安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」

安定上位表示や安定1位表示を実現するには、押さえねばならない要素が3つあります。

【安定1位表示の構成要素】
1,コンテンツの質
2,被リンクの質
3,被リンクの量

3要素のどれかが欠けていると、安定1位表示や安定上位表示は実現できません。

「安定」上位表示や「安定」1位表示の「構成要素」としては、他にも色々と挙げられますが、「其の他」はそれほど重要ではありません。
3要素を押さえられていれば、あとは「時間」(エイジ)が解決してくれます。

ちなみに上記3要素は「優先順位の高い」順に並べてあります。
「1⇒2⇒3」の順番で押さえて行くと成功「確率」が高まります。

★★ コンテンツの質 ★★

Googleは「コンテンツ優先・被リンク劣後」を軸としたアルゴリズムです。
ですので「コンテンツの質」が低ければ「安定1位」や「安定上位」の「試合」はそこで終了となります。

「コンテンツの質」が低ければ、「諦めなくとも其処で試合終了」です。
検索エンジン環境(仕組み)が「そうなっている」のですから、「コンテンツの質」が低ければ其処で終りとなります。

そこから先は望めても「不安定上位表示」「不安定1位表示」くらいです。

★★ 被リンクの質 ★★

順位を決める2大要素は「コンテンツ」と「被リンク」ですので、当然ながらGoogle当局は「被リンク」を取締ります。
具体的には「被リンク引締め」「被リンク緩和」を行います。(被リンク調節)

Google当局が「被リンク緩和」を行うと「有効な被リンク」として認識される「範囲」が拡がり、「被リンク引締め」を行うと「有効な被リンク」として認識される「範囲」が狭まります。
検索エンジンの開発が進むと、基本的には「有効な被リンクの範囲」は狭まって行きます。

その狭まって行く「範囲内」に収まる被リンクを設置して行く事が求められます。
つまり「被リンクの質」が求められるという事です。

範囲が狭まれば狭まる程、設置する被リンクにはそれだけ「質」(強度=検索アルゴリズムや検索人工知能に対する強さ)が求められるようになります。
検索エンジン進化でより「高い質」が求められるようになれば、被リンク設置に手間暇労力(労務費等)がかかるようになりますので被リンク原価は上昇して行きます。

安過ぎる被リンク(激安被リンク)は、この「必要原価」(必要不可欠な手間暇労力)が乗っておりませんので「必ず低質」になります。
「低質」では、進化し続ける検索エンジンが要求する「被リンクの質」を満たし続ける事は出来ませんので、どこかで脱落します。

★★ 被リンクの量 ★★

競合他社も「コンテンツの質」「被リンクの質」を満たしている場合、どこで差を付けてSEO競争を制する事になるでしょうか?
答えは、「被リンクの量」です。

最後は「量」の勝負です。
この「被リンクの量」競争では「資本」が大きい方が有利になります。

但し「資本」が大きくても、「途中で諦めればそこで試合終了」となりますので、ここから先は競合他社との我慢比べです。
堪え抜いた方が、検索結果のより上に表示され勝つ(SEO競争を制する)事になります。

「被リンクの量」ステージでは「資本」と「忍耐力」(勝つまで耐え抜く力)が「必要」になります。
資本で「労働力」を購入して「被リンクの量」を満たして行く事を、「競合他社が勝ちを諦めるまで」持続すると、安定1位表示されます。

キーワード(ビッグ・ミドル・スモール)により参戦している競争相手の「強さ」「数」「資本規模」は異なりますが、同じ事がいえます。
「コンテンツの質」「被リンクの質」「被リンクの量」の3要素を満たすと安定1位表示されます。

== 以上 ==
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]
SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

【SEO対策SEMサービスのご案内】
弊SEOサービスにお申込み頂く場合は、「最新版のSEOサービス・料金表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEOサービス・料金表」は常に「最新状態」を保つよう努めております。