URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料

SEO対策は「車のレース(競走)」に喩えると理解し易いです。

【車,車の構成要素】
URL=車
コンテンツ=エンジン
HTMLソース=ターボ
被リンク=燃料

「車のレース」に喩えると、3大要素(コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO)が「かなめ」(要)である事がよく解ります。
「強いコンテンツ」や「強いHTMLソース」の作成、「強い被リンク」を獲得する事の重要さも理解できるようになります。

では早速、「SEO競争」を「車のレース(競走)」に喩えて解説して参りたいと思います。

まず「何が『車』に相当するのか?」ですが、「URL」です。
「URL」が「車」です。

この「車」を動かすには「エンジン」(原動機・発動機・内燃機関)が必要ですが、それに相当するのが「コンテンツ」です。
「コンテンツ」が「エンジン」です。

この「エンジン」の出力(動力)を更に高めたい場合には、「ターボ」(ターボチャージャー,過給器)が必要になりますが、それに相当するのが「HTMLソース」です。
「HTMLソース」が「ターボ」です。

このターボ(エンジンの出力を増す為の装置)やエンジン(内燃機関,発動機,原動機)から実際に「動力」(運動エネルギー)を得て「車」を動かすには、「燃料」(ガソリン)が必要になりますが、それに相当するのが「被リンク」です。
「被リンク」が「燃料」(ガソリン)です。

「車」を動かすには「ものを動かす力,ものを移す力」(運動エネルギー)が必要になります。
その「力」(運動エネルギー)を出力するのが「エンジン」です。

「エンジン」は、「燃料」(被リンク)を燃焼する事で得られる「熱エネルギー」を「運動エネルギー」(力)という「別のエネルギー形態」に「変換」(変態,形態変化,Metamorphosis)する為の「機関」です。
簡単に申し上げますと、「入力エネルギー ⇒ 変換 ⇒出力エネルギー」部分を担うのが「エンジン」(コンテンツ)です。

燃料(被リンク)を燃焼させる事で発生する「入力エネルギー」(熱エネルギー)を「出力エネルギー」(運動エネルギー)に「変換」する一連の過程を担うのが「エンジン」ですので、「車」に「エンジン」は必須となります。
「車」は「入力エネルギー」(熱エネルギー)では動かず、「出力エネルギー」(運動エネルギー)で動きます。

ゆえに、「燃料」(被リンク)だけがあっても「車」(URL)は動かないのであります。
「燃料」を燃焼させる事で得た「入力エネルギー」(熱エネルギー)を「エンジン」(コンテンツ)で「出力エネルギー」(運動エネルギー)に「変換」して初めて「車」は動くのであります。

よって、「車」(URL)には先ず第一に「エンジン」(コンテンツ)が必要なのです。
その上で「燃料」(被リンク)が要るのであります。

車(URL)に燃料(被リンク)だけ供給して行っても車が動か無い(順位が上がら無い)理由もここにあります。
燃料(被リンク)はあくまで「入力エネルギー源」(熱エネルギー源)なのです。

「車」を動かす動力(エネルギー)となるのは「出力エネルギー」(運動エネルギー)の方ですので、「エンジン無し」(コンテンツ無し)の「車」(URL)に燃料(被リンク)だけ供給して行っても「車は動かない」(順位は上がらない)のであります。
車を動かすには「入力エネルギー」を「出力エネルギー」(運動エネルギー,SEOスコア)に変換する「エンジン」(コンテンツ)が、どうしても必要になります。

なお、「燃料」は「エンジン」に「適した燃料」(ガソリン)でなければ勿論駄目です。
「車」の「エンジン」はどのような「燃料」(石炭・重油・電気・水素・ウラン)にも対応できるわけではありませんので、「車」の「エンジン」(コンテンツ)に「適した燃料」(沿った被リンク)を供給して行く事が大事であります。

エンジンに「適した燃料」(適した被リンク,ガソリン)の燃焼で得た「熱エネルギー」を「運動エネルギー」に変換して初めて、「車」(対策URL)は「動く」(走行・進行する)のであります。
「被リンク」(燃料)に関しては、検索エンジン世界(検索エンジン環境)における「エネルギー資源」(石油・石炭・風力・水力・原子力 等)と捉えて頂くと、「被リンク」(燃料)の重要さがよく分かります。

ちなみに、現実世界では「エネルギー資源」といえば「環境汚染」問題もセットで付いて来るものですが、これは検索エンジン世界(検索エンジン環境)でも同じです。
検索エンジン世界でも、「エネルギー資源」(被リンク)の産出を原因とする「Web環境汚染」(スクレイピングサイト,ワードサラダ等)は一時期問題となっておりました。

最近はGoogleアルゴリズムの進化で「Web環境汚染」は下火となっておりますが、検索エンジン世界にもリアル世界と同様の「エネルギー資源」にまつわる「環境汚染」問題は存在しております。

いずれにせよ、「被リンク」が検索エンジン世界(検索エンジン環境)における「エネルギー資源」であるという事に「気付い」て頂く事が大事です。
「気付けば」、いかに「被リンクが重要」かも分かります。

リアル世界では「エネルギー資源」が無ければ「動力」が得られ無いため、あらゆるものが「動か無くなり」ます。
これは、検索エンジン世界でも同じです。

検索エンジン世界においても「エネルギー資源」(被リンク)が無ければ、「エンジン」(コンテンツ)は「動力」(運動エネルギー)を出力する事が出来無くなります。
エンジン(コンテンツ)から動力が出力されなければ、当然ながら「車」(URL)は「動きません」ので、其の「車」(URL)が検索上位表示される事も無くなります。

検索上位へ向けて「車」(URL)を動かす動力(運動エネルギー)の「源」(みなもと)となっているのが「被リンク」です。
この「被リンク」(エネルギー資源)が無ければ「車」(URL)が動か無いのは「道理」であります。

「ターボ」が無くとも「車」は動きますが、「エンジン」と「燃料」が無くては「車」は動きません。
前回の記事で「エンジン」(コンテンツSEO)と「燃料」(被リンクSEO)は必須、「ターボ」(HTMLソースSEO)は可能な限り満たした方が良いと申し上げましたが、その理由は上記の喩えからご理解頂けると思います。

「コンテンツ」が「エンジン」で、「被リンク」が「燃料」ゆえに、「コンテンツSEO」と「被リンクSEO」は必須なのです。
「HTMLソース」は「ターボ」ですので、無かったらなかったで何とかなります。

しかし、「ターボ」が無ければその分だけエンジンの出力(運動エネルギー)が下がります。
「ターボ無しエンジン車」と「ターボ有りエンジン車」に「同じ量の燃料」(同じ量の被リンク)を供給した場合、「ターボ有りエンジン車」の方が出力(運動エネルギー)が大きくなります。

出力(運動エネルギー)が大きい分だけ「ターボ有りエンジン車」の方が「同じ量の燃料」でもより先に進む事が出来ます。
これは、同じ距離を進むのであれば、「ターボ付きエンジン車」の方が「燃料」(被リンク,ガソリン)が少なくても済む事を意味しております。

つまり「ターボ有エンジン車」は「ターボ無エンジン車」よりも「低燃費」になるという事であります。
「ターボ付エンジン車」は「燃料代」(被リンク代)を節約できますので、安定上位表示や安定1位表示の達成までに掛かる「トータルのSEOコスト」のダウンに繋がって行きます。

ここで、貴社に一つ質問致します。

【質問】
同じ量の被リンク対策を毎月施して行った場合、「ターボ有エンジン車」と「ターボ無エンジン車」のどちらが早く(速く)上位表示されるでしょうか?

答えは、「ターボ有エンジン車」です。
「ターボ有エンジン車」は、「ターボ無エンジン車」よりも「入力エネルギー」(熱エネルギー)と「出力エネルギー」(運動エネルギー)の「差」が小さくなるため、同じ燃料(被リンク)から「より多くの運動エネルギー」を取り出す事が出来ます。(効率が高い,効率が良い)

「運動エネルギー」が多い分だけ、「車」を更に先へと進める事が出来ますので、「ターボ有エンジン車」の方が早く(速く)目的地に到達します。
「ターボ有エンジン車」の方が燃料(被リンク)を「効率良く」運動エネルギー(動力)に変換出来ますので、車レース(競走)では有利になります(楽が出来ます)。

よって、貴社が「ターボ無エンジン車」(URL)で車レース(競走)に参加する場合は、「ハンディキャップ」(Handicap,不利な条件)を負った状態で競合他車と戦う事になります。
「エンジンの性能」が競合他車と同等であっても、貴車(貴対策URL)のみ「ターボ」が無ければ、そこで出力(運動エネルギー)に差が付きますので、SEO競争では「確実に」不利になります。

「エンジン」と「燃料」が無ければ「車」は走りませんので両方必要だという事はお分かり頂けると思いますが、「エンジン」や「燃料」は有りされすれば何でも良いという事ではありません。
「エンジンの性能」(エンジンの質)や「燃料の質」「燃料の量」が重要になります。

「エンジン」から動力(動く力)が出力されて「車」は動くわけですが、その「エンジン」が低性能であった場合は十分な動力(運動エネルギー)が得られず、貴車の走り(走行)は「牛の歩み」となります。
質の良い「燃料」(被リンク)を「車」に供給しても、「エンジン」が低性能(質の低いコンテンツ)では出力(運動エネルギー)が出ず、SEOレース(競走)で先行する競合他車(他の車)にいつまで経っても追いつけないままとなります。

SEOレース(競走)では、長く続く一本道の一番前に出た「車」(URL)が1位表示されます。
貴社がSEO対策を開始した時点で、既に何百車・何千車・何万車という競合する「車」(競合URL)が一本道の遥か前方を先行して走っております。

中には貴車(貴対策URL)よりも5年も7年も10年も前に「発進」した「車」(競合URL)もございます。
先行する競合他車との時間差は数か月や1年程度では無く、数年~十数年に及びます。

ですので、ちょっとやそっとの「頑張り」では到底埋められません。
同じ条件で皆競争しているわけでは無く、最初から「差」(大差)があるのです。(対策期間差,対策時間差)

それらの「差」を埋めつつ、先行する競合他車に追いつき追い越して一番前に躍り出るには、「エンジンの性能」(コンテンツの質)がいかに重要になるかお解かり頂けるかと思います。
「低性能なエンジン」(質の低いコンテンツ)では、遥か先を走る競合他車に追いつく事は困難となります。

「低性能なエンジン」(質の低いコンテンツ)では、一本道を走る「貴車」(貴対策URL)の進み(進行)は「牛の歩みの如く遅きもの」となります。(牛歩エンジン)
「牛歩」では、遥か前方を走る競合他車に追いつくどころか、時間が経てば経つほど更に引き離されてしまい、差を縮めるどころの話ではありません。

この貴車(貴対策URL)の一本道での「進行の速さ(スピード)に現れる力」を「勢い」と呼びます。
低性能なエンジン(質の低いコンテンツ)では「勢い」が付きませんので、貴車の一本道「進行」は極めて「遅いもの」となります。

この「勢いが無い状態」「勢いで劣っている状態」を「弱勢」(じゃくせい)と呼びます。
「弱勢」で物事の「進行」は「遅く」なり、「強勢」(ごうせい)で物事の「進行」は「速く」なります。

さて、ここで貴社に一つ質問です。

【質問】
一本道をスピードアップして速く進む(進行する)にはどうすれば良いでしょうか?

答えは簡単です。
「貴車(貴対策URL)に高性能なエンジン(質の高いコンテンツ,強いコンテンツ)を搭載すれば良い」のです。(強勢)

高性能エンジンを搭載すれば「勢い」が付きます。
「勢い」の「有無」は「物事の進行の速さ」に現れますので、「勢い」が付けば当然ながら貴車の進行速度は「速く」なります。(強勢)

「Competition」(競争,戦い)の研究をされている方であれば、その方面の専門家(コンサルタント)である「孫武」(兵家,競争コンサルタント)が著した「孫子の兵法」を御存じかと思います。
この「孫子の兵法」の中に「正」「奇」「勢」という言葉が出て来ます。

戦い・競争において「勢」がいかに大事かを孫武は「孫子の兵法」の中で説いているわけですが、この「勢」が上述して来た「勢い」にあたります。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)がよく用いる「強勢」という言葉の「勢」も、この「勢い」の事です。

「高性能なエンジン」(質の高いコンテンツ,強いコンテンツ,コンテンツSEOを満たしたコンテンツ)を車に搭載すると、かなりの「勢い」が付くためエンジンから出力される「動力」(運動エネルギー)が上がります。
出力が上がれば、一本道の進行において「それなりのスピード」(速さ)が出るようになります。

ただし、「それなりのスピード」(普通のスピード)が出るようになっても、遥か先を走る競合他車との差を縮めて追いつけるかどうかはわかりませんが。
そこで、「それなりのスピード」(普通のスピード)を「超えたスピード」(高速)を得て、競合他車との差を縮めて行く事を考える事になります。

その「高速」を齎すのが「ターボ」(ターボチャージャー)です。
なお、「ターボ」はあくまで「エンジンの出力を増すための装置」です。

ですので、厳密にはターボ装着で「出力アップ」(運動エネルギーが増加)するのですが、運動エネルギーが増えればスピード(速さ)を上げる事は可能となります。
ゆえに、「高速」や「スピード」といった表現を用いさせて頂いている次第です。

繰り返しになりますが、「ターボ」はあくまで「エンジンの出力を更に高める為の装置」です。
「ターボ」が無くとも「高性能なエンジン」が有れば普通のスピードは出ます。

しかし、其れ以上の速さを引き出そう思うなら「ターボ」が必要になります。
この「ターボ」を装着して「エンジン」から更なる出力(運動エネルギー)を引き出した有名な「中央銀行」がございます。

「日銀」(日本銀行)です。
「日銀」も2014年2月に「ターボ」(貸出増加支援制度の強化)を装着して「量的・質的な金融緩和」(異次元緩和,エンジン)に更なる「勢い」(貸出に勢い)を付けたのは記憶に新しいところです。(※勢い=物事の発動の強さに現れる力,物事の進行の速さに現れる力)

日銀と同じように、貴車(貴対策URL)も「ターボ」を装着すれば、エンジンの出力は更に増しますので、一本道の進行に更に「勢い」(速さ)が付きます。
では、貴車(貴対策URL)においては「何がターボなのか?」ですが、「HTMLソース」です。

「HTML要素SEO」を確り施した「強いHTMLソース」が、貴車の「ターボ」です。
但し、「HTMLソース」なら何でもターボになるわけでは無く、「HTML要素SEO」を施した「強いHTMLソース」のみが「ターボ」として機能しますので、そこは注意して頂けたらと思います。

この「ターボ」を貴車に搭載すると、貴エンジン(貴コンテンツ)から出力される動力が増大しますので、一本道をより速く走行(進行)できるようになります。
「ターボ」装着により「エンジン」出力が上がり、貴車の一本道の進行に更に「勢い」が付く形となります。(強勢,ごうせい)

「強いエンジン」と「強いターボ」が揃えば万全というイメージがありますが、それだけでは遥か先を走る競合他車に追いつき追い抜く事は出来ません。
実際に、追いついて追い抜くには「車」の「燃料」(ガソリン)が必要です。(エネルギー資源)

エンジンに供給する「燃料」(ガソリン)が無ければ貴車(貴対策URL)は動きません。
最高の「エンジン」と最高の「ターボ」を搭載した貴車であっても、「燃料」(ガソリン,被リンク)が十分に無ければ一本道の先頭を走る競合他車に追いつけませんし、追い抜けません。

この「燃料」に関しては、「燃料の質」(被リンクの質)と「燃料の量」(被リンクの量)の両方で「基準」を満たして頂く必要がございます。
質の低い燃料(質の低い被リンク)を「車」(URL)に供給してしまうと、「車」が壊れたり(ペナルティ)、「車」の動きがおかしくなったり(マイナス評価)します。

ですので、「燃料」に関しては「まず第一」に「燃料の質」(被リンクの質)に拘らなくてはなりません。
非常に安価で質の低い燃料(質の低い被リンク)をたっぷりと貴車のガソリンタンクに流し込んでしまうと、一本道の遥か先を行く競合他車を追いつくどころの話ではなくなります。

安価で質の低い燃料(激安の低質な被リンク)の影響で貴車が壊れたり、動きがおかしくなり進行方向にまっすぐ進ま無くなったりします。
安価低質な燃料を「たっぷり」と「ガソリンタンク」に入れてしまうと、貴車(貴対策URL)が勝手にバックし始めたりして「思った方向に進まなくなり」ます。(被リンクのマイナス評価)

よって、とにかく「安価で質の低い燃料」(安価低質な被リンク)をガソリンタンクに「入れ無い」事が燃料周りの対策として重要になります。
「質の高い燃料」(質の高い被リンク)を確保し、ガソリンタンクに流し込む事が大事であります。

一本道進行の途中で、貴車(貴対策URL)は何度もガソリンスタンドに立ち寄って「給油」する事になると思います。
そして、ガソリンスタンドに貴車が立ち寄る度に貴車は「ある選択」を迫られます。

「安価低質な燃料」と「質の高い燃料」の「選択」です。
この「選択」を誤ると、貴車(貴対策URL)は壊れたり、思った方向に進ま無くなったりして、SEOレース(競走)で敗れる事になります。

燃料「選び」でポイントとなるのは、とにかく「質で燃料を選択する」事であります。
「低価格」「激安」「安価」などを売り文句(宣伝文句)に反応して「安価低質な燃料」を「選択」してしまうと問題が発生します。

最悪の場合、貴車(対策URL)が一本道の走行途中で「爆発」(ペナルティ)を起こして走行不能となります。(被リンク ペナルティ)
よくても車故障で、「逆走」(マイナス評価)等をする事になります。(被リンク マイナス評価)

別におどかしているわけでは無く、実際にそういった事が「起こる」ため、申し上げている次第であります。
SEOの世界では「低価格」「激安」「安価」は「売り」(バリュー,価値)にはならないという事です。

「低価格」「激安」「安価」では、燃料精製(燃料精製過程)にコストを十分に掛ける事ができませんので、必ず「粗い燃料」(質の低い被リンク)が出来上がります。
そして、その「燃料の粗さ」が後々「貴車の命取りとなる」次第であります。

ガソリンスタンドに立ち寄った際には、「燃料の価格」では無く「燃料の質」を優先して「燃料」を選ぶ必要がございます。
粗悪な燃料のみ売っているガソリンスタンド、良質な燃料と低質な燃料の両方を販売しているガソリンスタンドなど、様々なガソリンスタンドがありますが、常に「質」で「燃料」を「選択」して行けば大きな失敗は避けられます。

失敗したい方は、「価格」(安さ)で燃料(被リンク)を選択する事をおすすめ致します。
SEOの世界においては、「低価格志向」が「命取り」になる事を身をもって体験して頂くと良いのではないかと思います。

さて、「燃料」の「選択」が上手く行けば、あとは「燃料の量」(被リンクの量)を満たすのみとなります。
長く続く一本道で競合他車を全て追い抜いて貴車が先頭に躍り出るまで、「燃料の補給」を止めなければ晴れて1位表示という次第であります。

「燃料」の「選択」が正しくても「燃料補給」を「途中で止めてしまえば」競合他車には勝てず「失敗車」(失敗者)で終わります。
最終的に先頭に躍り出るのは、「燃料補給」を「途中で止めなかった車」でございます。

SEO「成功車」(成功者)というのは、「燃料補給」を「途中で止めなかった」がゆえに、成功しているのであります。
「強いエンジン」(強いコンテンツ)と「強いターボ」(強いHTMLソース)を搭載した「強い車」(強いURL)に、ひたすら「強い燃料」(強い被リンク)を給油し続ければ、其の車がいずれ頂点に立つ(一本道の先頭に躍り出る)のは「道理」でございます。

では、競合他車も「強いエンジン」と「強いターボ」を装備していた場合はどうなるでしょうか?
「強い被リンク」(質の高い被リンク)の「量」で勝負が決まります。

そのようなわけで、最後は「被リンクの量」が勝敗を分けるという次第であります。
表現を換えれば「資本」の「大きさ」で決着が付くという事であります。

ビッグキーワードに参戦するならば、「それなりの資本が必要」だと弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は昔から申し上げておりますが、その理由が上記です。
「被リンクの量」とは換言すれば「被リンク資本の量」、更に換言すれば「資本の大きさ」であります。

では、「小資本企業がビッグキーワードを狙うとどうなるか?」ですが、小資本企業は資本が途中で尽きますので「失敗」して終わります。(必敗)
偶然、競合他社に勝利して上位表示を達成できたとしても、「力」(資本)が足りませんので、長くは上位を維持できません。

遅かれ早かれ、「自らの力(資本)に見合う位置」まで順位を落とす事になります。
弱者は強者には「決して勝てません」。(必敗)

敗ける事が分かっている戦いは最初から仕掛けない事が大事であります。(強者回避)

ビッグキーワードは、そこで1位を押さえ続けるのに必要な「力」(資本)が備わってから狙えば(攻めれば)良いのです。
仮に貴社が小資本企業ならば、スモールキーワード中心に狙って貴社の資本で確実に落とせるところを攻め落して行き、領地を拡げる事に重点を置く事です。(弱者攻撃)

そのようにして、多く「勝ち」を積み上げて「資本」を蓄えて行けば、嫌でも資本は増大して行きます。
資本が増大して行けば、それまで戦う事を回避してきた強者(敵)をも上回る資本に達する時が来ます。

資本で上回れば、その時点で立場は逆転します。
今度は、「貴社が強者」で、「敵(競合他社)が弱者」となります。

そうなれば、もう戦いを回避する必要はございません。
その弱者「かつての強者」の支配地・城(ビッグキーワード)で戦争を仕掛けて攻め落としにかかれば良いのです。

貴社が強者ですから、時間の問題で敵(弱者)の支配地・城(ビッグキーワード)は攻め落せるでしょう。
強者が弱者に敗ける事はありませんので、遅かれ早かれ敵(弱者)が護る城は落ちます。(不敗)

立場が逆転するまでは、こちらから戦いは一切仕掛け無い事が大事になります。
五年でも十年でも十数年でも数十年でも時機が来るまで(機が熟するまで,主従逆転する迄)、忍耐強く待つ事であります。(鳴かぬなら鳴く迄待とう時鳥)

それを実際に「実行」して「天下」(ビッグキーワードで不動の1位表示)を獲ったのが、あの「徳川家康」でございます。
「徳川家康」は「理に適った」戦い方に徹したがゆえに、最終的には競争相手を全て制して、「天下」を獲るに至ったとみる事が出来ます。

SEOやビジネスでも同じ事でして、「理に適った」戦い方に徹すれば、徳川家康と同じような道筋を辿り、いずれ「天下取り」に至る「確率」(可能性)は高まります。

「余談」ですが、ゆくゆく「天下取り」になられる方々は、其れが「手相」に現れる事もございます。
「天下筋」(てんかずじ)という名の「天下を取る相」が手のひらに現れる事がございます。

天下筋がある方の中には、自らに課せられた「Mission」「天命」(天からの命令,天から与えられた使命)のようなものが既に「分かっている」方もいらっしゃる事と思います。
天命・Missionに沿った生き方をすれば何事も上手く行きますが、天命から逸れると何事も上手く行かなくなるのが「相場」ですので、こういった方々は天命・Missionに沿った生き方を「強制」されます。

ゆえに「天下筋」は有れば有ったで結構大変なわけであります。
そういった方々も含めて、弊サービスで支えて行ければと思っております。

宜しくお願い致します。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

フォローする