SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後

SEOの観点からWebサイト内のURL群は2つに分類できます。

【URL分類】
1,受注目的URL(受注専用URL)=営業目的URL(営業専用URL)
2,SEO目的URL(SEO専用URL)=集客目的URL(集客専用URL)

受注目的URLは「受注」に至る上で不可欠なURL群(欠かせないURL群)の事です。
ビジネスサイトやネットショップをつくる際に必ず用意する「標準ページ群」(標準URL群)は、受注という目的のために用意しますので「受注目的URL」(受注専用URL)という言葉で一括りにできます。

この受注目的URLを別の言葉で表現しますと、「営業目的URL」(営業専用URL)です。
商売は「集客⇒営業⇒売上」の流れで進みますが、その「営業」です。

まずプロダクト(商品・サービス)に合った「ターゲット顧客」が集まらない事には話になりませんので、商売では「集客」が先頭に来ます。
ただ「集客」が出来ていてもプロダクトの良さが相手に「伝わらなければ」あまり売れませんので、「集客」から「売上」へと繋いで行く「繋ぎ役」が必要になります。

それが「営業」です。
商用サイトを立ち上げた際に先ず受注目的URL(標準URL)群を用意しますが、この標準URL群が「営業」の役割を果たします。

「集客」⇒「標準ページ群」⇒「売上」の流れで、「標準ページ群」は「繋ぎ役」(営業)として「機能」します。
ゆえに「Webサイト」は「Web営業パーソン」なのです。

一般的な商用サイト(多数派)は、この「標準ページ群しか」用意しませんので、「Webサイト=Web営業パーソン」と捉えて頂いても差し支えありません。
ただ少数派は違います。

極一部のWebサイトに限りますが、「営業専用ページ」(受注専用ページ)とは別で「集客専用ページ」を用意しているところがあります。
「営業」はサイト立ち上げ時に用意した「営業目的ページ群」(標準ページ群)に任せて、「集客」に関しては別で新たに専用ページ群を用意して「集客競争」に臨むのが少数派です。

「営業」と「集客」を「分離」して、「営業」は「営業部隊」に全て任せ、「集客」は「集客部隊」に全て任せるイメージです。
「営業・集客・分離」体制で臨む少数派と、「営業・集客・同一」体制で臨む多数派という構図です。

「SEO目的URL」(SEO専用URL)というのは、この「集客専用URL」の1つです。
他の競争相手(競合企業)との戦いに勝利し、領地(キーワード)を「拡大」したり、勝ち取った領地(キーワード)を「守る」のが、「SEO目的URL」の役割です。

領地(キーワード)を「守る」事が出来れば、そのキーワード経由で「新規訪問者」(=ターゲット顧客)は絶えずやって来ます。
領地(キーワード)を「拡大」する事が出来れば、新キーワード経由で「新規訪問者」が新たにやって来るようになります。

この領地の「拡大」や「防衛」の為に編制・配置されるのがSEO目的URLです。
SEO目的URLは「戦う」ためのURLです。

「領地争い」(キーワード争い)という名の「戦い」に「勝ち続ける」事がSEO専用URLの第一の目的となりますので、コンテンツに関しても「勝ち続ける」事を最優先して作成して行きます。
では、実際に「勝ち続ける」にはどうしたら良いでしょうか?

答えは、「まず先に押さえる領地(キーワード)を決める」事です。
SEO目的URL(SEO専用URL)では、対策するキーワードを真っ先に決めます。

コンテンツ作成はキーワードが「決まった後」に行います。
ここから先は毎回、当ブログで話している事ですので、何をやるべきかはお解かりかと思います。

【SEO目的URLの工程&行程】
1,対策するキーワード群を先ず決める
2,そのキーワード群を割当てるSEO目的URL群を決める
3,キーワードに沿ってコンテンツを作成
4,SEO目的URL群に対して被リンク対策を施す

多くのWebサイトは、このSEO目的URL(SEO専用URL)で編制された「集客部隊」(競争部隊)を持っておりません。
その為、領地争い(キーワード争い)で簡単に敗れてしまいます。

受注目的URL(営業目的URL・標準ページ)群は、領地争いに最適化されたURL群ではありません。
その受注目的URLで戦いを仕掛けるため比較的簡単に敗れてしまうのです。

「不敗の地」に立って「正攻法」で「領地争い」(キーワード争い)に臨んでい無いのですから、その結果、当然ながら競争で敗れ易くなります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする