SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」

「営業」目的URLと「集客」目的URLは、基本的に分けた方が「営業」も「集客」も上手く行くと、過去に何度か当ブログで書かせて頂きました。
この内の「集客目的URL」に関しては更に細かく分ける事ができます。

其の内の1つが「SEO集客目的URL」です。
この「SEO集客目的URL」も更に細かく分ける事が出来ます。

【SEO集客目的URL】
壱,ヘッドキーワード集客目的URL
弐,テールキーワード集客目的URL

上記の「ヘッドキーワード」と「テールキーワード」は「検索需要が有るキーワード」です。
「検索需要が無いキーワード」群で「大量」の上位表示や1位表示を達成しても、検索エンジン経由で訪問者は一名(一社)も訪れません。

「検索需要が有るキーワード」で上位表示や1位表示を達成して初めて検索エンジン経由で訪問者(検索ユーザー)が訪れるようになります。
役立つ記事(コンテンツ)であろうと、価値の非常に高い記事(コンテンツ)であろうと、「検索需要の無いキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成しているのであれば、「検索エンジン経由」で集客できるようにはなりません。

検索エンジン経由の集客を目的にビジネスブログを開設して、大量に記事(コンテンツ)を作成・投稿したものの、殆どあるいは全く検索エンジン経由で集客できていないビジネスブログがWeb上に多く存在します。
なぜ、SEO集客ができないのでしょうか?

毎回申し上げている通りで、SEO集客が出来るか否かは「コンテンツ」と「被リンク」でほぼ決まるわけですから、「コンテンツ」か「被リンク」に「問題があるのであろう」事は容易に想像が付きます。(※実際には『HTML要素』もSEO集客に影響を与えるが当記事では省略)
具体的には、どこに問題があるのでしょうか?

SEO集客が出来ていないビジネスブログには通常、記事(コンテンツ)の「作成の仕方」に問題があります。
「『検索需要の有るキーワード』に沿って記事(コンテンツ)が作成されてい無い」という問題です。

「『ヘッドキーワード』や『テールキーワード』に沿って記事(コンテンツ)が作成されてい無い」のです。
よって、待てど暮らせど検索でヒットしないのも、「当り前」となります。

社会の中で発生した「需要」に対して「供給」で応じて行くのが企業の役割(存在意義)ですが、これは「検索」でも同じです。
検索社会の中で発生した「需要」(検索需要の有るキーワード)に対して「供給」(キーワードに沿ったコンテンツ)で応じて行くのがSEO集客目的サイトの存在意義となります。

「需要」に対応した「供給」であれば、上述のビジネスブログ群も集客できるようになりますが、「需要」されていない(求められていない)「供給」を行っているだけですから、検索エンジン経由で集客できるようになるわけはありません。
集客できるようになりたければ、「需要」に対応した「供給」を行わねばなりません。

おそらく、それらのビジネスブログ群も「検索需要の無いキーワード」では大量に上位表示を達成している事と思います。
しかし、「検索需要の無いキーワード」群ですから検索でヒットする事は「無い」のであります。

「検索需要が有るキーワード」(ヘッドキーワードやテールキーワード)で上位表示できていない以上は、検索エンジン経由で誰もやって来ないのであります。

この「問題」を「解決」するのは簡単です。
「検索需要の有るキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成すれば良いのです。

それで「問題」は「解決」します。
「ヘッドキーワード」や「テールキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成していないがゆえに、殆どあるいは全く検索エンジン経由で集客できていないのですから、その逆をやれば問題は解決します。

「ヘッドキーワード」や「テールキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成し投稿して行けば、大なり小なり検索エンジン経由で集客は出来るようになります。
「検索需要の有るキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成する事が、SEO集客の「出発点」となります。

それが出来ていないのであれば、出発点の段階で「試合終了」でございます。
「検索需要の無いキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を1万本作成し投稿しても、検索エンジン経由の集客数は「ゼロ」です。

「需要が無い」のですから当然「ゼロ」です。
検索エンジン経由の訪問者を増やしたいなら「検索需要の有るキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成せねばなりません。

これは、「当り前」の事です。
「需要」に非対応の「供給」では意味がありません。

しかしながら、多くビジネスブログやビジネスサイトはこの「当り前」の事をやっておりません。
ゆえに、検索エンジン経由で集客が出来ないのであります。

「検索需要の有るキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成するという「当り前」の事をやれば良いだけです。
この「当り前」の事をやれば、「一部のテールキーワード」や「ロングテールキーワード」あたりであれば、それだけで検索エンジン経由で集客できるようになる事もあります。

但し、「ヘッドキーワード」および「大部分のテールキーワード」に関しては、そうは行きません。
セットで「被リンク」も「必要」になります。

「被リンク」が欠けて(不足して)いる状態では、「一部のテールキーワード」(ニッチなテールキーワード)や「ロングテールキーワード」に沿って作成した記事(コンテンツ)のみが検索でヒットして、「多少集客ができるようになる程度」で終わります。
作成するコンテンツ(記事)の「数」にもよりますが多くの場合は、満足行く集客「数」には至らず「ビジネスにならない」でしょう。

検索エンジン経由の集客数を増やそうと思うなら、結局のところ「被リンク」も「不可欠」という事であります。
多くのWebサイトは「検索需要の有るキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成するという「当り前」の事すら出来ていないため、まずはそこをクリアする(乗り越える)必要があります。

しかし、この第一段階をクリアしても「被リンク」が欠けていれば、SEO集客できない点に「かわりは無い」ため、「被リンク」も忘れない事であります。

【『検索需要の有るキーワード』と『被リンク』の関係】
1,「ヘッドキーワード」 ⇒ 「被リンク無し」では集客「不可能」
2,「大部分のテールキーワード」 ⇒ 「被リンク無し」では集客「困難」
3,「一部のテールキーワード」「ロングテールキーワード」 ⇒ 「被リンク無し」でも集客「可能」なキーワードも一部存在

※「3」に関しては滅多に検索されないキーワードが大半を占める為、集客「数」確保の為に「コンテンツ量産」(コンテンツの数)が必要になる

一部、上記の「『検索需要の有るキーワード』と『被リンク』の関係」に書いた内容が当て嵌まらないキーワードも存在しますが、「極少数」です。
多くのキーワードでは当て嵌まりますので、上記内容を頭に入れておいて頂くと今後の「SEO集客」で役立つのではないかと思います。

「ヘッドキーワード」や「大部分のテールキーワード」では「当り前」のように「被リンクが要求」されますので、最初から「被リンク」に所要されるコストや資金も計算に入れおく必要がございます。
常に「被リンク」を念頭に置きながらSEO集客対策を進めて頂く事を「おすすめ」致します。

「被リンク」の事を頭に入れずに、「コンテンツ」だけをみて「ヘッドキーワード」や「大部分のテールキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を大量に作成してしまうと、結局は検索エンジン経由で集客できずに終わります。
投じた膨大なコンテンツ「コスト」・コンテンツ「資金」を無駄にして終わるのみとなります。

そして「損失」の計上です。
この場合は、「企業体力」を「消耗」しただけで、「何ら実り無し」(収穫無し)で終わります。

そうならないようにする為に、常に頭の中に「コンテンツ」と「セット」で「被リンク」も入れておく必要があります。
「所要される被リンク」のコスト・資金まで頭に入れて動くのが「商人」(企業)というものであります。

「所要被リンク」まで頭に入れた上で、算盤を弾いて作成する「コンテンツの数」を決めて行けば、「SEO集客が出来ない」等という事態に通常は陥りません。(そろばんSEO)
「被リンク」まで頭に入れて算盤を弾くと、「コンテンツ」だけしか頭に入れずに算盤を弾いた時よりも、作成できる「コンテンツの数」が大幅に減少する事に「気付く」と思います。

それが本当に作成可能な「コンテンツの数」です。
「本来の数」です。

「被リンク」周りのコスト・資金は「かなり掛かります」ので、それほど多く「コンテンツ」は作れないのがお分かり頂けると思います。
それに「気付いて」頂き、その上で「コンテンツ・被リンク・バランス」(均衡)を実現して「検索エンジン集客が出来る構造」を作り出して頂けたらと思います。

多くのビジネスサイトは「コンテンツ・被リンク・アンバランス」(不均衡)の状態・集客構造にあります。(構造的問題)
よって、そのようなビジネスサイトにおいては集客構造を「改革」(reform)して頂いて、「コンテンツ・被リンク・バランス」(均衡)へと整えて(調えて)頂く「必要」がございます。(構造改革=Structural Reform)

「コンテンツ・被リンク・アンバランス」な状態・集客構造下で、いくらSEO集客を頑張ったところで満足行く成果が出るわけは無く、「無駄」が蓄積されるばかりであります。(無駄な努力)
そのことに各企業の「経営者」方や、各Webサイトの「管理者」方は、「気付か」ねばなりません。

まず、「検索重要の有るキーワード」に沿って作成された「コンテンツ」(記事)で無ければ、そこで試合終了(終わり)だという事に「気付か」ねばなりません。
その上で、「コンテンツはOK」でも「所要される被リンク」が供給されねば、「コンテンツ・被リンク・アンバラス」(不均衡)に変わりは無いため、「状況は良くならない」(好転しない)という事にも「気付か」ねばなりません。

SEOに限らず、「経営者」や「管理者」に必要な能力の1つは「気付く能力」であります。
「気付かず」に、いつまでも永遠と「コンテンツ・被リンク・アンバランス」(不均衡)下でSEO集客対策を繰返していても、満足行く成果は出ないのであります。

さきほど、「構造改革」(Structural Reform)という言葉を口にしましたが、「企業版の構造改革」というとトンケン経営研究所 SEO事業部は「ワーク・ライフ・バランス」を思い出します。
経営者や社員の「一日」を「ワーク」(Work)と「ライフ」(Life)に分け、一日単位・一週間単位等の「単位期間」の中で「ワーク」と「ライフ」を「バランス」(均衡)させて、企業業績の「好循環」を作り出して行くのが「ワーク・ライフ・バランス」です。

この「好循環」を生み出す「ワーク・ライフ・バランス」を実現するには、「企業の構造の改革」が必要になります。
「アンバランス」(不均衡)を「バランス」(均衡)へと変えて行くには(ととのえて行くには)、アンバランスやバランスを生み出す「本」(もと)となっている「構造」を変えねばなりません(新しくせねばなりません)。

当ブログは経営ブログ(Management Blog)では無く、あくまで「SEOブログ」ですので経営関連の事は詳しくは書きませんが、一般的な企業は「企業の構造」に問題を抱えております。(※アンバランスを生み出す『構造』になっている)
その「構造的問題」が原因で、其の企業で働く経営者や労働者(社員)は「ワーク・ライフ・アンバランス」(不均衡)状態にあります。

この「ワーク・ライフ・アンバランス」が原因で様々な問題が短期・中期・長期を問わず発生しており、企業業績に悪影響を「与え続けて」おります。
しかしながら、それに「気付い」ていない経営者(=企業管理者)方やオーナー&投資家(=企業支配者)方が非常に多いのが現実です。

「ワーク・ライフ・アンバランス」は「企業の構造の問題」(労働環境の問題)ですので、其の企業で働く社員方の個々(個人)の努力ではどうする事もでき無い性質のものです。
その構造下で企業活動を繰り返す事になりますので、結果、其の企業内で働く社員方や経営者方が「力を十分に発揮できない状態が持続」する事になります。

企業の構成員が「十分に力を発揮できない状態が持続」すれば、其の後、其の企業がどうなって行くのかは小学生でも解るところであります。
当然ながら「必然的」に、企業業績の方に「悪循環」を齎す形となります。

「コンテンツ・被リンク・アンバランス」(不均衡)の場合も同じです。
集客構造の問題を解決せずに、この「不均衡」状態が持続すると、そのサイトでせっせと働く「コンテンツ」や「被リンク」は力を十分に発揮できない状態のままとなります。

その結果、「コンテンツ・被リンク・アンバランス」(不均衡)がサイトのSEO集客に「悪循環」を齎すのであります。
「コンテンツ・被リンク・アンバランス」下で次々と新たに新コンテンツを作成して投稿するといった事を繰返しても、企業体力を消耗するばかりで良い結果には繋がらず「疲弊するのみ」となるのです。(悪循環)

一方、「コンテンツ・被リンク・バランス」下で同じような事を繰返した場合は違った結果となります。
「好循環」が期待できます(齎されます)。

「コンテンツ・被リンク・バランス」(均衡)の目的は、「ワーク・ライフ・バランス」と同様で「好循環を作り出す」事にあります。
ちなみに「コンテンツ・被リンク・バランス」(均衡)の場合は、「SEO集客の好循環」を生み出す事が目的となります。

企業が構造的問題を解決し所属する社員や経営者の「ワーク・ライフ・バランス」(均衡)を実現すると、大幅に生産性や士気が上がり、企業の構成員が持続的に十分に力を発揮できる状態がととのいますので、企業業績にも「好循環」を齎します。
逆に、構造改革を先送りし、構造問題をそのまま放置しますと、「ワーク・ライフ・アンバランス」(不均衡)のままとなり、生産性や士気は益々低下し、企業の構成員が十分に力を発揮できない状態が持続しますので、企業業績に「悪循環」を齎す事になります。

ビジネスサイトにも同じ事が当て嵌まります。
「コンテンツ・被リンク・バランス」(均衡)がSEO集客に「好循環」を齎し、「コンテンツ・被リンク・アンバランス」(不均衡)が「悪循環」を齎す形となります。

「企業」も「ビジネスサイト」(Webサイト)も基本的には「同じ」です。
「アンバランス」(不均衡)で「悪循環」に陥り、「バランス」(均衡)で「好循環」路線に乗るのです。

繰返しますが、多くのビジネスサイトは「コンテンツ・被リンク・アンバラス」(不均衡)状態にあります。
アンバランス(不均衡)状態にある以上は、どう頑張っても「検索エンジン集客」に「悪循環」を齎します。

検索エンジン集客が「下手」な方々というのは、まず第一に「検索需要が有るキーワード」で記事(コンテンツ)を作成できておりませんので、SEO集客ができません。
これは「コンテンツ・被リンク・バランス」以前の問題で、「コンテンツ」の作成段階でアウトとなります。

第二に、それをクリア出来ていたとしても、「被リンク」の事が頭に入っていないため、「被リンク不足」(or 被リンクゼロ)が原因で、やはりSEO集客ができません。
「コンテンツと被リンクがバランス(均衡)していない」ため、SEO集客が出来る状態にはならないのであります。(コンテンツ・被リンク・アンバランス)

この2つの問題が解消すると、「コンテンツ」と「被リンク」が「バランス」(均衡)しますので、SEO集客ができるようになります。(コンテンツ・被リンク・バランス)

【SEO集客ステップ】
1,「ヘッドキーワード」「テールキーワード」に沿って記事(コンテンツ)を作成する ※「検索需要の有るキーワード」で記事作成
2,作成した各記事(各コンテンツ)に「所要の被リンク」を供給する ※「ヘッドキーワード」は上位・1位表示されるまで供給,「テールキーワード」は予め定めた数(所定の被リンク)だけ供給
3,「コンテンツ・被リンク・バランス」(均衡)により、サイト内で働くコンテンツが力を十分に発揮できる状態が「持続」し、SEO集客に「好循環」を齎す

トンケン経営研究所は、あくまで経営コンサルタンツ(Management Consultants)・コンサルティングファーム(Consulting Firm)です。
ですので弊「SEO事業部」は、「マネジメント」(経営,管理)という観点、「ビジネス」(企業,事業)という観点から、競合他社との「競争」(Competition)も十分に計算に入れた上で、『SEO』を論ずる事となります。

ゆえに、上述して来たようなSEO「提案」となります。

企業(=事業者)において、『SEO』の位置付けは「マネジメントの中のSEO」「ビジネスの中のSEO」となります。
そこには必ず競合他社との「競争」(Competition)も「セット」で付いて来ます。

競合他社と「最終的に何で競争する事になるのか」といえば「被リンク」です。
ですので、「被リンクは無しでもOK」等とは間違っても「書けない」のであります。

現実問題として「被リンク無し」では「競争で敗れてしまう」わけですから。

ビジネスでは無く、「個人消費者」が趣味でやるWebサイト運営(=遊び)であれば、「被リンク無し」で何ら問題無いです。
しかし、「法人事業者」や「個人事業者」という立場で「ビジネスの中でSEO」を行うのであれば、商用キーワード群での競争を制さねばなりませんので、「被リンク無し」では「問題有り」となります。

「真剣」で行う「事業者」のSEOと、「玩具刀」(遊び)で行う「消費者」のSEOとでは、やり方が異なるのは当り前の事です。
トンケン経営研究所 SEO事業部が論ずる『SEO』は、「事業者」向けの「被リンク」を伴う「真剣勝負」のSEOの方であります。

「玩具刀」では無く「真剣」を用いますので、切られて死ぬこともありますが、それが「真剣勝負」(事業主SEO)の世界でございます。
ちなみに真剣勝負の世界で、実際に真剣で切られる事はあっても「死なないようにする」ために実施するのが、「リスク管理」(リスクマネジメント)でございます。

事業者でありながら、「切られる覚悟」も「命がけでやる覚悟」も無いのであれば、玩具刀で「遊びSEO」に興じていればよいと思います。
「玩具刀」で競合他社との競争を制する事ができるほど「ビジネスが甘いかどうか」を、実戦で試して頂くとよいです。

そうする事で、「現実」がよく分かるのではないかと思います。
「被リンク必要」が「現実の世界」であり、「被リンク不要」は「観念の世界」(妄想の世界)だという事が、分かるのではないかと思います。

企業の「経営者」や、ビジネスサイトの「管理者」は、「現実」を観て「意思決定」を下す必要があります。(ポジティブ=現実的)
「観念」や「妄想」に基づいて「意思決定」を下してしまうと、「結果」がついて来ず「損失」だけが拡大します。(ネガティブ=観念的)

個人・法人を問わず、成功し続ける「人」にはポジティブ(現実的)な人が多く、失敗し続ける人にはネガティブ(観念的)な人が多いと、成功本等では昔からよく書かれておりますが、これはある意味「当り前」の事です。
毎回、「観念」(=現実では無い事)に基づいて意思決定を下して、それを執行していては、成功し続ける事が出来るわけがありません。(※執行=意思決定した内容を実現する事)

SEOに関しても、「ポジティブSEO」(=現実SEO)と「ネガティブSEO」(=観念SEO)の2つがございます。
では、ここで最後に質問です。

【質問】
Q,「ポジティブSEO」(現実SEO)とネガティブSEO(観念SEO)のどちらを「選択」すると、「SEO集客の持続的成功」に繋がるでしょうか?

答えは「明らか」ですので、省略させて頂きます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする