿って初めから終りまで確りまとまっているコンテンツに対して「ダイエット」「美容」などのアンカーテキストで被リンクが集まれば、それに対して人間なら「不自然」さや「違和感」を覚えます。

同じくGoogleも、そういった被リンク群に違和感を覚えます。
「饅頭コンテンツ」に対して其のコンテンツ内容に沿った被リンク(アンカーテキスト)が供給されていれば違和感を覚える事もありませんが、「コンテンツ内容に沿わない」被リンクが大量に供給されていればGoogleロボットは違和感を感じ取ります。

それらの違和感を感じさせる「不自然」な被リンク群も「過剰供給」で無ければ、Googleが反応する事も殆どありません。
が、過剰であれば「高確率」で「反応」します。

「不自然な被リンク網」が「過剰」と呼べる規模で構築されている場合は「反応」して「ペナルティ」を発動させます。
「被リンク無効化」(ゼロ評価)ならやさしいですが、「ペナルティ」(マイナス評価)ですのでやさしくはありません。

既に出来上がっているサイトの中の既存ページに、無理やり上位表示させたいキーワードを割当てて被リンク対策を行おうとすると、この種のペナルティの「お世話」になります。
例えば、「饅頭 通販」に沿って初めから終りまで確りまとまっていない既存コンテンツ(既存URL)に対して、キーワード「饅頭 通販」を割当てて被リンク対策を「がっつり」施せば、高確率でペナルティの餌食となれます。

キーワード「饅頭 通販」に沿って初めから終りまで確りまとまっているコンテンツに対して、「饅頭 通販」というアンカーテキストの被リンクが多く集まるのであれば、「極めて自然」な事ですのでペナルティは発動しません。
キーワード「饅頭 通販」に沿ってまとまっていないサイト内の既存コンテンツに無理やり「饅頭 通販」を割当てて被リンクを多く集めた場合は「極めて不自然」ですのでペナルティが高確率で発動します。

「コンテンツ」を先に分析して、その後で「被リンク」を評価するのがGoogleアルゴリズムです。
コンテンツ内容を分析した段階で、集まり得る被リンク・アンカーテキストの範囲もある程度、定まります。

その範囲内に収まる被リンクであればセーフ、範囲外で不自然と映ればアウトです。
不自然に映ってもそれが「過剰供給」でなければGoogleも「反応」しない事が多いですが、「過剰」な場合は高確率で「反応」してペナルティ発動です。

既存サイト内に「偶然」にも「キーワードに沿って初めから終りまで確りまとまった既存コンテンツ」がある場合は、そのコンテンツ(URL)に対してキーワードを割当てて被リンク対策を施せばOKです。
が、普通はそのような「ぴったりコンテンツ」を一般サイトが最初から持っている事はまずありません。
「キーワードに沿ったコンテンツがサイト内に一つも無い」のが普通です。

では、キーワードに沿った既存コンテンツを持た無い「一般のサイト」が、キーワードで被リンク対策を行うにはどうしたらよいでしょうか?
既存コンテンツに修正を加えてキーワードに沿ったコンテンツに成るよう仕上げて頂くか、それが面倒な場合はキーワードに沿ったコンテンツを新規作成して頂くかの「どちらか」になります。

「どちら」も面倒手間かと思いますが、Googleで安定上位表示・安定1位表示を目指すのであれば「やる」必要があります。

「キーワードに沿ったコンテンツ(URL)を用意し、其のURLに対してコンテンツ内容に沿った被リンク網を構築して行く」。
これが出来ていればGoogle特有のペナルティは回避でき、且つ安定上位・1位も狙えます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする