SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い

【SEO集客の手段】
1,ヘッドキーワードSEO
2,テールキーワードSEO

SEO集客の手段としては上記の通りでして、「ヘッドキーワードSEO」と「テールキーワードSEO」がございます。
「ヘッドキーワード」というのは、毎月一定の検索需要があるキーワードの事です。

Google Adwordsの「キーワードプランナー」にターゲットキーワードを入力して検索すると、キーワード候補がズラッと画面に並びますが、これらが「ヘッドキーワード」と捉えて頂けたらと思います。
検索需要の無いキーワードを画面に表示しても意味が無いため、一定の検索需要あるキーワード群がキーワードプランナー画面に表示されます。

【参照】
『Google AdWords キーワード プランナー』
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

これらの候補キーワード群は、もちろん貴社(貴方)だけでなく競争相手(競合他社)のキーワードプランナー画面にも表示されております。
「見えるキーワード」群であります。

よって、これらの「見えているキーワード」(目立つキーワード)群には競争相手も多数参戦してきます。
そのようなわけで、「ヘッドキーワード」群には「競争」が付き物となります。

この「競争」を制する事ができれば、上位表示されて其のキーワード経由でターゲット顧客を集客できるようになります。
「ヘッドキーワードSEO」では、「コンテンツSEO」「HTML要素SEO」「被リンクSEO」等での「競争」が前提となります。

特に「被リンクSEO」の「競争」は厳しく(激しく)なります。
最終的な「差」は、「コンテンツ」や「HTML要素」では無く「被リンク」でつきますので、被リンク競争は激しくなります。

「ヘッドキーワードSEO」においては、「コンテンツSEO」や「HTML要素SEO」は押さえられている事が「大前提」(当り前)となります。
「コンテンツSEO」や「HTML要素SEO」で敵(=競争相手)に差を付けられないようにし、「被リンクSEO」で差をつけて行くというのが、「ヘッドキーワードSEO」の戦い方となります。

最後は、「被リンクSEO」で敵に差を付けて「競争」を制し、上位表示・1位表示させてターゲット顧客を集客するというのが、「ヘッドキーワードSEO」の一連の流れとなります。(攻めの被リンクSEO)
「上位表示・1位表示」した後も「競争」自体は続きますので、それ以後も「上位維持・1位維持」(守り)のための「被リンクSEO」は適宜必要になります。(守りの被リンクSEO)

「テールキーワードSEO」の「テールキーワード」というのは、「毎月一定の検索需要が無いキーワード」と捉えて頂くと理解し易いと思います。
毎月一定の検索需要が無いキーワードですので、Google Adwordsの「キーワードプランナー」等には表示されません。

「一定の検索需要が無い」という事で、キーワードプランナー画面には表示されませんが、「検索自体はされている」のが「テールキーワード」です。(見えないキーワード)
検索されないキーワード群で大量に上位表示を達成しても誰もアクセスして来ませんが、「テールキーワード」は少ないながらも「検索自体はされているキーワードやキーフレーズ」です。

ですので、上位表示されれば検索にヒットして訪問者がやって来るようになります。
テールキーワード1個で上位表示しても訪問者数は知れておりますが、数百個・数千個・数万個となれば、「塵も積もれば山となる」方式で訪問者数も増えて行きます。

「ロングテールキーワード」という言葉は聞いた事があると思いますが、これも「テールキーワード」の仲間です。
テールキーワード群の中でも、特に検索される事が「稀」なキーワード(※キーフレーズ等も含む)が「ロングテールキーワード」と捉えて頂けたらと思います。

検索されるのは「稀」ですが、「検索自体はされているキーワード」ですので、ロングテールキーワードで上位表示されていれば、いつかは訪問者がやってきます。
ロングテールキーワードであっても大量のロングテールキーワード群で上位表示できていれば、結構な数の訪問者が貴サイトに訪れるようになります。

テールキーワードやロングテールキーワードは、ヘッドキーワードとは異なり「見えないキーワード」ですので、参戦してくる競争相手の数はかなり減少します。
全く参戦者が存在しないテールキーワードやロングテールキーワードも一部ございます。

テールキーワード群に関しては総じて「競争は緩め」となりますので、ヘッドキーワードSEOクラスの「被リンク対策」(被リンクの量)は要求されません。
中には、「コンテンツSEO」「HTML要素SEO」が完璧であれば、それだけで上位表示されてターゲット顧客の集客に繋がるキーワード(テール)も存在します。

ただ、「テールキーワード」「ロングテールキーワード」は競争相手に「見えないキーワード」とはいえ、そこをあえて狙い撃ちしてくる参戦者(ニッチャー)も一定数存在するため、競争はゼロとはなりません。
ですので、ある程度は「差をつける」ための「被リンクSEO」も「必要」になります。

緩いながらも競争自体は存在するため、「被リンク対策」を施さないと上位表示されないキーワード(テール・ロングテール)も多いです。
いずれにせよ、ヘッドキーワードSEOクラスの被リンク対策(被リンクの量)は不要ですので、「ヘッドキーワードSEO」とは異なった戦い方をする事になります。

「ヘッドキーワードSEO」の場合は、「ヘッドキーワードに沿ってコンテンツを作成」し、「HTML要素SEO」を押さえ、其の後は目標順位に達するまでひたすら「被リンク対策」を施して競争を制します。
競争を制するまで「追加の被リンク対策」が必要になりますので、「被リンク」にかなりのコストが掛かります。

「テールキーワードSEO」の場合は、「テールキーワードに沿ってコンテンツを作成」し、「HTML要素SEO」を押さえ、其の後は「所定の被リンク対策」(一定量の被リンク対策)を施せば完了であります。
これと同じ事を大量のURLで繰り返して「コンテンツ群全体で集客数増加を追求する戦略」をとる事になりますので、「コンテンツ」にかなりのコストが掛かり、「被リンク」にもそれなりのコストが掛かります。

「ヘッドキーワード」「テールキーワード」のどちら経由でもターゲット顧客は集客できるようになりますが、コスト配分はかなり変わります。
「ヘッドキーワード」はとにかく「被リンク」にコストが掛かり、「テールキーワード」は「コンテンツ」にかなりのコストがかかり且つ「被リンク」にもそれなりのコストがかかるという構図です。

どちらを狙うせよ、「安定」SEO集客を実現するには「被リンク」は必要になります。

ちなみに「被リンク」が中心となるヘッドキーワードSEOでは、被リンク競争を制する「資本」が必要になります。
資本が小さ過ぎる(少な過ぎる)と、競争を制する前に「資本不足」に陥り(弾切れし)、戦線離脱を余儀なくされます。

ヘッドキーワードSEO参戦者の多くは、途中で資金が尽きますので、戦場から退出する事になります。
我慢比べの戦いを最後まで継続して、実際に勝利する参戦者は全参戦者の中のほんの一握りです。

ヘッドキーワードSEOでは、弾を供給し続けるだけの「資本」と、敵との被リンク競争の我慢比べで負けないだけの「忍耐力」(堪え抜く力)の「両方」が必要になります。
「競争相手の量」(数)が多く「競争相手の質」(強い)が高い「難易度の高いヘッドキーワード」群では、特にその傾向が強くなります。

テールキーワードSEOの場合はウェートが「コンテンツSEO」や「HTML要素SEO」に移りますので、ヘッドキーワードほどは「被リンクの量」は要求されませんが、「被リンクSEO」自体は必要になります。
「テールキーワードSEO」を実践しているビジネスサイト群で、SEO集客数が1年を通して不安定で大きなブレが生じているところ、だいたい「被リンク」が不足しております。

検索アルゴリズムの中身は常に「変化」しておりますので、「被リンク」をより重視するトレンドにアルゴリズムが入ってしまうと、「被リンク」不足のビジネスサイト群のSEO集客数は大きく落ちてしまったり、殆どゼロになってしまう事もございます。
「コンテンツに重きを置くアルゴリズム」⇒「被リンクに重きを置くアルゴリズム」⇒「コンテンツに重きを置くアルゴリズム」⇒「被リンクに重きを置くアルゴリズム」⇒・・・といったように検索アルゴリズムは時間軸で「波」を描きながら進化して行きます。

この「波」「トレンド」の影響を小さく抑えて、1年を通して安定したSEO集客数を実現するには、必ず「被リンク」が必要になります。
「コンテンツSEO」「HTML要素SEO」のみに偏った「テールキーワードSEO」を実践しているビジネスサイト群が「被リンクSEO」も満たせば、高かった「SEO集客ボラティリティ」は低下し、通常は集客数に「安定感」が出てくるようになります。

「コンテンツSEO」「HTML要素SEO」「被リンクSEO」のバランス(均衡)がとれた「テールキーワードSEO」を実践すれば、「SEO集客ボラティリティ低下⇒SEO集客数安定」となり、1年を通して安定したSEO集客数が実現できるようになります。
もちろん、現在は検索アルゴリズムに「マイナス評価」も導入されている関係で「リスク」も存在しますので、「リスク管理」の徹底も必要になります。

リスク管理が不十分ですと、コンテンツ周り・HTML要素周り・被リンク周りの「マイナス評価」「ペナルティ」発動を招き、上述して来た「SEO戦略」(SEO集客シナリオ)は「絵に描いた餅」となります。
毎回申し上げておりますが、現SEO・未来SEOの持続的成功の実現に「リスク管理」(Risk Management)は「必要」となります。

「順位を上げる事を目的」に設置する「被リンク」(自然風リンク)には、大なり小なり「リスク」も伴いますので、「リンク低減」「リスクヘッジ(リスク限定)」「リスク回避」等を通じた「リスク管理」が必要になります。
ちなみに「順位上げ目的」で「生産」(量産)する「衛星サイト群」に関しては、「リスク分散」(衛星サイト分散)が必要になります。

ここ最近のGoogle大変動では、この衛星サイト群の「リスク分散」が甘かったURL群が検索上位から姿を消しております。
メインサイトのリスク管理が出来ていても、衛星サイト群の「リスク管理が甘い」と痛い目にあいます。

衛星サイトに関しては、「衛星サイトの集中」(数を絞る事)でリスクが高まります。(高リスク)
その上で同じ衛星サイトを「長く利用し続ける」ほどにリスクは高まって行きます。

「衛星サイトの分散」(数を増やす事)でリスクは低下します。(低リスク)
その上で同じ衛星サイトを「長く利用しない」事で、「低リスクを維持」できます。

何年間も「新規の被リンク」設置を「同じ衛星サイト」で繰り返せば、リスク(=損失を被る可能性)は嫌でも高まって行きます。
最初に「所定の被リンク」(一定量の被リンク)を設置して、それ以後は「同じ衛星サイト」は利用せず「放置」というやり方をとった方が、リスクは遥かに低く抑え込めます。

リスク管理については以上です。
話を「ヘッドキーワードSEO」「テールキーワードSEO」に戻します。

「ヘッドキーワードSEO」「テールキーワードSEO」のどちらの「手段」でSEO集客数を増やすにせよ、「被リンク」(自然風リンク)が通常は「必要」になります。
検索エンジン集客が「イマイチ」で悩んでいるビジネスサイト(ホームページ・ブログ・ネットショップ)群の大半は、この「被リンク」が不足状態にあります。

加えて、「コンテンツSEO」や「HTML要素SEO」の方も、不足状態(出来ていない状態)にあります。
現Googleは「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムですので、「コンテンツSEO」が出来ていない事は「致命的」となります。

「コンテンツSEO」が駄目な場合は、「SEO集客数が安定しないサイト」では無く「SEO集客が出来ないサイト」に成ってしまう事も多くなります。
そうなると、「被リンク」どころの話ではありせん。

「被リンク不足が原因でSEO集客数が安定しない」という話は、「『コンテンツSEO』と『HTML要素SEO』が出来ているビジネスサイト群」での話です。
そういったビジネスサイト群では検索アルゴリズムの「波」が「被リンク寄り」になる事で突然、SEO集客数が激減するわけですが、激減の原因・理由は明らかです。

「被リンク不足」です。
「被リンク不足」による「SEOスコアの大幅ダウン」で、サイト内URL群のテールキーワードの順位が大きく落ちてしまい、アクセス数が激減するのです。

検索アルゴリズムの「波」が「コンテンツ寄り」の間は、「被リンク」不足の問題が顕在化する事はないため、多かれ少なかれ集客できたりします。
しかし、「波」が「被リンク寄り」になると、「被リンク」不足の問題が顕在化するため、SEO集客がピタッと止まったり、激減したりする次第です。

「必要なもの」が「無い」(不足している)のであれば、当然ながらSEO集客は「出来ない」か、もしくは「安定しません」。
「ヘッドキーワードSEO」「テールキーワードSEO」のどちらの手段を選択しても、「安定SEO集客」の実現を目指すのであれば、「被リンク」は「必要」になります。

どちらの手段を選択しようと「コンテンツSEO」「HTML要素SEO」「被リンクSEO」の3要素は必要になります。
「ヘッドキーワードSEO」と「テールキーワードSEO」で異なるのは、この3要素(コンテンツ,HTML要素,被リンク)に配分するコストのみであります。(コスト配分)

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする