重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト

検索エンジン経由での集客数を増やすには、「コンテンツ」と「被リンク」が必要になります。
「コンテンツが前輪、被リンクが後輪」のような関係にありますので、どちらかが欠ければSEO自転車やSEO自動車は「走らない」という状態に陥ります。

今回はこの内の前輪(コンテンツ)に関する話です。
ターゲットキーワード(ヘッドキーワードやテールキーワード)で順位を上げて集客できる状態を作り出すにあたっては、先ず第一に「コンテンツ」が必要になります。

では、コンテンツを用意さえすればそれでOKかといえばそうではありません。
それらの用意したコンテンツ群が十分に力を発揮できるようサイト内部の状態をととのえる必要があります。

ちなみに、コンテンツ群が十分に力を発揮できない状態を作るには、「重複コンテンツ」の量産が効果的です。
「重複コンテンツを増加」させて「重複コンテンツの割合」を高めて行くと、Googleアルゴリズムは「其のサイト全体の評価を下げます」のでコンテンツ群から力を奪う事ができます。

よって、それとは逆の事をやると良いいう事になります。

サイト内部に既に大量の重複コンテンツが存在しており、かつ重複コンテンツ割合が非常に高い場合は、サイトの評価がGoogleアルゴリズムによって下げられる可能性が高まります。
実際に評価が下げられていれば、そこに新たに新コンテンツを投稿しても、それらのコンテンツは十分に力を発揮する事はできません。

よって、サイト内のコンテンツ群が十分に力を発揮できる状態を作りたい場合は、「コンテンツの重複問題」を可能な限り解決する必要があります。
一応申し上げておきますが、十分に力を発揮できない状態にあるコンテンツであっても、被リンクを新たに供給して行けば順位自体は上がって来ます。

しかしながら、その順位の上り具合は非常に悪くまた遅く、とても効率的・能率的とはいえません。
比較的スムーズにSEOスコアを高めて順位を上げて行くにあたっては、「重複」問題を抱えているサイト群に関しては「被リンク対策」と「並行」して、「重複問題」への対処も必要になります。

サイト内のコンテンツ群が十分に力を発揮できる状態を作り出すための「内部対策」にも「並行」して取り組んで頂く必要がございます。

具体的には「重複コンテンツを無くす・減らす方向の作業」をサイト内部で実施して頂く事になります。
が、ここで作業を行うにあたり一つ問題が発生します。

「重複コンテンツとは何ぞや?」という「重複コンテンツ」の「定義」の問題でございます。
「何が重複コンテンツにあたるのか?」がハッキリしない事にはサイト内部で作業(内部対策)を進めようがありません。

Google社は重複コンテンツを「英語」で「Duplicate Content」と表記しておりますが、この「Content」がWebページ内のどの部分を指しているのかが分からないと作業のしようがありません。
さて、ここで結論を先に申し上げますと、Google社がいうところの「Content」とは、トンケン経営研究所 SEO事業部がいうところの「Webページのオリジナル部分」に相当します。

Webページは、どのページも「オリジナル部分」と「共通部分」で構成されております。
Webページの2大構成要素が「オリジナル部分」と「共通部分」です。

この内の「オリジナル部分」要素が、Google社のいうところの「Content」に該当します。
各ページで「共通」のヘッダーやフッターやサイドバーやメニュー等の「共通部分」要素は含まれませんので、そこは理解しておく必要があります。

ちなみに英語の「Content」は日本語にすると「コンテント」という表記になります。
「コンテン”ツ”」では無く、「コンテン”ト”」です。

日本語の「コンテンツ」を英語で表記する場合は「Contents」となります。
複数形であります。

複数形は”ツ”、単数形は”ト”であります。
「経営コンサルタン”ツ”」「経営コンサルタン”ト”」等のConsultantsやConsultantの場合も同じで、複数形は”ツ”、単数形は”ト”であります。

「コンテンツ」というのは英語にすれば「Contents」ですので「複数」を意味する言葉となります。
「コンテント」は英語にすれば「Content」ですので「単数」を意味する言葉となります。

通常、Webページの「オリジナル部分」は「文章1+画像1+文章2+動画1+文章3+動画2」のように複数の内容(Content)で構成されております。
「文章1」(コンテント),「画像1」(コンテント),「文章2」(コンテント),「動画1」(コンテント),「文章3」(コンテント),「動画2」(コンテント)といった「コンテント群」(Content群)で「オリジナル部分」は構成されております。

これを、もう少しシンプルに表現しますと、「オリジナル部分=コンテント1+コンテント2+コンテント3+コンテント4+・・・+コンテント8+・・・」となります。
これらのコンテント(単数)群の集合体が「コンテンツ」(Contents,複数形)ですので、「オリジナル部分」は「コンテンツ」と定義できます。

しかしながら、Google社のいうところの「Duplicate Content」の「コンテント」は、この「オリジナル部分」を指しております。
よって、頭が混乱する方もいらっしゃるかもしれませんが、「オリジナル部分」を「一つの単位」(一つの内容)として観れば、確かに「オリジナル部分」は一つの「コンテント」であります。

よって、Google社の見方・捉え方は間違いではありません。
オリジナル部分を構成する各要素(文章1,動画1,文章2)等を「一つの単位」(一つの内容)と見るか、「オリジナル部分そのもの」(オリジナル部分全体)を「一つの単位」(一つの内容)と見るか、の違いです。

視点の違いはありますが、そこは情報の受け手が柔軟に文脈等から判断すれば分かる事ですので大した問題ではありません。
Google社は「Content=オリジナル部分」、Tonken社は「Contents=オリジナル部分」という表現表記を用いておりますが、意味するところは同じであります。

であれば、Google社のいう「Content=オリジナル部分」で定義を統一しても良さそうですが、そうでもありません。
SEO対策を行う側からすると、「オリジナル部分=コンテント」という定義の仕方は内部対策の作業段階で色々と問題を生みます。

オリジナル部分を構成する「文章1」だけが「重複」だったり、「画像1」と「文章2」と「動画1」が「重複」する場合はどうなるか?等のように、作業段階で迷う事になります。
ですので作業時の混乱を無くすためにも、オリジナル部分を構成する「画像1」「文章1」「文章2」等の各「要素」を「1つの単位」(コンテント=1つの内容)と定義した方が良いと申し上げられます。

「オリジナル部分」はContentの集合体である「コンテンツ」と定義した方が、SEO作業は進め易くなります。
「コンテントの重複はどうするか?コンテンツの重複はどうするか?」等、細かい指定が作業時に可能となります。

このように「コンテント」と「コンテンツ」を定義すると、「SEO戦略」や「SEO方針」等もより細かく定める事が可能となり、また内部SEO作業段階で迷いが生じる事も無くなります。
こういった「用語」定義もSEO対策では重要になります。

このような用語定義があいまいなまま「戦略」「方針」を定めてしまうと、社内社外の情報の受け手によって解釈の仕方に違いが生じてしまいます。
その結果、各々が全く異なる行動をとる事になり、計画通りに進まなくなる事もございます。

「コンテンツ」や「コンテント」というSEO用語はGoogle社やSEO業者により見方・捉え方が異なります。
ですので、「何を1つの単位」とした上で「コンテンツ」や「コンテント」という用語をGoogle社や各SEO業者が用いているのかを、文脈等から判断した上で各メッセージを理解して行く事が重要になります。

「コンテンツ」や「コンテント」は誤解を生み易い「誤解語」(形態素)ですので、注意して読み解く必要があります。
情報の受けて側の「読解力」が必要になります。

ちなみに「情報強者」(情報に強い者)というのは、こういった誤解語を正確に読み解く能力をもっております。
そういった能力を有し無い者は、情報を新たに受け取る度に「誤解」する事となりますので、色々と「苦労」する事になります。(情報弱者)

タブレットやスマートフォンの登場により、今まで以上に容易に、より大量の情報を短時間で取得可能となりましたが、これらは「情報弱者」に「不利」に働きます。
情報「量」が増えれば増えるほど「情報弱者」は「誤解」や「誤情報」に振り回されるようになりますので、競争で一段と不利になります。(競争劣位)

情報「量」が増えれば増えるほど競争で有利になるのは、「情報強者」のみであります。
情報強者は「誤解」に振り回される事無く、大量の情報の中から「正情報」のみを識別してそれらをベースに行動を起こす「能力」を有しているため、情報量が増えても競争劣位に回る事はありません。

むしろ得られる「正情報」の量(数)が増える事で更に競争で優位に立てるようになります。(競争優位)
昔とは比べものにならないほど「情報の量」が増えた影響もあり、情報弱者は「昔以上に誤情報や誤解語に振り回されるようになって来た」と感じる今日この頃であります。

タブレットやスマホを駆使して効率的かつ短時間で情報収集する事ができても、「情報強者に非ず」という事であります。
誤解語に振り回されず言葉を「形態素」(=意味を持つ最少の言語単位)レベルで理解できる能力の有無、誤情報(馬)と正情報(鹿)の区別が付く能力の有無等の方が、「情報」に「強く」なる上では重要であります。

「コンテンツ」と「コンテント」に話を戻します。

Google社のいうところの「Duplicate Content」は、申し上げた通りでWebページの「オリジナル部分」を指しております。
このオリジナル部分は「文章1」(コンテント1),「文章2」(コンテント2),「動画1」(コンテント3),・・・等の「コンテント」群(要素群)により構成されております。

よって、「オリジナル部分=コンテンツ」(Contents)であると先ほど「定義」させて頂きました。
ここから先はトンケン経営研究所 SEO事業部の定義に基づき、「重複コンテンツ」(Duplicate Contents)と「重複コンテント」(Duplicate Content)という2つの視点で、「重複」問題を観て参りたいと思います。

Google社が定義する「Duplicate Content=オリジナル部分」はとりあえず弊SEOブログでは忘れて頂けたらと思います。
さて、ここで貴社(貴方)に2つ質問致します。

【質問1】
重複コンテント(Duplicate Content)を持つページURLは、Googleアルゴリズムによって評価を落とされるでしょうか?(コンテントレベルの重複)

早速、「解答」ですが、落とされません。
「重複」があくまで「コンテントレベル」に収まっているのであれば、評価を落とされる事はございません。

【質問2】
重複コンテンツ(Duplicate Contents)を持つページURLは、Googleアルゴリズムによって評価を落とされるでしょうか?

「解答」ですが、落とされる事”も”あります。
「重複」がコンテント群の集合である「コンテンツレベル」で発生している場合は、Googleアルゴリズムによって評価を落とされる「可能性」がございます。

ただ今、「可能性」という言葉を用いましたが、重複コンテンツを有するページURLが100%の確率で評価を落とされるわけではないため、「可能性」という言葉を用いさせて頂きました。
サイト内のページURL群に占める重複コンテンツページURL群の割合が小さい場合は、「重複」による「評価落ち」が発生せず、「影響無し」という事もございます。

しかし、コンテンツレベルで「重複」を抱えている以上は、Googleアルゴリズムが「重複」ページURLや「重複」ページURL群が属するサイト自体の評価を大きく落とす「口実」が存在している状態ですので、リスクは残ります。
某放射性物質のように「直ちに問題は無い」「直ちに影響は無い」としても、リスク管理の観点からは、そのまま放置はしない方が良いと申し上げられます。

削除可能な重複ページURL群は削除して頂き、削除は困難ながらも正規化できる重複ページURL群は正規化で処理して頂き、リスク低減を図って頂けたらと思います。

なお、「コンテンツが無いページURL」を大量にサイト内に抱えている場合ですが、これも「重複」問題に発展しますので注意が必要です。
titleテキスト(title要素)と見出しテキスト(h1要素)のみオリジナル(ユニーク)な記述で「肝心要のコンテンツ」らしきものが無いページURL群(コンテンツ無しURL群)をサイト内に大量に有している場合は、かなり危険な状態にあります。

「重複」問題では、「同一コンテンツ」(全く同じコンテンツ)だけで無く、「似たようなコンテンツ」(同じようなコンテンツ)も「重複の範囲」に入ります。
「タイトルと見出しだけがユニーク」でコンテンツらしきものを何ら持たない「コンテンツ無しURL群」は、「似たようなコンテンツ」の範疇に入りますので、Googleアルゴリズムによって「重複」と看做され評価を落とされる事もございます。(重複問題発生)

「重複」を理由(口実)にGoogleアルゴリズムによってサイト自体の評価を大きく落とされる事もあるため、これらの「コンテンツ無しURL群」は削除して頂くか、もしくは早めに「オリジナルコンテンツ」(独自性の有るコンテンツ)を嵌め込んで(配置して)頂く必要がございます。
既に時遅しで評価を下げられている場合も、コンテンツ無しURL群へのコンテンツ補充等を進める事で、通常は再度SEO集客が出来る状態に戻りますのでコンテンツ無しURL群をサイト内から無くす努力はして頂いた方が良いと思います。

【コンテンツレベルの重複問題と解決手段】
1,重複URL群の削除
2,重複URL群の正規化
3,重複URL群にオリジナルコンテンツ(独自性の有るコンテンツ,ユニークコンテンツ)を配置

「コンテンツレベル」の「重複」についての話は以上です。
「削除」や「正規化」や「独自コンテンツ配置」に要するコストとリターンを計算して頂いた上で、最適な「手段」を選択頂くと良いのではないかと思います。

「コンテントレベル」(Contentレベル)の「重複」に関しては、先ほど申し上げましたが基本的に「問題ありません」。
「重複」の「定義」は「同じもの」(同一のもの)か「同じようなもの」(似たようなもの)ですが、コンテントレベルで「重複」する分にはGoogleアルゴリズムによってマイナス評価を下されることはほぼありませんので心配ご無用であります。

これは、「検索結果」から考えて頂いても分かる事です。
検索上位にコンテンツレベルで「重複」するページURL群ばかりが並んでいれば、検索ユーザーは「どれも同じ内容のページばかりで役立た無い」という印象(インプレッション)をもち、Googleの検索結果(検索品質)に不満を抱くようになります。

しかし、コンテントレベルで「重複」するページURL群が上位に幾つか並んでいても、「コンテンツレベル」ではどのページも「ユニーク」(オリジナル・独自性有)であれば別であります。
検索ユーザーは検索結果(検索品質)に対して「独自性・ユニークさの不足」が理由(原因)で、不満や悪い心象(イメージ)を持つ事は無くなります。

検索ユーザー目線で重要になるのは、「コンテントレベルで十分な独自性を有しているかどうか」では無く、コンテント群の集合である「コンテンツレベルで十分な独自性を有しているかどうか」であります。
コンテンツレベルで「独自性を有し」ており、検索ユーザーに対して「高い価値を提供できていれ」ば、そのコンテンツの構成要素であるコンテント群で「重複」が発生していようと問題とはなりません。

最近、多くのヘッドキーワード群の上位で「コトバンク」のページURL群をみかけます。
コトバンクというのは多くの辞書・辞典サイトの用語解説を寄せ集めて自ページにまとめて掲載(表示)している辞書辞典サイトです。

多くの辞書・辞典サイトの用語解説をコピーして自ページ内に表示しているだけですので、コンテントレベルで見れば「重複だらけ」のページといえます。
しかしながら、これらのコトバンクページ群も「コンテンツレベル」で観れば、「十分な独自性を有し」ており、検索ユーザーに「高い価値を提供できて」おります。

「重複」が「問題」となるのは、先ほどから申し上げている通りで「コンテンツレベル」(Contentsレベル)で「重複」が発生している場合のみです。
「コンテントレベル」(Contentレベル)で幾ら重複していようと、「コンテンツレベル」(Contentsレベル)では重複が無く「十分な独自性を有している(ユニークである)」のであれば、「重複」は問題とはならないのであります。

よって、「重複コンテントだらけ」のコトバンクページURL群であっても、ヘッドキーワード群で大量の上位表示を連発できるのであります。
コンテンツレベルで観れば、どれも「ユニークなページ」ばかりで、十分過ぎるほどの「高い価値」を検索ユーザーにコトバンクページ群は提供できております。

ヘッドキーワード群で大量の上位表示や1位表示を連発している辞典サイトには「Wikipedia」と呼ばれる有名なサイトもございますが、コトバンクとWikipediaはコンテントレベルでは大きく異なります。
Wikipediaのページ群はコンテンツを構成するコンテント群(コンテントレベル)で観ても、独自性を有しておりユニークです。

それらのユニークなコンテント群の集合である「コンテンツ」の方も、当然ながら独自性を有しておりユニークであります。
と同時に、コンテンツレベル(Contentsレベル)で検索ユーザーに対して「高い価値を提供」できておりますので、WikipediaのページURL群が上位表示や1位表示を連発するのも誰もが納得行くところかと思います。

コンテントレベル・コンテンツレベルの両方で独自性を有するWikipediaページ群が上位表示を連発しても不思議では無く、当り前の「現象」が起こるべくして起こっていると捉える事もできます。
面白いのは、コトバンクの方です。

コトバンクのページ群は、コンテントレベルで見ると「重複」だらけで独自性は無く、ユニークさのカケラもございません。
しかしながら、それらの「重複コンテント」を多く組み合わせてページ内でまとめて表示する事を通じて独自性を出し、「コンテンツレベル」では「重複」を無くして検索ユーザーに「高い価値を提供」できております。

両者は、コンテンツレベルでは「同類」、コンテントレベルでは「違いは鮮明」ですが、どちらもヘッドキーワード群で大量の上位表示を連発しております。
両者とも、「コンテンツレベル」で独自性を有しており、且つ高い価値を検索ユーザーに提供できている点で「共通」しております。

「コンテントレベルで重複」し且つ「コンテンツレベルでも重複」する場合は、当然ながら「重複」が「問題」となります。
しかし、「重複」があくまで「コンテントレベル」にとどまっている(収まっている)場合は、重複は問題とはなりません。

「コンテンツレベルでの重複の有無」が「重複問題」の「分水嶺」となります。
重複コンテンツと重複コンテントについては以上です。

SEOで問題となるのは、「重複コンテント」(Duplicate Content)では無く、「重複コンテンツ」(Duplicate Contents)の方ですので、そこは意識して頂けたらと思います。
「重複コンテントは心配無用、重複コンテンツは心配必要」・・・、とシンプルに覚えておいて頂けたらと思います。

重複コンテンツ群に関しては、サイト内の既存ページ群に占める重複コンテンツページ群の割合(比率)が高まれば高まるほど危険度(リスク)が増します。
リスク管理という観点からは、サイト内の重複コンテンツ比率(重複コンテンツ割合,重複コンテンツ率)は可能な限り下げて頂いた方が良いです。

重複コンテンツ割合が低下すれば、「安全度」は増します。
重複コンテンツ率がゼロになれば、重複問題は発生し得ませんので「安全」になります。

本日の内容を一言でまとめますと、「重複コンテントはセーフ、重複コンテンツはアウト」となります。
Safeという英語には『安全な』『危険の無い』という意味がございます。

Outには『弱点』『欠点』『口実』という意味がございます。
「重複コンテンツ」は、重複URLや重複URL群が属するサイト自体の評価を大きく下げる「口実」(Out)をGoogleアルゴリズムに与える事になります。

よって、「重複コンテンツ」群は貴サイトの「弱点」「欠点」(Out)となります。
そのようなわけでして、「重複」問題を一行でシンプルに表現すると、「重複コンテントはSafe、重複コンテンツはOut」となる次第であります

「重複コンテンツは弱点・欠点・口実」(重複コンテンツはアウト)となりますので、当然「問題」となるのです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする