昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入

【新旧Googleの違い】
昔のGoogle検索エンジン:「ゼロ評価+プラス評価」
今のGoogle検索エンジン:「マイナス評価+ゼロ評価+プラス評価」

昔のGoogleと今のGoogleは、「ほぼ別の検索エンジン」といって良いほど中身が変わっております。
「別の検索エンジン」に対してWebサイト(ビジネスサイト)を最適化させて行く感覚でSEOに臨んで頂いた方が、現在は上手く行きます。

「昔と同じ感覚」で「Google検索エンジン対策」を施して行きますと、「マイナス評価」や「ペナルティ」を食らい、Webサイトの検索エンジン経由の集客数が激減したり、ターゲットキーワードで対策URLの順位が劇的に落ちたりします。
「ゼロ評価」と「プラス評価」が中心の検索エンジンであれば、検索エンジン経由の集客数が劇減(急激なアクセス減少)したり、ターゲットキーワードで対策URLの順位が劇的に落ちる事はありませんが、「マイナス評価」が加わると状況は変わります。

昔のGoogleでは、競争相手の多い商用キーワードで1位表示させるまでには、かなりの時間(期間)が必要でした。
しかし一旦、1位表示や上位表示(10位以内)させてしまうと以後、検索順位は「ビクともしない,滅多な事で落ち無い」状態になるのが昔のGoogleの特徴でした。

なぜビクともせず滅多な事で順位が落ちなかったかといえば、今現在のような「マイナス評価」が当時の旧Googleには導入されていなかったからであります。
「ゼロ評価+プラス評価」だけの検索エンジン環境であっても、「検索エンジンが進化」すれば過去に供給した被リンクが効かなくなる事はございます。

「検索エンジンの進化」に伴って、「過去の被リンク群」が「プラス評価」圏から「ゼロ評価」圏に移行する事はございます。
しかし、そこから更に進んで、「ゼロ評価」圏から「マイナス評価」圏へと移行する事はありません。

ですので、一旦、1位表示を実現してしまえば対策URLの順位が劇的に落ちるような事は「昔のGoogle」では「殆ど起こらなかった」という次第であります。

被リンクが効かなくなる事(ゼロ評価される事)で、多少は順位に影響を与える事はありましたが、劇的にターゲットキーワードで順位が落ちたり、検索エンジン経由の集客数が激減する事はありませんでした。
「マイナス評価」が導入されていなかった「昔のGoogle」においては、「リスク」(=損失を被る可能性)は殆ど意識する必要が無く、「リスク」を「管理」(マネジメント)する「リスクマネジメント」(危険管理)もSEOに導入する必要がありませんでした。

過去に供給した「被リンク」群が「プラス評価」圏から「ゼロ評価」圏に移行して「効かなくなる」事はあっても、そこから更に「マイナス評価」圏に移行してマイナス評価される事はなかったため、リスクは殆ど意識する必要がありませんでした。
被リンク対策に失敗しても「被リンクが効かなくなるだけ」(ゼロ評価されるだけ)だったのが、「昔のGoogle」です。

「Googleは1位表示させるまでが大変だが(時間が掛かるが)、1位表示させてしまえば其の後、順位は安定する」、これが昔のGoogle評です。
2000年代から「Google SEO」を行っていた「オールドSEO業者」方の間では、これが当時「共通認識」でした。

しかし、今現在のGoogleには「マイナス評価」が導入されておりますので、そうは行きません。
昔の「共通認識」も「完全に崩れ」ました。

現Googleには「マイナス評価」が導入されている関係で、「劇的にターゲットキーワードで順位が落ちたり」「検索エンジン経由の集客数が激減する」事も「有り」ます。
現在も、競争相手の多い商用キーワードでは相変わらずでして、「1位表示・上位表示させるまでは大変です」(時間が掛かります)。

其れに加えて現在は、「上位表示・1位表示した後も順位が大きく落ちる事がある」ため、「その部分への対策」も必要になります。
「マイナス評価」導入で、上位表示後・1位表示後に「劇的に順位が落ちたり」「検索経由のアクセス数が激減」する事も有り得る「検索エンジン環境」へと移行しておりますので、「マイナス評価への対策」(リスク対策)も当然必要になります。

「マイナス評価」の導入によって、昔は存在しなかった「リスク」(=損失を被る可能性)が「現在は存在」します。
よって現在は、「リスク」を「強く意識」して頂く必要があり、「リスク管理」(Risk Management)もSEOで「必要」になっております。

これが現在の「Google SEO」の「姿」(すがた)です。
昔は「無縁」だった「リスク管理」が今現在は「必要」になっております。

「マイナス評価」が導入されていなければ、リスク管理などは勿論「不要」です。
「ゼロ評価+プラス評価」だけであれば、順位やSEOスコアは基本的に「上方向」に動くだけとなりますので、「リスク」など気にする必要はありません。

しかし、「マイナス評価」が導入されると、そうは行きません。
「リスク」を意識しなければなりません。

検索エンジン環境が「マイナス評価+ゼロ評価+プラス評価」に変ってしまうと、順位やSEOスコアは「下方向」にも大きく動くようになります。
「マイナス評価」の導入で「下方向」に動けば通常、Webサイト(ビジネスサイト)は集客数が減少しますので、「損失が発生し」(損失を被り)ます。

「損失を被る可能性」の事を「リスク」(Risk)と呼びますが、現在は「マイナス評価」が導入されている関係で、この「リスク」も「意識」しなければならなくなっております。
現在のGoogle検索エンジン環境下では、ハッピーな「上方向」だけでなく、アンハッピーな「下方向」も含めた、「上下双方向」を意識した「かじ取り」(SEOマネジメント)が必要となっております。

昔は「上方向」だけでしたので、マネジメント(管理)などという感覚は不要で単純に「SEO対策」という感覚で臨んでいれば良かったわけですが、今現在は違います。
「下方向」の「マイナス評価」が存在しますので、「リスク」も意識しなければなりません。

そうなると、「対策」という感覚よりも、「マネジメント」(管理)という感覚が、SEOでも必要になって来ます。
現在は「SEO対策」では無く、「SEOマネジメント」(SEO Management)という感覚で臨んで頂いた方がGoogle SEOは上手く行きます。

「感覚」的な話ではありますが、「『SEO』分野では『対策』色が薄れ『マネジメント』(管理)色が濃くなって来た」と感じる、「今日この頃」であります。

【マイナス評価の導入箇所】
1,「コンテンツ」周りに「マイナス評価」導入
2,「被リンク」周りに「マイナス評価」導入

具体的に「マイナス評価がどこに導入されたのか?」について、少し解説致します。
結論を先に申し上げますと、「コンテンツ」周りと「被リンク」周りの「両方」に「マイナス評価」が導入されております。

よって、「被リンク」周りの「マイナス評価」のみ意識し対処するだけでは「足りません」。
「コンテンツ」周りの「マイナス評価」も併せて意識し対処して頂く「必要」がございます。

「コンテンツ」周りにも「マイナス評価」が導入されておりますので、「コンテンツなら何でもOK」という姿勢で「低質なコンテンツ」をサイト内に「どんどん投稿」して行きますと・・・、「マイナス評価」や「ペナルティ」を食らう事になります。
「コンテンツ」周りの「マイナス評価」や「ペナルティ」により、検索エンジン経由の集客数が「激減」したり、ターゲットキーワードでの順位が「劇的に落ちたり」する事が、現在は「有り」ます。

「今のGoogle検索エンジン」は「マイナス評価」導入により、「昔のGoogle検索エンジン」とは中身が大きく異なりますので、「別の検索エンジン」と捉えて頂く「必要」がございます。
「昔のGoogle」のイメージは完全に捨て去って頂き、「別の新しい検索エンジン」に対してWebサイト(ビジネスサイト)を最適化させる感覚で臨んで頂いた方が、今および今後のSEOは上手く行きます。

「昔のGoogle」の「イメージ」に基づいて「Google検索エンジン対策」を施しますと、「非常に高い確率」で「マイナス評価」や「ペナルティ」を食らう事になります。
「旧Google」の「イメージ」は今現在のGoogle SEOにおいては「障害」となります。

昔のGoogleのイメージが頭にこびり付いている方々は、一度イメージを「リセット」して頂いた方が良いです。
其の上で、新しいイメージへと「書き換え」て頂く必要がございます。

検索エンジン名は「Google」のままで「同じ」ですが、中身は完全に「別」です。
今のGoogleは「別の検索エンジン」(別人)ですので、従来の旧Googleのイメージは「完全にリセット」した上で臨んで頂かないと、今および今後のSEOで失敗してしまいます。

従来のイメージと変わらないのは「1位表示させるまでは大変(時間がかかる)」という前半部分のイメージのみです。
後半部分の「一旦、1位表示・上位表示させてしまえば其の後はビクともせず順位は安定する」というイメージに関しては「リセット」して頂き、「1位表示後・上位表示後も順位が大きく落ちる事もある」というイメージに「上書き」して頂ければと思います。

「上書き」して頂く事で、「現実のGoogle」(今現在のGoogle)に「イメージ」が近づきます。
其の「イメージ」に基づいてSEOに臨んで頂ければ、Google SEOの成功確率は上がります。

最後に復習を兼ねて一つ「質問」させて頂きます。

【質問】
1,今および今後のGoogleでも「安定」上位表示や「安定」1位表示を実現するには、何が「必要」でしょうか?

答えは、ここまで読まれた方であれば御分かりかと思いますが、「リスク管理」(Risk Management)です。
SEOに「リスクマネジメント」(危険管理)の導入が「必要」になります。

ターゲットキーワードで1位表示させるには「コンテンツ」と「被リンク」の「両方」が必要であり、検索エンジン経由の集客数を増加させるのにも「コンテンツ」と「被リンク」の「両方」が必要になります。
現在、この「コンテンツ」と「被リンク」の「両方」に「マイナス評価」が導入されておりますので、「コンテンツ」と「被リンク」の「両方」に「リスク」(=損失を被る可能性)も「存在」し得るという事になります。

この「コンテンツ周りのリスク」「被リンク周りのリスク」を「低減」させる対策が、「安定」上位表示や「安定」1位表示の実現で必要になります。(リスク低減)
併せて、「リスク」への接触を避ける「回避」や、「リスク」に接触してはいるものの囲いで囲って限定してしまう「ヘッジ」に関しても十分に検討し、予め手を打っておく必要がございます。(リスク回避,リスクヘッジ)

【リスク管理】(Risk Management)
1,リスク低減
2,リスク回避
3,リスクヘッジ

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする