集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か

Webサイト内のURL群を「目的別」で「大別」しますと、「集客目的URL」と「営業目的URL」に分ける事が出来ます。

「集客目的URL」は、文字通りWeb上での「集客」(見込客集め)を目的としたURLです。
もう片方の「営業目的URL」は、Web上で集めた「見込客」に「営業」する事が目的のURLとなります。

ビジネスサイト(ネットショップ,ホームページ,ブログ)内のURL群は、基本的にこの「集客」か「営業」のどちらかに「属し」ます。
どちらにも属さないURL群に関しては、Business的にはあまり「存在価値はありません」。

「集客⇒売上」のように、「見込客」を集めさえすれば即「売上」に繋がるのであれば、「商売」は楽です。
が、現実はそうは行きません。

現実には「集客⇒営業⇒売上」というプロセスを経て「売上」は上がります。

「集客対策」の1つとして「SEO」が存在しますが、この「集客対策」だけバッチリであっても商売繁盛とはなりません。
「営業対策」も必要になります。

また、新規客から「売上」を上げ易くする為の「売上対策」や、新規客を「常連客」化する為の「売上対策」や、継続客から「追加受注」を獲得する為の「売上対策」等も、「商売」では重要になります。
加えて、「不当要求」(理不尽な要求)を繰返して企業を疲弊させるだけの「モンスター客」から「売上げ無い」為の「売上対策」や、万が一、売上てしまった場合も「不当要求」に屈し無い為の「契約」(権利と義務)の整備等、包括的な「売上対策」が「リスク・マネジメント」の観点から「商売」では必要になります。

「売上」に関しても、「コンテンツ」や「被リンク」と同様でして、「売上の質」と「売上の量」がございます。
特に「売上の質」(誰から売上げるのか?)は「業績」「経営」を大きく左右するため、「商売」では重要になります。

これらの一連の「対策」(集客対策⇒営業対策⇒売上対策)を確り行うと、「経営安定」「業績安定」へと繋がって行く傾向がございます。
「集客⇒営業⇒売上」が「商売の流れ」ですので、「集客目的URL」「営業目的URL」という視点で貴サイト内のURL群を観て頂き、それぞれに相応の「対策」を施して頂くと、Web世界でも商売繁盛となる可能性は高まります。

ちなみに、この「集客」と「売上」の間に挟まっている「営業」が「弱い」と、沢山集客しても集客したほどには売上が上がらないという事態に陥ります。
逆に「営業」が「強い」と、少ない集客数でも「売上」は上がるようになります。

「同質の見込客リスト」に「営業」を掛けた場合、「営業能力の高い営業パーソン」が3件に1件の割合で受注に至るところ、「並レベルの営業パーソン」は100件に1件しか受注出来無い事がございます。
この両者の「結果の差」は、「営業能力の差」(繋ぐ能力の差)から生じております。

Webサイト(=Web営業パーソン)の場合は「双方向」では無く「一方向」の「情報発信」となるため、ここまで大差は付きませんが、現実世界であれば「営業能力の高低」だけでこれくらいの差が付きます。

この「営業能力」をフルで発揮できるように「コンテンツを営業に最適化」させたのが「営業目的URL」です。
このタイプのURL群は必然的に「営業優先・SEO集客劣後」になります。

ビジネスサイトというのは基本的にこの「営業目的URL」で構築します。
ビジネスサイト(メインサイト)のトップページURLは普通は「営業目的URL」となります。

このビジネスサイトに「集客機能」も持たせる場合に「集客目的URL」を新たに用意します。
なお、この「集客目的URL」はサブページ群に用意します。

貴ビジネスサイトに「SEO集客機能」を持たせる場合は、「検索エンジン経由で集客する事を目的」とした「SEO集客目的URL」をサブページ群に用意する事になります。
SEO集客能力をフルで発揮できるように「コンテンツを検索エンジンに最適化」させたのが「SEO集客目的URL」です。

この「SEO集客目的」のURL群は「SEO集客優先・営業劣後」になります。
キーワードに沿ってコンテンツを最適化させる事を「最優先」し、SEO集客に差支え無い範囲内で「コンテンツに劣後的に営業対策を施す」と「SEO集客目的URL」になります。

この「SEO集客目的URL」はSEO競争に非常に強いため、「安定的な上位表示」「不動の1位表示」等が期待できます。
一方、「営業目的URL」はコンテンツが「営業に最適化」されており、「検索エンジンに最適化」されておりませんので、「不動の上位表示」「安定1位表示」は期待できません。

一般的なビジネスサイト(メインサイト)のトップページURLは通常は「営業目的URL」(営業優先・SEO集客劣後)となりますので、SEO集客にはあまり向きません。
メインサイトにも「SEO集客機能」を持たせる場合は、「SEO集客目的URL」をサブページURL群に配置して頂くと、無理なく「営業」と「SEO集客」を「両立」できます。

「SEO目的URL」では無く「SEO集客目的サイト」の場合は、サイトのトップページURLも当然の如く「SEO集客目的URL」となります。
この場合は、トップページURLもSEO集客の対象にして頂いて問題ありません。

「集客目的URL」と「営業目的URL」の「違い」については以上です。
今および今後の「外部環境」(検索エンジンのアルゴリズム,検索AI,競合他社との競争)に適した「戦い方」として、「どこに集客目的URLを配置するか?」については確り考えて頂いた方が良いと思います。

最後に「営業」と「集客」のおさらいをします。

「営業」というのは前回の記事で申し上げた通りでして、「見込客」と「貴プロダクト」(製商品・サービス)を「繋ぐ」のが役割となります。
「営業=繋ぐ」と覚えておいて頂くと、貴サイト内の「営業目的URL」で「何をすべきなのか?」も自ずと明らかになります。

「繋ぐ」為に必要とされる「種々の能力」をひっくるめて「営業能力」と呼びます。

「営業目的URL」では「営業能力」(営業力)を用いて、集めた「見込客」と「貴プロダクト」を「繋げ」ば良いのです。
「営業目的URL」で「やる事」は「それだけ」です。

実に「シンプル」(単純)です。

「集客」はご存知の通りで「競合他社との競争」です。
今の外部環境下で「競合他社」との「競争」に競り勝つと、「集客」できるようになります。

「SEO集客」の場合は、今および今後の検索エンジン環境下で競合他社との競争に勝ち続ける事で、検索エンジン経由の見込客を「継続的」に獲得できるようになります。
競合他社との競争に貴社が敗れてしまうと、検索エンジン経由の見込客は競合他社に流れ込んで行き、Web世界では「競合他社は繁栄」「貴社は衰退」という構図になり易くなります。

「集客=競争」ですので、「集客」では「競争」(Competition)の「研究」が「必須」となります。
「取り合い」の「相手」(敵)が存在し、その「敵」との「取るか取られるかの『弱肉強食』の戦い」となるのが「競争」(Competition)の世界です。

「SEO集客」では、この弱肉強食の「競争」の研究に加えて「検索エンジン」(Search Engine)の「研究」も必須となります。
その両方を確り「研究」して、実戦に応用しているのが、「SEO玄人」(SEO Professional)です。

余談ですが、「SEOコンサルティング」というのは、この弱肉強食の「競争」と「検索エンジン」の両視点が必要になります。
「競争」の視点が欠けていると「コンサルティング」(助言,相談,診断,顧問)が「綺麗ごと中心」になってしまい、成果(結果)に繋がらない可能性が高まります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする